[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「金正恩委員長」 に関するテレビ情報

2017年8月13日放送 10:00 - 11:15 フジテレビ
ワイドナショー 松本人志と有名人が斬るニュース

北朝鮮のミサイル発射について、専門家・黒井文太郎さんをお呼びした。松本はまず「信憑性はどれくらいあるのか?」と質問した。それに対し黒井さんは「能力的にはできる、キム・ジョンウンが判断するかが鍵」などと話した。8/21からは米韓合同軍事演習が始まる見通しで今回のミサイル発射は北朝鮮のリスクが大きいことを話した。日本上空を通過する可能性があるため、中国・四国地方の4ヶ所では地上配備型の「PAC-3」の配備が始まっている。黒井さんは「トランプ政権はめちゃくちゃと言われているが安全保障に関しては安心できる」などとコメントした。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年8月19日放送 8:00 - 9:25 日本テレビウェークアップ!ぷらす(ニュース)
グアム沖へのミサイル発射計画は火星12型4発をグアム沖30キロ~40キロに着弾させるというもの。伊豆見さんによると主たる目的は国内向けだという。計画は金委員に命令され、後は命令を待つ状態だという。グアムでは避難についての緊急ガイドラインが発表された。上空を通過すると名指しされた高知や島根などはPAC3を配備された。マティス国防長官はミサイルが発射されたら戦争に発展する可能性があると指摘した。北朝鮮はアメリカの行動を見守るとしたが、トランプ大統領はツイッターで「懸命な決断をした」と持ち上げてみせた。米韓合同軍事演習は今後も続けていくという。日米外務・防衛閣僚協議では北朝鮮への対応などが話し合われた。日本は陸上配備型迎撃システム「イージス・アショア」をアメリカから導入すると伝えた。

2017年8月19日放送 6:00 - 8:00 テレビ朝日週刊ニュースリーダー(今週のニュース! 気になる人物トップ10)
日米の外務・防衛担当の会議「2プラス2」が開かれ北朝鮮問題などへの対応で協力、強化を確認した。共同文書ではアメリカの核の傘による日本の防衛や、北朝鮮への圧力強化、中国に厳しい措置を促すことなどを盛り込んだ。共同記者会見ではマティス国防長官はグアムに発射した場合「即座に撃ち落とす」と明言した。一方、北朝鮮では14日、婦人団体の集会が行われていた。翌日の15日、祖国解放記念日となっている北朝鮮。平壌市内には金正恩委員長を称える看板が溢れた。朝鮮中央テレビよると金正恩委員長は軍司令部を視察し、作戦を協議したという。その時の様子を伝える写真には戦略軍火力打撃計画というタイトルの図面や、モニターにはアンダーセン空軍基地が映されていた。弾道ミサイル計画に金正恩委員長は「党中央の命令を待っているとの戦略軍司令官の報告を聞き、火星砲兵たちの気勢が並大抵ではない。戦闘準備態勢と士気が天を衝く姿を見て新たな決意を固めることになる。とても満足」と述べた。発射の時期については「愚かで間抜けなアメリカ野郎の行動をもう少し見守る」としている。そんななか、北朝鮮にとって最大の貿易相手の中国は、石炭や鉄鉱石・水産物などの輸入を全面的に禁止すると発表した。一方、トランプ大統領は14日、インドのモディ首相と電話会談し、北朝鮮について「北朝鮮がアメリカ市民に危害を加えたなら軍事的解決に訴える」と強調。ところが16日にはツイッターで「金正恩はよく考え抜いたとても賢い決断をした。別の決断をしていたら受け入れがたい事態になっていただろう」と、一時保留する考えを示唆したことを指しているとみられている。

2017年8月19日放送 5:30 - 8:00 日本テレビズームイン!!サタデーニュース6→7
北朝鮮がグアム周辺に中距離弾道ミサイルを発射する声明を出してから10日となる。18日、北朝鮮のミサイル発射に備えたJアラートの一斉訓練が行われた。訓練に参加したのはミサイルが上空を通過する、と名指しされた島根・広島・高知県と軌道上にある6県。高知・香南市では地上配備型迎撃ミサイル・PAC3が配備される中での訓練となった。広島市は国からJアラートの訓練情報を受信し、区役所・消防署など141の防災無線で放送した。しかし、“防災無線が聞こえにくい”との声が上がり、三次市では防災無線が流れない、島根県では防災メールが正しく表示されないなどのトラブルも発生した。今月15日、朝鮮中央テレビは金委員長が戦略軍事司令部を視察し、ミサイル発射計画の報告を受けたことを伝えた。金委員長は挑発を繰り返す一方、アメリカの出方を見極める動きを見せた。マティス国防長官は14日、北朝鮮がアメリカに向けてミサイルを発射した場合、すぐさま戦争に発展する可能性があると警告する一方、ウォール・ストリート・ジャーナルにはティラーソン国務長官と連名で「発射をただちに中止すれば交渉の用意がある」と対話の可能性もにじませていた。こうした中、安倍首相はトランプ大統領と電話会談した。中国も北朝鮮から石炭などの輸入を全面的に禁止した。17日には日米の2プラス2が開かれ

2017年8月19日放送 5:30 - 6:15 TBS上田晋也のサタデージャーナル(特集)
緊迫する米朝関係に、金正恩党委員長はアメリカの動静を見守ると発言、強硬姿勢から変化が見られた。これにトランプ大統領は、とても賢明かつ理性的な判断をし、またティラーソン国務長官は対話の道を探っていくとして、トランプ政権から対話を意識した発言があった。

2017年8月18日放送 23:00 - 23:58 テレビ東京ワールドビジネスサテライト(ニュース)
北朝鮮がグアム周辺に弾道ミサイルを発射するという計画を発表してから10日。ミサイルは日本の上空を飛んでグアムに向かうとされている。ミサイルの通り道として名指しされたのは島根県、広島県、高知県だ。そこでこれらを含む9つの県でJアラートの訓練が行われた。こうした中で金正恩委員長は「アメリカの行動をもう少し見守る」としている。安倍総理はダンフォード統合参謀本部議長と会談して、北朝鮮に対する日米の結束を確認した。今後は各地で有事に備える動きが続く。

refills リフィルズ

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.