[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「スーパーイズミ業平店」 に関するテレビ情報

2017年3月21日放送 4:00 - 5:50 日本テレビ
Oha!4 NEWS LIVE (ニュース)

もやし生産者で作る協会が「日本の食卓からもやしが消えるかも」と訴えている。渋谷の専門店「もやし」では、もやしとりんごをつつんで揚げたスイーツなどが人気。「スーパーイズミ業平店」(墨田区)にはもやしのセールが行われていた。「旭物産 小美玉工場」では1日20万袋を製造しており、出荷まで9日かかるという。原料の緑豆は価格は2005年に比べ3倍近くに高騰し、小売価格は10%近く下落している。もやし生産者協会・林正二理事長は、収益悪化の一方で廃業するもやし生産者が相次いでいる現状を語った。
もやし生産者が安すぎる小売価格の見直しを求めている。スーパーイズミ・五味衛代表取締役は、「みんな価格が上がってくれれば、うちもそうしたいが」と話した。一方、渋谷区の専門店「もやし」の茂垣健士店長は「価格が上がってしまうと毎日とっているものなので、きつい」と話した。もやし生産者協会は経営安定には40円程度での販売が必要としている。

住所: 東京都墨田区業平4-10-11

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月14日放送 12:00 - 12:55 テレビ朝日ビートたけしのTVタックル格安業界の大問題ど~する?SP
小売店で販売の激安もやしは、セールでは1袋15円にも。スーパーの目玉商品として知られ、1円で販売されているものも。これは赤字覚悟のサービス品で、激安もやしで多くの客を呼び込むスーパーの戦略。しかしことし3月にもやし業界が緊急声明を発表。「経費削減への努力はすでに限界を超え、健全な経営ができない状況」「このままでは日本の食卓からもやしが消えてしまうかもしれない」などの緊急声明。ニュースにもなるほど話題に。2009年に約230社あったもやし生産業者が今日までに100社以上が廃業。中国の経済発展に伴ったもやしの原材料の緑豆の高騰や、近年の天候不順も追い打ちをかけて緑豆の価格は10年間で約3倍に値上がり。もやし作りの現場である福岡・春日市のみぎたもやしでは1日約500kgのもやしを生産。「赤字ぎりぎり」「少しでも経費を落としたい」と右田文秋社長は話すが、取材班が原価を格安に抑えられるのではないかと疑問が湧く。
もやしは緑豆を光が遮断された場所で1週間育てる。温度に敏感なもやしを育てるために暖房器具は使わない。会社の頭を悩ませている問題が出荷用の袋。みぎたもやしではスーパーへ約25円の値段で卸しているが、必要経費を差し引くと手元に残るのは10円以下。袋代の1円は大きな負担。以前は運送会社に頼んでいた出荷作業もコスト削減のため自らが行う。社長はもやしの安売りが続いた場合は生産業者がどんどん減っていくでしょうね、みんな辞めていったんですからなど述べた。激安が続けばもやし生産業者が全滅の恐れも。この危機に緊急声明を出した工業組合もやし生産者協会・林正二理事長は10~20円で売られるような商品じゃない、スーパーがそういう扱いしかしてくれない。それがすごく寂しいなど述べた。

2017年5月11日放送 5:50 - 8:00 日本テレビZIP!まず、1本。
海苔の価格が高騰している。ここ4~5年で2割ほど仕入れ価格は上がっているという。都内のスーパーではもうすぐ海苔は値上げというポップがされていた。現在358円で販売している海苔は次回入荷分からは約430円になるという。海苔の値段は今シーズン平成以降の最高値となる見込みだという。高騰の理由は生産量が減っているためだという。全国で海苔の需要は85億枚に対し、生産は74億枚と需要に生産が追いついていない。全国的に生産者の数が減っていて、愛知県では高齢化や後継者不足でこの10年で半減しているという。海苔の機械が高価なため老朽化で廃業となるケースも有るという。温暖化現象による海水温の上昇で海苔の不作がもたらされ、魚や鳥が海苔を食べる食害も深刻だという。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.