[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「カール・ビンソン」 に関するテレビ情報

2017年4月21日放送 19:00 - 19:30 NHK総合
NHKニュース7 (ニュース)

北朝鮮の創設記念日が25日に迫る中、世界でさらなる懸念と緊張が高まっている。長崎県の佐世保基地では今朝、海上自衛隊の護衛艦「あしがら」と「さみだれ」が出港。朝鮮半島周辺地域に向け航行の米空母と合流し共同訓練を検討している。共同訓練の狙いについて元海将は「日米の関係がしっかりしていることを政治的に見せる一つの軍事的手段。」と述べた。北朝鮮は去年軍の創設記念日の2日前にSLBMを1発発射しており、今月16日に撮影された核実験場で、アメリカの研究グループは「バレーボールの試合が行われているようだ。」として核実験場が待機状態に入った可能性を指摘する一方、ピョンヤンからの命令が下ればいつでも6回目の核実験を行える状況に変わりないとしている。政府は今日、都道府県の危機管理担当者に臨時の説明会を開き、弾道ミサイルが落下した際住民が取るべき行動について説明した。内容は、屋外ではできるだけ頑丈な建物や地下街に避難するか物陰に身を隠すこと、屋内では窓から離れるか窓のない部屋へ移動することなど。また総務省消防庁の担当者は「弾道ミサイルが飛来するおそれの場合Jアラートを通じ直ちに情報伝達すると説明、その上で弾道ミサイルを想定した住民の避難訓練を政府と協力し早期に行うよう要請した。
国連の安全保障理事会は16日の弾道ミサイル発射を受け、北朝鮮を避難する声明を全会一致で発表。当初アメリカが作った草案で「朝鮮半島の非核化と平和的解決目指す」とする部分で「対話を通じて」とする文言が削除され、ロシアが意義を唱えた。その後の調整でアメリカがロシアの主張を受け入れ、「対話を通じて」という文言が加えられた。ヘイリー国連大使は「誰もミサイル発射や核実験を望んていないと明確にした。制裁や他の手段の検討もあり得る。」と述べた。一方トランプ大統領は「習主席を尊敬している、この問題に懸命に取り組むと確信する。」として制裁徹底などで北朝鮮に圧力を強めるよう中国に一層対応を促した 。岸田外務大臣は今日の衆院外務委委員会で韓国側の警戒態勢について「現時点で韓国軍の警戒等のレベルが上げられたということは承知しておらず、 平素の体制が維持されていると説明を受けている。」と述べた。北朝鮮の核ミサイル問題については来週25日に東京で日米韓3か国の政府高官による協議が行われることになった。6か国協議で首席代表を務める3人が、北朝鮮情勢に関する認識共有し連携を確認していく方針。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年7月20日放送 10:25 - 12:00 テレビ朝日ワイド!スクランブル(ニュース)
オバマケアの見直しを巡り、与党・共和党議員数人の造反で成立が絶望的となったトランプ大統領。現在の支持率は36%。トランプ大統領は選挙で公約を掲げていた重要政策で成果を出せないまま今日で就任半年を迎える。自信に満ちあふれていたトランプ大統領。しかし世紀の番狂わせと例えられたトランプ大統領。就任直後の支持率は50%を下回った。歴代最低の支持率での船出となったトランプ政権には様々な荒波が待ち受けていた。トランプ政権いばらの半年を振り返る。
CNNに見立てた男をなぎ倒すトランプ大統領。今月2日にTwitterに投稿した動画。さらに事態はエスカレート。またもCNNを標的にした動画を息子が投稿。世論を左右するメディアとの対立は深刻化している。そして、外交政策を巡っては度重なる北朝鮮の挑発に軍事力をちらつかせ、圧力を強めた。原子力空母「カール・ビンソン」「ロナルド・レーガン」を朝鮮半島近海に派遣するなど異例の事態に。しかし、アメリカ本土も狙えると主張するICBMを発射。これに対し、トランプ大統領はTwitterで「この男は人生でほかにすることがないのか」と発信。さらに批判の的はトランプ大統領にとどまらなかった。G20で各国首脳が座る会議にトランプ大統領の長女・イバンカ氏の姿が。隣は中国の習近平国家主席、イギリスのメイ首相。これには公私混同だと批判もあがった。トランプ大統領はTwitterで「日本などとの首脳会談のため会場を離れる際にイバンカに頼んだ。ごく当たり前のことだ」と綴っている。そして5月の初外遊では妻のメラニア夫人に手を繋いでもらえないトランプ大統領。そんな光景が2度もカメラに捉えられた。インターネット上では夫婦仲の危機と大きな話題をよんだ。さらに長男のジュニア氏は大統領選挙期間中、ロシア当局とつながりがあるとされるロシア人の女性弁護士と面会し、民主党のヒラリー氏に不利となる情報を得ていたとの疑惑が。このロシアとのつながりこそがトランプ大統領が窮地に立たされている大きな原因。大統領選でトランプ陣営とロシアとの不適切な関係をめぐる疑惑を捜査してきたFBIのコミー長官をトランプ大統領が突然解任。その後、コミー氏は公聴会で証言を行った。トランプ陣営とロシアとの不適切な関係が明らかになる弾劾への大きなうねりに発展しかねない。発足から半年立った通信簿は?今度どのような舵取りを迫られるのか。

2017年7月13日放送 5:25 - 8:00 TBSあさチャン!けさの関心事
北朝鮮では4~5月に全ての人民が田植えをしなければならず「田植え戦闘」と呼ばれている。辺真一氏は「北朝鮮の110万の軍人は建設現場、農場に送りこんで労働力として使う」としている。一方アメリカは空母カール・ビンソンを主とした打撃群を展開、しかしこれには北朝鮮に田植えをさせるなという意味があったという。辺真一氏は「北朝鮮は食料を確保しなければならないが、前線を釘付けにすることで田植えを妨害する作戦」と述べている。2011年の映像で映された北朝鮮の軍人は痩せこけていたが、当時よりも疲弊していると言われている。

2017年7月5日放送 15:50 - 19:00 TBSNスタNトク!
公開されたICBMの発射実験の映像は、いろいろな角度から撮られていた。北朝鮮は、大型核弾頭が搭載可能なICBM技術と炭素素材の大気圏再突入技術が全て成功したと報じた。専門家の意見を見ると、立命館大の平井客員教授は7000~8000km飛ぶ可能性があるとし、軍事ジャーナリストの黒井氏は飛距離は6000kmとし、韓国のチャン・ヨンクン教授は9000~1万飛ぶだろうとし、三人ともICBM級の能力があることを認めている。武貞秀士は炎の色に注目し、前回の火星12型と比べ完全に燃焼していて、推進力が大幅に上がっているとした。また、今回のICBMは明らかに新型のミサイルだとした。
今回の実験でアメリカに届く危険性が出てきたことで、トランプ大統領はツイッターにコメントを投稿した。また、ティラーソン国務長官はICBMと認めるとともに、北朝鮮の労働者や受け入れなどをしている国は「危険な体制」だとした。 アメリカはマネーロンダリングに加担している中国の銀行をアメリカの金融システムから切り離す経済制裁を行った。また、4月に「カール・ビンソン」など空母を派遣し、THAADの配備、米韓合同軍事演習と軍事的な圧力を強めている。習近平国家主席とプーチン大統領の中ロ首脳会談が行われ、米韓合同軍事演習やTHAAD配備中止を求め、アメリカの対応を批判してきた。細川昌彦は、今週行われるG20サミットの米中首脳会談の最大のテーマになるとコメントした。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.