[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「サバ」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 5:15 - 5:40 NHK総合
小さな旅 富士の港 あたたかく〜静岡県 清水港〜

海に面した一角に定食屋があった。ここは港や周辺の工場で働く人たちの御用達。28年前から続く名物食堂だ。この店を切り盛りしている高橋智子さん。智子さんのこだわりは、ボリューム満点の煮魚定食に、サバ・アジ・イワシを骨ごと練った黒はんぺん。体力勝負の港の男たちを支える。朝5時半、智子さんは1人仕込みを始める。清水で生まれ育った智子さんがお店を始めたのは27歳の時、マグロ漁船でコック長をしていた夫・秀勝さんが智子さんの待つ港で店を出したいと、船を降り開店させた。早い・安い・腹いっぱいがお店のモットー。しかし去年秀勝さんは心臓を患い、長期間の入院を余儀なくされた。店の看板だったマグロの刺し身は今出すことが出来ない。秀勝さんが戻るまで店を守る覚悟だ。秀勝さんの煮汁の色を思い出しながら、その味に近づけるよう努力する日々。智子さんは「見よう見まね、でもなかなかお客さんには満足してもらえるかどうかそこがちょっと心配なんですけど、なかなか主人のようにはいなかいです」と話した。2日に一度は来るという常連さん。常連さんは「いつもながら美味しいです」とコメントした。心意気溢れる富士の港の風景。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年7月15日放送 9:30 - 9:55 テレビ朝日食彩の王国食彩の王国
続いて長野県佐久市「佐久ホテル」から伝統の川魚料理を紹介。旅館として1428年創業、江戸時代に書かれた献立なども残っている。「鯉のあらい」は刺身を氷水でしめて盛り付けたもので、シャリシャリとした食感が楽しめる。「鯉のうま煮」は江戸時代からつぎ足し続けた甘辛ダレを使い、強火で炊き上げることで味を表面にのみまとわせ、タレの味と鯉の身のうまみを同時に楽しめる。
続いて長野県飯山市「ベイシア飯山店」から、地元の魚事情を紹介。サバの水煮の缶詰「サバ缶」が大量に売れるといい、この店では1週間に2000個前後を仕入れるという。全国で見ると魚の缶詰では半数近くがツナ、サバは2割未満だが、長野県ではサバが4割以上、ついでサンマやサケ・ブリと売れ筋が大きく異なる。続いて長野・山ノ内町の家族にサバ缶料理を見せてもらうと、夏にだけとれる「根曲がり竹」を信州味噌で煮込み、さらにサバ缶を加えて煮込んだ。
続いて、東京・恵比寿「ほねラボラトリー」の料理人・櫻庭基成郎(もとしげ)さんを紹介。魚料理のスペシャリストで、ワインに合う創作料理を得意とする。まぐろのたたきとブルーチーズやミントを合わせた一皿、北海道産のトキシラズと呼ばれる時鮭を炙ってから油で煮たコンフィをさらに味噌で合わせたものなどを紹介した。信州の魚では「シナノユキマス」の品質が上がってきたことに注目しているといい、過去に一度仕入れたことがあると答えた。当時の料理を紹介した。
櫻庭基成郎さんが長野・佐久市「飯田養魚場」を訪れた。千曲川の水を引き入れ、信州サーモン、信州大王イワナなど新しい魚種も育てている。シナノユキマスは鯛のような白身が特徴といい、食感はサーモンのよう。独特の香りはタイムのようともいわれる。1975年にヨーロッパから輸入され、1983年に日本で完全養殖に成功している。
次は… 発見!! お宝食材

2017年7月14日放送 11:40 - 12:40 テレビ東京昼めし旅人気の道の駅でご飯調査 山梨県富士吉田市
富士山の名水料理を求めて佐野さん家でご飯調査中。佐野さんは鍋に富士吉田の水を入れパックの出汁を入れた。富士山の水は軟水のため、旨味が抽出されやすくダシにピッタリだそうだ。20分間煮立て、ナスやゴボウを鍋に入れる。卵や片栗粉を入れたジャガイモの中に塩コショウで下味した鶏ムネ肉を入れ中温で5分程揚げる。ほうとうとカボチャを茹でる。そこに3年熟成させた自家製味噌を入れて完成だ。撮影を聞きつけ次男家族が駆け付けていた。お父さんは食事を食べて「美味しい。最高。」等とコメントした。佐野さんは「自分家の味噌で美味しい。」等とコメントした。次男家族は佐野さんの家にご飯だけ食べによく来るとの事だ。お父さんは山梨に一生住むつもりだ。佐野さん夫婦は潔さんの一目惚れで交際に発展し、昭和50年に結婚した。3人の子どもに恵まれ、お盆と正月には総勢15名が集まる。佐野さんの家で富士山の水を使い始めたのは5年くらい前からだそうだ。焼酎に富士山の水をいれても滑らかで美味しいという。

2017年7月13日放送 15:50 - 19:00 日本テレビnews every.(ニュース)
東京・新宿にある割烹のお店、店内の生簀には高級魚の代名詞となっている千葉・大原産のヒラメがいた。包丁で手早くさばいた透明感のあるヒラメの活き造り、白身魚の刺し身では最上の1つとされている。しかし気温が上がるこの時期、ヒラメを巡ってある問題が。富山・砺波市で先月24日、25日とヒラメの寄生虫が原因の食中毒が発生。男女18人が食中毒の症状を訴えた。食中毒の原因は花びらのような形をしている寄生虫「クドア・セプテンプンクタータ」。専門家は「基本的にはヒラメのみに寄生している。大体5時間~6時間以内に下痢・おう吐と起こすのが特徴。」と話した。クドアは6年前から厚労省が食中毒事例として扱うようになった新しい食中毒。食後の数時間以内に発症し、おう吐・下痢などの症状。食中毒と引き起こすとされている寄生虫はサバ・サンマ・イカなどに寄生しているアニサキスが最近話題になった。その食中毒は激しい腹痛やおう吐などの症状。アニサキスは肉眼が見つけることができるが、専門家によると肉眼では見つけることはできないという。

2017年7月10日放送 20:00 - 21:00 テレビ東京主治医が見つかる診療所(美味しく摂って老化予防 ポリフェノールの上手な摂り方)
姫野先生の赤ワイン使った料理は「サバ缶の赤ワイン中華風味噌煮」。炒めたナスとパプリカを赤ワインで煮込み、サバの水煮缶を入れ、甜麺醤などで味付けすれば完成。赤ワインはサバやマグロとも相性がいい。
秋津先生の赤ワインを使った料理は「ブラック肉じゃが」。肉じゃがに赤ワインのつめを入れる。
丁先生の赤ワインを使った料理は「ポリフェノール野菜の赤ワインキーマカレー」。ゴボウやレンコンなどの野菜と豚ひき肉をそぼろ状にして赤ワインで煮込む。
赤ワインを使ったポリフェノール料理は、ゲストの投票の結果、秋津先生のブラック肉じゃがが優勝した。

2017年7月10日放送 10:25 - 13:55 TBSひるおび!(ニュース)
日本の排他的経済水域に近い北太平洋の公海上で中国漁船が2016年、サバを30万~40万トン水揚げしていたとみられることが、国立水産研究・教育機構の推計で分かった。中国が報告したサバの水揚げ量は約14万トンであった。調査した海域は北海道東部から三陸沿岸の沖合200カイリの北太平洋で、米国の気象衛星による観測データから解析した。日本は15年、中国や台湾、韓国などに呼びかけて管理の為「北太平洋漁業委員会」を創設している。(読売新聞) 太平洋のサバ資源量は1970年代は300万トン以上居たものの、一時15万トンまで減少している。中国漁船は年々増え続け、大半が偽の船名で漁の際には小魚含め根こそぎ持っていってしまうとのこと。日本は北太平洋漁業委員会にて漁船数を増やさないよう推奨している。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.