[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「ダウン症」 に関するテレビ情報

2017年4月21日放送 20:57 - 22:00 TBS
中居正広の金曜日のスマイルたちへ (ダウン症の天才書道家 金澤翔子の一人暮らし)

翔子さんは10歳の頃から般若心経を書き続けている。9月に過去最大の個展を開催することが決まっており制作の真っ最中。書道をはじめたのは5歳の頃、孤独に耐えられるようにと泰子さんが276文字の般若心経を教えた。10歳の頃には何度も怒られ時には涙を流しながら書いていた。20歳の頃には初の個展を開催、書家として少しづつ認められるようになった。30歳を迎えたいま、皆さんに感謝の気持ちを込めて般若心経を書いている。そして2017年春、親子は大きな転機を迎えていた。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年6月19日放送 11:05 - 11:54 NHK総合ひるまえほっと(各地の話題)
今週の栃木県内の主な予定。日光市で見頃を迎えた「クリンソウ」の映像と共にお届け。21日(水)。人気オンラインゲームに登場するキャラクターのモデルとなった刀が展示され多くの人が訪れた足利市でファンと地元の市民tらが交流するイベントが開かれる。24日~25日。日光市でそばの実を使った「夏そば」を食べる催しが行われる。25日(日)。小山市で障がい者によるハンドベル演奏。

2017年6月8日放送 16:50 - 19:00 フジテレビみんなのニュースケイゾク
都民ファーストの会が渋谷区に擁立したのは元テレビ朝日アナウンサーの龍円愛梨氏。小池知事もかつては元キャスターだった。龍円氏はダウン症の4歳息子がいるシングルマザー。現在はアナウンス学校の講師をしている。家族が幸せで生きやすい社会にしていきたいと話した。渋谷区の定数は2人。龍円氏の他、無所属の大津浩子氏を推薦し、2議席独占の勝負に出た。5期目の当選を目指す大津氏は元民主党都議。しかし前回の選挙で民主党は別の候補者を立てたため、無所属になった。座談会を開きながら都民ファーストの会推薦をPRしている。一方、自民党公認は前田和茂氏。前田氏は自民党都議の区長選挙出馬に伴い行われた補欠選挙で当選。市場移転問題の小池知事の対応を批判していた。高齢者福祉サービスなどのを訴え、都民ファーストの会、議席独占阻止を狙う。
自民と小池陣営の闘いに勝機を見出す候補がいる。前回選挙で大津氏に代わり、民進党公認の浜田浩樹氏だ。過去2回の都議選で落選し、タクシー運転手や塾講師をしながら選挙活動を続けていた。「票が色んなふうに分散することは新人の私にもチャンスが大きくなった」と浜田氏は勝機を語った。一方、同じく過去2回都議選で落選した共産党公認の折笠裕治氏。豊洲移転中止を強く訴える折笠氏は、街頭演説や声掛けなどの地味な選挙スタイルで勝負。「現職にも知名度のある無所属にも負けない自信はある」と話した。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.