[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「セッションズ上院議員」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 4:00 - 4:25 フジテレビ
めざましテレビ アクア ニュースアクア400

日本時間10日、トランプ次期大統領が選挙勝利後初めての公式な会見をアメリカ・ニューヨークで行った。そのトランプ氏は、今回の会見でもメディアとの対決姿勢は変わらず。記者と応酬する場面も見られた。会見終盤では「ロシア・中国・日本・メキシコすべての国はアメリカをこれまで以上に尊敬するようになる」などと自らの政権運営について自信をのぞかせた。一方、トランプ次期大統領の就任を前に、閣僚人事を審議する公聴会も議会で始まり、司法長官候補のセッションズ上院議員がこの席に臨んだ。セッションズ氏は、強硬な移民政策や、かつて「白人至上主義」を掲げるKKK(クー・クラックス・クラン)を擁護するような発言を行なうなど、差別的な言動で知られているが、今回の公聴会では自身について「平和主義者だ」と強調。トランプ氏が選挙中に訴えたイスラム教徒の入国禁止については「支持しない」と、行わない考えを示した。しかし、審議はヤジでたびたび中断する異例の事態となった。
オバマ大統領は地元のイリノイ州で10日、任期中最後となる国民向けの演説を行った。オバマ大統領はこの演説の中で「この25年、妻や母親としてだけでなく最高の友でいてくれた」と、ミシェル夫人への感謝の気持ちを述べ、涙ぐむ様子も見せた。また、政策の継続や多様性の重要さを訴え、トランプ氏を暗にけん制した。そして、演説は「Yes, we can Yes, we did」と締めくくった。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月20日放送 6:00 - 8:30 フジテレビめざましどようびめざましNEWS
トランプ大統領は就任後初の外遊となる中東・欧州へ出発した。サウジアラビアを訪れ指導者とイスラム国掃討での結束を確認する見通し。イスラエルでは中東和平に向けた協議を行う予定となっている。さらにローマ法王とも会談し3つの宗教の本拠地訪問で過激主義に対する団結を示す方針。

2017年5月19日放送 16:50 - 19:00 フジテレビみんなのニュース(ニュース)
去年のアメリカ大統領選挙をめぐりトランプ陣営とロシアが共謀したとされる疑惑。その捜査をする特別捜査官に元FBI長官のムラー氏が任命。18日のコロンビア・サントス大統領との共同記者会見では米トランプ大統領が疑惑追及を「魔女狩りだ」など発言し批判。米メディアは今年1月に「ロシア当局がトランプ氏の個人的な問題情報をつかんだ」と報道。ロシア側との不適切な関係をめぐり解任したフリン前大統領補佐官の捜査で、今年2月にトランプ大統領が当時FBI長官だったコミー氏に捜査打ち切りを要求した司法妨害疑惑についてはトランプ大統領は不愉快に否定。また、特別捜査官をめぐり異例の事態に。本来特別捜査官の任命はセッションズ司法長官が行う。セッションズ司法長官は「ロシア側と接触していた当事者だとの批判を受け捜査には関わらない」と宣言。特別捜査官を任命したローゼンスタイン司法副長官。ホワイトハウスが知ったのは発表の30分前。これを聞いたトランプ大統領は「やらせておけ」と発言。特別捜査官に任命のムラー氏は現在72歳。米同時多発テロ事件の1週間目にFBI長官に就任していた。筋金入りの捜査官として共和・民主両党からも厚い信頼を得ていた。トランプ大統領の支持率は今回の司法妨害疑惑を受け、就任以来最低の39.7%に。トランプ大統領は19日から初外遊で中東・欧州を訪問。

2017年5月19日放送 15:50 - 19:00 日本テレビnews every.TIME4
トランプ政権とロシアをめぐる疑惑についてトークを展開した。小野高弘が「捜査の結果、トランプ氏自身の関与が浮かび上がり重大と認められれば議会で弾劾手続きに入ることになります」など話した。

2017年5月19日放送 10:25 - 13:55 TBSひるおび!(ニュース)
特別検査官の任命について、ローゼンスタイン司法副長官は「特殊な状況を考慮した」としている。トランプ氏とロシアを巡るスキャンダルが連日のように報道され、捜査を求める世論が強まっていた。ナンバー2のローゼンスタイン副長官が任命判断したのも異例で、本来権限を持つセッションズ司法長官がトランプ氏に近く彼もまた捜査対象となるため。トランプ氏がコミー元長官の解任理由を二転三転させたことなどから捜査当局が政権を擁護しているとして米メディアの集中砲火を浴びていた。また特別検査官・モラー氏のFBI長官時代にはコミー氏は副長官を務めており、コミー氏から証言を得やすい。(読売新聞)

2017年5月14日放送 8:00 - 9:54 TBSサンデーモーニング(ニュース)
FBIジェームズ・コミー長官を突如解任したトランプ政権。4ヵ月前には大統領就任直後のトランプ大統領はコミー長官をあたたかく迎え入れていた。セッションズ司法長官はクリントン元国務長官のメール問題の捜査に絡み、コミー長官の解任を進言する手紙をトランプ大統領に送る。解任の理由を問われたトランプ大統領は「理由は単純だ。良い仕事をしなかったからだ」など述べた。コミー長官解任にはある疑惑を隠そうとするものだという批判が。ロシアゲート疑惑は去年の大統領選挙でクリントン候補を追い落とすためロシア政府がサイバー攻撃を仕掛けた疑惑。FBIはトランプ陣営とロシア政府が連携していた疑惑を捜査。コミー長官はトランプ陣営とロシアの不透明な関係の捜査を加速させるため司法省に態勢の強化を求めていた。ロシア・プーチン大統領は米露関係の影響について「全くないですよ。怒らないで頂きたいが私にとって非常に滑稽ですよ。我々には何の関係もありません」など述べた。一方でトランプ大統領は解任前のコミー長官へ自らがFBIの捜査対象になっていないか確認を3回行ったことを明らかに。FBIのマケイブ長官代行は公聴会で「コミー長官はFBIで幅広い支持を得ていたし今でもそれは変わらない」など反論。ロシアゲート疑惑の捜査は継続とした上で、政権側から圧力があれば議会に報告すると強調した。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.