[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「テロ等準備罪」 に関するテレビ情報

2017年4月21日放送 16:50 - 19:00 テレビ朝日
スーパーJチャンネル (ニュース)

金田大臣の代わりに局長が答弁し民進党の議員が猛反発した。テロ等準備罪で答弁が危うい金田大臣に代わり、与党がこの問題の政府参考人として林刑事局長の出席を議決した。これまでに民進党階猛議員は「捜査は実行準備行為の後でないと出来ないというのが、実行準備行為がテロ等準備罪の構成要件要素であることの帰結だと思う」と主張、これに対し金田法務大臣は「実行準備行為が行われておらずテロ等準備罪が成立していない段階においては罪を犯したとは言えない。テロ等準備罪を理由に逮捕や捜索差し押さえといった強制捜査はできない」と答弁。階猛議員は「質問に答えてください。強制捜査だけでなく、捜査全般について聞いている」と繰り返し質問。この質問に、金田法務大臣の代わりに林刑事局長が代わりに答弁しようとしたところ階猛議員は「あなたは関係ない」と大声で怒鳴り、答弁しようとする林刑事局長の机を叩いて抗議。委員長が「私が指名しました」と説明するも、階猛議員は抗議し続けた。局長は抗議の中「嫌疑がなければその捜査が行われることはありません」と答弁した。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年4月26日放送 16:50 - 19:00 テレビ朝日スーパーJチャンネル(ニュース)
総理官邸前から中継。今回の今村復興相の騒動では国会審議への影響がある。テロ等準備罪創設を含む組織犯罪処罰法改正案の審議に遅れが発生し、きょう予定されていた6時間の質疑も中止に。衆参すべての委員会がストップした。野党は安倍首相に国会での説明を求める方針。来月8日に総理出席の予算委員会を開催することで与野党が合意。国会は明日午後にも正常化する見込み。与党としては会期延長は避けたいというのが本音。6月の国会会期末直後に小池新党との対決も予想される。

2017年4月26日放送 15:50 - 19:00 TBSNスタNスタ4
きのう日弁連が開いたテロ等準備罪の反対集会、日弁連は「監視社会が強まる」として廃案を求めているが、国会では法案の中身ではなく答弁者をめぐり、混乱する場面があった。与党は「充実した審議のためには法務省の局長を呼ぶべき」として林刑事局長の招致を賛成多数で決定した。野党が合意していない参考人の出席は異例で野党側は「答弁に不安がある金田大臣を隠すためだ」と反発している。法務省からは「野党の質問は重箱の隅をつつくような細かいことばかり。このままでは司法試験の合格者しか大臣になれなくなる。野党も野党だが与党も強引さが目立つ。実質的な法案の議論が進むか心配」などの声があがっている。

2017年4月26日放送 10:25 - 13:55 TBSひるおび!JNN NEWS
自民党の竹下亘国対委員長が各党をまわり、不祥事を謝罪した。自民・公明の幹部会では、今村氏の更迭は当然という声があがっている。与党内では、テロ等準備罪を新設する法案などの審議を速やかに進めたいという思惑がある。中川氏の離党、今村氏の失言などで国会の審議日程は大幅に遅れ、自民党・国体幹部は、テロ等準備罪の週内の審議は難しいとしている。民進党の蓮舫代表は、復興大臣の任命責任が問われると述べた。

2017年4月26日放送 10:25 - 12:00 テレビ朝日ワイド!スクランブルANN NEWS
今村復興大臣の辞任を受けて「テロ等準備罪」審議など国会審議が全面ストップするなど国会運営にも影響が出ている。今村大臣の失言に対し与党内からも批判の声が上がっている。竹下国対委員長は各党をめぐりおわび行脚を行っている。野党は今村大臣の議員辞職を求めた上で安倍総理の任命責任も追求する構えだ。都議選を控え日程に余裕がない中での相次ぐ不祥事に自民党執行部も困惑している。

2017年4月26日放送 5:25 - 8:00 TBSあさチャン!朝刊まるわかり
国会審議に影響。テロ等準備罪、天皇陛下の退位に関する特例法案、衆議院小選挙区の区割り変更の法案を行う必要があるが6月18日までにすべて審議出来ないのではないかと取り沙汰される。会議は東京都議会選挙に影響が出ないように設定していたが都議選にも影響が出るなら今後の安倍政権の運営にも影響が出てくる可能性があると専門家は解説。 (読売新聞)

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.