[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「エルミタージュ美術館」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 5:25 - 5:30 日本テレビ
又吉が見たエルミ展 (又吉直樹が見た!大エルミタージュ美術館展)

大エルミタージュ美術館展のイベント情報。エルミタージュ美術館から来日した作品を又吉直樹が巡って見所を紹介した。展示会テーマソング「人魚」は宇多田ヒカル。6月15日まで六本木・森アーツセンターギャラリーで開催中。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月22日放送 4:00 - 5:50 日本テレビOha!4 NEWS LIVEリポート
東京・六本木の森アーツセンターギャラリーで開かれている「大エルミタージュ美術館展」。ロシアの美の殿堂・エルミタージュ美術館が持つ16世紀~18世紀を代表する名画85点が来日している。展覧会オフィシャルサポーターを務めるのは、ロシア文学が大好きな又吉直樹。
そんな又吉が、エルミタージュ美術館のあるロシア・サンクトペテルブルクへ。年間約400万人が来場し、フランス・ルーブル美術館と並ぶ世界三大美術館のひとつとして知られる。入り口を入って出迎えてくれるのは、きらびやかな黄金に飾られた大使の階段。歴代皇帝の宮殿だった頃、各国の大使が謁見する際、必ず通っていたことからこの名前がついた。5つの建物からなり、18世紀以降、皇帝たちが収集し続けた約310万点もの美術品を収蔵。絵画だけでも約1万7000点にのぼるといわれている。なかでも人々の心を魅了してやまない傑作が、イタリアが生んだ万能の天才 レオナルド・ダ・ヴィンチ作「リッタの聖母」。次に、19世紀に活躍した印象派を代表するルノワールの作品。繊細なタッチで女性の優美な曲線を表現するルノワールは、このモデルの女性を生涯何度も描いたという。これらを見た又吉は、「芸術ってやっぱり作り手と鑑賞する側の共同作業。ひとつの作品から何も感じられないという時は、僕の場合はまず自分に責任を置くようにしている」などと語った。

2017年5月15日放送 11:55 - 13:55 日本テレビヒルナンデス!(お知らせ)
東京・六本木の森アーツセンターギャラリーで開催中の「大エルミタージュ美術館展」の無料観覧ペアチケットと限定トートバッグのセットを抽選で10人にプレゼント。応募電話番号は0180-999-661。又吉さんは「大エルミタージュ美術館展」のオフィシャルサポーターを務めている。

2017年5月12日放送 3:49 - 3:54 日本テレビ又吉が見たエルミ展(又吉直樹が見た!大エルミタージュ美術館展)
大エルミタージュ美術館展のイベント情報。エルミタージュ美術館から来日した作品を又吉直樹が巡って見所を紹介した。展示会テーマソング「人魚」は宇多田ヒカル。6月15日まで六本木・森アーツセンターギャラリーで開催中。

2017年5月12日放送 2:59 - 3:49 日本テレビ又吉直樹、旅するロシア又吉直樹、旅するロシア
森アーツセンターギャラリーで開催しているエルミタージュ美術館のオフィシャルサポーターを務める又吉はそのエルミタージュ美術館があるロシア・サンクトペテルブルクを訪れているがいよいよエルミタージュ美術館を訪れた。世界三大美術館でもあるこの美術館だが館にはダ・ヴィンチの絵画も飾られていた。「リッタの聖母」はそのうちの1つなのだが本物を見た又吉は作品の構成の感想などを言っていた。そしてこの美術館には約17000点の絵画があるといい、こうしたものはエカテリーナ2世が築いたという。
美術館にはマティス、ルノワールなど近代絵画もあるといい繊細なタッチで描かれているジャンヌ・サマリーの肖像を見た又吉はこのモデルのことを好きじゃないとこういうふうにはならないという感想を話していた。自分も写真などを撮られる立場なのでカメラマンなどが自分のことを嫌っているのが分かることが理由だというが、こうした作品のことを芸術は作り手と鑑賞する側の共同作業だと思うなどと話していた。作品をみて何も感じないのは楽しむセンスがないなどとしていて、自身が青年のときはデッサン好きということでテスト時に解答用紙の裏に絵を描いていたことなども語っていた。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.