[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「ラブロフ」 に関するテレビ情報

2017年3月21日放送 4:25 - 5:25 フジテレビ
めざましテレビ アクア ニュースアクア430

日露外相会談が行われ、岸田外相は、4月下旬に安倍総理がロシアを訪問し、首脳会談を行うことで一致したと述べた。日露2+2では、北朝鮮問題などの議論も行われた。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月25日放送 22:00 - 22:25 NHK総合クローズアップ現代+米国揺るがす“ロシア・ゲート” 疑惑の深層
トランプ大統領の就任を歓迎していたプーチン大統領、政権内ではアメリカに対する冷ややかな見方が広がっているという。疑惑についてロシア政府は一貫して否定している。ラブロフ外相とトランプ氏の会談では米メディアは大統領が機密を漏らしたと書き立てた。これを問われたプーチン大統領は受け取っていない、アメリカはロシアを悪者にすると答えた。

2017年5月25日放送 13:55 - 15:50 TBSゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜(ニュース)
国内だけの捜査では共謀を立証するのは難しく、ロシアの協力が不可欠と内田は語る。中村は、「ロシアしか知らない情報もあるため嘘の情報も含めて出す可能性がある」などと話す。金は「トランプ大統領を温存させながら、トランプ大統領をコントロールする方向に持っていきたいのでは」と話した。

2017年5月25日放送 4:55 - 8:00 テレビ朝日グッド!モーニング7時のニュースまとめ
これまでのロシア疑惑について紹介。大統領選時、サイバー攻撃でロシアがアメリカの選挙に関与。選挙期間中トランプ陣営の選挙スタッフとロシアの政府関係者が接触した疑惑、更にトランプ大統領が一連の疑惑を捜査していたコミー長官を辞任させた。FBIに圧力をかけたのではないかという疑惑も浮上している。春名氏は一連の疑惑について、ホワイトハウス内部からリークされていると述べた。

2017年5月23日放送 8:00 - 9:50 フジテレビ情報プレゼンター とくダネ!(ニュース)
トランプ大統領は北朝鮮の挑発行為へ厳しい姿勢を示していたが今回のミサイル発射には一切反応がない。ロシア政府による米大統領選への介入疑惑が国内で大きな問題となり政権が揺らいでいるという。流れを変えたのは疑惑を捜査していたFBI長官の解任にあるという。米メディアによるとトランプ大統領がロシア外相らと会談した際にコミー元FBI長官に対し「彼は頭のおかしい変人」など話した。これに対して司法省副長官は元FBI長官ロバート・ムラー氏を特別検察官へ任命、今後ロシア問題の捜査を行う。就任後初の外国訪問先であるサウジアラビアなどでは歓迎されるも米メディアからは危機からの逃避行などと批判される。

2017年5月22日放送 10:25 - 13:55 TBSひるおび!ひるトク!
米・トランプ大統領は就任後初の外遊で最初の訪問国サウジアラビアに到着。サルマン国王や王子らと会談した。この外遊出発前の今月17日。 司法省はトランプ政権とロシアの不透明な関係をめぐる疑惑を捜査するため強い権限を持つ特別検察官を任命するという決断を下した。司法省のローゼンスタイン副長官は「国民に納得してもらう捜査結果を出すには特別検察官が必要」として、与野党の信頼が厚いモラー元FBI長官を任命。これについて専門家は「これによって、トランプ大統領の政治生命の危機レベルが1つ上がってしまった」と話す。特別検察官の設置に強く反発したのがトランプ大統領だった。しかし、トランプ大統領への逆風は収まらず、トランプ大統領がロシアのラブロフ外相に語った発言を今月19日付のニューヨーク・タイムズなどが報じた。その記事には トランプ大統領が「FBI長官をクビにした、彼は本当に変人だった。クビにしたことでロシア疑惑の捜査の重圧から開放された」と記されていたという。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.