[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「サバ」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 5:15 - 5:40 NHK総合
小さな旅 富士の港 あたたかく〜静岡県 清水港〜

海に面した一角に定食屋があった。ここは港や周辺の工場で働く人たちの御用達。28年前から続く名物食堂だ。この店を切り盛りしている高橋智子さん。智子さんのこだわりは、ボリューム満点の煮魚定食に、サバ・アジ・イワシを骨ごと練った黒はんぺん。体力勝負の港の男たちを支える。朝5時半、智子さんは1人仕込みを始める。清水で生まれ育った智子さんがお店を始めたのは27歳の時、マグロ漁船でコック長をしていた夫・秀勝さんが智子さんの待つ港で店を出したいと、船を降り開店させた。早い・安い・腹いっぱいがお店のモットー。しかし去年秀勝さんは心臓を患い、長期間の入院を余儀なくされた。店の看板だったマグロの刺し身は今出すことが出来ない。秀勝さんが戻るまで店を守る覚悟だ。秀勝さんの煮汁の色を思い出しながら、その味に近づけるよう努力する日々。智子さんは「見よう見まね、でもなかなかお客さんには満足してもらえるかどうかそこがちょっと心配なんですけど、なかなか主人のようにはいなかいです」と話した。2日に一度は来るという常連さん。常連さんは「いつもながら美味しいです」とコメントした。心意気溢れる富士の港の風景。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月26日放送 19:00 - 19:57 フジテレビその原因、Xにあり!血管力アップで突然死を防げ!SP
池谷敏郎が教える血管パワーアップ食材とは「養殖マグロの赤身」。天然でなく養殖が良い理由はEPAの量が豊富なため。EPAとは魚の脂に含まれる脂肪酸で、アジやサバよりも養殖マグロの方が豊富。EPAは傷ついた血管の炎症を抑えプラークを傷つきにくくする。実際EPAを摂取することで心筋梗塞のリスクが3分の1軽減できる。なぜ養殖マグロにEPAが豊富なのか、それは脂がたっぷり乗るよう育てられており、エサにEPAが豊富なサバなどが与えられている。
「養殖マグロの赤身」は生で食べるのが良いので、今回は「養殖マグロの赤身6切れ」を「1日1食10日間生で食べる」という検証を岡まゆみ・松崎しげるにしてもらう。検証ではビール350mlまたは日本酒2合までのお酒の摂取も認められている。10日後2人の検査を行うと、血管内皮機能は二人とも以前より大幅にアップ、プラークについては血管の炎症でできていきEPAには炎症を鎮める働きが期待されるので、プラークを傷つきにくい状態にしてくれる。

2017年5月25日放送 19:00 - 20:54 日本テレビ得する人損する人ウル得マンvs京都スゴ腕高校生
いけや賢二ことウル得マンが、福知山淑徳高等学校の料理に特化した調理系列で学ぶ3人と制限時間30分に何品サバ料理を作れるかの対決を行う。高校生が料理の腕前と知識を競う「全国高校生食育王選手権大会」で神田川俊郎が大絶賛したチームで神田川が特別賞を与えた。ウル得ダレはしょうゆ2:みりん2:砂糖1、淑徳ダレはしょうゆ1:みりん1:酒1:砂糖0.3の分量。ウル得マンは中骨をつけて調理すると身崩れしづらく骨からうま味も出て焼き物や煮物に最適、3枚におろしたあと、さらに半分に開き塩が早く馴染むようにするといった得ワザ、高校生チームは中骨を焼くことで香ばしさが加わるといった得ワザで調理を行った。

2017年5月25日放送 8:00 - 10:25 日本テレビスッキリ!!キニナルジャーナル
スマとはマグロとカツオや同じサバ科に属している魚で、太平洋やインド洋など温かい海域に生息している。これまで全国に流通するほど多くの水揚げ量はなく、漁師さんの間で美味しい魚として食べられていた程度だった。しかし2012年愛媛大学と愛媛県によりスマの養殖の共同研究が始まり去年、完全養殖に成功。伊予の姫貴海という名前で出荷が始まった。

2017年5月23日放送 8:00 - 8:15 テレビ東京厳選!いい宿東伊豆・伊東温泉 風情あふれる料亭旅館
料亭旅館 淘心庵 米屋の食事を紹介。地産地消を心がけた彩り鮮やかな料理。初ガツオなどのお造り5点盛りに続く口替りは3種類から選べ、おすすめは宿自慢のビーフシチュー。主肴はあしたか牛と春野菜の花山椒鍋。料理のしめの食事は釜炊きごはん、まご茶漬け、釜玉うどんなどからお好みで。夜食に夜鳴きそばのサービスがあり、朝食に出る干物をカレイ、サバ、アジ、塩鮭から選べる。厳選いい宿のイチオシプランは別邸「静海」「柔風」平日28500円。予約はコールセンター0570-783-877、またはホームページから。

2017年5月22日放送 19:00 - 20:57 TBS名医のTHE太鼓判!生活改善で余命は伸びるのか?
異常値だらけの布施明に対し、医師らは断酒することをアドバイス。典型的なアルコール依存症、丸田佳奈医師によると医者として会うのは3回目だが全く変わってないという。
管理栄養士の伊達友美氏によると、布施の場合は毎食、魚と豆を食べて良質なたんぱく質を摂ると良い。サバやサケ、ブリなどがオススメ。大豆には発酵食品を加えるのが良く、もずく酢と納豆を混ぜるだけがお手軽。お酒は1口飲んだら水を2口飲むという摂取方法を実践した。
生活改善後の布施明の寿命を発表。どの数値も基準値より高いものの、改善前よりは大幅に下がっていた。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.