[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「マクロン前経済相」 に関するテレビ情報

2017年4月21日放送 19:00 - 19:30 NHK総合
NHKニュース7 (ニュース)

フランス・パリのシャンゼリゼ通りで20日夜、男が警察官に向けて発砲し1人が死亡、2人が負傷した。男はその場で射殺された。大統領選を23日控えたフランス。テレビ番組に出演中、事件の知らせを受けた国民戦線のルペン党首は、「悪夢が再び始まった。フランスはひ弱な国のままではだめだ」と話した。マクロン前経済相は、「この脅威は予期できない。大統領の第一の義務は国民を守ること」と述べ、共和党のフィヨン元首相は、「不安を感じている国民との連帯を示さなければならない」、左派党のメランション元共同党首は、「テロリストの思い通りにはさせない。団結するのだ」と語った。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年7月17日放送 5:25 - 8:00 TBSあさチャン!けさのボード
先週夫妻でフランスを訪問したトランプ大統領はマクロン大統領の妻・ブリジット夫人に対し「とてもいいスタイルをしている」と発言。セクハラとの批判が噴出。トランプ夫妻はフランス革命記念日の軍パレードに出席するため、就任後初めてパリを訪問。マクロン大統領と握手したトランプ大統領はブリジット夫人に対して握手するかと思いきや力強く引き寄せ、挨拶代わりのハグとキスをした。問題の発言は両夫妻が語り合う様子を撮影するカメラの前で飛び出した。AFP通信記者はツイッターで「マクロン大統領とトランプ大統領がそれぞれ相手のファーストレディに別れの挨拶をした時、トランプ大統領はブリジット夫人をじろじろ見た」などツイート。同じ頃に米国内ではトランプ・ジュニア氏はロシア疑惑めぐり米大統領選中にロシア政府と関係の深いロシア人と面会。公表されたメールには「クリントン氏に打撃を与える情報を提供するという申し出がある。これはトランプ氏へのロシア政府の支援の一環だ」など書かれている。これに対しジュニア氏は「話が本当ならすばらしい」と返信。4日後にはトランプ氏は演説で「ロシアや中国がクリントンに献金を行っている」などと発言していた。こうした経緯からメディアはトランプ氏本人にもロシアの情報が伝わったのではないかと指摘。問題となっている女性弁護士との面会についてジュニア氏は「(面会を父親に)話すようなことは何もなかった。20分の面会は残念ながら時間の無駄だった」など述べ、情報提供について否定。面会には旧ソ連の元工作員も同席していたことが新たに判明。ジュニア氏の新たな報道を受けて15日にホワイトハウスの特別顧問として元連邦検事の弁護士・タイ・コブ氏を任命。狙いについて専門家は「それだけ本腰で対応したい。法的な戦いになるとトランプ氏側もわかっている。法的な戦いで一つ間違えると寝首をとられる」など述べている。

2017年7月17日放送 0:30 - 0:35 テレビ東京TXNニュースTXN NEWS
フランスのマクロン大統領が、イスラエルのネタニヤフ首相と会談し、イスラエルとパレスチナが共存する形で中東和平を実現する「2国家共存」に 向け、協議に応じるように要請した。

2017年7月15日放送 0:28 - 1:25 フジテレビユアタイムユアタイム NEWS
フランスでは最も大切な祝日・革命記念日を迎えた。お祝いムード一色の中、連日話題の中心となっているのが、トランプ大統領。マクロン仏大統領との首脳会談も行われ、トランプ大統領は「脱官僚主義に取り組むマクロン氏に賛辞を贈る」などと述べた。会談の主要テーマはパリ協定についてだが両者の溝が埋まることはなかった。ところが共同会見ではトランプ氏からは「パリ協定に関しては『何か』が起きるかもしれない」という予言めいた言葉が飛び出し、政策変更の可能性に含みをもたせた。
この予言めいた言葉の一方で、トランプ氏のもう一つの言葉が波紋をよんでいる。言葉を発した相手はマクロン仏大統領の妻・ブリジット夫人。両夫妻でナポレオンの棺が安置されている施設を見学した際に「スタイルがいいですね、お美しい」とトランプ氏がスタイルをべた褒め。夫人の反応はわからないが、ネット上では不適切だとの声も上がっている。今回も様々な話題を提供したトランプ氏は2日間の日程を終えパリを後にした。
風間は今回の会談について、G20でヨーロッパを訪問したばかりで、1週間で2回目のヨーロッパで異例だと語る。トランプ大統領とヨーロッパの首脳との関係を見ると、メルケル首相とは全然ダメで、メイ首相は国内対応で手一杯でトランプ大統領にとっては当てにならない状況で、そこでマクロン大統領が手を差し伸べたので即座にフランスに行くと返事をしたと言われているという。マクロン大統領はヨーロッパに米国は必要というのが根底にあり、トランプ大統領と交渉できるのは自分しかいない、というのもあると解説。フランスの人はトランプさんを嫌だと思ってる人が大多数だが、マクロンさんが大統領になって2カ月ちょっとで外交における主動力を発揮する局面で、やらせてみようという状況だと思うとコメントした。パリ協定についての発言は、マクロン大統領に対してのリップサービスではないかと語った。

2017年7月14日放送 5:50 - 8:00 日本テレビZIP!NNN NEWS ZIP!
アメリカのトランプ大統領は、13日フランスでマクロン大統領と会談し、温暖化対策について対話に応じる姿勢を示した。今回の米仏首脳会談の焦点は、パリ協定離脱を表明したトランプ大統領をマクロン大統領が考え直すよう説得できるかである。しかし、具体的な歩み寄りはなく、今後の見通しも示されなかった。 また、トランプ大統領は長男が、大統領選挙中にロシア政府に近いとされる弁護士と面会していたことについて、面会時間も短く相手はロシア政府の弁護士ではないなどと話した。

2017年7月14日放送 4:00 - 5:50 日本テレビOha!4 NEWS LIVE(ニュース)
アメリカのトランプ大統領が13日、フランスのマクロン大統領とパリのエリゼ宮で首脳会談を行った。アメリカがパリ協定の脱退を表明した地球温暖化問題については、アメリカが対話に応じる姿勢を示したが具体的な歩み寄りはなく、話し合いは平行線に終わった。トランプ大統領はまた、長男のトランプ・ジュニア氏が選挙中にロシア政府に近いとされる弁護士と面会したこととについて聞かれ、面会時間は短かった、相手は政府の人間ではなかったなどと疑惑を否定した。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.