[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「オーストラリア」 に関するテレビ情報

2017年1月8日放送 18:55 - 20:54 TBS
世界の超S級危険生物 巨大&大群&キテレツ 衝撃生物SP 巨大大群キテレツ衝撃生物37 世界の超S級危険生物

オーストラリアの湖に奇妙な姿の衝撃生物が潜む。それがカモノハシ。長いカギ爪から猛毒を分泌する。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年2月24日放送 19:57 - 21:49 フジテレビ金曜プレミアムさまぁ〜ずの神ギ問そもそも神ってる2時間SP
フジテレビの58年分の映像の中から競馬の神ってる瞬間を紹介。2014年4月13日の桜花賞でのハープスターの最後尾から17頭抜きの映像。
つづいては1996年のバイオレットステークスが吹雪で何も見えない映像。
2015年オーストラリアのレースで…。

2017年2月24日放送 6:30 - 7:00 NHK総合NHKニュース おはよう日本おはスポ
今回の札幌冬季アジア大会ではオーストラリアとニュージランドが新たに参加した。ゲスト参加のため、入賞してもメダルはもらえない。

2017年2月24日放送 0:10 - 0:11 TBSWBC3月7日開幕!(WBC3月7日開幕!)
3月7日に開幕する第4回WBCを紹介。第1戦はキューバ、第2戦ではオーストラリアと対戦する。R.カノなど、各国の強力な代表選手が紹介された。

2017年2月23日放送 16:05 - 16:20 NHK総合○○!投稿DO画(まさか!投稿DO画)
オーストラリアの海を走る観光ボートがスピードダウンし、海面に動物の姿があり拾い上げるとワラビーだった。犬に追いかけられ海に飛び込んでいたという。

2017年2月23日放送 13:55 - 15:50 日本テレビ情報ライブ ミヤネ屋(ニュース)
高血圧とは、「上(最高血圧)が140mmHg以上」または「下(最低血圧)が90mmHg以上」のものを指す。高血圧ワクチンを開発した大阪大学大学院の教授は、上は血管が収縮した状態で下は血管が広がった状態である、と解説した。血圧を左右するのは血液の量と血管の太さで、量が一定以上になるか太さが一定以下になると高血圧となる。また、日本での高血圧の総患者数は約1011万人で男性より女性の患者数の方が多い。しかし、3人に1人が高血圧とも言われている為、実際には約4000万人いると言われている。おおたわさんは、年をとってくると血管が固くなり血管内の圧力が上がる為高血圧になり易い、等とコメントした。
高血圧には二種類ある。一つは「二次性高血圧」で腎臓や心臓等の異常や薬の副作用等が原因だ。二次性高血圧は治療すれば血圧も低下する。大阪大学大学院の教授は、腎臓が悪くなるとそこから出てくるホルモンのせいで血圧が上がる、等とコメントした。二つ目は「本態性高血圧」と呼ばれる原因が分らない高血圧だ。日本人の約90%がこれに該当する。教授は、太っている人は高血圧になり易いが痩せているからならない訳ではない、等とコメントした。
高血圧はほぼ自覚症状がないが、放っておくと様々な合併症を引き起こす危険性がある。例えば、心臓病・脳卒中・腎臓の病気等がある。教授は、腎臓も血管から出来ているので圧が高くなると血管がボロボロになり機能が落ちてしまい通常の働きが出来なくなる、等とコメントした。年間の氏 描写数を見ると高血圧症だけでは6726人だが、心臓病は17万3833人、脳卒中は11万1973人、腎不全は2万4560人等と高血圧に比べて死亡者が増加する傾向にある。教授は、血圧を測るのは朝の決まった時刻が良い、等とコメントした。
血圧を下げる為には、生活習慣を改善し経過を観察していく事が重要だ。また、降圧剤中心の薬物療法を行う手もあるが、こちらは毎日服用しなけらばならない事がネックだ。教授は、体にあった降圧薬を見付けて毎日飲むのが良い、等とコメントした。おおたわさんは、降圧薬の組み合わせと濃度の強弱のつけかたによって副作用が出にくいものを見付けてもらうのが良い、等とコメントした。教示は、昔の高血圧の薬はフラフラ感が出やすかったが最近の薬はそういったものが少ないので身体にあった薬が見付かると思う、等とコメントした。
教授の研究チームが開発したのが高血圧ワクチンという新たな治療法だ。去年9月にアメリカで、先月日本で特許を取得した。1回の注射で血圧を下げる効果が数年に渡って持続するとも言われている。その効果はラットを使った実験でも実証済みだ。人の体内には「アンジオテンシン2」と呼ばれる物質があり、これが血管の壁に付いて血管を収縮させて血圧を上げる。従来の降圧剤には、アンジオテンシン2が血管の壁に付くのを防ぐものやアンジオテンシン2が体内で造られるのを防ぐもの等があるが、これらは毎日飲まなければならない。教授が開発した高血圧ワクチンは、血液内のリンパ球の一種にアンジオテンシン2を攻撃するよう指令する。すると、リンパ球の一種が作った抗体がアンジオテンシン2を攻撃する。高血圧ワクチンは一度注射するとこの効果が長時間持続する。教授は、血圧が下がりすぎることはない、等とコメントした。おおたわさんは、デメリットもあるのではないか、等とコメントした。
高血圧ワクチンのメリットは、「1回の注射で数年間効果が期待出来る」、「毎日の服用が困難な患者にも有効である」、「医療費の削減に繋がる」事等だ。一方でデメリットとして、「何種類もある全ての降圧剤の代用にならない」、「免疫システムが正常に機能しなくなり体が自分の組織を攻撃するリスクもある」事等が挙げられる。また、今年の夏からの3か月間オーストラリアで治験が行われ、5~6年後に普及すると見られている。
おおたわさんは、オーストラリアでの治験が成功しても日本の厚労省は人種の差について言及する事が多いので日本での治験はハードルが高くなる、等とコメントした。教授は、高血圧ワクチンは高血圧予備軍の人達にも有効、等とコメントした。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.