[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「KKK」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 4:00 - 4:25 フジテレビ
めざましテレビ アクア ニュースアクア400

日本時間10日、トランプ次期大統領が選挙勝利後初めての公式な会見をアメリカ・ニューヨークで行った。そのトランプ氏は、今回の会見でもメディアとの対決姿勢は変わらず。記者と応酬する場面も見られた。会見終盤では「ロシア・中国・日本・メキシコすべての国はアメリカをこれまで以上に尊敬するようになる」などと自らの政権運営について自信をのぞかせた。一方、トランプ次期大統領の就任を前に、閣僚人事を審議する公聴会も議会で始まり、司法長官候補のセッションズ上院議員がこの席に臨んだ。セッションズ氏は、強硬な移民政策や、かつて「白人至上主義」を掲げるKKK(クー・クラックス・クラン)を擁護するような発言を行なうなど、差別的な言動で知られているが、今回の公聴会では自身について「平和主義者だ」と強調。トランプ氏が選挙中に訴えたイスラム教徒の入国禁止については「支持しない」と、行わない考えを示した。しかし、審議はヤジでたびたび中断する異例の事態となった。
オバマ大統領は地元のイリノイ州で10日、任期中最後となる国民向けの演説を行った。オバマ大統領はこの演説の中で「この25年、妻や母親としてだけでなく最高の友でいてくれた」と、ミシェル夫人への感謝の気持ちを述べ、涙ぐむ様子も見せた。また、政策の継続や多様性の重要さを訴え、トランプ氏を暗にけん制した。そして、演説は「Yes, we can Yes, we did」と締めくくった。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年1月12日放送 4:25 - 5:25 フジテレビめざましテレビ アクアニュースアクア500
日本時間10日、トランプ次期大統領が選挙勝利後初めての公式な会見をアメリカ・ニューヨークで行った。そのトランプ氏は、今回の会見でもメディアとの対決姿勢は変わらず。記者と応酬する場面も見られた。会見終盤では「ロシア・中国・日本・メキシコすべての国はアメリカをこれまで以上に尊敬するようになる」などと自らの政権運営について自信をのぞかせた。一方、トランプ次期大統領の就任を前に、閣僚人事を審議する公聴会も議会で始まり、司法長官候補のセッションズ上院議員がこの席に臨んだ。セッションズ氏は、強硬な移民政策や、かつて「白人至上主義」を掲げるKKK(クー・クラックス・クラン)を擁護するような発言を行なうなど、差別的な言動で知られているが、今回の公聴会では自身について「平和主義者だ」と強調。トランプ氏が選挙中に訴えたイスラム教徒の入国禁止については「支持しない」と、行わない考えを示した。しかし、審議はヤジでたびたび中断する異例の事態となった。
オバマ大統領は地元のイリノイ州で10日、任期中最後となる国民向けの演説を行った。オバマ大統領はこの演説の中で「この25年、妻や母親としてだけでなく最高の友でいてくれた」と、ミシェル夫人への感謝の気持ちを述べ、涙ぐむ様子も見せた。また、政策の継続や多様性の重要さを訴え、トランプ氏を暗にけん制した。そして、演説は「Yes, we can Yes, we did」と締めくくった。

2017年1月11日放送 16:50 - 19:00 フジテレビみんなのニュース(ニュース)
トランプ次期大統領の就任を前に議会で始まった、閣僚人事を審議する 公聴会。傍聴者のヤジで審議がたびたび中断するという異例の事態となった。傍聴者の怒りの矛先に向けられたのが、トップバッターとして公聴会に臨んだ司法長官候補のセッションズ上院議員。強硬な移民政策を主張し白人至上主義を掲げる「KKK」擁護するような発言を行うなど差別的な言動でも知られている。セッションズ上院議員は公聴会で「人種差別的な考えは持っていない、私は避難されてきたがそんなことはない、人種差別主義者ではなく平和主義者だ」と話す。トランプ氏が選挙中に訴えていた。イスラム教徒の入国禁止については「イスラム教徒を宗教的に米国に入国させないという考えは支持しない」と実行する考えのない事を明らかにした。トランプ氏は就任式が行われる今月20日までに主要閣僚の承認を取り付けたい考えだが、閣僚候補の一部については難航も予想される。そして、更に懸念されるのが家族の起用について。長女イバンカさんの夫クシュナー氏が上級顧問になると発表されたが、大統領の親族がホワイトハウスに入るということは政権の私物化にあたるのではないかと批判の声も上がっている。 そして、トランプ氏のファミリー・ビジネスと公職との兼ね合いの問題。公職なので、国益のために働かなければいけないが、そこに自分のファミリービジネスの損得が入ってきてはいけない。こうした問題についてトランプ氏明日日本時間の午前1時から会見を行う。これは大統領選挙後初の会見となり大きな注目を集めている。

2017年1月8日放送 7:00 - 9:54 TBSサンデーモーニング迷える世界~日本の立ち位置~
アメリカでの取材。今月20日にトランプ大統領の就任式が行われる。選挙前には見られなかった、トランプを堂々と支持する市民。選挙後には移民などに対する差別や偏見を煽るような行動も急増した。この排他的な動きを後押ししたのはトランプの暴言ともいえる発言だ。2015年に白人至上主義団体であるクー・クラックス・クランの支部は2倍以上に増加した。ナチス・ドイツ式の敬礼でトランプの勝利を称える新たな極右勢力も現れた。ペンシルベニアは伝統的に民主党が強い地域だったが、今回は共和党のトランプが勝利した。勝敗に影響したのは白人中間層の怒りだった。ペンシルベニア周辺の州はラストベルトと呼ばれ、20世紀半ばまで鉄鋼や重工業などアメリカの主要産業の拠点として栄え、主に白人労働者が支えてきた。しかし自由貿易によって製造業は衰退した。今回の大統領選ではラストベルトの多くがトランプ支持に傾いた。カジミアチャック夫妻を訪ねた。ポール氏は溶接工として鉄道車両工場で勤務していたが9年前の工場閉鎖で失業した。その後アルバイトをしながら看護学校に通い、今は看護師として働いているという。
アメリカ全体を見ると景気は上向きで失業率は低下しているが、製造業の就業者を見ると20年で3分の2に減少した。失業者も増加する中、取り残されていく白人労働者の不満や不安を取り込んでいったのがトランプだった。ポールさんはずっと民主党を支持していたが、今回はトランプに投票した。アメリカ社会の崩壊は教育現場にも及ぶ。アメリカでは教育費が年々高騰していて、公立大学の授業料はこの15年でおよそ2倍になり、学生ローンを利用する学生が7割ほどいる。10万ドル以上の債務者は203万人ほどになる。トニーさんも650万円ほどのローンを抱えているという。その重荷から教師の夢を諦めた。アメリカでは富裕層と貧困層の二極化が進行中で、国民の7人に1人が貧困層と言われている。さらに追い打ちをかけるような出来事も起きているという。かつてデトロイトは自動車産業の町として発展したが2013年に財政が破綻した。その影響で税収が落ち込み、警察や消防などの公共サービスが低下した。最盛期と比べて人口は6割減少した。街灯の4割が消え、公園の7割が閉鎖した。警察官も人員削減がされ、犯罪率が上昇し、一時は全米で最も危険な町と呼ばれた。アメリカではこのように十分な公共サービスを受けられない自治体が少なくない。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.