TVでた蔵トップ >> キーワード

「正恩氏」 に関するテレビ情報

2017年4月20日放送 15:50 - 19:00 TBS
Nスタ トクする!3コマニュース

スタジオで万景峰号の新たな航路を地図で見ていき、5月8日から定期航路が開設されると伝えた。この船は月に6往復する予定で運行を手がける会社は北朝鮮の民間人を手助けしたいと話している。森永卓郎さんは受け入れ先がロシアしかなかったのではないかというのが実態なんじゃないかと思うと見解を述べ、北朝鮮からしたら中国と同じでクッションとしてキープしたいという気持ちがあるのだと思うと語った。万景峰号は1971年から北朝鮮と新潟を結んでいて、在日朝鮮人の祖国訪問・修学旅行に使われていた。しかし、2004年に特定船舶入港禁止法が制定され、2006年の核実験成功を受けて入港禁止となった。万景峰号の全長は126m、定員は200人で北朝鮮としては意味がある船とされている。中国は米中共存を掲げる可能性があるため、北朝鮮は不信感があるということが言える。一方で磐村氏はロシア・北朝鮮は反米で一致しており、正恩氏がプーチン氏のリーダー像に共鳴しているという話もあるという。ロシアにとっても孤立した北朝鮮との太いパイプを示すことで他国へのアピールになるのではないかという見方もある。李教授は北朝鮮そのものが脅威ではないが、核保有には反対していると話している。北朝鮮は入港禁止後、万景峰号を観光船として使用していた。森永さんは月に6往復して需要があるのかというのは疑問だと話した。国連安保理でアメリカ作成の北朝鮮を非難する声明の草案についてロシアは異議を唱えており、李教授は北朝鮮が核実験を行えばロシアも制裁に回るのではないかと強調している。森永さんはロシアとしては朝鮮半島が統一されて西側についてしまうというのは嫌なんだと思うと話した。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年9月19日放送 21:54 - 23:10 テレビ朝日報道ステーション(ニュース)
トランプ大統領が国連総会で初めて演説する。金正恩政権を極悪なならず者政権と位置づけ、すべての国に立ち向かうよう求めるという。マティス国防長官は、軍事的選択肢の中にはソウルを危険にさらさずに実行できるものもあると発言した。これまではアメリカの軍事行動でソウルに甚大な被害が出ると想定されていた。北朝鮮軍に占領された街を奪還する想定で、米韓合同軍事演習が行われた。ソウルが反撃されない軍事オプションは、北朝鮮のロケット砲の無力化が鍵になる。

2017年9月19日放送 15:50 - 19:00 日本テレビnews every.(ニュース)
米・マティス国防長官は18日に北朝鮮への対応について「多くの軍事的選択肢がある。外交・経済的圧力強化が不調なら軍事行動に出る可能性がある。現実的でないとの見方もあるが、韓国への報復を招かぬ方法もある」と宣言。強い施設を貫くことで北朝鮮へ開発放棄を迫る。

2017年9月19日放送 13:55 - 15:50 日本テレビ情報ライブ ミヤネ屋(最新NEWS)
スペイン政府は北朝鮮の核実験やミサイルの発射に対して北朝鮮の大使を国外追放することを発表した。スペインの北朝鮮大使館に勤務する大使を「好ましからざる人物」として今月30日までに国外退去を要求した。また北朝鮮のミサイルや核実験は国連決議に反し地域の平和と国際社会の安全を脅かす行為と発表している。メキシコやペルーなどが同様の措置をしているがヨーロッパ諸国では初めての対応と見られる。

2017年9月19日放送 11:30 - 11:45 日本テレビNNN ストレイトニュースNNN ストレイトニュース
18日付けのNYタイムズ紙への寄稿の中で安倍首相は、国連安保理の新たな北朝鮮制裁について「国際社会は団結し完全に履行しなければならない」と求めた。これまでの核をめぐる北朝鮮との交渉の歴史を説明し「対価を得ると約束を反故にしてきた」と指摘、「これ以上対話を呼びかけても無駄骨に終わるに違いない。北朝鮮には『諸外国が屈して対話を求めてきた』とさえ映りかねない」と訴えた。その上で「今は圧力を最大限に強めるべき時だ。一刻の猶予も許されない」と呼びかけた。

2017年9月19日放送 10:25 - 12:00 テレビ朝日ワイド!スクランブル(ニュース)
牛窪さんは「北朝鮮はサイバー攻撃も色々言われている。日本のサイバー対策費用は前年度から5倍に増えている。先日、防衛省のパソコンが盗まれて新品だったから情報は漏洩していないだろうと言われているがデータ管理に関してもセキュリティを考えていかなければいけない」などとコメントした。

refills リフィルズ

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.