[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「セッションズ上院議員」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 4:00 - 4:25 フジテレビ
めざましテレビ アクア ニュースアクア400

日本時間10日、トランプ次期大統領が選挙勝利後初めての公式な会見をアメリカ・ニューヨークで行った。そのトランプ氏は、今回の会見でもメディアとの対決姿勢は変わらず。記者と応酬する場面も見られた。会見終盤では「ロシア・中国・日本・メキシコすべての国はアメリカをこれまで以上に尊敬するようになる」などと自らの政権運営について自信をのぞかせた。一方、トランプ次期大統領の就任を前に、閣僚人事を審議する公聴会も議会で始まり、司法長官候補のセッションズ上院議員がこの席に臨んだ。セッションズ氏は、強硬な移民政策や、かつて「白人至上主義」を掲げるKKK(クー・クラックス・クラン)を擁護するような発言を行なうなど、差別的な言動で知られているが、今回の公聴会では自身について「平和主義者だ」と強調。トランプ氏が選挙中に訴えたイスラム教徒の入国禁止については「支持しない」と、行わない考えを示した。しかし、審議はヤジでたびたび中断する異例の事態となった。
オバマ大統領は地元のイリノイ州で10日、任期中最後となる国民向けの演説を行った。オバマ大統領はこの演説の中で「この25年、妻や母親としてだけでなく最高の友でいてくれた」と、ミシェル夫人への感謝の気持ちを述べ、涙ぐむ様子も見せた。また、政策の継続や多様性の重要さを訴え、トランプ氏を暗にけん制した。そして、演説は「Yes, we can Yes, we did」と締めくくった。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年4月10日放送 10:25 - 12:00 テレビ朝日ワイド!スクランブル(ニュース)
アメリカの突然のシリア攻撃の背景として、アメリカ国内の官僚にロシア関連でのスキャンダルが多いことが挙げられている。2月の「フリン大統領補佐官」の辞任は、政権発足前に駐米ロシア大使と制裁解除について協議していたとの報道が挙がっている。3月には「セッションズ司法長官」に辞任要求、理由として大統領選挙中にロシア大使と面会していたとされている。春名幹男は、アメリカ国内ではFBIなどが大統領選挙中のロシアのサイバー攻撃を認めているなど、ロシアとの裏のつながりが指摘されておりトランプ大統領が強気に出ざるをえなかったのではと答えた。今後はティラーソン国務長官のロシア訪問などが予定されており、アメリカの難しい立ち回りが要求されるという。その他、プーチン大統領がイランのロウハニ大統領とともにアメリカに対する非難声明を発表したなどと紹介した。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.