[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「トヨタ」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 0:55 - 2:30 NHK総合
ニュース (ニュース)

アメリカのトランプ次期大統領は大統領に当選してから初めての公式記者会見を行い、発言が注目されている。記者会見が行われるトランプタワーは、ロビーにイスが並べられている。報道陣が着席し、トランプ氏の登場を待っている。アメリカのメディアは長期間行わないのは異例として批判して伝えていた。またトランプ氏はメディアと対決姿勢を取って発言に対して関心を集めている。
トランプ氏のこれまでの発言を紹介。「(メキシコとの国境に)壁を作って費用をメキシコに払わせる、トランプの壁だ」「イスラム教徒の入国を全面的に禁止すべきだ」と発言。勝利演説では「アメリカ分断の傷を癒そう、すべての国民の大統領になると誓う」と”国民の融和”を訴えていた。選挙後は会見は行わず、ツイッターで発信している。トランプ氏は「アメリカ第一主義」を発信。GM、トヨタを批判していた。北朝鮮を巡っては中国を批判。一方でロシアとの関係改善には強い意欲を示すなどツイッターで一方的に伝えていた。
このあと、大統領選後初めての会見となるが、政策について考えを述べる可能性があり、ポイントとしてTPPなど貿易・経済政策、日米同盟など外交政策をあげた。トランプ氏が政策や方針を発表するのにツイッターを活用してきたが、そこに書き込まれるコメントで世界が振り回される状況が続き、批判もされている。アメリカがどう変わるか懸念されており、トランプ氏が大統領就任後アメリカをどこに導こうとしているの疑問がつきない状況が続いている。
トランプタワーの1階ロビーに設けられた記者会見場では、すでに多くの記者が着席している。トランプ氏は去年の大統領選挙に勝利後初めてとなる公式の記者会見をまもなく開く予定。アメリカのメディアは次期大統領がこれほど長期間記者会見を行わないのは異例だと批判的に伝え、いっぽう、トランプ氏はこれまでメディアとの対決姿勢を示していて、今回の会見で記者の質問にどう対応するのかも関心を集めている。
濱西デスクはドナルド・トランプ次期大統領の記者会見について、大統領就任後の自らのビジネスについての見解、記者との質疑応答が注目されると説明。また、会見でポイントとなるのが「TPPなどの貿易・経済政策」、「日米同盟といった外交政策」。後者ではオバマ政権とロシアがウクライナ併合、サイバー攻撃の疑惑を巡って対立を深めるなか、次期大統領はロシアとの関係改善を表明している。
トランプ氏は大統領選挙の期間中、「(メキシコとの国境に)壁をつくって費用をメキシコに負担させる」、「イスラム教徒の入国を全面的に禁止すべき」といった過激な発言を展開。勝利演説では国民の融和を訴え、選挙後は記者会見を行わずにツイッターで考えを発信。同氏は「アメリカ第一主義」を掲げ、輸入に関税がかからないメキシコで製造した小型車をアメリカで販売しているとGMを批判し、矛先はトヨタにも向けた。北朝鮮をめぐっては中国を厳しく批難している。
壇上近くでは記者たちが待っているが、まだトランプ氏の姿は確認できない。アメリカのトランプ次期大統領は大統領に当選してから初めての公式記者会見を行う予定で、発言が注目されている。アメリカのメディアは長期間行わないのは異例として批判して伝えていた。またトランプ氏はメディアと対決姿勢を取って発言に対して関心を集めている。
濱西デスクがドナルド・トランプ次期大統領の記者会見についての説明をしている途中、会見場にトランプ次期大統領が現れた。
トランプ次期大統領の会見が始まるにあたっての説明と、昨夜伝えられた左派のブログについてまったくのデタラメで捏造されたものと伝え、次期副大統領のマイク・ペンス氏を紹介した。
マイク・ペンス次期副大統領は、「あと9日で第45代アメリカ合衆国大統領が就任します。私は副大統領として奉仕できることになり、名誉な気持ちだ。そして新しい大統領は再びアメリカを偉大にしてくれる人物だ。21人の閣僚候補のうち19人が発表され。9つの指名承認公聴会がすでに予定されている。私たちは一致団結して協力しているが、一方でメディアが次期政権を辱めよう貶めようとしている。しかし本日は、次期大統領が新しいチームを作り、アメリカを再び偉大にしていこうというその進捗を報告する、本当のニュースを報告することができると思います。皆さんに次期アメリカ大統領ドナルド・トランプ氏を紹介します」と話した。

URL: http://www.toyota.co.jp/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年1月16日放送 11:13 - 11:35 テレビ東京Mプラス 11(マーケット情報)
午前のマーケットの動きについて岡村友哉が解説。マーケットではハードブレグジットに対する懸念があり、予定されているメイ首相の講演でハードブレグジットの方針が発表されると報じられたことが引き金になっている。また20日のトランプ氏の大統領就任式への注目も高まっている。下げていると言っても昨年末の日経平均終値と同じようなレベル。トランプマーケットが終わったとの方向に市場が振れれば誰が見ても分かるような下げになるだろうという。
連日下げているのは先週末に新作ゲーム機「Nintendo Switch」を発売した任天堂で、アナリストも材料出尽くしとの評価をしている。小野薬品工業も大きく下げている。
主力株が劣勢の中、小型株で動きが良いものを取りに行こうとの動きはあり、さくらネットやアスカネットなどが大幅高となっている。

2017年1月16日放送 9:21 - 9:28 テレビ東京MナビMナビ
金曜日にトランプ大統領就任を控える今週のスタートは、為替が円高方向に振れる中、日経平均株価は反落。トランプ氏の記者会見を経て、トランプラリーに対し期待感を持っていた人たちも警戒目線の雰囲気が続きそうだと解説。
主力株のスタートを確認。アメリカで銀行株の決算が堅調だった影響もあり、メガバンクが上昇。売買代金トップの任天堂は、新型ゲーム機Switchの発売日が3月3日、価格は税別で29980円と発表。サプライズがあったわけではないという見方から、失望感とそれを想定した空売りが多く続落。

2017年1月16日放送 6:40 - 7:05 テレビ東京モーニングチャージ!(トップニュース)
幕張メッセで行われていた東京オートサロン2017。トヨタがカスタマイズしたM78×86はエンブレムやハンドルなどにオリジナルパーツが使われていた。国内で新車販売の売れ行きが伸び悩む中、カスタマイズする動きは年々拡大している、さらにメーカー自らがカスタマイズに力を入れている。トヨタのC-HRはノーマルでは約250万円だが、純正カスタマイズだと約340万となる。佐藤健一さんはカスタムカーの販売台数は増えていると語る。日産自動車はニスモ仕様の車を自社で販売、ノートe-POWERはノーマルだと約195万円、ニスモ仕様だと約245万円となっている。田村宏志さんは完成車として売ることはメーカーとしての責任もつきまとうと話した。
自動車メーカーがカスタムカーを販売する一方で、部品メーカーは対応して市場を取り込んでいくと植草正拓さんが話した。車離れが叫ばれる中、カスタマイズが救世主となるのか注目が集まる。

2017年1月15日放送 10:00 - 11:15 フジテレビワイドナショー松本人志と有名人が斬るニュース
米女優・メリル・ストリープ氏がトランプ次期大統領を批判。「私達の国で最も尊敬される場所に立とうとしている人が身体の不自由な記者の真似をしたのです」など、彼女のスピーチに会場では拍手と称賛の声が。これに対して次期大統領は「ハリウッドで最も過大評価されている女優のひとりが僕を攻撃した。障害のある記者の真似をしていない。僕を悪く見せようとした彼を卑屈に見せただけ」など反論。出演者らは「差別・排外は絶対にしてはいけないが、誰もが心の中にそういう部分があるんじゃないかと。トランプ氏はそれを悪びれることなく表現しメリル氏が反論したが、この思っていることを伝えて、それに反論しあうことは民主主義的なこと。思っていることを伝えないことは民主主義に反する黄色信号なのかなと」「(トランプ氏は)年代的にツイッター世代じゃなく、30代くらいまで電話で不動産のやり取りをやったきたと思う。その人がいきなりツイッターをメディア戦略として使っているとどんどん自身がつぶやいていることに追い込まれて…」「メディア戦略間違っているのかも…」など、大統領選後の初の記者会見でトランプ氏が「メキシコの壁は就任後すぐ建設。後でメキシコに費用を負担させる」と言っていたことには「メキシコ政府が払う訳がない」など述べた。

2017年1月15日放送 8:00 - 9:54 TBSサンデーモーニング(ニュース)
トランプ政権の閣僚候補からは食い違う意見もでている。トランプ次期大統領の就任式が20日にせまる中、ワシントンでは式典などの準備が進められている。11日の会見で強く訴えたのはアメリカ国民の雇用創出だった。会見ではアメリカの大手自動車メーカーが相次いでメキシコでの工場建設を中止したことなどを紹介した。未だに態度をはっきりさせないGMに計画中止を求めた。一方、メキシコでの新しい工場の建設を批判されたトヨタは9日に今後5年間で米国内に1兆をこえる投資を行うと発表している。トランプはさらに製薬業界も「アメリカを去り雇用を殺す企業はばく大な関税を支払うことになる」などと批判した。また、中国や日本・メキシコなどどの国とも貿易不均衡になっているなどと話した。さらに中国については南シナ海に巨大な要塞を築き、我々を欺いていると指摘。アメリカへサイバー攻撃をしている国としてもロシアに加えて中国も批判した。会見では具体的な政策は示されなかった。次期政権の閣僚候補に対する承認公聴会ではジェフ・セッションズ上員議員が抗議を受けているシーンも。過去の人種差別的な発言が問題視されていたが、この日はトランプ氏が選挙戦で訴えたイスラム教徒の入国禁止について支持しない考えを明らかにし、司法長官は大統領のイエスマンであってはならないと発言した。さらに国防長官に指名されたマティス氏は、ロシアの脅威を認めてトランプ氏とは食い違う見解を示した。国務長官に指名されているティラーソン氏はトランプ氏が日本の核武装を容認するような発言をしていたことに対して賛成できないとした。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.