[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「Twitter」 に関するテレビ情報

2017年1月11日放送 4:00 - 5:50 日本テレビ
Oha!4 NEWS LIVE (ニュース)

8日、ゴールデン・グローブ賞の授賞式でスピーチしたメリル・ストリープは、アメリカ次期大統領・トランプ氏が選挙期間中に障害のある記者を真似たことを厳しく批判した。この口撃に対し、Twitterで「ハリウッドで最も過大評価された女優の1人、メリル・ストリープが私のことをよく知らないくせに攻撃してきた」とツイートした。
さらにアメリカ・デトロイトで行われた北米モーターショーでは、トヨタ自動車の車が車体もアメリカ国旗の色でペイントされ、アメリカが協調されていた。“アメリカ第一主義”を掲げるトランプ氏が標的にしたのが、世界的な各自動車メーカーだった。Twitterでは、「トヨタはアメリカで売るカローラを作るためにメキシコに新たな工場を建てるというがありえない!アメリカに工場を建てろ。さもなければ巨額の関税を払え」とツイート。これに対しトヨタは、「今後5年間でアメリカにさらに100億ドル(約1兆1600億円)を投資する」と要求に応じたが、メキシコから撤退しないと表明した。ホンダの八郷隆弘社長も「(メキシコ工場は)今のところ、そのまま稼働していく」とし、日産のカルロス・ゴーン社長も「(メキシコ工場は)アメリカもメキシコのことも発表はない」としている。つぶやきで影響力を見せつけるトランプ氏。11日に当選後、初の記者会見を行う予定。

URL: http://twitter.com/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年1月16日放送 16:50 - 19:00 フジテレビみんなのニューストランプビッグバン
トランプ次期大統領の就任まで4日。ワシントンでは代役を用いて大統領就任式のリハーサルが行われた。一方でトランプ氏はツイッターでメディアや企業を名指しで批判し続けており、ツイッターでの発言はトランプ流情報発信の手法として定番化している。番組はトランプ氏のこだわりヘアの秘密を取材した。

2017年1月16日放送 15:50 - 19:00 TBSNスタ(ニュース)
大統領の就任式を20日に控え、大掛かりなリハーサルが行われた。8年前にオバマ大統領が就任したときは史上最多の180万人が集まった。トランプ次期大統領の就任式には80~90万人参加すると見られているが、会場周辺では厳重な警備がはじまっている。特に去年ヨーロッパで大型トラックによるテロ事件が発生していることから不審な車両への警備が強化されている。ルイス氏はトランプ氏の大統領選挙での勝利にロシアが関与したとの考えから就任式への欠席を表明した。コレに対してトランプ氏はツイッターで口先だけの人物だと反撃した。他の議員にも就任式欠席の動きがでるなど破門は広がっている。ワシントンでは数千人がトランプ氏に抗議するデモを行った。当日にも支持派と反対派の両方が大規模なデモを計画していて、異例の就任式となりそうだ。

2017年1月16日放送 13:55 - 15:50 日本テレビ情報ライブ ミヤネ屋(ニュース)
Fukase破局騒動を解説。Fukaseはツイッターにきゃりーぱみゅぱみゅと破局を伺わせる暗号を投稿。4ヶ月後に益若つばさとの交際を認めた。今月5日益若つばさはFukaseとのツーショット写真などを削除、破局説に発展。12日にSaori、Nakajinの結婚・婚約が発表された。井上公造は交際は続いている、条件が整えば100%結婚する、セカオワハウスが進化する可能性があると明言した。宮根誠司は音楽性がどこに行くかが興味あるところ、DJ LOVEはどうしているのか?と話した。

2017年1月16日放送 13:45 - 15:50 フジテレビ直撃LIVE グッディ!(ニュース)
被告は当時、19歳だった名古屋大学の元女子学生。2014年に77歳女性をオノで殺害。2012年には高校の同級生に硫酸タリウムでの殺人未遂など6件の罪に問われている。逮捕から2年経ち、初公判が開かれた。77歳の女性を殺害した事件以前から、ツイッターには殺人への異常な関心を示す投稿がされていた。タリウム事件で飲ませたうちの一人は親友だった。その動機については「飲ませて観察したかった」と話し、中毒症状で苦しむ姿を観察したいがため、お見舞いにまで行ったと供述した。検察側は 双方の事件で殺意があったと言及。しかし、弁護側は発達障害などで善悪の判断ができなかったと無罪を主張した。

2017年1月16日放送 10:25 - 13:55 TBSひるおび!(ニュース)
トランプ次期大統領の就任式まであと5日となる。現在、就任式の国歌独唱が相次いで断られ、結果的にジャッキー・エバンコに決定した。また、アメリカではトランプ・ファミリーと関係が深い企業の製品を買わないよう呼びかける”Grab Your Wallet運動”が行われている。これについて、中林さんは「本当に珍しいこと。アメリカだけの問題じゃなく、世界に波及し、文化を変えるんじゃないかと思われるくらいショックを受けている」とコメントした。さらに、NEW BLANCEのルブルトン氏がインタビューでトランプ氏を支持する発言をしたところ、商品を捨てたり、火をつけたりする映像がネット上にあがった。さらに、ニコール・キッドマン氏がトランプ氏をサポートするよう発言したところ、賛否両論となった。
トランプ次期大統領は一部の省との長官とは意見が分かれている。トランプ氏は「ロシアと良好な関係を持つのは良いこと」と発言したが、国防長官候補のマティス氏は「ロシアは米国にとって第一の脅威だ」と述べた。各長官候補は公聴会を開き、上院に承認される必要がある。今回候補が全員認められるかについて、中林さんは「疑問符がつく人が何人かいる。気をつけてやっていく必要がある」と話した。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.