[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「金正日」 に関するテレビ情報

2017年2月16日放送 23:00 - 23:58 テレビ東京
ワールドビジネスサテライト (ニュース)

朝鮮中央テレビは平壌での、金正日生誕75周年祝賀ムードを伝えた。北朝鮮では、金正男氏が暗殺されたことは報じていない。海外メディアがベトナム旅券を持つ女とインドネシア旅券を持つ女とマレーシア人の男が暗殺に関与したとし逮捕されたことを報じた。マレーシア政府は遺体が正男氏であることを確認、北朝鮮に引き渡す意向であると発表。正男氏はマカオに別荘を持ち、家族と住んでいた。マカオでは関心が高く、新聞のトップを飾った。正男氏はホテル・リスボアの常連だった。さらに高級日本食レストランの店員はここ2年は見ていないと明かした。
金正男氏暗殺は北朝鮮の指示なのか。脱北者の朴相学氏は韓国に住み、政権批判のビラを風船で飛ばす活動をし、2011年報復として暗殺されかけた。朴氏は 10年近く脅迫があったと暴露。朴氏は江南に呼び出されたが通報し、暗殺は未遂となった。場所は人通りが多い場所で、凶器は毒針のある懐中電灯型の武器だった。韓国政府は今回の暗殺で危機感を持った。去年亡命した北朝鮮の元駐英公使であるテ・ヨンホの警備を強化。テ氏は去年北朝鮮を批判し、暗殺のターゲットとなっている。龍谷大学の李相哲教授は脱北者の証言を総合すると、金正恩氏は非常に追い詰められているとした。平壌での金正恩氏の姿は疲れ切った顔だった。金正恩氏は自分の地位を脅かす人を粛清、正男氏が対象になったのではないかと指摘。北朝鮮は現在、経済制裁で外貨が得られる、上層部の不満は高まっている。金正日時代はベンツを買え与えることなどし、求心力があった。庶民は政権基盤を築くことに手一杯で、管理が行き届かないため、自由に密輸できるようになっている。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年4月28日放送 8:00 - 9:50 フジテレビ情報プレゼンター とくダネ!(ニュース)
日露首脳会談について磐村氏は「ロシアにとって北朝鮮と会談する大義名分が出来た。おそらくこの会談内容が北朝鮮に伝わると思います。」「北朝鮮はロシアが持っている日本とのパイプを使って日本へのアプローチを考え出すのではないか」と語った。昨日行われた日露首脳会談は3時間のうち50分間は通訳だけを交えた会談を行っている。この中で北朝鮮の深い議論が行われたと見られる。昨日の会談後共同声明が出され、安倍総理は安保理決議を完全に尊守し、挑発行為を自生するよう働きかける事で一致と述べ、プーチン大統領は「残念ながら情勢は深刻に後退している。問題に関わる全ての国に対し建設的な対話を目指すよう呼びかける」としている。金正日総書記はプーチン大統領との会談は3回あり、2011年当時の大統領のメドベージェフ大統領とも会談している。金正恩委員長は訪問には行っていないが2013年に露朝連結鉄道が開かれたり来月には万景峰号が就航する。北朝鮮とロシアの関係について磐村氏は「金正恩委員長はどことも首脳会談を行っていないが時として中国よりも優先するようなアプローチを見せている。ロシアも北朝鮮を使って南に南下できるルートを獲得し新しい貿易ルートを開拓したいと考えている」と述べた。
北朝鮮からロシアに労働者を派遣しているという。格安な人件費で劣悪な環境で働いており北朝鮮の人員がロシアに上手く利用されているという面もあるという。日露首脳会談について山田氏は「アメリカとロシアがシリア情勢を巡って非常に悪い状況で日本の役割が相当高まっている。恐らく安倍さんはトランプ大統領の意向も伝えている」「日本は今回情勢を打開する上では大きな役割を担っていくと感じた」と話した。ロシアとの領土問題に関して中瀬氏は「すっかりトーンダウンしてきている」と述べ「ロシアとアメリカに日本が板挟みになっているのかな」と話した。金正恩委員長とプーチン大統領について磐村氏は「金正日総書記の時代からプーチン大統領の誕生日に合わせて祝電を送ることがある。」「肩書もなく金正恩と名前だけ書いて送っており、親密な仲だというのを示したいだと思う」と語った。日本の役割について山口氏は「今アメリカとロシアは仲いいフリが出来ない状態。実際は仲がいいが表向き直接なやり取りが出来ない中で安倍さんは両方の首脳と親しい唯一の首脳で具体的なメッセージをキャリーしている」と語った。

2017年4月27日放送 21:00 - 22:00 NHK総合ニュースウオッチ9(ニュース)
トランプ大統領が異例の会合を開き、100人の上院議員全員をホワイトハウスに招き、北朝鮮への対応について、経済制裁に重点をおき、外交努力を通して圧力を強める方針を説明。岸田外相は国連安全保障理事会に出席し、北朝鮮の核問題が話し合われる。焦点となるのは中国の出方。中国の国営テレビによると、今月19日からピョンヤンでガソリンの供給制限が始まったという。アメリカは北朝鮮への原油供給禁止を求めてきたが、今回の価格高騰に関わるかは分かっていない。米中首脳会談以降、習近平国家主席はトランプ大統領と緊密に連絡を取り合う関係になった。中国は北朝鮮への制裁強化に安保理でアメリカと足並みをそろえる事ができるのか、会合は日本時間の明日深夜から。
アメリカと中国とのやり取りも気になるが、もう一つの鍵を握るのがロシア。そのロシアのプーチン大統領と安倍首相は今、首脳会談を行っている。

2017年4月27日放送 12:50 - 13:45 テレビ朝日ワイド!スクランブルゴゴイチ番ニュース
今回インタビューしたのは、北朝鮮元外交官・コ・ヨンファン氏。1979~1991年主にアメリカ外交に関わる金正日総書記のフランス語通訳をつとめたこともある。1991年ソウルへ亡命し、外交官としては初となった。金正恩の気持ちについてヨンファンさんは「北朝鮮の反応には矛盾がある。日本や中国などの圧力を恐れており、躊躇し不安がっているのは間違いない」と話している。また、周囲の政府・軍幹部たちにも同じような状況だという。また呼び方が、「元帥様」から「若いやつ」に変化しているのだという。「表向きは忠誠を尽くしているかのように装いつつも影では罵っていることの現象が、あらぬ事態を呼び込むかもしれない」と話した。不満を持っているのは人民らであり、怒りこそが戦争の意欲を高めているという。「国家が転覆しても今より良い暮らしをしたい」という思いには、金委員長の失望・新たに見付けた自立への希望があるとしている。受け入れなかったことにストレスを感じており、聞こえてくる消息では不眠症までかかっている心理状態を不安定にした状況が私達を緊張させている要因だとしている。家族についてヨンファン氏は「1991年脱出した時、逃げた人物だから厳罰に処せということになり、ご親族をみな粛清・銃殺したと把握している」と話した。

2017年4月26日放送 13:55 - 15:50 日本テレビ情報ライブ ミヤネ屋(ニュース)
側近が口元を隠す動作をしているのは過去に金正日の側近が口が臭いという理由で処分され、その時から幹部たちは最高指導者と話す時は口をふさいでいるという。嘘だと思うが有り得そうだという。儒教社会のため年上の人への敬いがあり口元を隠す動作も目上の人へ息が掛かるような喋り方をしてはいけない気遣いだという。

2017年4月26日放送 13:45 - 15:50 フジテレビ直撃LIVE グッディ!(ニュース)
金正恩委員長の胸中はどうなのか。李相哲教授はアメリカが中国に米国の先制攻撃を容認するよう圧力をかけ、国連安保理では協力な追加制裁準備をするよう話をしていて、そのことから怯えているのではないかと指摘する。金正恩委員長は就任から5年が経過するが他国の首脳との会談はない。金日成主席、金正日総書記は中国のトップと会談していて、それとも差が見られる。国内で公に姿を見せた回数も年々減っている。更には影武者説も囁かれる。2011年の写真と見比べると耳の形が違うそうです。昨日行われた砲撃訓練は他国を火の海にするというアピールだが、それは一般的な演習で挑発のレベルとしては核実験などと比べると格段に下がる。生稲晃子さんは子供達の間でもこれらの話が出ていて不安にさせているのが良くないと話した。
金正恩委員長が見せる弱気として、平壌市内を深夜にドライブし、自分の食べるレタスの葉を顕微鏡で検査させるという姿も見せているという。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.