[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「トヨタ」 に関するテレビ情報

2017年1月11日放送 4:00 - 5:50 日本テレビ
Oha!4 NEWS LIVE (ニュース)

8日、ゴールデン・グローブ賞の授賞式でスピーチしたメリル・ストリープは、アメリカ次期大統領・トランプ氏が選挙期間中に障害のある記者を真似たことを厳しく批判した。この口撃に対し、Twitterで「ハリウッドで最も過大評価された女優の1人、メリル・ストリープが私のことをよく知らないくせに攻撃してきた」とツイートした。
さらにアメリカ・デトロイトで行われた北米モーターショーでは、トヨタ自動車の車が車体もアメリカ国旗の色でペイントされ、アメリカが協調されていた。“アメリカ第一主義”を掲げるトランプ氏が標的にしたのが、世界的な各自動車メーカーだった。Twitterでは、「トヨタはアメリカで売るカローラを作るためにメキシコに新たな工場を建てるというがありえない!アメリカに工場を建てろ。さもなければ巨額の関税を払え」とツイート。これに対しトヨタは、「今後5年間でアメリカにさらに100億ドル(約1兆1600億円)を投資する」と要求に応じたが、メキシコから撤退しないと表明した。ホンダの八郷隆弘社長も「(メキシコ工場は)今のところ、そのまま稼働していく」とし、日産のカルロス・ゴーン社長も「(メキシコ工場は)アメリカもメキシコのことも発表はない」としている。つぶやきで影響力を見せつけるトランプ氏。11日に当選後、初の記者会見を行う予定。

URL: http://www.toyota.co.jp/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年3月29日放送 9:21 - 9:28 テレビ東京Mナビ(Mナビ)
東京市場ここまでの動き。前日のNYダウは9日ぶりの反発。株高の流れを受けた日経平均株価は続伸している。円相場も1ドル111円台を保つ中で、現在の日経平均は34.1円高い19236.88円で推移している。岡村友哉は「アメリカの流れが良くなったはっきりした理由はイマイチないような気がしなくもない。3月の消費者信頼感指数が16年ぶりに高い数字だったが、それは大体予想できたこと。FRBのフィッシャー副議長が、あと2回利上げが適切としたことも特にマーケットも反転させる理由にはならない。下げ続けたものが永久に下がるわけではない。自律反発が丁度起きた感じで返ってきてそれが日本にプラスに働いている部分がかなり大きいのでは」と解説。きょうの主力株について「きょうは3月配当の権利落ち日。例えば三菱UFJは、きのう米金融株が上がっているので上げて良さそうなのに下げている。だがこれも配当落ち。配当落ち分が期末配当分だけで9円だが、実際は3円安。関西電力は7%を超える上昇。大阪高裁が、これまで大阪地裁が出していた高浜原子力発電所の停止に関する仮処分命令を取り消す決定をした。これにより高浜原発の再稼働のめどが立ってきた。さらに、今期の見通しを純利益で1300億円とした。アナリストの予想が1000億円ほどだったので、それよりも大きく、かつ、5年ぶりの復配が8円との予想を大きく上回り25円だった。そういったサプライズが大きく影響して東京電力も大きく上昇している」などと解説した。

2017年3月29日放送 7:00 - 7:45 NHK総合NHKニュース おはよう日本(ニュース)
イギリスのメイ首相は29日にEUに対し離脱する意思を伝える見通しだが、EU史上最も困難と言われる離脱交渉の焦点の1つが単一パスポート制度の行方だ。単一パスポート制度を使って欧州各地で事業展開してきたイギリスの不動産投資会社は国民投票の1か月後、新たな拠点をベルリンに置くことにした。ベルリン事務所の責任者であるトーマスは「1か月でも活動ができなくなれば投資家の信頼も失うため素早い決断が重要だった」と話す。
こうした動きは金融サービス業界を中心に広がっていて国民投票後はベルリン進出を支援する会社に問い合わせが相次いでいる。欧州での事業戦略を見直す動きは日本企業にも出ており大和証券グループ本社は、ことしの夏にフランクフルトへ拠点を立ち上げドイツに対し単一パスポート申請をする方針だ。一方、トヨタ自動車はイギリスの工場に新たに投資し最先端の生産設備を導入すると発表した。メイ首相は移民の制限を優先し単一市場から撤退の方針に転換しているが、イギリスの離脱交渉は早ければことし5月に本格的に開始し2年を期限に行われる。

2017年3月28日放送 0:50 - 1:20 テレビ朝日地球の走り方〜世界ラリー応援宣言〜(オープニング)
世界のあらゆる道を爆走する世界ラリーについて伝える番組。第2戦ではトヨタが18年ぶりに2戦目で優勝を果たした。

2017年3月27日放送 11:13 - 11:35 テレビ東京Mプラス 11(マーケット情報)
午前のマーケットの動きを岡村友哉氏が解説する。先週末オバマケアの代替法案が取り下げられ、そうなると税制改革も実現できないのではないかという見方も出てきた。期待から現実を織り込んだ動きに変わっていくことになる。今晩のアメリカ株がどこまで下がるかに関心が集まっていて、明日日本株が下がるということも織り込んだ上ですでに下げる形になっている。根本ではトランプラリーの真逆なことへの警戒感が強いとした。
個別の銘柄を見る。輸出株が売られ、金融規制が緩くなるのではという期待があった金融株も下落している。日本は明日が配当売買日で利回りがおいしい時期になっている。市場では買いを控える動きとなっている。
新興株も落としているが、今週IPOがありTKPが上場した。貸し会議室を展開している企業で高い値が付いた。

2017年3月27日放送 5:45 - 6:40 テレビ東京Newsモーニングサテライトエマージングトピックス
新興国経済を特集、きょうはブラジルの特派員からの報告。GDP成長率はマイナス3.6%と2年連続のマイナス成長となった。大和証券・横路史生は、景気先行指標は底打ちしている、食肉加工業者の不正問題に景気回復の腰折れリスクがある、日本企業には撤退の動きが多いが「ダイソー」「すき家」が現地で店舗を増やしていると紹介した。また自動車ではトヨタがタクシー向けの「エティオス」などでシェアを伸ばす。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.