[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「カール・ビンソン」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 5:00 - 5:15 NHK総合
ニュース・気象情報 (ニュース)

アメリカ軍が、原子力空母のロナルド・レーガンを朝鮮半島周辺の日本海に向かわせ、カール・ビンソンと合同演習を計画していることが国防総省の当局者の話で分かった。トランプ政権は北朝鮮への対応を安全保障上の最優先課題に位置づけている。北朝鮮のキム・インリョン国連次席大使は「行き過ぎた軍事挑発だ」と批判した。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年6月25日放送 12:00 - 12:55 テレビ朝日ビートたけしのTVタックルビートたけしのTVタックル
空母カール・ビンソンについて紹介された。北朝鮮による度重なるミサイル発射実験によってトランプ大統領は軍事的な圧力をかけるために空母カール・ビンソンを日本海に派遣した。専門家によると現在は既に空母カール・ビンソンは日本海を離れたという。

2017年6月25日放送 11:50 - 12:00 テレビ朝日ANNニュース(ビートたけしのTVタックルオープニング)
ビートたけしのTVタックルのオープニング映像が流れた。

2017年6月20日放送 10:25 - 12:00 テレビ朝日ワイド!スクランブル(ニュース)
南北共同宣言から17年。先週15日、朝鮮側が「軍事的緊張状態を緩和せよ」と命令してきた。4週連続でミサイル発射を繰り返しながらどういったつもりか。一方、米側は原子力空母2隻を引き上げ。このまま小康状態に入る可能性も。しかし16日になり、米朝間でトラブルが発生。朝鮮側が「外交文書を米の国土安全保障省に強奪された」と主張し始めたのだ。国連会議の帰りだったという。公式謝罪を要求のうえ、「すべての責任を負ってもらう」など脅迫。国土安全保障省側は荷物押収したことを認めるも、「対象の朝鮮人は外交官でなかった」と指摘した。その頃「38ノース」は、豊渓里の核実験場を衛星画像で公開。実験はいつでも行われる状態と判明する。

2017年6月20日放送 10:05 - 10:15 NHK総合くらし☆解説くらし☆解説
ミサイル飛来の避難訓練から見えたものを解説した。北朝鮮はミサイル発射を頻繁に行っているがこうしたことから新潟・燕市で訓練などが行われていた。この地域は田んぼなどが広がる地域だったが村などでは場外スピーカーの放送などでミサイル飛来を呼びかけていて、農作業をしていた住民などが慌てて軒下などに避難していた。だが田んぼなどでは屋根や壁があるような建物はなく、隠れれるようなところも限定していることからこの住民達は農水路の下などに隠れていた。この訓練には約100人が参加したといい、大きい混乱はなかったというがこれは人数が少ないことや予め訓練が分かっていた影響が強いという。こうした訓練が行われた背景には北朝鮮が実際にミサイルを発射し朝鮮中央テレビなどで告知しているためだがこの訓練では国がとる対応を訓練を通して知ってもらうことが狙いだという。(朝鮮中央テレビ)
現状の日本のミサイル防衛などを解説。地上ではPAC-3、海上にはイージス艦で対応していて、北朝鮮からの発射の場合まずイージス艦から迎撃ミサイルを発射し、撃ち漏らしたりしたときはPAC-3で対応するという。だが完全に撃ち落とせるわけでないことから政府は「国民保護ポータルサイト」で説明しているといい、防災無線で特別なサイレン、携帯、スマホに緊急速報メールを配信することになっていた。そこでこのアドレスを公開したがこのポータルサイトでは避難の仕方が具体的にあるということで外では地面に伏せる、建物内では窓から離れるといったことを解説した。
だがこうした対応には専門家から指摘もされているということで静岡県立大学の小川和久教授に聞いた。小川特任教授だが優先順位を決めて訓練をすべきとしていて、具体的にミサイルが落下するまで約8分かかるというがJアラートでは発信するのが発射から約4分かかることを指摘していた。
こうしたことから不安にもなるが実際には北朝鮮からの脅威が高まっているわけではなく、むしろ日本にミサイルが当たるようなことになればアメリカもロナルド・レーガンやカール・ビンソンなどを展開していることから北朝鮮の体制が崩壊することになるとの推測を話した。これは朝鮮労働党の金正恩委員長も理解しているとしていて、そしてアメリカも空母を展開しているとはいえ先に行動するようでは日本や韓国に被害が出ることを理解していると解説。こうしたことから外交が重要としていて、不安になりすぎず万が一に備える心構えをしておく必要があるとしていた。

2017年6月12日放送 22:00 - 22:54 テレビ東京日経スペシャル 未来世紀ジパング 〜沸騰現場の経済学〜池上彰の世界激変!“北朝鮮の盟友”イランは悪なのか
スタジオではテヘランにあるスキーができる山について話題になった。イランのイメージとは違う部分が多いと話題になった。イランの人はアメリカのことが好きな人が多いと伝えた。ただイランと北朝鮮が軍事協力しているのが問題になっていると伝えた。北朝鮮はイランにミサイル技術売っている。イランによって脅威にさらされている国としてイスラエルがあり、イスラエルのユダヤ人はアメリカの政財界で大きな影響力を持っているのも背景にあると伝えた。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.