[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「サイバー攻撃」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 4:00 - 5:25 TBS
はやドキ! はや見せ! 朝刊一面チェック

スタジオではトランプ次期大統領の会見について話題になった。そこでロシアのサイバー攻撃についてトランプ次期大統領が認めていると伝えた。ただ会見ではロシアが勝手にやったことと説明していたと伝えた。また会見では新聞の内容以外にも雇用創出や自身の事業、メディアとの半目など会見では伝えられている。(読売新聞)

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年2月24日放送 4:20 - 4:30 NHK総合視点・論点サイバーセキュリティを確保するには
慶應義塾大学大学院教授・土屋大洋氏が解説する。昨年末、退任間際のオバマ大統領はロシアに政治的な制裁を発動した。ロシア政府がサイバー攻撃によって、昨年の米大統領選挙に介入したと判断したからだ。サイバー攻撃のほとんどは「サイバー犯罪」と呼ばれるもの。サイバー攻撃には3つの問題がある。第1は「被害者が被害を公表したがらない」こと。第2は「被害が明らかになっても容疑者が容易にわからない」こと。第3は「攻撃者が特定できても金銭で雇われた者が多く、雇い主の特定に至らない」こと。これらを専門家はアトリビューション問題と呼ぶ。その結果、世界のサイバーセキュリティの主役になったのが、スパイ機関だった。アメリカではNSAであり、イギリスではGCHQだ。これらは通信を監視し、サイバー攻撃を未然に防ごうとしている。だが、両機関の活動は2013年6月、NSA請負業者社員のエドワード・スノーデンによって暴露され、プライバシー侵害だという議論が巻き起こった。
こうした問題をさらに深刻にしたのが、昨年の米大統領選挙だった。米民主党全国委員会サーバーから流出した電子メールなどがインターネット上で暴露され、委員長は辞任。こうしたことが民主党のヒラリー・クリントン候補に打撃となり、共和党のドナルド・トランプ候補の勝利に繋がったとの見方もある。さらには、出所不明の偽ニュースも大統領選挙において流された。その多くがクリントン候補に不利なもので、サイバー攻撃の新たな手法と考えられている。つまり、他国の政治に介入し、国民を惑わせるためのサイバー攻撃だ。かつては「プロパガンダ」と呼ばれたが、インターネットでも行われるようになり、SNSやスマホの普及によって偽ニュースが急速に拡散するようになった。
アメリカ大統領選挙後、オバマ大統領は対ロシア制裁に踏み切った。ロシアの外交官35名を追放し、アメリカ国内でロシア政府が使っていた施設2ヶ所を閉鎖。一連のサイバー攻撃を指揮したのはロシア連邦軍参謀本部情報総局とされるが、プーチン大統領は馬鹿げた指摘だとしている。土屋氏はヒラリー・クリントン候補が当選したとしても選挙結果に疑念を抱かせ、アメリカの民主政治を動揺させようとロシアは企図したとの見方を示した。アメリカでは偽ニュースが混乱を引き起こすと考えられる程度について、「かなり」と回答したのが全体の64パーセントにのぼる。日本に目を向けるとラグビーワールドカップ、東京五輪・パラリンピックの開催が予定され、サイバー攻撃によるシステムやインフラ障害が懸念されている。政府はサイバーセキュリティ基本法を成立させるなど対策を進めていて、他国の政府とも連携している。土屋氏は「サイバー攻撃が増大し、多様化、洗練化していくなか、セキュリティとプライバシーのバランスは検討すべき重要な課題。行き過ぎた権利侵害をせぬよう、アトリビューション問題を解決し、サイバー攻撃を抑止することが今後の課題となる」と指摘した。

2017年2月14日放送 16:50 - 19:00 フジテレビみんなのニュース(ニュース)
日本とのパイプ役を期待されていた、アメリカ大統領の補佐官フリン氏が突然辞任した。辞任の引き金は去年12月、当時民間人だったフリン氏は、ロシアのサイバー攻撃に対しての制裁措置について、駐米ロシア大使と電話で協議したことが、民間人による外国政府との交渉を禁じた法律に、違反した可能性と指摘されていたためだ。フリン氏は当初疑惑を否定していたが、ホワイトハウスは13日付けでフリン氏の辞表を受理したことを公表、フリン氏は疑惑を認め謝罪したということである。そんなトランプ政権だが、13日カナダのトルドー首相が訪問し、移民政策について会談を行った。その後の記者会見で、移民政策を巡る両者の意見が激突し、両者の溝は埋まらなかったようだった。

2017年2月8日放送 4:30 - 5:00 NHK総合NHKニュース おはよう日本(ニュース)
サイバー攻撃は、個人情報の流出などの被害が国内外で相次いでいて、発電所や鉄道など民間のインフラ拠点に対する攻撃も懸念されている。サイバーセキュリティーの技術を高めるため、独立行政法人の情報処理推進機構は、企業向け研修機関をことし4月に新設することにしていて、アドバイザーとしてNSAのアレキサンダー元長官を招く方針。氏は、任期中、アメリカ軍に創設されたサイバー軍の司令官を兼任するなどサイバー空間でアメリカ政府の機密活動を指揮した。一方、任期中はCIAのスノーデン元職員が、NSAが大量の個人情報を極秘に収集していると告発し、テロ対策と個人のプライバシーをめぐってアメリカ国内で議論も起きた。氏は、企業から派遣された100人程度を対象に、サイバー攻撃を想定した実践的な演習のプログラムも作成するということで、情報処理推進機構は企業のサイバー攻撃への備えに第一線のノウハウを生かしたい考え。

2017年2月7日放送 4:55 - 8:00 テレビ朝日グッド!モーニングニュースまとめ
サイバーセキュリティ担当大臣を兼任する丸川五輪担当大臣のホームページにサイバー攻撃が行われた。ホームページにはイラクのクルド人自治区の旗と「イスラム国」を避難する英語が表示されるように改ざんされた。ホームページは発覚から約1時間で復旧した。

2017年2月6日放送 21:54 - 23:10 テレビ朝日報道ステーション(ニュース)
丸川五輪担当大臣のホームページがサイバー攻撃を受けて「クルド人自治区の旗」が表示されるようになったと伝えた。丸川五輪担当大臣は必要な是正策は直ちに講じましたと語っている。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.