[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「KKK」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 4:00 - 4:25 フジテレビ
めざましテレビ アクア ニュースアクア400

日本時間10日、トランプ次期大統領が選挙勝利後初めての公式な会見をアメリカ・ニューヨークで行った。そのトランプ氏は、今回の会見でもメディアとの対決姿勢は変わらず。記者と応酬する場面も見られた。会見終盤では「ロシア・中国・日本・メキシコすべての国はアメリカをこれまで以上に尊敬するようになる」などと自らの政権運営について自信をのぞかせた。一方、トランプ次期大統領の就任を前に、閣僚人事を審議する公聴会も議会で始まり、司法長官候補のセッションズ上院議員がこの席に臨んだ。セッションズ氏は、強硬な移民政策や、かつて「白人至上主義」を掲げるKKK(クー・クラックス・クラン)を擁護するような発言を行なうなど、差別的な言動で知られているが、今回の公聴会では自身について「平和主義者だ」と強調。トランプ氏が選挙中に訴えたイスラム教徒の入国禁止については「支持しない」と、行わない考えを示した。しかし、審議はヤジでたびたび中断する異例の事態となった。
オバマ大統領は地元のイリノイ州で10日、任期中最後となる国民向けの演説を行った。オバマ大統領はこの演説の中で「この25年、妻や母親としてだけでなく最高の友でいてくれた」と、ミシェル夫人への感謝の気持ちを述べ、涙ぐむ様子も見せた。また、政策の継続や多様性の重要さを訴え、トランプ氏を暗にけん制した。そして、演説は「Yes, we can Yes, we did」と締めくくった。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年2月21日放送 22:00 - 22:25 NHK総合クローズアップ現代+特集 トランプのアメリカ 勢いづく白人至上主義 ALT・RIGHTの実像
パックンは白人側のごく一部がオルト・ライトに関わっていて白人至上主義に対するアンチ白人至上主義のデモも行われ、こちらの人数が多いという。有色人種の人はピリピリしてる空気を感じているという。渡辺氏は昔はアメリカに異物が入り排斥する白人至上主義があったが、近年は白人の人口が減る変化やミドルクラスの縮小で白人の中にも経済的に困窮してる人もいて忘れかけられている気持ちがあり過激な行動に出たりしているという。多文化主義が広がり白人が悪い構図があり、若い世代は自分たちは差別をしてないが悪いように言われマイノリティーが優遇される風潮から白人が形見を狭く感じているという。
白人の方が差別を受けていると感じる白人は57%で労働者層では66%を占めているという。オルト・ライトの支持者らが注目しているのがトランプ政権のバノン上級顧問でオルト・ライトを広めたニュースサイトの元経営者で、ミラー大統領補佐官はトランプ氏の就任演説を書いたスピーチライターでスペンサー氏と同じ大学の保守系団体に所属していたという。パックンはトランプが怒っている白人を支持者として固め他はないがしろにすると見ていると話した。渡辺氏はCPACで基調講演に呼ばれた人がオルト・ライト寄りの人が呼ばれようとしていて、中心舞台に出てきているのは危惧されると話した。

2017年2月17日放送 8:00 - 9:50 フジテレビ情報プレゼンター とくダネ!NY中継
アメリカ・ニューヨークから中継。6年前に再婚した51歳の男性と44歳の女性の日常はある日突然壊れた。仕事から帰ってこない夫を心配した妻がフェイスブックで情報提供を呼びか、地元新聞紙もそれに協力した。しかし、夫は自宅から32km離れた川辺で遺体となって発見された。カメラの前で慟哭した妻は、夫が白人至上主義組織「KKK」の地元組織でリーダーを務めていて、これまでにも何度か脅迫があったことを明かした。夫は理念から外れた他の組織を度々強く批判してきたという。しかし、インタビューの数時間後にこの妻と息子が殺人の容疑で逮捕された。妻は夫を心配するフェイスブックの投稿の直後に家賃を心配する投稿をしていたことを怪しんで、警察は家宅捜査したところ、寝室から夫の大量の血痕が見つかったのだった。夫の連れ子によると、妻は夫の収入を頼りにして働きもせずにいたことから離婚の危機にあったという。
アメリカ・ミズーリ州でKKKの指導者である夫が妻に殺害された事件についてスタジオ解説。妻は束縛の強いタイプで、普段は夫と数時間連絡が取れないだけで大騒ぎしていたが、今回はそういった様子もなく、怪しんでいた近隣住民もいたとのこと。中瀬ゆかりさんは「巧妙な割にはフェイスブックに証拠を残すところなどは随分とずさん」とコメントした。

2017年2月9日放送 21:54 - 23:10 テレビ朝日報道ステーショントランプ合衆国を行く
アメリカ・テネシー州にある「クー・クラックス・クラン」。誕生を示したプレートはひっくり返されていた。リチャード・ニコルスさんはトラックの運転手の傍ら、KKKの活動を続けている。トランプ大統領に望むことは経済の立て直しで、当初はサンダース氏を応援していた。差別思想が広がると戦争につながり危険では?との質問に対してニコルスさんは「私や家族から何か奪うことをしない限り私も誰かを憎まない。1つの洲をくれればそこに行く。そっとしておいてほしい」と語った。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.