[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「カンヌ国際映画祭」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 6:00 - 8:30 フジテレビ
めざましどようび OH!めざめエンタサタデー

第70回カンヌ国際映画祭で「無限の住人」が公式上映された。木村拓哉さん、杉咲花さん、三池崇史監督がレッドカーペットに登場した。海外メディアから注目を集めていた。杉咲さんは着物で登場した。カンヌ国際映画祭で最も大きいリュミエール劇場で上映スタート。上映後は、拍手が鳴り止まなかった。木村さんは手応えを感じていた。コンペティション部門には河瀬直美監督の「光」がノミネートされている。スタンディングオベーションはすごかったとスタジオトーク。木村さんは英語も堪能で、通訳もしていたという。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年7月21日放送 4:00 - 5:50 日本テレビOha!4 NEWS LIVE週刊 うちだタイムス
火をふいている迫力あるドラゴンや神話に出てくる伝説上の生き物など18体の砂像が展示されている「あさひ砂の彫刻美術展」が千葉県で開催されている。中でも多くの来場者の注目を浴びていたのが顔が人間、髪の毛がヘビの怪物・メデューサ。手掛けたのは砂像彫刻家・保坂俊彦さん。今年5月に台湾で行われた砂像の世界大会に出場。繊細な表現を武器に宮本武蔵を製作し、日本人で初めて優勝した。ほかにも人気漫画のキャラクターや企業PRの作品など、これまで手掛けた作品は100点以上。さらに、今年のカンヌ国際映画祭に出品された映画「光」では劇中の重要なシーンに出てくる砂像を手掛けた。
砂像の製作現場を取材した。作るのは高さ3m、横幅4.5mのケンタウロス。土台となる砂を崩れないように上から削っていく。左官用のコテや油絵用のペインティングナイフなど10種類以上の道具を使う。計量スプーンを使うことで丸みのある線となり躍動感のあるシッポになる。首に下げたストローは削った砂を飛ばすために使用。4日間をかけて完成。弓を握る手や腕の筋肉の盛り上がりが細かく表現され、迫力のあるケンタウロスに仕上がった。砂像の魅力について保坂さんは「その時その場所でしか見られないもの。みなさん遊んだことのある砂でこういうものができるとわかってもらえると嬉しい」などと話した。安村アナは「まさに芸術。その場所にいかないと見られないし、長い期間保存もできないから価値をより高くしている」などとコメントした。美術展は8月7日まで開催されている。

2017年7月17日放送 19:00 - 21:00 フジテレビネプリーグBONUS STAGE ハイパートロッコアドベンチャー
コード・ブルーチームがハイパートロッコアドベンチャーに挑戦し、4問目で間違えゲームオーバー。

2017年7月8日放送 23:55 - 0:20 テレビ東京おしゃべりオジサンと怒れる女(おしゃべりオジサンと怒れる女)
今日のゲストの河瀬直美の紹介。河瀬直美は、48歳の映画監督。1997年には「萌の朱雀」で、カンヌ国際映画祭で新人監督賞を受賞。2007年には「殯の森」で、カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞。今年は「光」で、カンヌ国際映画祭でエキュメニカル審査員賞を受賞。レギュラー陣は、「俳優の尾野真千子が、河瀬直美と仕事をした時に、ある日、河瀬直美が、その日に撮影した部分を、全部やり直しにさせたと言っていた」という話をした。

2017年7月2日放送 23:00 - 23:30 TBS情熱大陸俳優・写真家 永瀬正敏
俳優・写真家である永瀬正敏はフランス・カンヌの地にカンヌ国際映画祭のため再び訪れており喜びに浸っていた。永瀬は俳優として35年キャリアを積み上げ、世界の名だたる監督たちとともに作品を作り上げてきた。永瀬は2015年のカンヌ国際映画祭で映画「あん」から3年連続で出演作品が正式出品されており、3年連続では世界で唯一の俳優である。今回は河瀬直美監督作品の映画「光」でカンヌ入りした永瀬は取材で引っ張りだことなっていた。映画では写真家を演じた永瀬は全身全霊をかけており、前作でも一緒に仕事し、苦楽をともにしてきた河瀬直美監督が永瀬をイメージして作り上げた世界観であり、映画祭の上映会後には10分以上のスタンディングオベーションが巻き起こった。
この日、永瀬はカンヌの街をカメラを抱えて歩き回りプロの写真家としての一面を覗かせていた。永瀬はこれまで6冊の写真集を写真家として出版しており、最初は祖父の影響からカメラを始め、色んなカメラマンと出会って刺激を受けてきた。また10年ほど前には永瀬は実家で祖父の写真撮影研究ノートを発見し技術を受け継いだ。
帰国した永瀬は東京・神宮前にて写真家として仕事を再開させていた。永瀬は来年秋頃に奈良の写真美術館で大規模な個展開催を予定しており、個展用に約400点の作品を撮りためるため写真を撮り続けていた。今回永瀬は「信念を持った人はカッコイイ」をテーマに憧れてきた人物に声をかけ被写体にしていた。この日の撮影ではロックミュージシャンの遠藤ミチロウをモデルに叫び続けてきた男の姿で語るモノをシャッターに納めた。
翌日に永瀬は東京・田端に立ち寄り、ずっと気にかけていた田中正子のもとを訪ねていた。田中さんは映画「光」で失明する写真家を演じた永瀬にアドバイスを贈った視覚障害の女性であり、映画の撮影中には「大事なのはモノの感じ方なのだ」と永瀬におしえいてた。今回永瀬は田中さんのポートレート撮影を個展のために依頼しており、田中さんをモデルに写真撮影を行なった。
この日、久しぶりに取れた休日に永瀬は千葉県・柏市に訪れ今年3月に亡くなった叔母の墓参りをした。叔母は永瀬が幼少期に病状で倒れた母の代わりに一時期育ててくれた存在で、また永瀬が35年前にたった一人で上京し映画のオーディションに挑むことを父が反対する中で後押ししてくれた存在でもあり感謝していた。
この日、永瀬は最も尊敬している天才写真家の荒木経惟を撮影するため緊張した面持ちで現場の東京・原宿に向かっていた。永瀬は6年前にも一度荒木経惟を撮影しており、カメラの腕前が成長した姿を見せられるかどうか意気込んでいた。撮影は終始、荒木経惟ペースで行われ、いつしか互いの姿を撮影し合った。この時に荒木経惟の右目が失明している事実を知った永瀬は失明する写真家を演じた経緯から作品は写真家としての荒木経惟を撮影した一枚に決めた。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.