[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「正恩氏」 に関するテレビ情報

2017年4月20日放送 15:50 - 19:00 TBS
Nスタ トクする!3コマニュース

スタジオで万景峰号の新たな航路を地図で見ていき、5月8日から定期航路が開設されると伝えた。この船は月に6往復する予定で運行を手がける会社は北朝鮮の民間人を手助けしたいと話している。森永卓郎さんは受け入れ先がロシアしかなかったのではないかというのが実態なんじゃないかと思うと見解を述べ、北朝鮮からしたら中国と同じでクッションとしてキープしたいという気持ちがあるのだと思うと語った。万景峰号は1971年から北朝鮮と新潟を結んでいて、在日朝鮮人の祖国訪問・修学旅行に使われていた。しかし、2004年に特定船舶入港禁止法が制定され、2006年の核実験成功を受けて入港禁止となった。万景峰号の全長は126m、定員は200人で北朝鮮としては意味がある船とされている。中国は米中共存を掲げる可能性があるため、北朝鮮は不信感があるということが言える。一方で磐村氏はロシア・北朝鮮は反米で一致しており、正恩氏がプーチン氏のリーダー像に共鳴しているという話もあるという。ロシアにとっても孤立した北朝鮮との太いパイプを示すことで他国へのアピールになるのではないかという見方もある。李教授は北朝鮮そのものが脅威ではないが、核保有には反対していると話している。北朝鮮は入港禁止後、万景峰号を観光船として使用していた。森永さんは月に6往復して需要があるのかというのは疑問だと話した。国連安保理でアメリカ作成の北朝鮮を非難する声明の草案についてロシアは異議を唱えており、李教授は北朝鮮が核実験を行えばロシアも制裁に回るのではないかと強調している。森永さんはロシアとしては朝鮮半島が統一されて西側についてしまうというのは嫌なんだと思うと話した。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月30日放送 19:00 - 19:30 NHK総合ニュース7(ニュース)
きのう、3週連続で弾道ミサイルの発射を強行した北朝鮮。朝鮮中央テレビはきょう、発射実験の映像を公開し、命中誤差がわずか7mだったことなど実験の成功を伝えた。今回のミサイルは先月の軍事パレードで初めて登場したもので、精密誘導システムを導入した新しい弾道ミサイルだと主張している。ミサイル防衛に詳しい香田洋二さんは、「(誤差が)7mというのはプロパガンダ色が強い印象を受ける」と話す。
様々なミサイル開発をアピールし、アメリカとの対決姿勢を強調する北朝鮮に対し、アメリカのトランプ大統領はツイッターで、「また弾道ミサイルを発射して隣国の中国に大変無礼なことをした」と投稿し、北朝鮮を非難した。また、アメリカは今月30日にICBMの迎撃実験を初めて行うとしている。これには、ミサイル防衛システムの精度を向上させたい狙いがあるとみられている。
一方、日本に対して北朝鮮外務省はきょう、国営メディアを通して談話を発表。「日本がアメリカに追従して敵対的に出るならわれわれの標的は変わるしかないだろう」として、アメリカ軍の基地以外も攻撃目標にする可能性をちらつかせ、日本を威嚇した。
日本を訪れている中国の楊潔篪国務委員は北朝鮮問題について、「最終的には平和的な交渉を通じ、政治的な手段で解決することを望む」とコメント。その楊国務委員と岸田外務大臣がきょう会談し、今後も北朝鮮問題について緊密に連携して取り組んでいくことで一致した。そして、安倍首相は韓国のムン・ジェイン大統領ときょう夕方に電話で会談。相次ぐ挑発行為は断じて容認できないとして、緊密に連携して対応していくことや、安全保障面での協力を推進していくことを確認した。

2017年5月30日放送 16:50 - 19:00 フジテレビみんなのニュース(ニュース)
朝鮮中央テレビは先ほど、きのう発射したとされる弾道ミサイルの映像を公開。飛行距離・飛行時間に加え、命中誤差が7mであったことも明かした。ミサイルに詳しい能勢伸之解説委員は、「ミサイルはKN-17とみられる。誤差が7mというのは技術的にかなりの精度。ただ本当だったかを知るすべは私たちにはない」とコメント。朝鮮中央テレビは、ピンポイントでの攻撃が可能だと伝えている。

2017年5月30日放送 16:50 - 18:10 NHK総合ニュース シブ5時(ニュース)
北朝鮮の朝鮮中央テレビは昨日発射した精密誘導システムを導入したとするミサイルの発射映像を公開した。映像では移動式の発射台に搭載されたミサイルがオレンジ色の炎を吹き出して上昇する様子が様々な角度から撮られていた。またキム委員長が海上と地上の目標を精密に攻撃できる弾道ミサイルの開発を指示して作られたとしていることから朝鮮半島周辺の日本海に空母2隻を展開して合同の演習をするなど圧力を強めるアメリカをけん制する狙いがあるとみられている。

2017年5月30日放送 16:50 - 19:00 テレビ朝日スーパーJチャンネル(ニュース)
北朝鮮の国営メディアが新型ミサイル発射の映像を4台のカメラで鮮明に公開した。今回、初めて精密誘導システムを導入したとされ、予定された目標に対して7mの誤差で正確に命中したと成功を伝えた。防衛省もミサイルの弾頭部は操縦翼とみられるものが確認されたと発表した。発射場所は元山とされている。北朝鮮外務省は「今までは日本にあるアメリカ軍基地だけが照準だったが、日本が敵対的に対応するなら標的は変わるしかない」と日本を名指しで非難した。

2017年5月30日放送 15:50 - 19:00 日本テレビnews every.(ニュース)
日本時間の午後4時前に朝鮮中央テレビは弾道ミサイルの発射実験に成功したと動画と写真で報じた。この弾道ミサイルは新たに開発した精密な誘導システムを導入したものだとしている。韓国軍は今回の弾道ミサイルはスカッドの系列を改良したものとみられると発表した。専門家は「今回の弾道ミサイルは弾頭の部分に4枚の羽根がありこの羽根でコントロールするという今までにない技術である」と話した。また誤差が7メートルだったことについては「1つのビルを狙うことが出来る」とし今後ミサイルの命中精度が上がる可能性があると指摘した。 
今年に入り、9回も弾道ミサイルを発射している北朝鮮だがきのう北朝鮮の外務省報道官が「今までは日本にあるアメリカ軍機地だけが照準だったが日本が我々に敵対するなら標的は変わるしかない」と述べ在日米軍基地以外にも軍事攻撃の標的になると威嚇した。またG7サミットで安倍総理が北朝鮮への新たな制裁決議の必要性を説いたことに反発したもので日本は言いがかりをつけて意地悪く振る舞っていると非難した。こうしたなかトランプ大統領はツイッタでー北朝鮮の弾道ミサイル発射について「隣国の中国に対し非常に無礼なことをしている。それでも中国は頑張っている」とコメントし中国を称賛し北朝鮮への圧力強化に期待を示した。この中国外務省は弾道ミサイルの発射を非難する一方で「格好が冷静さを保ち対話の道を歩むよう望む」と圧力を強めるアメリカをけん制した。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.