[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「トヨタ自動車」 に関するテレビ情報

2017年1月11日放送 18:10 - 18:52 NHK総合
首都圏ネットワーク (ニュース)

埼玉県上尾市内のガソリンスタンドでは、新車を借りて利用できるカーリースが行われており利用者は車を自分のものとして長期間借りることが出来る。国内メーカー全車種をリース可能で、車検やメンテナンスをスタンドが代行してくるプランもある。去年の新車販売台数1位はトヨタのプリウスで24万8258台で、2位はN-BOX、3位はアクアだった。上位は燃費の良さを謳った車で維持費を抑える車を選ぶ流れである。一方で車離れも進んでおり、去年の国内新車販売台数は497万台と500万台以下に落ち込むのは東日本大震災があった2011年から5年ぶりである。ピーク時の平成2年と比べると36%減っている。車をもっと気軽に乗ってもらう方法について、石油元売りの会社が新たに始めたのがインターネットでの新車販売である。5メーカーの24車種から選べることが出来、3月末まで国産車すべて取り扱う予定であるという。販売店よりも数万円安く購入できる。新車購入後もガソリン値引きも受けられるということである。

URL: http://www.toyota.co.jp/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年1月18日放送 15:50 - 19:00 日本テレビnews every.(ニュース)
アメリカのゼネラル・モーターズは、アメリカ国内に10億ドルを新たに投資し、1500人の雇用を維持もしくは生み出すと発表した。トランプ氏は雇用を守るために、メキシコでの製造をやめるように圧力をかけており、メキシコ・サンルイスポトシでは、フォード社が山を8か月かけて切り崩した土地の造成はほぼ終了していた工場建設を中止した。またメキシコに進出する自動車部品を製造する日本企業では、特殊なゴムを製造しており5年前にオープンした工場のメリットは、安価な労働力とのこと。工場を運営する住友理工は、今の時点で影響はなく状況を見極めるとしている。トランプ氏は米国市場向けの製品をメキシコで生産すると高い関税をかけると発言しており、米国で生産するとコストが増加する。専門家は、安価な輸入品が少なくなるとアメリカの消費者は非常に苦しむなどと指摘する。

2017年1月18日放送 15:50 - 19:00 TBSNスタホリダス
トランプ氏の大統領就任式まであと約57時間だが、東京都内の書店ではトランプ氏に関する書籍の特設コーナーができていり、大分県宇佐市は、アルファベットで”USA”と書くことから、トランプ氏の就任式当日に駅名を「宇佐アメリカン駅」に変え、イベントを行う予定など、日本でも就任に向け盛り上がりが増しているようだ。 今回の就任式には各国の駐米大使が招待されるが、日本からは他にも、愛知県知事やDr.コパさんなどが招待されるなどしている。また就任式演説後、沿道を歩いてパレードするのが通常だが、今回は現在も反対運動などが行われていることから、歩きではなく車でのパレードとなる可能性もあり、異例づくしの就任式となりそうだ。

2017年1月18日放送 9:21 - 9:28 テレビ東京MナビMナビ
東京市場ここまでの動き。前日の欧米株が下落した流れや為替の円高を受け、日経平均は59円安でスタート。一時、小幅に上昇に転じたが、再びマイナス圏に沈むと下げ幅を広げ、100円を超える下げになる場面も。現在91円安18721.71円となっている。これで日経平均株価3日続落。岡村友哉は「英メイ首相がEU単一市場から完全撤退を発表したことを受け、英株価指数を大きく下げた一方で、ドルを売る動きが非常に強くなっている。昨日はポンドもユーロも対ドルで上昇、ドル円で120円台に入っている。その理由としてトランプ氏の対中国でのドル高けん制発言や、側近がダボスの世界経済フォーラムでドル高に対するリスクを指摘したりといったことが引き金になっている」などと解説。主力株のスタートについては、輸出関連株の中でも東芝は、日経新聞が半導体事業を分社化して米ウエスタンデジタルからの出資を交渉に入ったと伝えている。きょうの日経新聞では、みずほFGと三井住友トラストが系列を超えて事業統合すると一面トップで報じている。

2017年1月18日放送 5:00 - 6:30 NHK総合NHKニュース おはよう日本ビジネス
フォルクスワーゲンが新車発表を行った。電気自動車を発表し1回の充電で走れる距離は約300キロと他メーカーとくらべてもトップクラスのもの。

2017年1月18日放送 4:25 - 5:25 フジテレビめざましテレビ アクア朝刊イッキみせ
イギリスのEU離脱で懸念される主な影響としては、自動車などの製造業ではイギリスとEUの間の輸出入についてこれまでかからなかった関税が発生するとのこと。自動車業界では日本からイギリスに日産自動車やトヨタ自動車などが進出しており、EU向けの輸出に関税がかかることで負担が増えれば、ヨーロッパでの戦略の練り直しを強いられることになる(東京新聞)。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.