[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「クジラ」 に関するテレビ情報

2017年4月21日放送 16:50 - 19:00 フジテレビ
みんなのニュース (ニュース)

海面からあがる大きな水しぶき、このクジラの映像はきょう東京湾で午前11時ごろに撮影に成功。今週月曜日には千葉・富津沖での目撃情報が寄せられていて同じクジラと見られている。コククジラという種類ではないかということだ。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年4月24日放送 22:00 - 22:25 NHK総合クローズアップ現代+アメリカに監視される日本~スノーデン”未公開ファイル”の衝撃~
未公開ファイルはファイブ・アイズでしか見られないもので、日本はサード・パーティで情報の共有は限定されている。今回のファイルではアメリカが日本を監視対象にしていたこともわかった。
2007年アメリカで開催されたIWC総会での焦点は商業捕鯨の再開だった。日本は小規模な捕鯨再開を提案する作戦だった。当時、日本代表で総会に参加したのは水産庁・漁業交渉官の森下丈二さんだった。IWCでは捕鯨支持国と反支持国が激しく対立、冷静な議論もできない状況に陥っていた。日本はロビー活動で、正常化に手応えを掴んでいた。しかし、スノーデンファイルでは、ロビー活動の詳しい情報を電話やネットの傍受で得ていたと記載。NSAの諜報活動拠点は会場から30km離れた米空軍施設だった。なんの情報だったかは具体的にはなかったが、ニュージーランドやオーストラリアのファイブアイズで共有していた。ニュージーランドのジェフリー・パルマ元首相代表として参加した。パルマ元首相は関連事項について話せないが、役立ったと話した。IWC総会では事前の予想とは異なり、厳しいムードが漂った。小規模な捕鯨再開について、採決にかけることもできなかった。森下氏は日本は辛い思いで荒れる海から科学データを採って提案したが、話も聞いてもらえなかったとした。
元NSA職員のトーマス・ドレイクさんは行き過ぎた諜報活動に反発し告発した経験がある。ドレイクさんはアメリカの諜報活動には制限はないとした。国家が行う不正は不正ではないと言う職員もいるが、とんでもないとした。スノーデンファイルには、「努力に見合う結果だったか?」同盟国はイエスと言うだろう、クジラもきっと喜んでいるはずだとしている。

2017年4月23日放送 22:30 - 23:24 TBS林先生が驚く初耳学!林先生が驚く初耳学!
和田アキ子は「大阪に世界で唯一クジラの骨でできた橋がある」と披露。林修は初耳と判定。

2017年4月22日放送 6:00 - 8:30 フジテレビめざましどようびNEWS
千葉県富津市から中継しクジラの目撃情報のことを伝えた。沖には漁をするための船が停泊していたがこの目撃情報を受け漁師も警戒しているという。

2017年4月21日放送 15:50 - 16:50 フジテレビようこそ、わが家へ(番組宣伝)
「みんなのニュース」の番組宣伝。「3.8億円強奪 深まる謎」「パリ銃撃 観光へ影響は」「愛人スキャンダルで離党届」「世界が注目!宮崎キャビア」「銭湯アイドル密着」「なぜ?東京湾にクジラ」などのニュースを放送する。

2017年4月20日放送 10:25 - 13:55 TBSひるおび!森さん きょうあす天気
クジラが迷い込んだのは温かい黒潮のせい。これが天気に影響しているという。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.