[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「セッションズ上院議員」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 4:00 - 4:25 フジテレビ
めざましテレビ アクア ニュースアクア400

日本時間10日、トランプ次期大統領が選挙勝利後初めての公式な会見をアメリカ・ニューヨークで行った。そのトランプ氏は、今回の会見でもメディアとの対決姿勢は変わらず。記者と応酬する場面も見られた。会見終盤では「ロシア・中国・日本・メキシコすべての国はアメリカをこれまで以上に尊敬するようになる」などと自らの政権運営について自信をのぞかせた。一方、トランプ次期大統領の就任を前に、閣僚人事を審議する公聴会も議会で始まり、司法長官候補のセッションズ上院議員がこの席に臨んだ。セッションズ氏は、強硬な移民政策や、かつて「白人至上主義」を掲げるKKK(クー・クラックス・クラン)を擁護するような発言を行なうなど、差別的な言動で知られているが、今回の公聴会では自身について「平和主義者だ」と強調。トランプ氏が選挙中に訴えたイスラム教徒の入国禁止については「支持しない」と、行わない考えを示した。しかし、審議はヤジでたびたび中断する異例の事態となった。
オバマ大統領は地元のイリノイ州で10日、任期中最後となる国民向けの演説を行った。オバマ大統領はこの演説の中で「この25年、妻や母親としてだけでなく最高の友でいてくれた」と、ミシェル夫人への感謝の気持ちを述べ、涙ぐむ様子も見せた。また、政策の継続や多様性の重要さを訴え、トランプ氏を暗にけん制した。そして、演説は「Yes, we can Yes, we did」と締めくくった。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年2月12日放送 8:00 - 9:54 TBSサンデーモーニング(ニュース)
大統領就任から3週間。大統領令を乱発し、自らの政策を実行にうつしてきたトランプ大統領。政権人事の承認は大幅に遅れている。指名した15人のうち、承認されたのは7人。デボス教育長官の承認を巡っては、与党共和党からの造反があり、賛成50、反対50。結局はペンス副大統領が票を入れ、承認された。閣僚人事では史上初の事態となった。セッションズ司法長官を巡っては、過去の移民排泄や人種差別的な発言が問題視され審議が度々中断した末にようやく承認された。その翌日にはトランプ大統領の側近の発言も話題になった。コンウェー大統領顧問が、大統領の娘イヴァンカさんのブランドの宣伝をはじめた。百貨店ノードストロムが、イヴァンカさんのブランドの商品の取り扱いの中止を表明していて、トランプ大統領がツイッターで抗議した。民主党のパロシ院内総務は、大統領として不適切だと批判。イランの最高指導者ハメネイ師は、反米の姿勢をしめした。しかし、トランプ大統領は姿勢を崩さない。

2017年2月10日放送 8:00 - 9:50 フジテレビ情報プレゼンター とくダネ!(ニュース)
自画自賛ツイッターを投稿し続けるトランプ大統領。日本時間のきょう未明には司法長官の任命式に出席した。日本の法務大臣にあたる司法長官にジェフ・セッションズ氏、トランプ氏と同様に移民対策強硬派の人物。トランプ氏の怒りの矛先は高級百貨店「ノードストロム」、イバンカ氏が手がけるファッションブランドの販売を突如百貨店が止めたことに猛抗議した。デパート側は販売中止の理由を売上不振により販売中止と発表。この問題にスパイサー報道官は「大統領は父親として家族を守る権利がある。」とトランプ氏を擁護。だが、国民からは「大統領の立場を利用して娘の事業に介入した」と批判の声が噴出。今回安倍首相が宿泊するのはトランプ氏が所有する高級リゾートホテル「The Mar-a-Lago Club」、入会費は2000万円以上で1泊20万円を超えるとされる。宿泊費を大統領側が払うとなると結果、トランプ氏側の利益にならないのかと疑問の声があがった。日本国内の投資家たちは期待の声が高い。しかし梅農家の小林勝一氏は「TPPの時も守るといって、実はそうじゃなかったというのは後で出てきたことで完全には守られてない。アメリカに有利なかたちにおそらくなるだという部分で不安に思う」と話した。トランプ政権は農産物の関税を下げるなど有利な2国間協定を要求してくることを懸念。

2017年2月9日放送 23:15 - 23:55 NHK総合ニュースチェック11(CHECK 日米首脳会談へ)
安倍首相は「トランプ大統領との間で日米同盟関係はさらに強固なものとなっていく、強じんなものとなっていくとのメッセージとなるような首脳会談にしたい」と述べた。トランプ大統領は「信じられない内容だ、裁判所はかなり政治的なようだ」と入国禁止の大統領令の即時停止を命じた仮処分をめぐり裁判所への批判を強めた。さらに身内をかばう発言も飛び出した。大手デパートがイバンカさんのブランド商品の販売を取りやめると決めたことについて強く批判。大統領として不適切ではないかと物議を醸している。ホワイトハウスの報道官は「大統領は父親として娘を守る権利がある」と述べた。議会では入国禁止の大統領令をめぐり対立が激化、トランプ政権の閣僚の承認が遅れている。セッションズ上院議員の採決の結果は52対47でからくも6人目の閣僚が承認された。またゴーサッチ氏は「トランプ大統領の発言はやる気をなくさせ失望した」と述べた。日米首脳会談でトランプ大統領は2国間の貿易協定と姿勢を示し、日本の自動車市場や金融為替政策を批判している。日本政府はマクロ経済政や通商政策を協議する新たな枠組みを設ける方向で最終調整に入った。

2017年2月9日放送 21:54 - 23:10 テレビ朝日報道ステーション(ニュース)
安倍総理とトランプ大統領の首脳会談が開かれる。トランプ大統領は「日本は長年何をしてきたか、通貨安を誘導してきたのに我々はただ座っていただけだ」と日本を批判。今回の首脳会談では為替政策、自動車の輸出を批判するトランプ大統領の誤解を解き日米の協力関係を打ち出せるかが大きな焦点になる。先月行われた電話会談では「娘のイバンカから安倍総理がクレバーだから、あなたは言うことを聞いておいた方がいいと言われた」と話した。そのイバンカを巡ってトランプ大統領が「私の娘はノードストロームに非常に不公平な扱いを受けている。娘は素晴らしい人間で常に私を正しい方向へと向かわせてくれているというのに恐ろしいことだ」とつぶやいた。今月2日高級デパート「ノードストローム」はイバンカのプロデュースブランドの取り扱をやめると発表した。日米首脳会談を控えたアメリカメディアの反応は「安倍総理はトランプ氏との会談に向けて、大統領がつぶやきたくなるようなお土産を用意している」と安倍総理のお土産に興味があることを伝えた。また、セッションズ上院議員を司法長官就任に起用する人事案を承認した。これから入国禁止を巡る裁判の陣頭指揮に当たることとなる。

2017年2月9日放送 21:00 - 22:00 NHK総合ニュースウオッチ9(ニュース)
安倍総理大臣は日米首脳会談に向けて日本を出発した。会談の相手はトランプ大統領となっている。トランプ大統領は娘のブランドの販売を取りやめた「ノードストロム」を批判し、ノードストロムは売上に基づく決定だとしている。
トランプ大統領は娘のブランドの販売を取りやめた「ノードストロム」を批判したことについて、利益相反の問題が生じかねないと物議を醸している。また新たな司法長官にはセッションズ氏が承認された。
トランプ大統領は日本自動車市場などを批判しており、2国間の防衛協定の締結を目指す姿勢を示している。首脳会談を前に、安倍総理大臣は日米同盟関係はさらに強固なものとなっていくとのメッセージとなるような首脳会談にしたいと語った。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.