[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「セッションズ上院議員」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 4:00 - 4:25 フジテレビ
めざましテレビ アクア ニュースアクア400

日本時間10日、トランプ次期大統領が選挙勝利後初めての公式な会見をアメリカ・ニューヨークで行った。そのトランプ氏は、今回の会見でもメディアとの対決姿勢は変わらず。記者と応酬する場面も見られた。会見終盤では「ロシア・中国・日本・メキシコすべての国はアメリカをこれまで以上に尊敬するようになる」などと自らの政権運営について自信をのぞかせた。一方、トランプ次期大統領の就任を前に、閣僚人事を審議する公聴会も議会で始まり、司法長官候補のセッションズ上院議員がこの席に臨んだ。セッションズ氏は、強硬な移民政策や、かつて「白人至上主義」を掲げるKKK(クー・クラックス・クラン)を擁護するような発言を行なうなど、差別的な言動で知られているが、今回の公聴会では自身について「平和主義者だ」と強調。トランプ氏が選挙中に訴えたイスラム教徒の入国禁止については「支持しない」と、行わない考えを示した。しかし、審議はヤジでたびたび中断する異例の事態となった。
オバマ大統領は地元のイリノイ州で10日、任期中最後となる国民向けの演説を行った。オバマ大統領はこの演説の中で「この25年、妻や母親としてだけでなく最高の友でいてくれた」と、ミシェル夫人への感謝の気持ちを述べ、涙ぐむ様子も見せた。また、政策の継続や多様性の重要さを訴え、トランプ氏を暗にけん制した。そして、演説は「Yes, we can Yes, we did」と締めくくった。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年1月19日放送 5:25 - 8:00 TBSあさチャン!けさの関心事
全世界が注目するトランプ氏の就任演説。中林氏は、ステファン・ミラー氏が演説の鍵を握ると話す。現在31歳のミラー氏。アメリカの政治専門サイトは、彼のスピーチ作成能力は「機械」のようだと記している。もともとセッションズ上院議員の補佐官をしており議会のことも知っているうえ、1日に3本もスピーチが書ける優秀な人物だという噂がある。また、大統領の歴史に詳しい専門家ダグラス・ブリンクリー氏に就任演説について相談したと報じられた。電話で確認したが、本人からは直接確認を取ることはできなかった。しかし記事によると、トランプ氏は3人の元大統領について特に熱心に聞いていたという。その一人がケネディ大統領。もう一人が、ロナルド・レーガン大統領。シンプルで誠実、常に自然な語り口が民衆の心を掴んだ。そしてもう一人が68歳で就任し、1か月で肺炎が原因で亡くなったハリソン大統領にも興味を示したという。現在70歳、史上最高齢の大統領となるトランプ氏にとって、体調面が気にかかるのか?現地時間の20日、正式に大統領となるトランプ氏。いったいどんな演説をするのか。

2017年1月18日放送 16:50 - 19:00 フジテレビみんなのニュース(ニュース)
不法移民の強制送還に反対する弁護士のシーザー・バーガスさん。自身も5歳の時に母親に連れられメキシコからアメリカに渡った不法移民。「私はいい生活を与えてくれた母を責めたことは一度もない」と話すバーガスさんが不法移民でありながら強制送還されない理由。それはオバマ政権時の移民政策があるという。2012年オバマ大統領は、親に連れられ15歳以下でアメリカに不法入国した若者に対しては犯罪歴がないなど一定の条件を満たせば、アメリカで働くことを許可し、強制送還を一時的に猶予するプログラムを実施。その大統領令はDACAと呼ばれている。バーガスさんと同じDACAの資格を持つ不法移民は70万人以上。しかし、トランプ氏の決断次第では、その猶予措置が廃止される可能性があるという。強制送還の不安を抱える不法移民はメキシコ系の人々だけではない。これまでに8人のアメリカ大統領を輩出したハーバード大学には不法移民である日本人学生が通っている。田中大史さん19歳。田中さんにとっても不安は深刻。田中さんは2004年、6歳の時両親とアメリカに入国。最長6ヵ月の滞在期間を過ぎても帰国せずに不法滞在の状態で暮らしていたが、高校在学中にDACAの資格を取得。強制送還の恐怖から開放された。息子をアメリカに残し去年日本に帰国した田中さんの父親に話しによると。田中さんの母親はフィリピン人。幼稚園では「外人」呼ばわりなどいじめにあい渡米を決断したという。田中さんの大学入学を機に家族は帰国。その後トランプ次期大統領就任が決まり、我が子の将来を日本から気にかけている。これまで不法移民というハンデは会ったものの田中さんにとってアメリカは差別や偏見のない国に移ってきた。田中さんは「僕が一番衝撃を受けたのは、それぞれの生徒の個性やルー ツが受け入れられていたこと」と話す。そうした寛容な移民文化をも揺るがしているトランプ・ショック。DACAは大統領令のため議会の承認を得ずにプログラムが破棄できる中、そうした事態に備え。アメリカの大学では、海外にいるDACAの学生については大統領就任式までにアメリカ国内に帰国するよう呼び掛けている。今月10日、時期司法長官に指名されたセッションズ次期司法長官は、アメリカ上院の公聴会でDACAの廃止を示唆している。将来弁護士になりたいという田中さん、ハーバード大には同じDACAの資格を得ている学生は、40人ほどいるという。 田中さんは「我々は何処へ行かない。アメリカは移民で成り立ち、移民がこに国を偉大にしたということをトランプ氏が理解してくれることを願う」と話した。 正式就任後、トランプ氏はこの問題にどう手を付けるのか、アメリカの移民政策はかつてない局面を迎えようとしている。

2017年1月15日放送 8:00 - 9:54 TBSサンデーモーニング(ニュース)
トランプ政権の閣僚候補からは食い違う意見もでている。トランプ次期大統領の就任式が20日にせまる中、ワシントンでは式典などの準備が進められている。11日の会見で強く訴えたのはアメリカ国民の雇用創出だった。会見ではアメリカの大手自動車メーカーが相次いでメキシコでの工場建設を中止したことなどを紹介した。未だに態度をはっきりさせないGMに計画中止を求めた。一方、メキシコでの新しい工場の建設を批判されたトヨタは9日に今後5年間で米国内に1兆をこえる投資を行うと発表している。トランプはさらに製薬業界も「アメリカを去り雇用を殺す企業はばく大な関税を支払うことになる」などと批判した。また、中国や日本・メキシコなどどの国とも貿易不均衡になっているなどと話した。さらに中国については南シナ海に巨大な要塞を築き、我々を欺いていると指摘。アメリカへサイバー攻撃をしている国としてもロシアに加えて中国も批判した。会見では具体的な政策は示されなかった。次期政権の閣僚候補に対する承認公聴会ではジェフ・セッションズ上員議員が抗議を受けているシーンも。過去の人種差別的な発言が問題視されていたが、この日はトランプ氏が選挙戦で訴えたイスラム教徒の入国禁止について支持しない考えを明らかにし、司法長官は大統領のイエスマンであってはならないと発言した。さらに国防長官に指名されたマティス氏は、ロシアの脅威を認めてトランプ氏とは食い違う見解を示した。国務長官に指名されているティラーソン氏はトランプ氏が日本の核武装を容認するような発言をしていたことに対して賛成できないとした。

2017年1月12日放送 10:25 - 12:00 テレビ朝日ワイド!スクランブル(ニュース)
トランプ政権新閣僚は、司法大臣 ジェフ・セッションズ氏、国務長官 レックス・ティラーソン氏、国防長官 ジェームズ・マティス氏、商務長官 ウィルバー・ロス氏など、いずれも成功した企業家である。公聴会では非常に厳しい質問がされることになる。日本ではないシステムで、堀田佳男はこうしたシステムは組閣の時に必要だとコメントした。

2017年1月12日放送 4:55 - 8:00 テレビ朝日グッド!モーニングニュースまとめ 24h
トランプ次期大統領が大統領選後、初会見を開いた。会見では他産業を含む生産拠点をアメリカに戻すよう働きかけると表明した。また、メキシコの壁も早急に建設するとした。諸外国との貿易については、不均衡を是正する必要があると話した。一方で、在日米軍駐留費については言及しなかった。一方、司法長官に指名されたジェフ・セッションズ氏の承認を審議する公聴会も10日に行われた。公聴会はたびたび中断するなど大荒れとなった。大統領就任式は現地時間20日に行われる。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.