[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「セッションズ上院議員」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 4:00 - 4:25 フジテレビ
めざましテレビ アクア ニュースアクア400

日本時間10日、トランプ次期大統領が選挙勝利後初めての公式な会見をアメリカ・ニューヨークで行った。そのトランプ氏は、今回の会見でもメディアとの対決姿勢は変わらず。記者と応酬する場面も見られた。会見終盤では「ロシア・中国・日本・メキシコすべての国はアメリカをこれまで以上に尊敬するようになる」などと自らの政権運営について自信をのぞかせた。一方、トランプ次期大統領の就任を前に、閣僚人事を審議する公聴会も議会で始まり、司法長官候補のセッションズ上院議員がこの席に臨んだ。セッションズ氏は、強硬な移民政策や、かつて「白人至上主義」を掲げるKKK(クー・クラックス・クラン)を擁護するような発言を行なうなど、差別的な言動で知られているが、今回の公聴会では自身について「平和主義者だ」と強調。トランプ氏が選挙中に訴えたイスラム教徒の入国禁止については「支持しない」と、行わない考えを示した。しかし、審議はヤジでたびたび中断する異例の事態となった。
オバマ大統領は地元のイリノイ州で10日、任期中最後となる国民向けの演説を行った。オバマ大統領はこの演説の中で「この25年、妻や母親としてだけでなく最高の友でいてくれた」と、ミシェル夫人への感謝の気持ちを述べ、涙ぐむ様子も見せた。また、政策の継続や多様性の重要さを訴え、トランプ氏を暗にけん制した。そして、演説は「Yes, we can Yes, we did」と締めくくった。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年3月21日放送 16:50 - 19:00 テレビ朝日スーパーJチャンネル(ニュース)
オバマ氏がトランプ陣営を盗聴したという大統領の発言を裏付ける情報はないとコミー長官が発言。トランプ氏はツイッターに「オバマ大統領が去年の大統領選挙直前にトランプタワーの通信を傍受していた」と投稿。閣僚と駐米ロシア大使が接触していたことへの批判から目をそらす狙いではという報道もでている。トランプ支持率は就任以来過去最低の37%。FBIはロシア政府とのあらゆる関係性について捜査中。

2017年3月7日放送 16:50 - 18:10 NHK総合ニュース シブ5時(ニュース)
米トランプ大統領の施政方針演説から1週間、大統領は再び入国制限する大統領令に署名、対象は前回より1カ国少ない6ヶ国で一部の洲は法的手段をとることも検討している。今回の大統領令の発表は国務長官ら3人が行い、テロリスト入国を防ぐことは安全保障にとって極めて重要とティラーソン国務長官は述べた。新たな大統領令はスーダン、シリア、イラン、リビア、ソマリア、イエメンの6ヶ国。入国を90日間制限する。前回対象であったイラクは除外されているが、その理由についてはイラクは対IS作戦の重要な同盟国だとした。イラク外務省は大変安堵している、イラクとアメリカが戦略的同盟関係を強化し、正しい方向へ向かうための重要な一歩となると述べた。また全回は入国制限によりビザ・永住権を得ているにも関わらず入国できない人もいたが、今回は10日間の準備期間を設け新たなビザ申請者のみを制限対象に。更に無期限停止だったシリア難民の受け入れは他国からの難民と同じ120日の停止に。今回の大統領令でも反発の声が上がり、ホワイトハウス前には約200人が集まり抗議デモが行われた。前回の大統領令停止が認められたワシントン洲ファーガソン司法長官はもともとの大統領令自体が違法で違憲。政権によって意図的にイスラム諸国が狙い撃ちされている等述べた。さらにニューヨーク洲・マサチューセッツ州の司法長官も新たな大統領令に反対、法的手段をとる考えを示した。

2017年3月7日放送 13:45 - 15:50 フジテレビ直撃LIVE グッディ!(ニュース)
トランプ大統領が新たな入国禁止の大統領令を打ち出した。トランプ政権の閣僚らが会見で、アメリカの安全の懸念に対応する、テロへの脆弱性を除去する取り組みだと述べた。7カ国の入国禁止令が発効された際は国内外で混乱が生じ、国民の怒りが爆発していた。アメリカの複数の州の司法長官が大統領令は違憲だとして連邦裁判所に提訴する事態になった。大統領令の執行は差し止められたが、この騒動から約1ヶ月後に新たな大統領令が出された。今回は前回からイラクを除外した6カ国が対象。除外されたイラクの人は対応を当然だとしているが、対象となっている他の国の難民からは強い反発が出ている。

2017年3月7日放送 10:25 - 12:00 テレビ朝日ワイド!スクランブル(ニュース)
アメリカのトランプ大統領は6日、中東やアフリカからの入国を一時禁止する新たな大統領令に署名した。前回の入国禁止の大統領令では署名直後に対象国の人が空港で拘束され、連邦裁判所が効力を一時差し止める事態となった。新たな大統領令ではイランやシリアなど6カ国からの入国を90日間禁止するが、永住権やビザを持つ人は対象外となっている。イラクはイスラム国との戦いで協力関係にあることから今回は除外された。難民の受け入れについては全ての国から120日間停止する。セッションズ司法長官は、司法省はこの大統領令は最初のものと同じく合法かつ正当な大統領権限の行使であると信じているなどととコメントした。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.