[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「ディープ・パープル」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 0:30 - 0:55 NHK総合
ドキュメント72時間 昭和歌謡に引き寄せられて

2月19日 16:38、金曜の夕方。若いグループがレコード屋に入ってきた。インドネシアからの留学生で、小学校の頃からずっと日本に行きたいと思っていたといい、やっと夢がかなっていると話す。探しているものが見つかったみたい。ヤプーズの戸川純のコンサートプログラムブックを持ち、戸川純大好きだと語った。中でもお気に入りは「蛹化の女」。
フランス人観光客が店内に入ってきた。フランスの友達に日本の歌を教えてもらったと言う。お目当ては、カルメン・マキ。パリで見た日本の映画で彼女の歌が流れていたらしい。男性は「まるで僕が好きなディープ・パープルやレッド・ツェッペリンのようだ」などと話した。昭和歌謡は海外でクールだと言われているらしい。夜9時に閉店。明日はどんな歌に出会えるんだろう。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月24日放送 1:58 - 2:38 TBSアカデミーナイトGディズニー・オン・クラシック 春の音楽祭2017~ディズニー音楽 ヒットの秘密を徹底解説!~
ディズニー音楽を研究する谷口昭弘准教授が登場。ディズニー音楽はなぜ心に響く理由を紹介。「美女と野獣」では「タタタタタ~ン」の5音で繰り返され、普遍的な愛の形をリズムで表現しているという。繰り返しのパターンとしてDEEP PURPLE「スモーク・オン・ザ・ウォーター」を紹介した。
「白雪姫」からいつか王子様がを紹介。白雪姫は世界初の長編アニメーションとなったという。白雪姫の楽曲が名曲のワケは半分以上が不採用だという。全部で25曲作られ採用は8曲だったという。白雪姫の音楽を作った作曲家3人は偉大な作曲家たちだが、ウォルト・ディズニーが旋律にこだわった証に8曲の採用だという。
春の音楽祭ではモアナと伝説の海から過去の名作まで名曲が楽しめる。「ディズニー・オン・クラシック 春の音楽祭 2017」は5月25日~6月4日、東急シアターオーブで。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.