[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「金正恩」 に関するテレビ情報

2017年2月16日放送 21:54 - 23:10 テレビ朝日
報道ステーション (ニュース)

拓殖大学大学院の武貞秀士特任教授は金正男氏の殺害事件に驚き、「政治的野心はなく、金正恩体制に挑戦するような活動をしたわけでもない。良からぬことを企てているというイメージが独り歩きし、落命したことは気の毒に思う」と語った。同氏は朝鮮労働党の口座から資金を引き出すクレジットカードを持っているとされるが、叔父の張成沢氏、中国との関係が顕在化し、張成沢氏の処刑後はカードは使えなくなり、資金面で苦労していたという。生活のため新たな人脈を築く過程で北朝鮮の怒りを買うようなことがあり、今回の殺害に繋がった見方もあるという。一方で中国が金正男氏を政治的に利用しようと保護下においていたことについて、武貞教授は全くの誤報と指摘した。
後藤謙次氏は日本政府は中国の動向を注視しているが、中国は今回の事件について一過性のことだと終わらせる見方があると伝えた。武貞秀士特任教授も後藤氏の見解に首肯し、中国が北朝鮮に対して厳しい姿勢をとることは外交面でデメリットがあると語った。金正男氏は中朝関係で重要な役割を果たしてきたわけではないため。なお、海外の脱北者団体が金正男氏を担ぎ上げ、現体制を打倒するための活動を海外でやろうとし始め、韓国政府は金正恩体制は崩壊間際だとして、国内にいる北朝鮮のVIPを取り込もうとする動きがあったという。北朝鮮はこの搦手は困ったとして、今回の殺害に至ったとみられるという。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年2月25日放送 21:00 - 23:06 テレビ朝日緊急報道特番緊急報道特番
VTRを振り返りトーク。持留記者の取材を受けていた理由について日本のメディアから世界中へ広めるためだったのではと持留記者は話す。また、金正恩氏に対して脅かすことはないというメッセージを送る意味もあったなど話す。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.