[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「金正日」 に関するテレビ情報

2017年2月16日放送 23:00 - 23:58 テレビ東京
ワールドビジネスサテライト (ニュース)

朝鮮中央テレビは平壌での、金正日生誕75周年祝賀ムードを伝えた。北朝鮮では、金正男氏が暗殺されたことは報じていない。海外メディアがベトナム旅券を持つ女とインドネシア旅券を持つ女とマレーシア人の男が暗殺に関与したとし逮捕されたことを報じた。マレーシア政府は遺体が正男氏であることを確認、北朝鮮に引き渡す意向であると発表。正男氏はマカオに別荘を持ち、家族と住んでいた。マカオでは関心が高く、新聞のトップを飾った。正男氏はホテル・リスボアの常連だった。さらに高級日本食レストランの店員はここ2年は見ていないと明かした。
金正男氏暗殺は北朝鮮の指示なのか。脱北者の朴相学氏は韓国に住み、政権批判のビラを風船で飛ばす活動をし、2011年報復として暗殺されかけた。朴氏は 10年近く脅迫があったと暴露。朴氏は江南に呼び出されたが通報し、暗殺は未遂となった。場所は人通りが多い場所で、凶器は毒針のある懐中電灯型の武器だった。韓国政府は今回の暗殺で危機感を持った。去年亡命した北朝鮮の元駐英公使であるテ・ヨンホの警備を強化。テ氏は去年北朝鮮を批判し、暗殺のターゲットとなっている。龍谷大学の李相哲教授は脱北者の証言を総合すると、金正恩氏は非常に追い詰められているとした。平壌での金正恩氏の姿は疲れ切った顔だった。金正恩氏は自分の地位を脅かす人を粛清、正男氏が対象になったのではないかと指摘。北朝鮮は現在、経済制裁で外貨が得られる、上層部の不満は高まっている。金正日時代はベンツを買え与えることなどし、求心力があった。庶民は政権基盤を築くことに手一杯で、管理が行き届かないため、自由に密輸できるようになっている。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年7月22日放送 5:30 - 6:15 TBS上田晋也のサタデージャーナルニュースのキモ
北朝鮮の金正恩氏について、これまで明かされていなかった年齢が朝鮮中央テレビによって明かされた。17日夜の詩の朗読で「30代の百戦老将」という文言が登場した。ジャーナリストの平井久志氏は、崇拝化事業の一環として誕生日を決める動きがあると答えた。父の金正日氏も、1982年に初めて年齢が40歳と発表されたが、その1年前に日本で40歳を祝う行事があり本当の年齢が発覚していたという。北朝鮮は祖父の金日成の1912年と年数を合わせるため、金正日氏の誕生日を合わせたという。

2017年7月20日放送 16:50 - 19:00 フジテレビみんなのニュース(ニュース)
北朝鮮が最近公開した観光総局が作成したとみられる「朝鮮観光」というホームページは外国人観光客向けと見られ、英語や日本語での閲覧も可能。ビデオをクリックするとBGMに乗せて金日成主席と金正日総書記の「万寿台」や世界最大の凱旋門、花火とさまざまな観光名所が紹介されているほか、サーフィンやテコンドーなど複数のツアーも紹介されている。また、日本語の誤訳が間違っている箇所が散見される。

2017年7月19日放送 10:25 - 12:00 テレビ朝日ワイド!スクランブル(ニュース)
キム・グァンジン氏によると、北朝鮮政府は再保険制度を利用して交通事故や工場火災、洪水などの被害を「でっちあげ」て世界有数の保険会社から保険金を巻き上げていた。韓国メディアによると、世界各国の保険会社が北朝鮮に支払った保険金の額は非常に大きい。外貨獲得の手段に保険金を使うというのは、1995年最高人民会議で金正日総書記が「資本主義保険市場の特性を利用すれば、大きな金を稼ぐことができる」と指示したとも言われている。実際に年間で約3500万ドル(約39億2000万円)もの保険金が北朝鮮に支払われていると産経新聞が報じている。本来なら保険金のプロが北朝鮮に入って調べるが、入国できてないこともあり、抜け道を利用しているという。(産経新聞)

2017年7月18日放送 16:50 - 19:00 テレビ朝日スーパーJチャンネル新着 いま何が?
個人的な情報を公開していない北朝鮮の金正恩氏は2010年に大将の称号を与えられたと発表されて初めて表舞台に登場するまでは写真も少なく、謎の存在であった。当初日本や韓国のマスコミは正確な名前の漢字もわからないほど。父金正日総書記の肉声がメディアに出ることはほとんどなかったように、金正恩氏もカメラの前で話す機会は多くない。初めての肉声は表舞台に出てから1年半ほど経ってからだった。しかし、今回金正恩氏の年齢が北朝鮮メディアによって明らかになった。ラヂオプレスによると、北朝鮮メディアが金正恩氏の年齢に言及したのは初めてだという。火星14の発射実験を指導した金委員長をたたえる詩の中で、「鋼鉄の元帥、正義の司令官、30代の百戦老将」とした。金委員長の年齢は30代で、具体的な年齢は明かされなかった。米財務省は金委員長の生年月日を1984年1月8日としており、本当であれば現在33歳ということである。

2017年7月16日放送 8:00 - 9:54 TBSサンデーモーニング(一週間ニュース)
その北朝鮮では、「国の核武力強化の最高峰を上りつめ、党中央の権威を擁護した国防科学の戦士たちを熱烈に祝った」という報道が。朝鮮中央テレビでは今月4日のICBM発射実験成功の祝賀会の様子を連日伝えていた。岸井は、「国際社会の枠組みをどうとっていくかという段階に来ている。軍事行動に移った場合は大変なことになる」とコメントしている。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.