[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「トヨタ」 に関するテレビ情報

2017年1月11日放送 4:00 - 5:50 日本テレビ
Oha!4 NEWS LIVE (ニュース)

8日、ゴールデン・グローブ賞の授賞式でスピーチしたメリル・ストリープは、アメリカ次期大統領・トランプ氏が選挙期間中に障害のある記者を真似たことを厳しく批判した。この口撃に対し、Twitterで「ハリウッドで最も過大評価された女優の1人、メリル・ストリープが私のことをよく知らないくせに攻撃してきた」とツイートした。
さらにアメリカ・デトロイトで行われた北米モーターショーでは、トヨタ自動車の車が車体もアメリカ国旗の色でペイントされ、アメリカが協調されていた。“アメリカ第一主義”を掲げるトランプ氏が標的にしたのが、世界的な各自動車メーカーだった。Twitterでは、「トヨタはアメリカで売るカローラを作るためにメキシコに新たな工場を建てるというがありえない!アメリカに工場を建てろ。さもなければ巨額の関税を払え」とツイート。これに対しトヨタは、「今後5年間でアメリカにさらに100億ドル(約1兆1600億円)を投資する」と要求に応じたが、メキシコから撤退しないと表明した。ホンダの八郷隆弘社長も「(メキシコ工場は)今のところ、そのまま稼働していく」とし、日産のカルロス・ゴーン社長も「(メキシコ工場は)アメリカもメキシコのことも発表はない」としている。つぶやきで影響力を見せつけるトランプ氏。11日に当選後、初の記者会見を行う予定。

URL: http://www.toyota.co.jp/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月29日放送 11:13 - 11:35 テレビ東京Mプラス 11ヴェリタスの扉
解説は清水桂子氏です。値上げ力を見よ、脱デフレ牽引カギは3Kです。消費者の財布の紐は相変わらず硬く、日銀が目標とする物価上昇率2%も遠い。しかしデフレ一色という訳ではなく価格戦略に対する意識が明確に変わってきたという声がある。日経ヴェリタスが需要を伸ばしながら値上げする力。値上げ力の高い企業を調べたところ、環境・健康・高級感の3Kがキーワードとして浮かび上がった。まず環境はトヨタ自動車のプリウスで1997年の初代以降3台の一部改良を継いでじりじりと値上がりしています。2015年発売の4代目では3代目よりも10万円近く高騰しましたがそれでも販売は好調で累計販売は400万台。燃費の計算式は異なるので端的にいいますと初代から3割は燃費効率はあがっています。健康では食品・特にお菓子が好調です。ヨーグルトのR1を代表する明治食品が好調です。そしてカレ・ド・ショコラが人気のチョコレートの森永製菓など。東京大学・大学院の渡辺勉教授はお菓子大手4社の消費価格を指数化したところ2013年から2014年に価格が反転した事が分かりました。高級感はJR東日本の寝台列車「トランスイート四季島」です。素晴らしい内容の内装などで利用者も多いとの事。これら値上げ力の先端商品を紹介した。

2017年5月29日放送 9:21 - 9:28 テレビ東京MナビMナビ
朝方、北朝鮮がミサイルを発射。直後の為替・株式市場で大きな反応は見られず。日経平均は現在下げに転じている。今日のアメリカ市場はメモリアルデーで休場、イギリスもバンクホリデーで休場であり、北朝鮮の地政学的リスクを含め上値の重い背景となっていると解説。
主力株のスタートを確認。任天堂、ソフトバンクはやや利益確定の売りが先行。エムアップなどテーマ株に商いが集まっている印象だと解説。
シャープは中期経営計画を発表、3%近い上昇。日本電気硝子は車用ガラス繊維強化のため米事業を600億円で買収すると発表、評価され上昇。

2017年5月29日放送 1:10 - 2:40 テレビ朝日GET SPORTS(オープニング)
オープニング映像とともに、好調・楽天の原動力茂木栄五郎 ホームランにかける想い、分かっていても止められない!?齋藤学 ドリブルへの絶対的自信、36ホールの激闘 全米女子OP出場権をかけた熱きドラマ、世界ラリー第6戦ポルトガル トヨタガズーレーシングの挑戦、のテロップが流れた。

2017年5月28日放送 23:30 - 0:00 テレビ東京SUPER GT+(オープニング)
今夜のSUPER GT+はSUPER GT 第3戦九州、レクサスVSニッサンVSホンダ。

2017年5月28日放送 6:00 - 6:15 NHK総合ニュース・気象情報(全国のニュース)
日本の主な自動車メーカー7社の研究開発費は、次世代のエコカーや自動運転システムの開発競争が激しくなる中、今年度は約2兆8500億円あまりとこれまでで最高水準に達する見通しだ。自動車業界では、環境規制の対応に加え、自動運転技術など、最先端技術の開発競争が激しさを増している。このため自動車メーカー各社は研究開発費を増やしていて、このうちトヨタ自動車は今年度の研究開発費を1兆500億円と前年度より1.2%増やす計画だ。その他ホンダは7500億円、日産自動車は5250億円、SUBARUは1340億円と増やす計画だ。この結果日本の主な自動車メーカー7社の今年度の研究開発費は合わせて2兆8500億円あまりとこれまでで最高の水準に達する見通しだ。メーカー各社は業績が伸び悩む中最先端技術の開発をいかに効率的に進めるかが課題になっている。このため、ホンダがアメリカのグーグル系の企業と共同研究を進めるなど、業界の垣根を超えた連携の動きが広がっている。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.