[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「ソチ五輪」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 5:00 - 6:00 フジテレビ
新・週刊フジテレビ批評 ? ハテナTV

去年4月に発生した熊本地震で大きな被害を受けた熊本市の熊本城。地震の8日後に初めてドローンにより撮影された映像では、地上からでは確認できない深刻な被害の状況がつぶさに浮かび上がった。先々週放送した栃木・足利市の大藤棚もドローンによる撮影。この映像はフジテレビの中村龍美カメラマンの撮影。この日、中村カメラマンが向かったのは、フジテレビの1階でここでドローンの練習をしていた。室内で練習しているのは航空法の改正でドローンなど無人航空機に対し細かく飛行ルールが定められたため。許可なく飛ばせなくなったドローンだが、テレビの報道取材においては定められたルールに則って練習することにより事前の申請が免除されることになった。
これまでにどのような現場でドローンが使われてきたのか。2015年に千葉でおきたスクラップ工場での火災現場で、ドローンを使うことでヘリよりも低い高度でより火災現場に接近できる。袋田の滝を撮影したのも中村カメラマンのドローン撮影チーム。
そんな中村カメラマンの新たな撮影に同行した。やってきたのは、東京・青梅市の塩船観音寺。現場に到着し早速飛ばすのかと思いきや、その場でドローンの足を持って回り始めた。ドローンの飛行にはGPS機能を使うため、内蔵されたコンパスの調整が必要。飛ばしてみるが、なんだか納得行かない様子。今回の目的が「1ヶ月前の映像を合わせて撮る」だったので、少しズレているような気がすると語る。最新のドローンは一度飛んだルートを記録し、GPS機能で同じルートを再び自動飛行することが出来る。中村さんのこだわりで、何回もドローンを飛ばして調整する。こうした微調整の末撮影した映像が実際の放送ではどうなったかを見てみると、見事に季節の変化を表現していた。中村カメラマンは、ドローンについて「地上の撮影と空撮のちょうど中間ではないですけど、本当に一番いいところ、迫力のある映像を撮れるすごい武器だと思う」と語った。
そんなドローンは、オリンピック中継でも使われ始めた。ヘリコプターでは撮影が難しい地形でも空中から捉えたスピード感のある映像を実現した。去年のリオデジャネイロ五輪では、ボート競技の中継でも一役買った。そしてフジサンケイクラシックの中継でもドローンが使われた。さらに、貴族探偵でもドローンが使われていた。の特性を活かしたバラエティ番組・戦闘中などでも使われているドローンはこれからの進化にますます期待がかかる。江川紹子は、ドローンについて「高いところから低いところに行ってみるのは、前はCGでは可能だったが実際のことが撮れるのはすごい技術が出てきたが、それを習得しなければいけないのでカメラマンの方も大変」だと話した。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年6月28日放送 4:25 - 5:25 フジテレビめざましテレビ アクアスポーツアクア500
東京明神で日本のトップアスリートたちによる浴衣のフファッションショーが行われた。まずランウェイを歩いたのは空手・植草歩。続いては柔道リオ五輪金メダリスト・田知本遥、夏は合宿で浴衣を着る機会はないという。2か月前に現役引退したフィギュアスケート・村上佳菜子は緊張で動きがおかしくなっていた。

2017年6月24日放送 12:30 - 14:00 テレビ東京「やりすぎ都市伝説」オススメ(やりすぎ都市伝説 珠玉の直前スペシャル)
ナポが、オリンピックの裏に隠された大国の陰謀について話す。マラソンは、マラトンの戦いで伝令を走らせた42.195kmから来ていると話した。ほか戦争を連想させる競技が多い。聖火リレーはヒトラーがはじめたという。第2次大戦のドイツ軍の侵攻ルートは、聖火リレーの逆ルートだったという。
今年のオリンピックではロシアのドーピング事件が起こった。メダルランキングと、軍事力ランキングを紹介、上位10位のうち8ヵ国がリンクしていた。ナポは、互いの国の軍事力の比較のための儀式だと話した。ロシアは、2010年のバンクーバー冬季五輪の結果をうけ、ドーピングに着手はじめたという。ソチ五輪ではおおくのメダルを獲得した。かたや、オリンピックの裏でクリミア侵攻が行われていた。オリンピック閉会後、ロシア系武装勢力がクリミアの議会を占拠、その後ロシアに編入された。これは日本の北方領土に似ていると話した。
伊集院は、東京五輪聖火リレーで火を消さないために、ラーメンをこぼさないためのヤツを使ったという。

2017年6月22日放送 0:10 - 1:23 NHK総合明石家スポーツ明石家スポーツ
今フィギュアスケートの必殺技といえば4回転ジャンプ。トップ選手は皆プログラムに多くの4回転ジャンプを組み込むことで高得点を狙う。ソチオリンピックの王者羽生結弦の必殺技も4回転ジャンプ。今年4月の世界選手権ではフリーで4回転を4度成功させ世界最高得点を更新。ショートプログラム5位から大逆転。4回転を跳ばなければ表彰台に立つことは出来ない。まさに真・4回転時代。しかしここに至るまでには2つの歴史的瞬間があった。まずは1988年3月世界選手権。史上初4回転ジャンプ成功の瞬間。跳んだのはカナダのカート・ブラウニング。しかしブラウニングの成績は6位。当時の基準では難度の高いジャンプより正確な滑りが重視されていた。ブラウニングに続く者は長らく現れなかった。それから22年、バンクーバーオリンピックで2つ目の瞬間が訪れる。主役はエフゲニー・プルシェンコ。4回転を軸にしたプログラムで見事な演技を見せた。しかし勝ったのは1度も4回転を跳ばなかったエヴァン・ライサチェック。そして表彰式。プルシェンコは1位の台を乗り越えて2位の台に立った。その後プルシェンコは何があっても4回転を飛ぶ、それがフィギュアスケートの未来だと述べた。この直後ルール改正が行われ、ジャンプの難度を重視する採点方法になり、4回転の価値が上がった。

2017年6月20日放送 19:30 - 20:15 NHK総合うたコン第51回 みんなで歌おう!カラオケヒット
現役引退を表明した浅田真央さん。ソチオリンピック後、1年の休養中に浅田さんの背中を押した曲が「時の流れに身をまかせ」。

2017年6月20日放送 6:00 - 7:00 NHK総合NHKニュース おはよう日本おはスポ
スキージャンプ・葛西紀明が平昌オリンピックへ向け、沖縄・宮古島で強化合宿へ。20歳以上離れた若手選手らとの強化合宿では若手を指導しながら1年間のベースとなる体力作りを目指す。葛西が昨季のW杯で表彰台に立ったのは2回。最近の4季では最低の成績だった。葛西はここ数年の練習不足を補おうと一から見直す。合宿のテーマの一つが下半身の筋力アップで、足腰の強さは安定したジャンプに欠かせない。練習は1日4回で夜遅くまで続くことも。この時期にがむしゃらに練習を積み重ねることがオリンピック季の心の支えになると葛西は考える。45歳を迎えた葛西だが、若い選手と同じメニューをこなし妥協はない。若い選手に刺激を受けながらさらなる進化を目指す。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.