[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「コミー前FBI長官」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 6:00 - 8:30 フジテレビ
めざましどようび NEWS

コロンビアのサントス大統領との共同記者会見でトランプ大統領の口から飛び出した魔女狩りの言葉。去年の大統領選挙でトランプ陣営とロシアが共謀した疑惑、いわゆるロシアゲートを捜査する特別検察官に ムラー元FBI長官が任命されたことに苛立ちを隠せない様子だ。ロシアとの不適切な関係を巡って辞任したフリン前大統領補佐官への捜査を打ち切るよう求めた司法妨害疑惑については、まったく答える素振りをみせなかった。今回の特別検察官の任命については、ロシア側と接触していた当事者との非難を受け捜査には関わらないと明言しているセッションズ司法長官に代わり、副長官の・ローゼンスタイン氏が任命するという異例の自体となった。トランプ大統領は19日から9日間の外遊に出発した。
ロシアゲートとは、1974年のアメリカのニクソン大統領が自身に追い込まれた「ウォーターゲート事件」になぞられてネーミングされている。ウォーターゲート事件では、共和党の関係者が民主党関係施設で盗聴をしようとした事件だ。その後、ニクソン政権の捜査妨害が明らかになった。今回はトランプ陣営とロシアが共謀して民主党側へサイバー攻撃を行ったのではとの疑惑が持たれている。その捜査をしていたコミー前FBI長官にトランプ大統領が、フリン前大統領補佐官の捜査を止めるよう要請していたとの疑惑が浮上して批判が高まっている。学習院女子大学の石澤教授によると、ローゼンスタイン副長官が更迭されたり何らかの証拠が出た場合に世論の反発が予想され、弾劾裁判への流れも考えられるという。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月25日放送 13:55 - 15:50 TBSゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜(ニュース)
硬骨漢と呼ばれているロバート・モラー元FBI長官が、政権から独立した立場で捜査に当たる特別検察官に就任した。特別検察官の捜査対象はロシアゲート関連のあらゆる事象であり、フリン氏だけでなくトランプ大統領の捜査も可能だ。トランプ大統領は「アメリカ史上最大の魔女狩りだ。」等と話している。金さんは「注目すべきは世論の動向。FBIは何でも誰に対しても捜査出来るので怖い。」等とコメントした。内田さんは「今回、特別検察官を指名したのはトランプ政権の中の役職である司法省なのに、トランプ大統領は魔女狩りだと言っている。おかしなことだと思う。」等とコメントした。金さんは「今はトランプ大統領に対してもコンクリート支持層がアメリカにいるが、この人達が一旦疑惑を持ち始めるような何らかの証拠や状況が出て来たら、弾劾の流れになりうる。」等とコメントした。深澤さんは「ロシアがトランプ大統領を見捨てたら怖い。」等とコメントした。

2017年5月25日放送 5:45 - 7:05 テレビ東京Newsモーニングサテライト(為替・株価 きょうの見通し)
今日の為替の見通しをみずほ証券鈴木健吾氏が伝える。ドル/円は111.10円~112.10円と予想し、注目ポイントはOPEC総会とFRB要人発言。為替は111円台を揉み合う状態で、上値を抑える要因であるトランプ大統領の疑惑について30日以降にコミー氏が議会証言を行うとされている。

2017年5月25日放送 4:55 - 8:00 テレビ朝日グッド!モーニング7時のニュースまとめ
これまでのロシア疑惑について紹介。大統領選時、サイバー攻撃でロシアがアメリカの選挙に関与。選挙期間中トランプ陣営の選挙スタッフとロシアの政府関係者が接触した疑惑、更にトランプ大統領が一連の疑惑を捜査していたコミー長官を辞任させた。FBIに圧力をかけたのではないかという疑惑も浮上している。春名氏は一連の疑惑について、ホワイトハウス内部からリークされていると述べた。

2017年5月24日放送 7:00 - 7:45 NHK総合NHKニュース おはよう日本(ニュース)
米トランプ大統領とロシアとの関係をめぐる新たな疑惑。中東歴訪を終えたトランプ大統領は日本時間の今日午前1時半ごろ、ローマに到着した。移民政策などめぐり軋轢の生じたローマ法王と会談する。一方、米メディアはトランプ大統領とロシアとの新たな疑惑を報じた。ワシントン・ポスト電子版の記事では、トランプ大統領がことし3月、情報機関を統括するコーツ国家情報長官と、NSAのロジャーズ長官に対し、去年の大統領選挙で、ロシアと共謀示すような証拠はないと、公に疑惑を否定するよう求めていた、と報じた。当時はFBIのコミー長官が捜査を進めていることを議会の公聴会で公表した直後で、トランプ大統領にはこれに対抗する狙いがあったとしているが、コーツ長官とロジャーズ長官はいずれも拒否したとのこと。これについてホワイトハウスは「違法な情報漏えいに基づく主張には確認も否定もしない」とコメント。またコーツ長官も「立場上、公にコメントするのは適切でない」とコメントし、確認を避けた。トランプ大統領とロシアをめぐっては、ことし2月に、大統領がコミー氏に元側近への捜査をやめるよう求めていた疑惑も報じられていて、トランプ大統領による捜査機関や情報機関への圧力があったかについて感心が集まっている。

2017年5月23日放送 8:00 - 9:50 フジテレビ情報プレゼンター とくダネ!(ニュース)
トランプ政権にはロシアと通じている疑惑が持たれている。フリン前補佐官がロシア大使と密談していた疑惑がありFBIが捜査しようとしたところトランプ大統領がFBI長官を解任したため捜査妨害ではないかと疑惑が持たれ司法省がムラー氏へ特別検察官を任命した。特別検察官の任命は過去の政権にも大打撃を与えており、ウォーターゲート事件やクリントン大統領の不倫スキャンダルなどの例がある。トランプ大統領が自ら辞めるのか?については「居座るとは思うが求心力は落ちる」「韓国の前政権とダブる」などコメント。またロシアとの関係については「選挙期間中に取り引きを行っていたと言われている、表面化した場合は国内だけの問題ではない」などコメント。また特別検察官にムラー元長官が選ばれたことは全FBI捜査官の期待を担っているなどコメント。「トランプ大統領が支持率回復のために前例の無いことをしたり他国へ何らかの介入することにならなければ」ともコメント。また、一番考えられるのは北朝鮮への軍事行動だが、国内のスキャンダルを帳消しにするための軍事行動は軍部が受けられないと思う、とコメントした。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.