[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「メイ首相」 に関するテレビ情報

2017年3月21日放送 4:00 - 5:25 TBS
はやドキ! ニュース400

イギリスは来週EUのトゥスクEU大統領に離脱通告を送る予定。メイ首相が通告を行なった時点で、離脱の交渉プロセスを開始。移行期間は原則2年とし、その間に条件の取り決めや自由貿易協定締結を目指すとしている。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年4月30日放送 11:30 - 11:45 日本テレビNNN ストレイトニュース(ニュース)
イギリスのEU離脱を巡って、EUは首脳抗議で交渉方針を正式決定した。EUの新本部ビルの窓枠にはイギリスを含んだすべての加盟国の木材が使われている統一の象徴だ。イギリスとの交渉優先項目として、最大約7兆3000億円のイギリスの未払いの分担金の支払いや、イギリス在住のEU加盟国出身者の権利の保護などが決定された。こうした優先項目の交渉で進展してはじめて貿易協定などの交渉に移ることが出来る。

2017年4月30日放送 8:00 - 9:54 TBSサンデーモーニング(ニュース)
27日にモスクワで日ロ首脳会談を行った安倍総理。北方4島の共同経済活動をめぐり、5月中に現地調査団を派遣することで合意した。28日はメイ首相と会談。EU離脱後に日本企業へのマイナス影響が出ないように配慮を求めた。毎年恒例の議員のGW外遊を当初は北欧4カ国も検討していたが、北朝鮮情勢で見送りとなった。一方、火曜に自民党内には比例復活議員の外遊禁止、東京選出議員・当選2回までの議員にも外遊自粛を求める通達が出た。背景には中川前産業政務官などの問題が相次いだことだと見られる。さらに同日には、新たな問題が起きた。

2017年4月30日放送 4:00 - 5:00 TBSTBSニュースバード(ニュース)
英ロ訪問を終えた安倍首相だがこの期間中にも北朝鮮がミサイル発射などをしたことから今後の対応にも注目が集まっている。29日にはロンドンに滞在していた安倍首相だがミサイル発射を受け急遽現地で会見をしていた。前日にはメイ首相と合同の会見をし北朝鮮への圧力継続で合意発表をしたばかりで、ニューヨークで行われた国連安保理の閣僚会合でも経済圧力の必要性が強調されていた。だが27日にロシア・モスクワでプーチン大統領と会談した安倍首相だがロシアは北朝鮮問題では核問題は6か国協議の再開が共通の課題としてい手足並みが揃っておらず、又、中国も北朝鮮に核・ミサイル開発停止を迫りながらも米国の軍事演習の見合わせなどを提案している。こうした状況だが安倍首相は対話のための対話は解決にならない。6者会合も再開できる状況でないということで圧力を一致して高める必要性を主張している。

2017年4月29日放送 8:15 - 9:32 NHK総合週刊 ニュース深読み(ニュース)
北朝鮮弾道ミサイル発射についてアメリカ太平洋軍は北朝鮮の領域を出なかったとしてミサイル発射は失敗したとみられている。このタイミングでのミサイル発射はニューヨークで行われた北朝鮮の核問題を話し合う国連安全保障理事会の閣僚級会合に合わせてきたとされ、国際社会の連携や包囲網を崩そうとした狙いがあるのではないかとみられている。アメリカや韓国などは圧力を強化した上で北朝鮮の脅威に対抗すべきだと主張するが、中国やロシアなどは緊張を和らげた上で対話を通じた解決を目指すべきだと反論し立場の違いが明らかとなった。日本政府は今回の弾道ミサイルの発射を受けて国連安全保障理事会の決議に違反していると北朝鮮に抗議した。 この後政府は総理大臣官邸で菅官房長官、稲田防衛大臣らが出席しNSC(国家安全保障会議)の閣僚会合を開く事になっており、外交安全保障政策の司令塔となる会議で今後の対応を協議することになる。安倍総理大臣は昨夜イギリスでメイ首相と日英首脳会談を行った。安倍首相はそのままイギリスにおり、今回の弾道ミサイル発射の報告を受け同行しているスタッフに国内や関係国と連絡を取り情報の収集にあたり、警戒・監視に務めるよう指示した。今日夕方記者会見を開くこととなっており、そこで改めて政府の対応を明らかにするとされる。
北朝鮮の今後についてのトーク。北朝鮮が今後どう出てくるかはアメリカがどう出るか、今回発射されたミサイルがどういった種類だったのかがポイントとなる。まだどんな種類だったのか不明だが、仮に射程の短いものであれば威嚇の範囲であると受け止める可能性がある。しかしICBMのような射程距離の長いアメリカ本土に届くようなものだった場合は、失敗していても事態を深刻に受け止めると予想される。空母カール・ビンソンなどを朝鮮半島周辺に向かわせているが、そういった軍事的な圧力を更に強めるとされている。北朝鮮はこうした圧力があるにも関わらずミサイルを発射してきたとして、今後も繰り返しは謝してくる可能性がある。先月から今月にかけて3回連続して失敗しており今回は4度目の失敗となる。北朝鮮は過去にもミサイル発射の失敗を繰り返しながらも技術や発射能力を向上させてきたので、今後もその狙いで発射を繰り返す可能性があり警戒・監視が必要となる。

2017年4月29日放送 7:00 - 8:00 NHK総合NHKニュース おはよう日本(ニュース)
安倍首相はイギリスでメイ首相との日英首脳会談に臨み保護主義の台頭が懸念される中、日英が自由貿易を主導することを確認、イギリスのEU離脱に関連して円滑な日本企業の活動維持のため引き続き配慮を要請。安全保障面での協力を堅持していくことで一致した。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.