[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「金正恩委員長」 に関するテレビ情報

2017年3月21日放送 4:00 - 4:25 フジテレビ
めざましテレビ アクア ニュースアクア400

トランプ大統領が金正恩委員長を名指しで牽制した。そこでトランプ大統領が「金正恩委員長は極めて悪質」と語っている様子が伝えられた。こうした中で朝鮮中央テレビは新型エンジンの燃焼実験に成功したと発表している。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月29日放送 23:55 - 0:05 NHK総合時論公論(対話と圧力 北朝鮮にどう向かうか)
北朝鮮が日本海に向けて弾道ミサイルを発射した。去年を上回るペースでミサイルを発射している。こうした中で対話と圧力をキーワードにして解説する。北朝鮮は国際社会との約束を何度も反故にしている。北朝鮮はミサイルの小型化や多様化を進めており、東方の核強国を目指しており、最終目的はICBMを開発してアメリカを攻撃できる能力を持つことだと伝えた。
G7サミットの首脳宣言では、北朝鮮を平和と安定を脅かす新たな脅威と位置づけたと伝えた。ただ各国は一枚岩ではなくロシアや中国は意見が違う。こうした中でトランプ政権は硬軟織り交ぜて関わっている。韓国は米韓同盟を軸に核ミサイル問題の解決を目指していると伝えた。日本は日米韓の連携を強化して中ロの協力を得て、安保理決議を軸に圧力をかけていく必要がある。制裁は課す時と解除する時に大きな効果があるので、それを利用して対話のテーブルに引き出すことも大事だと伝えた。

2017年5月29日放送 23:30 - 0:25 フジテレビユアタイム〜あなたの時間〜(ニュース)
北朝鮮が3週連続でミサイルを発射。大阪駅前では号外が配られた。日本時間5時40分頃、北朝鮮元山付近から弾道ミサイルを発射、日本海の排他的経済水域内に着弾。新潟県佐渡島の漁師は「近いでしょ」とし、豊岡市の漁師は「イカ釣り船だったら操業場所」とした。稲田防衛相はスカッド型短中距離弾道ミサイルの可能性を示唆、安倍首相は北朝鮮に対し米国と具体的な行動に出るとした。きのうの朝鮮中央テレビでは、新型迎撃ミサイル発射実験の映像を公開。迎撃の瞬間はカットされていた。金正恩氏は「去年の欠陥を克服し、合格」とした。迎撃ミサイル発射については、周辺海域などで、空母3隻を同時展開させようとする米軍をけん制する狙いがあるとみられる。今日はスウェーデン・ストックホルム合意から3年の節目となる。拉致被害者の両親は北朝鮮の挑発に憤りを見せた。菅官房長官は北朝鮮にストックホルム合意の履行を求めつつ、拉致問題解決に全力で取り組んでいるとした。

2017年5月29日放送 21:00 - 22:00 NHK総合ニュースウオッチ9(ニュース)
北朝鮮が、3週連続で弾道ミサイルを発射した。北朝鮮は今朝、東部のウォンサンから弾道ミサイル1発を発射。約450km飛行して日本のEEZ内に落下した。発射したのはスカッドの一種とみられている。韓国の専門家は、「ICBMの1段目に束にして使用するスカッドの発射実験だったのでは」とする見方を示している。弾道ミサイルが落下したとみられる海域は、日本の漁船がベニズワイガニの漁などを行っている海域。石川県の漁協では、今朝も漁船が周辺海域を航行していた。
今回、防衛省がミサイルの発射を発表したのは、発射から30分以上が経過した午前6時16分。日本海のEEZ内に着水する可能性があると発表していた。しかし落下からすでに20分以上が経過していた。防衛省は、「排他的経済水域内に落下が予測される場合、より早く発表する対応をとりたい」としている。一方で北朝鮮はきのう、新型の対空迎撃ミサイルの発射実験の様子を放送した。発射を続ける北朝鮮の狙いについて、高野洋デスクは「G7サミットへの反発と、30日にアメリカが予定しているICBM迎撃実験へのけん制という意味合いがある。金正恩政権は、将来の対話局面で立場を有利にするため、核・ミサイル開発を一段と加速させるのでは」などと話した。
岸田外相は、アメリカのティラーソン国務長官と電話で会談。日米韓で連携して圧力を強化していくことを確認した。安倍首相は、「北朝鮮を抑止するため米国とともに具体的な行動をとっていく」と話した。アメリカは、近く2隻の原子力空母を日本海に同時に展開し、北朝鮮を強く牽制する計画。しかしマティス国防長官は、「北朝鮮との軍事衝突はおそらく最悪の戦いとなり、破滅的な戦争になるだろう」と述べ、軍事行動には慎重な姿勢を示している。

2017年5月29日放送 21:00 - 21:54 テレビ朝日クイズプレゼンバラエティーQさま!!6月に知っておきたい問題で激突SP
テーマは「北朝鮮」。トランプ大統領が金正恩委員長と会談する用意があると発言した一方、金委員長は一度も各国首脳との会談の経験していないとされている。そこで金日成主席と写真に写る人物の名前を答えるクイズが出題された。正解は周恩来。

2017年5月29日放送 15:50 - 19:00 日本テレビnews every.(ニュース)
今朝、北朝鮮は日本海に向けて弾道ミサイルを発射した。ミサイルは北朝鮮・元山市から発射したとみられ、日本のEEZ内に落下した。島根・隠岐諸島から約300km、新潟・佐渡島から約500kmの距離とみられている。今回のミサイルについて、稲田防衛相は「スカッド系のミサイルで特異なものではない」と分析した。北朝鮮は今年3月6日にもミサイルを4発発射するなど、短距離弾道ミサイルの発射を繰り返している。国連安保理は今月、北朝鮮のミサイル発射を強く非難。週末開かれたG7サミットでも、核及び弾道ミサイルに計画の放棄を求める首脳宣言が出された。
米国防総省は、ICBMを迎撃する実験を今月30日に初めて行うと発表。この動きに北朝鮮はきのう、国営メディアで対空迎撃ミサイルの発射実験を放送した。金正恩委員長も実験を視察し、「性能が向上した」と誇示している。そしてきょう、弾道ミサイルの発射を強行するなど、立て続けに脅威を誇示する北朝鮮。その狙いについて、金沢工業大学の伊藤俊幸教授は、「アメリカに対するもの。G7サミットに対する反発」などと話した。岸田外相は、ティラーソン国務長官と電話会談。防衛体制と能力向上を図るべく、具体的行動をとることで一致した。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.