[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「ダウン症」 に関するテレビ情報

2017年4月21日放送 20:57 - 22:00 TBS
中居正広の金曜日のスマイルたちへ (ダウン症の天才書道家 金澤翔子の一人暮らし)

翔子さんは10歳の頃から般若心経を書き続けている。9月に過去最大の個展を開催することが決まっており制作の真っ最中。書道をはじめたのは5歳の頃、孤独に耐えられるようにと泰子さんが276文字の般若心経を教えた。10歳の頃には何度も怒られ時には涙を流しながら書いていた。20歳の頃には初の個展を開催、書家として少しづつ認められるようになった。30歳を迎えたいま、皆さんに感謝の気持ちを込めて般若心経を書いている。そして2017年春、親子は大きな転機を迎えていた。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月15日放送 11:05 - 11:54 NHK総合ひるまえほっと(各地の話題)
今週の茨城県の主な動きをつくば市のシャクヤクの映像と共にお伝えします。きょうから石岡市で恒例のバラまつりが始まります。17日(水)には大相撲横綱の稀勢の里の郷としられた牛久市で好みのメニューが小学校などで振る舞われます。19日(金)には水戸市で障害者施設で自閉症・ダウン症などの障害者がある人のアート作品展が開かれアートなど20種が展示されます。

2017年5月11日放送 21:00 - 22:00 NHK総合ニュースウオッチ9(ニュース)
母の日を前に、ダウン症の子どもとその母親の写真展が、東京・表参道の駅のコンコースで開かれている。展示されているのは21組の親子。多くの人が足を止めている。写真展を企画したカメラマンの宮本直孝さんは、「お母さんたちがどういう人かわからないが、たぶんすてきなんじゃないか。(彼らを)すてきに撮ってみたい。それが僕の力試しでもある」と話す。
撮影に参加した母親の1人、歌手のMIMOさんを取材。ダウン症がある13歳の娘を育ててきた。娘とのいい記念になると軽い気持ちで参加したというMIMOさん。しかし、カメラマンの宮本さんからは笑顔はつくらないでほしいと意外な注文を受けたという。それでも撮影が進むにつれて、次第に辛かったときを思い出し、涙が溢れてきそうな瞬間にシャッターを切られ、その時の1枚が写真展に展示された。宮本さんに撮ってもらった1枚についてMIMOさんは、「いろんなものを受け入れている表情。私を全部脱いでいったら残った一番芯の部分というのはやっぱり娘なんだなと。この子が中心になって私ができあがっていると気づけた」とコメントした。
笑顔で撮影に応じた母親もいる。都内に住む古市理代さんだ。理代さんにはダウン症の息子・裕起くんがいる。ダウン症のことを多くの人に理解してほしいと撮影に参加した理代さん。撮影現場では他の人と同じように、これまでの人生を思い出して笑顔を作らないでと告げられた。しかし、これまで支えてくれた周囲の人たちや日々成長する裕起くんのことを考えると厳しい表情を作ることができなかったという。そして、理代さんが優しく微笑む写真が完成した。理代さんは、「これから先いろんなことが起きるかなというようなワクワク感が出ている表情だと思った。(これからも)すごく豊かな人生を歩めるのではないかなという気づきがあった」と話す。撮影された21組の母と子の表情。そこにはそれぞれの親子が歩んできた道のりが写し出されている。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.