[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「金正日」 に関するテレビ情報

2017年2月16日放送 23:00 - 23:58 テレビ東京
ワールドビジネスサテライト (ニュース)

朝鮮中央テレビは平壌での、金正日生誕75周年祝賀ムードを伝えた。北朝鮮では、金正男氏が暗殺されたことは報じていない。海外メディアがベトナム旅券を持つ女とインドネシア旅券を持つ女とマレーシア人の男が暗殺に関与したとし逮捕されたことを報じた。マレーシア政府は遺体が正男氏であることを確認、北朝鮮に引き渡す意向であると発表。正男氏はマカオに別荘を持ち、家族と住んでいた。マカオでは関心が高く、新聞のトップを飾った。正男氏はホテル・リスボアの常連だった。さらに高級日本食レストランの店員はここ2年は見ていないと明かした。
金正男氏暗殺は北朝鮮の指示なのか。脱北者の朴相学氏は韓国に住み、政権批判のビラを風船で飛ばす活動をし、2011年報復として暗殺されかけた。朴氏は 10年近く脅迫があったと暴露。朴氏は江南に呼び出されたが通報し、暗殺は未遂となった。場所は人通りが多い場所で、凶器は毒針のある懐中電灯型の武器だった。韓国政府は今回の暗殺で危機感を持った。去年亡命した北朝鮮の元駐英公使であるテ・ヨンホの警備を強化。テ氏は去年北朝鮮を批判し、暗殺のターゲットとなっている。龍谷大学の李相哲教授は脱北者の証言を総合すると、金正恩氏は非常に追い詰められているとした。平壌での金正恩氏の姿は疲れ切った顔だった。金正恩氏は自分の地位を脅かす人を粛清、正男氏が対象になったのではないかと指摘。北朝鮮は現在、経済制裁で外貨が得られる、上層部の不満は高まっている。金正日時代はベンツを買え与えることなどし、求心力があった。庶民は政権基盤を築くことに手一杯で、管理が行き届かないため、自由に密輸できるようになっている。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年3月16日放送 21:00 - 22:00 NHK総合ニュースウオッチ9(ニュース)
ティラーソン長官が来日し、アメリカの対北朝鮮政策について「これまでの20年間の政策は失敗だった、異なるアプローチが必要だ」と述べ政策の見直しを進める考えを示した。アメリカは2003年に6カ国協議をスタートさせ対話で核兵器開発を阻止しようとした。2007年には北朝鮮が核施設を無力化することなどを条件にエネルギー支援を行うことで合意、2012年には核実験・ウラン濃縮を一時凍結、ひきかえに食糧支援で合意した。しかし北朝鮮はその直後に弾道ミサイルを発射させ合意は破綻した。オバマ政権は非核化に向けた具体的な措置を取らないかぎり対話をしない政策に変更した。ティラーソン国務長官は「北朝鮮に核開発を断念させるうえで中国は大事な役割を担っている。中国のさらなる働きかけが北朝鮮の態度を変ることにつながると信じている」と述べた。さらに「慰安婦問題をめぐる日韓合意をアメリカは支持する」「日韓両国がこの問題を早急に解決することを望む」と述べた。安倍首相とも会談し日米が事前に調整し戦略目標を共有することが重要だという認識で一致した。

2017年3月13日放送 21:53 - 22:54 TBS好きか嫌いか言う時間脱北美女&元・工作員が緊急来日 今 知らなきゃヤバイ北朝鮮SP
韓国の人気番組「いま、会いに行きます」の内容は脱北者たちが北朝鮮の内情を暴露するトークバラエティ。数々の暴露話の中から金一族の情報を紹介。異母兄弟である金正男氏と金正恩氏の関係は良いものではなかった。脱北者キムさんは金正日氏が残したお金が不仲の理由だと語った。

2017年3月13日放送 13:55 - 15:50 日本テレビ情報ライブ ミヤネ屋(ニュース)
北朝鮮では金正男氏殺害ショックが政権内で広がっているという。事件2日後には党幹部などは全員殺害について知っていたと近藤氏は話した。幹部は兄まで殺す指導者として恐れおののいている。また帰国した暗殺実行犯4人に対しては、直ちに抹殺するよう命じたという情報もあるという。辺氏は本来はこんな形で露呈するはずがなかったのに、ボロが出てしまった為にこうした命令がくだされた可能性があると話した。野村氏は今回の件は外交問題で大きな影響を及ぼす事態。時代錯誤の行動だと話した。辺氏は首謀者の責任を問う形で処罰は考えられるとした。

2017年3月12日放送 16:30 - 18:00 テレビ朝日報道ステーション SUNDAY(ニュース)
韓国・ソウルでは朴槿恵大統領の罷免に歓喜の声が上がる一方、抗議する保守派の集会では米韓の結束を訴えて星条旗が翻っていた。その裏で北朝鮮・豊渓里では新たな動きが見られ、アメリカの北朝鮮研究機関の38Northは「これまでの10倍規模の核実験がありうる」と分析している。北朝鮮は去年から今年にかけて28発の弾道ミサイルを発射しているが、うち23発は「火星」、4発は「北極星」、1発は「光明星」。光明星は金日成主席が作った詩に登場する星で、金正日総書記を指すとされる。
火星はすでに実戦配備の段階に入っていて、同ミサイルを発射する砲兵部隊は在日アメリカ軍基地の打撃を任務とし、軍事ジャーナリストの黒井氏は「車載式とあってどこにあるか分からないところから発射でき、1500kmという最大射程は日本全体が入る」と指摘。そして、北極星2号は先月発射された移動式の新型ミサイルで、東亜日報は脱北者の話から、「潜水艦で北極海に向かい、ワシントンを狙うことから北極星の名がついた」などと報じている。金正恩党委員長の発言通り、北朝鮮はミサイル開発を加速させるなか、ヘイリー米国連大使は「北朝鮮への対処方法を再検討中で、結果に応じて行動していく」とコメント。韓国ではミサイル防衛システム「THAAD」の導入計画を進めていたが、大統領の退任によって新たな問題を孕んでいた。

2017年3月9日放送 16:50 - 18:10 NHK総合ニュース シブ5時(ニュース)
金正男氏の息子の動画について徹底的に解説。高野洋氏が動画の中で気になったのは「名前を名乗り自分の事をキム一族の一員と話したこと」と話す。これは北朝鮮に対して刺激する思惑が垣間見えるという。これは、金正男氏の息子が、北朝鮮のロイヤルファミリーで重要とされるペクトゥの血統に当たることからも言える。 また、この発言について高野洋氏は「金正男氏の息子だけで言える内容の話ではない。バックに金正恩政権に揺さぶりをかけたい勢力が付いている可能性がある」とした。
そして、今回の動画を掲載したとされる。チョルリマ民間防衛について。高野洋氏は「世界的には民間防衛団体はたくさんあると言われており、それぞれの団体間でのつながりもあるというが、どの団体もこのチョルリマ民間防衛のことは知らないとしている。名前のチョルリマというのは、北朝鮮の伝説の千里を駆ける馬のことだという。こちらの団体のホームページは、4日前に立ち上げられたばかり。まだ金正男氏の息子の動画しか上がっていないという。もしかしたら、これは架空の団体であり、その背後には大きな情報機関がついている可能性もある」話した。
そして、高野洋氏は「動画の中であげられた国として、オランダ、中国、アメリカ、匿名の国があるが。今回私が注目したいのは匿名の国がどこなのか?について。まず名前が上がっていなくて不自然に思うのが韓国。脱北者の受け入れもたくさん行っているため、ここで名前が上がっても不思議ではない。今はどこなのか定かではないが、その国の名前を言えないということは、その国で金正男氏の息子が保護されている可能性があるということ」と話した。また今後の北朝鮮の動きについては「最大の警戒心をもって当たるのでは」と話した。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.