[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「ディープ・パープル」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 0:30 - 0:55 NHK総合
ドキュメント72時間 昭和歌謡に引き寄せられて

2月19日 16:38、金曜の夕方。若いグループがレコード屋に入ってきた。インドネシアからの留学生で、小学校の頃からずっと日本に行きたいと思っていたといい、やっと夢がかなっていると話す。探しているものが見つかったみたい。ヤプーズの戸川純のコンサートプログラムブックを持ち、戸川純大好きだと語った。中でもお気に入りは「蛹化の女」。
フランス人観光客が店内に入ってきた。フランスの友達に日本の歌を教えてもらったと言う。お目当ては、カルメン・マキ。パリで見た日本の映画で彼女の歌が流れていたらしい。男性は「まるで僕が好きなディープ・パープルやレッド・ツェッペリンのようだ」などと話した。昭和歌謡は海外でクールだと言われているらしい。夜9時に閉店。明日はどんな歌に出会えるんだろう。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年4月9日放送 13:00 - 13:30 フジテレビさまぁ〜ずの神ギ問さまぁ〜ずの神ギ問
「テレビ番組とかで中国っぽいときに流れるあの曲ってなんて曲?」という疑問を解決。お台場にいる中国人観光客に曲を知っているか聞いたみた。結果、聞いたことがある気がする程度で中国の方は知らない曲だった。世界の音楽に詳しい愛知県立大学のエドガー・W・ポープ教授に話を聞いた。ポープ教授は「これはオリエンタル・リフ」だと話した。リフは繰り返しを意味するリフレインからきている。オリエンタル・リフは東アジアをイメージさせる短いメロディフレーズだという。しかしルーツがなんの曲なのかはわからなかった。
週刊文春にオリエンタル・リフのコラムを発見。そこにはスウェーデンのウェブデザイナー、マーティン・ニルソンがオリエンタル・リフのルーツを見つけ出したなどと書かれていた。ニルソンさんに取材を依頼をしたが「10年くらい前の趣味のプロジェクトであり、現在はもう興味がないので取材は遠慮したい。ただ当時まとめたことはホームページにまとめてあるので好きに使ってくれ」と断られた。ホームページにはオリエンタル・リフの起源の候補曲約100曲が細かい分析とともに掲載されていた。一曲ずつ聞いた「The wedding Of Mr.Wu」という曲が一番近かった。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.