[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「ツイッター」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 0:55 - 2:30 NHK総合
ニュース (ニュース)

アメリカのトランプ次期大統領は大統領に当選してから初めての公式記者会見を行い、発言が注目されている。記者会見が行われるトランプタワーは、ロビーにイスが並べられている。報道陣が着席し、トランプ氏の登場を待っている。アメリカのメディアは長期間行わないのは異例として批判して伝えていた。またトランプ氏はメディアと対決姿勢を取って発言に対して関心を集めている。
トランプ氏のこれまでの発言を紹介。「(メキシコとの国境に)壁を作って費用をメキシコに払わせる、トランプの壁だ」「イスラム教徒の入国を全面的に禁止すべきだ」と発言。勝利演説では「アメリカ分断の傷を癒そう、すべての国民の大統領になると誓う」と”国民の融和”を訴えていた。選挙後は会見は行わず、ツイッターで発信している。トランプ氏は「アメリカ第一主義」を発信。GM、トヨタを批判していた。北朝鮮を巡っては中国を批判。一方でロシアとの関係改善には強い意欲を示すなどツイッターで一方的に伝えていた。
このあと、大統領選後初めての会見となるが、政策について考えを述べる可能性があり、ポイントとしてTPPなど貿易・経済政策、日米同盟など外交政策をあげた。トランプ氏が政策や方針を発表するのにツイッターを活用してきたが、そこに書き込まれるコメントで世界が振り回される状況が続き、批判もされている。アメリカがどう変わるか懸念されており、トランプ氏が大統領就任後アメリカをどこに導こうとしているの疑問がつきない状況が続いている。
トランプタワーの1階ロビーに設けられた記者会見場では、すでに多くの記者が着席している。トランプ氏は去年の大統領選挙に勝利後初めてとなる公式の記者会見をまもなく開く予定。アメリカのメディアは次期大統領がこれほど長期間記者会見を行わないのは異例だと批判的に伝え、いっぽう、トランプ氏はこれまでメディアとの対決姿勢を示していて、今回の会見で記者の質問にどう対応するのかも関心を集めている。
濱西デスクはドナルド・トランプ次期大統領の記者会見について、大統領就任後の自らのビジネスについての見解、記者との質疑応答が注目されると説明。また、会見でポイントとなるのが「TPPなどの貿易・経済政策」、「日米同盟といった外交政策」。後者ではオバマ政権とロシアがウクライナ併合、サイバー攻撃の疑惑を巡って対立を深めるなか、次期大統領はロシアとの関係改善を表明している。
トランプ氏は大統領選挙の期間中、「(メキシコとの国境に)壁をつくって費用をメキシコに負担させる」、「イスラム教徒の入国を全面的に禁止すべき」といった過激な発言を展開。勝利演説では国民の融和を訴え、選挙後は記者会見を行わずにツイッターで考えを発信。同氏は「アメリカ第一主義」を掲げ、輸入に関税がかからないメキシコで製造した小型車をアメリカで販売しているとGMを批判し、矛先はトヨタにも向けた。北朝鮮をめぐっては中国を厳しく批難している。
壇上近くでは記者たちが待っているが、まだトランプ氏の姿は確認できない。アメリカのトランプ次期大統領は大統領に当選してから初めての公式記者会見を行う予定で、発言が注目されている。アメリカのメディアは長期間行わないのは異例として批判して伝えていた。またトランプ氏はメディアと対決姿勢を取って発言に対して関心を集めている。
濱西デスクがドナルド・トランプ次期大統領の記者会見についての説明をしている途中、会見場にトランプ次期大統領が現れた。
トランプ次期大統領の会見が始まるにあたっての説明と、昨夜伝えられた左派のブログについてまったくのデタラメで捏造されたものと伝え、次期副大統領のマイク・ペンス氏を紹介した。
マイク・ペンス次期副大統領は、「あと9日で第45代アメリカ合衆国大統領が就任します。私は副大統領として奉仕できることになり、名誉な気持ちだ。そして新しい大統領は再びアメリカを偉大にしてくれる人物だ。21人の閣僚候補のうち19人が発表され。9つの指名承認公聴会がすでに予定されている。私たちは一致団結して協力しているが、一方でメディアが次期政権を辱めよう貶めようとしている。しかし本日は、次期大統領が新しいチームを作り、アメリカを再び偉大にしていこうというその進捗を報告する、本当のニュースを報告することができると思います。皆さんに次期アメリカ大統領ドナルド・トランプ氏を紹介します」と話した。

URL: http://twitter.com/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年4月30日放送 6:00 - 6:15 日本テレビ皇室日記(皇室日記)
今月13日から5日間、皇太子さまはマレーシアを公式訪問された。到着の翌日は国家記念碑に向かわれた。イギリスからの独立闘争で亡くなった兵士たちの慰霊碑で、両陛下も2度訪問されている。今回の訪問で皇太子さまは特に若い世代との交流に関心を寄せていた。ある学校では日本をはじめ、先進国の教育プログラムを参考に科学技術分野を中心とした教育を行っている。そこで生徒が作ったサッカーをするロボットを皇太子さまは興味深そうにご覧になられた。マラヤ大学には両陛下も訪問したことがあり、キャンパスにはお二人が昭和45年に植樹された木が大きく枝を伸ばしていた。皇太子さまの演説の様子が流れる。
滞在三日目には首相公邸でナジブ首相と面会された。ナジブ首相からマレーシアははじめてかと聞かれた皇太子さまは今回訪問ができて大変うれしく思うと答え、昼食をともにされた。皇太子さまは現地の高校生が日本語でスピーチする弁論大会にも足を運ばれた。入賞した生徒達に素晴らしかったなどと日本語で声をかけられた。インタビューでは若い方々が日本とマレーシアの懸け橋になりたいと思っていることを嬉しく思うなどとコメントした。滞在最後の夜にはクアラルンプールの王宮へ、ムハマド5世国王を表敬訪問された。ナジブ首相は自分で撮影した皇太子さまとの写真をツイッターに公開して話題になった。全ての日程を終えて17日の夜に皇太子さまは帰国された。東宮御所では雅子様が出迎えられた。

2017年4月30日放送 4:00 - 5:00 TBSTBSニュースバード週末グッドライフ
TBSニュースバード 番組ホームページ(News i)、公式ツイッター(ハッシュタグ「#newsbird」)、公式フェイスブック(TBS News)の告知。

2017年4月29日放送 19:00 - 19:30 NHK総合NHKニュース7(ニュース)
今朝、5時半頃、北朝鮮がミサイルを発射した。東京メトロでは安全確保のため、全路線で午前6時ごろから約10分間運転見合わせになった。北陸新幹線・東武鉄道も一時運転見合わせた。菅官房長官は臨時に記者会見を開きミサイル発射の報告をした。また「度重なる挑発行為に断じて容認できず北朝鮮対し厳重に抗議を行った」と発言。防衛省によると北東方向に1発発射され内陸部に落下と推定されるということ。日本への影響はなく、発射は失敗の可能性がある。北朝鮮のミサイル発射は今月3回目。一方アメリカン空母カール・ビンソンは海上自衛隊と共同訓練を行いながら太平洋を北上し午後日本海に入った。28日には国連安保理の閣僚級会合が開かれ、北朝鮮による核開発への対応を協議、ここでアメリカのティラーソン氏は「核・ミサイル開発に関わるものへ新たな経済制裁が必要だ」と述べ、また中国の王毅外相と会談。核・ミサイル問題での強力を求めた。圧力が強まる中ミサイルが発射されたことに対しトランプ大統領はツイッターで「中国と習近平氏の願いがしろにしたひどい」と書き込み非難した。今回のミサイル発射、自衛艦隊の元司令官は経済制裁に講義する意図があったのではないかと分析。また、「15日、先日の朝鮮人民軍創立記念日。これが一番重要なチャンスだったが、それは自制した。次は国連安保理の閣僚級会合、国連決議は我々にとって何の意味もないと発信する狙いが考えられる。アメリカ軍の今後の対応については切迫した先制攻撃、その判断は早計。日本海で整えてから北朝鮮の出方を見る」と分析。
ミサイル発射を強行したことについてアメリカや中国はどう思っているのか、現地にいる田中氏はティラーソン氏が圧力の強化を呼びかけた直後だけに強い不快感を抱いた。またトランプ政権は制裁などの圧力強化の包囲網に加わるよう国際社会への働きかけを更に強めるとみられ、中国が一層圧力を加えることに期待してる。アメリカはこれまで中国が一定の強力をしている認識で、トランプ大統領が中国のメンツを潰したと非難したのも引き続き役割を果たして欲しい思惑が含まれていると思われる。一方で中国はアメリカにどこまで協力しているのか試すとして、中国に一層の対応を迫っていく考えと話した。続いて中国にいる高木氏は中国は北朝鮮が25日に核実験を行わなかったことは重要なシグナルだと捉え、対話へと流れを変えようとしていた矢先のミサイル発射だけに水を刺された形。北朝鮮が再三の呼びかけを無視して核開発を加速させている現状は中国にとっても要因しがたく、自らにも影響があるのではと危機感を強めている。一歩で中国の責任ばかりが叫ばれるのは筋違いという重いもあり王毅外相は演説で解決の鍵は中国にはないと述べた。中国は経済的結びつきをてこに北朝鮮への圧力を強めていくとみられるが、あくまで核開発を思いとどまらせ対話へと引き出すための圧力だ。中国への期待を強めるトランプ政権をにらみながらどこまで北朝鮮に圧力をかけていくべきか慎重に判断してくものとみられると話した。

2017年4月29日放送 17:30 - 18:50 TBS報道特集(ニュース)
菅義偉官房長官は北朝鮮の弾道ミサイル発射について、「北朝鮮に対して厳重に抗議を行った」と発表。稲田朋美防衛相は「我が国の平和と安全の確保に万全を期す所存です」とコメント。アメリカのトランプ大統領もツイッターで批判している。一方、東京メトロは北朝鮮によるミサイル発射の報道を受け、午前6時7分から約10分間、全線で運転を見合わせた。今後、運転の見合わせはJアラートがあったときのみとしている。

2017年4月29日放送 16:30 - 18:00 テレビ朝日スーパーJチャンネル(ニュース)
北朝鮮のミサイル発射について、トランプ大統領はツイッターで「北朝鮮は中国と尊敬すべき習主席の願いを踏みにじった。最悪だ!」とコメント。韓国軍によると、弾道ミサイルは西部プクチャンから発射されたという。CNNなどでは、発射されたのは準中距離弾道ミサイル「KNー17」だと報じられている。発射の背景には、国連安保理の閣僚級会合があるとみられる。一方で、アメリカの原子力空母「カール・ビンソン」が対馬沖を航行しているのが今朝確認された。日本政府は今後も関係国と緊密に連携し、北朝鮮に自制を求めていく方針。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.