TVでた蔵トップ >> キーワード

「カナダ」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 6:00 - 7:00 NHK総合
NHKニュース おはよう日本 (ニュース)

石原経済再生相は昨夜、TPPの11カ国での発効に協力を求め、メキシコ・ベトナム・ペルー・ニュージランドの担当閣僚と個別に会談。このうちニュージーランドは賛成の姿勢を見せたのに対し、ベトナムはアメリカの市場参入がTPPの前提と位置づけていたこともあり、慎重な姿勢を見せた。石原経済再生相はTPPの発効に向けた方向性を閣僚会議で明確にしたい考えで、今日はカナダ・オーストラリア・マレーシア・チリなどの担当閣僚と会談し協力を求めることにしている。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年8月24日放送 7:30 - 8:00 テレビ東京けものフレンズ(けものフレンズ 紹介)
カナダにあるサンフェリシアン動物園のクリスティーヌお姉さんがキタキツネについて解説。キツネは目と耳がとても良い。雪の下にいるネズミのような小動物の音を捉えることができるのだ。その動物が作った通り穴に向かってジャンプをして狩りをする。

2017年8月22日放送 23:58 - 0:12 テレビ東京SPORTS ウォッチャー(スポーツニュース)
侍ジャパンU-18がU-18W杯に向けて国内合宿が開始。清宮幸太郎や増田珠らが集結。決勝に出場する広陵の中村選手について、清宮は仲間なのでバンバン打ってほしいと話した。

2017年8月22日放送 19:00 - 21:48 テレビ朝日名医とつながる!たけしの家庭の医学全身の老化を止める科
テロメアの短くなるスピードをゆるめる可能性があるマインドフルネス。マインドフルネスを行うと、テロメアをのばすタンパク質が分泌すると期待されている。
マインドフルネスは、今や世界で大ブームを巻き起こしている。アメリカの有力誌であるTIMEはマインドフル革命と題した特集を組み、ゴールドマン・サックスもマインドフルネスを導入したり、NBAの選手もマインドフルネスを実践しているという。日本の医学界でも、うつ病や慢性痛に効果が期待される方法として、用いられ始めている。2014年にカナダの研究者が発表した論文では、マインドフルネスを実践したグループと実践しないグループのテロメアの長さを計測。実践しなかったグループはテロメアが短くなっていたが、実践したグループはテロメアの長さが維持されていたという。
マインドフルネスの全貌を知るため、カリフォルニア大学ロサンゼルス校でマインドフルネスの研究をしているヘレン・ラブレツキー博士に話を聞いた。ラブレツキー博士によると、マインドフルネスとは自分の呼吸を聞くこと。背筋をまっすぐにして座り、目を閉じ、手は楽な位置に置き、普段通りに呼吸をする。自分のしている呼吸の音を聞くことで、呼吸に意識を集中することが大切。雑念が浮かんでもそれを受け入れ、再び自分の呼吸に意識を集中させる。これを3分間行う。毎日複数回行うと良い。
ラブレツキー博士によると、マインドフルネスをするとストレスが軽減され、テロメアが守られるという。そもそも人の頭の中は、今現在起きていることに加え、ちょっとした未来のことや過去のことなど、いくつもの思考が次々と思い浮かぶ。中には悪い未来の先読みもあり、テロメアをより早く短くしてしまうストレスを作り出してしまう。しかし呼吸に意識を集中することで、テロメアを短くするネガティブ思考が押し出されることになる。これを3分でも毎日行うことで、現在に集中するクセがつき、ストレスの軽減につながる。アメリカ国立衛生研究所も、マインドフルネスの持つストレス軽減効果の着目している。

2017年8月22日放送 4:00 - 5:25 TBSはやドキ!ドキドキ10面チェック!!
18歳以下のワールドカップ カナダへスカウト4人派遣 清宮&中村獲り日本ハム独走(日刊スポーツ)

2017年8月21日放送 19:00 - 19:54 テレビ朝日世界ルーツ探検隊世界で探した!意外と知らない…身近なモノのルーツBEST8
冷凍食品のルーツを調査。100年くらい前にアメリカのクラレンス・バーズアイが急速冷凍することに気付いたことが誕生の要因ということで、番組スタッフがカナダの北極近くへ向かった。イヌイットが古くから狩猟生活を続けてきた地域だが、それが冷凍技術のルーツと関連しているらしい。

refills リフィルズ

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.