[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「セブン-イレブン」 に関するテレビ情報

2017年4月21日放送 16:50 - 19:00 フジテレビ
みんなのニュース みんなのミライ

高齢者を中心に買い物弱者が増えている。セブン-イレブンジャパンとセイノーホールディングスが、買い物弱者向けの新たな宅配サービスを始めた。セブン-イレブンでは、店員が購入者の自宅に商品を届けるサービスを実施してきたが、これを外部に委託。セイノーホールディングスのハーティストという女性中心のスタッフが配達の他、ご用聞きや見守りサービスなども実施する。500円以上の買い物で配達料は無料になり、2019年2月末までに全国3000店に拡大する予定。

URL: http://www.sej.co.jp/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月26日放送 5:25 - 8:00 フジテレビめざましテレビココ調
コンビニサラダ人気を徹底調査。東京・豊島区「ファミリーマート サンシャイン南店」では女性客やサラリーマンが続々と購入しており、買う理由には「手軽に栄養」との回答が一番多かった。大手3社コンビニのサラダを調査すると全部で73種類あり、具材はキャベツやニンジン、レタスが多かった。そのほか主食サラダがトレンドで「豚しゃぶのパスタサラダ」(ローソン)などがある。
コンビニのサラダがどのように作られているのかを調査するため千葉・八千代市にあるローソンのサラダ工場「日本クッカリー」へ。こちらの工場では一日13万食の野菜10トンを加工している。街のギモン「なぜ野菜の色が変わらない?」の解答は「徹底した温度管理」、ギモン「塩素で野菜を洗っている?」の解答は「電解質で野菜を洗浄」だった。また、盛り付け作業は手作業で行わている。

2017年5月25日放送 16:54 - 17:45 テレビ東京ゆうがたサテライトニッポン経済 特捜班
今日は宅配便について。ヤマト運輸は基本料金を10月1日から引き上げるが、ヤマトに配送を依頼しているネット通販の中には既に今週から値上げに踏み切った企業がある。女性向け衣料や日用雑貨のネット通販を手がけるニッセンは、福井県あわら市の物流拠点から休みなく全国に商品を発送している。施設内には約450万点の商品があり、注文された商品が保管されているところでは平均20人が多い時は1日10キロ歩行することもある。注文に合わせて集めた商品は手早く箱詰め。今の時期は夏に向けて涼感素材の商品の注文が急増するという。1日あたり1万5000客に出荷している。商品はレーンで出荷先ごとに振り分けられていく。ニッセンは商品配送をヤマト運輸に委託しているが、ヤマト運輸は人手不足を受け大口客向けの値上げを表明、ニッセンも値上げの決断をした。4月に行った価格交渉でヤマトからの値上げ要請を受け入れ、昨日から5000円未満の注文について配送料を390円から490円に引き上げた。
ニッセンは注文をうけた荷物を「セブン-イレブン」で受け取れるサービスを強化。3000円以上の注文であれば、送料は無料となる。箱を運ぶための専用袋も用意、全体の15%にあたるコンビニ受けとりを増やし、再配達を減らす狙い。
近年は客の在宅率の低下で一度で受け取れないケースが増え宅配便の約2割が再配達となっている。問題が根本的に解決しない限りさらなる値上げリスクもある。再配達を減らそうとファンケルでは自転車のかごなど自宅の9か所から配達を選べる置き場所指定お届けサービスに力を入れている。盗難が心配になるが、ほとんど発生しておらず、また発生した場合ファンケル負担で商品を再発送するという。通常だと配送にかかる回数は1.3~1.7回だがこのサービスはほぼ1回で完了する。配達をめぐるコストなどが変わる中宅配業界も転換期を迎えている。

2017年5月23日放送 8:00 - 9:55 TBSビビットきょうのハテナ?
現在、女性を中心に空前のサラダブームが起きており、一世帯あたりのサラダ平均年間購入金額は約1.5倍に増加している。人気の秘密は健康志向の高まりなど。そんな中、”主食サラダ”が注目されており、コンビニ各社も主力を入れている。
また”サラダ専門店”も増えている。今月、東京・南青山にオープンした「GOOD LIFE FACTORY」では毎日新鮮な無農薬野菜を契約農家から仕入れ、トッピングにはスーパーフードを取り入れている。1番人気は「パワーチャージ」。また芸能人なども通っているという恵比寿の「CRISP SALAD WORKS」ではチョップドサラダが人気だ。トッピングは30種類。1番人気は1日に必要な野菜摂取量を賄える「カルメックス」。客の中心は女性だったが最近は男性も利用している。主食サラダは食べるのに良い時間帯があるという。

2017年5月19日放送 10:25 - 10:55 日本テレビ女神のマルシェ女神のマルシェ
セブンミールの紹介。税込価格598円。受け取りは5月8日から6月4日まで。セブン-イレブンの棚に売っておらず、セブンミールには季節限定のお弁当や毎日替わるお弁当が勢揃い。前日に注文すれば、自宅に届けてもらうこともセブン-イレブンで受け取ることも可能ご自宅で受け取る場合、注文が500円以上なら無料でお届け。

2017年5月19日放送 4:00 - 5:50 日本テレビOha!4 NEWS LIVE(ニュース)
お台場のラウンドワンでは様々なスポーツを楽しむことが出来る。少子化の影響などでここ数年営業不振が続いていたが、5年ぶりに営業利益がプラスに転じたという。三居支配人は1番の要因はアルバイトの時給が上がったことで、若い世代の所得にゆとりができ、その分がレジャー施設で使われていることだと話した。きのう発表された実質GDP成長率は年率換算で2.2%で、リーマン・ショック前以来の11年ぶりに5期連続プラスとなった。輸出が好調なことやGDPの6割を示す個人消費もプラスになったためだという。
根強い節約志向に、大手コンビニやスーパーは先月以降相次いで日用品などの値下げを始めた。さらに低価格化は外食業界でも始まり、渋谷の駅前に新たにオープンするしゃぶしゃぶ店では、しゃぶしゃぶ食べ放題のランチコースが1199円からと割安なのが売り。さらにきょう限定の渋谷にちなんだ428円の限定メニューで若い客の取り込みを狙っている。すかいらーくは「ガスト」などのファミレスと競合しない低価格で食べ放題の店を増やす戦略を進めていて、その理由は景気回復の影響を受けていない客にも対応できるようにお値打価格をポリシーにしているためだという。門間一夫氏はさらなる消費拡大のために、全体でよくなるためには賃金がもう少し上がっていくことが必要だという。また海外経済の影響が今後の日本の景気を左右すると指摘した。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.