[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「トヨタ」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 0:55 - 2:30 NHK総合
ニュース (ニュース)

アメリカのトランプ次期大統領は大統領に当選してから初めての公式記者会見を行い、発言が注目されている。記者会見が行われるトランプタワーは、ロビーにイスが並べられている。報道陣が着席し、トランプ氏の登場を待っている。アメリカのメディアは長期間行わないのは異例として批判して伝えていた。またトランプ氏はメディアと対決姿勢を取って発言に対して関心を集めている。
トランプ氏のこれまでの発言を紹介。「(メキシコとの国境に)壁を作って費用をメキシコに払わせる、トランプの壁だ」「イスラム教徒の入国を全面的に禁止すべきだ」と発言。勝利演説では「アメリカ分断の傷を癒そう、すべての国民の大統領になると誓う」と”国民の融和”を訴えていた。選挙後は会見は行わず、ツイッターで発信している。トランプ氏は「アメリカ第一主義」を発信。GM、トヨタを批判していた。北朝鮮を巡っては中国を批判。一方でロシアとの関係改善には強い意欲を示すなどツイッターで一方的に伝えていた。
このあと、大統領選後初めての会見となるが、政策について考えを述べる可能性があり、ポイントとしてTPPなど貿易・経済政策、日米同盟など外交政策をあげた。トランプ氏が政策や方針を発表するのにツイッターを活用してきたが、そこに書き込まれるコメントで世界が振り回される状況が続き、批判もされている。アメリカがどう変わるか懸念されており、トランプ氏が大統領就任後アメリカをどこに導こうとしているの疑問がつきない状況が続いている。
トランプタワーの1階ロビーに設けられた記者会見場では、すでに多くの記者が着席している。トランプ氏は去年の大統領選挙に勝利後初めてとなる公式の記者会見をまもなく開く予定。アメリカのメディアは次期大統領がこれほど長期間記者会見を行わないのは異例だと批判的に伝え、いっぽう、トランプ氏はこれまでメディアとの対決姿勢を示していて、今回の会見で記者の質問にどう対応するのかも関心を集めている。
濱西デスクはドナルド・トランプ次期大統領の記者会見について、大統領就任後の自らのビジネスについての見解、記者との質疑応答が注目されると説明。また、会見でポイントとなるのが「TPPなどの貿易・経済政策」、「日米同盟といった外交政策」。後者ではオバマ政権とロシアがウクライナ併合、サイバー攻撃の疑惑を巡って対立を深めるなか、次期大統領はロシアとの関係改善を表明している。
トランプ氏は大統領選挙の期間中、「(メキシコとの国境に)壁をつくって費用をメキシコに負担させる」、「イスラム教徒の入国を全面的に禁止すべき」といった過激な発言を展開。勝利演説では国民の融和を訴え、選挙後は記者会見を行わずにツイッターで考えを発信。同氏は「アメリカ第一主義」を掲げ、輸入に関税がかからないメキシコで製造した小型車をアメリカで販売しているとGMを批判し、矛先はトヨタにも向けた。北朝鮮をめぐっては中国を厳しく批難している。
壇上近くでは記者たちが待っているが、まだトランプ氏の姿は確認できない。アメリカのトランプ次期大統領は大統領に当選してから初めての公式記者会見を行う予定で、発言が注目されている。アメリカのメディアは長期間行わないのは異例として批判して伝えていた。またトランプ氏はメディアと対決姿勢を取って発言に対して関心を集めている。
濱西デスクがドナルド・トランプ次期大統領の記者会見についての説明をしている途中、会見場にトランプ次期大統領が現れた。
トランプ次期大統領の会見が始まるにあたっての説明と、昨夜伝えられた左派のブログについてまったくのデタラメで捏造されたものと伝え、次期副大統領のマイク・ペンス氏を紹介した。
マイク・ペンス次期副大統領は、「あと9日で第45代アメリカ合衆国大統領が就任します。私は副大統領として奉仕できることになり、名誉な気持ちだ。そして新しい大統領は再びアメリカを偉大にしてくれる人物だ。21人の閣僚候補のうち19人が発表され。9つの指名承認公聴会がすでに予定されている。私たちは一致団結して協力しているが、一方でメディアが次期政権を辱めよう貶めようとしている。しかし本日は、次期大統領が新しいチームを作り、アメリカを再び偉大にしていこうというその進捗を報告する、本当のニュースを報告することができると思います。皆さんに次期アメリカ大統領ドナルド・トランプ氏を紹介します」と話した。

URL: http://www.toyota.co.jp/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年4月24日放送 7:45 - 8:00 NHK総合NHKニュース おはよう日本(関東甲信越のニュース)
東京都はトヨタ自動車と協定を結び、パラレルハイブリッドシステムという動力を取り入れた小型船を五輪会場視察などに活用することなどにしている。船舶に搭載するのは国内初で、エンジン動力で高速運航出来るだけではなく、リチウムイオン電池で排ガスを出さずに静かに運航することも可能。小型船は来年7月までに借り入れる予定。

2017年4月22日放送 21:00 - 21:50 NHK総合NHKスペシャル激震”トランプ時代” 第1章 トランプ 混沌のアメリカ
2月28日の議会演説で、トランプ大統領はかつてない規模の経済政策を実行すると宣言。産業の規制緩和・歴史的な大幅減税・1兆ドルもインフラ投資でアメリカの雇用を取り戻すと強調した。トランプ大統領の経済政策でニューヨーク株式市場のダウ平均株価は歴史上初めて2万ドルの高値を記録。投資会社CEOのスコット・ボックさんは様々な企業への投資やM&Aを20年間続けてきた。ボックさんは選挙戦でヒラリー・クリントンを支持していた。トランプが当選すれば信用不安で株価が急落すると予測していたためだという。ボックさんは「事業を拡大するなら今」と話す。
トランプ大統領は選挙期間中、ウォール街を既得権益の代表として批判していたが、経済政策を実行するために集めたメンバーは財務官のスティーブン・ムニューシンや国家経済会議委員長のゲーリー・コーンなどウォール街出身者ばかりだった。ジャーナリストのノミ・プリンスさんに話を聞いた。かつてゴールドマン・サックスでマネージングディレクターを務めたプリンスさんは、歴代大統領とウォール街の関係を調べている。「トランプ大統領が不動産王になれたのもウォール街の資金援助があったからであり、銀行への規制を緩和すると言っている。緩和されれば賭け事がしやすくなるため、人材を政権に送り込み利益になる政策を作れるようにしている」と説明した。
投資ファンドCEOのジェームズ・ラステーさんを取材。ラステーさんは5人の仲間とヘッジファンドを経営しており、株の運用やM&Aで利益を上げている。トランプ景気もいつかは終わるため、業績不振に陥る企業をいち早く見つけ買収しようと考えている。トランプ大統領は3月15日、ミシガン州デトロイトで労働者を前に雇用のために闘うことを誓った。この日は直前に、トヨタなど自動車メーカー11社を集めアメリカ国内に工場を建設するよう求めていた。
トランプ大統領が企業への働きかけをいち早く始めたインディアナ州は、全米一の製造業の拠点となっている。ラストベルトの白人労働者たちは選挙戦でトランプ大統領を勝利に導く原動力になったと言われる。地元のメーカーキャリア社はトランプ大統領が雇用を守った第一号であり、メキシコへの工場移転計画を撤回させている。一方、レックスノード社は大統領の要求に応じず、人件費削減のためメキシコへの移転計画を実行に移した。従業員には工場閉鎖が伝えられ、解雇リストのメールが送られていた。
レックスノード社からの解雇の知らせに涙を流していたのジョン・レナードさんに話を聞いた。レナードさんは勤続24年で製造ラインのリーダーを任され仕事に誇りを持って生きてきた。「オバマは労働者に何も語りかけてくれなかったが、トランプは少なくとも我々の思いを語ってくれ、いくつかの雇用を守ったしこれまでの大統領より良くやってくれている。しかし大統領になるのが遅すぎた」と話した。

2017年4月22日放送 5:00 - 6:00 フジテレビ新・週刊フジテレビ批評THE 批評対談
情報の発信者は横の”口コミ”を重視するようになっている。リポビタンDのCMはこれまで「ファイト一発」というものだったのが去年から変わった。夢を応援するというメッセージを伝えるようになっているという。トヨタアクアのCMは最初何かわからなかったが調べるとドラクエの曲を使ってゲームを模したものだった。実際には車とそこまで関係はないが、音楽を使っていることでネットで大きな反響がありそれがネットを介して知らない人にも伝わる結果となった。今ではみんなにという伝え方よりも強いつながりでファンを作る方がいいという現れだとした。こうした対象を絞ったやり方のほうが結果的に横につながることになり得る。トレンドとして実際の人が登場する”真正性”のあるCMが受けているという。パンパースのCMで1歳になった時に母親にプレゼントをするという内容のものが評判を得ているという。
パンパースのWEB用動画をノーカットで流した。2011年には九州新幹線全線開通のCMが沿線住民1万人が走る新幹線に手を振るなどの姿を伝え話題となった。実際に作るのも難しいだろうが効果があると思われればそういった大規模な物も採用されるケースが増えているという。

2017年4月21日放送 13:45 - 15:50 フジテレビ直撃LIVE グッディ!カッツミーのピカッとNEWSボード
日本のカリスマ経営者として知られている日本電産・永守重信会長が、個人資産を数十億単位で次々と寄付している。これまでわかっているだけでも、2014年11月に京都府立医科大学に陽子線がん治療の専用施設を作るために約70億円、先月30日に京都学園大学に工学部の新設を支援するため100億円以上を寄付している。長谷川聖子は“森友学園に分けてあげたいぐらいの余裕”とコメント。安藤優子は“すごいのは、何の制限もなく寄付していること”と話した。永守会長は“税金はどう使われるか分からんが寄付なら使い道がはっきりする。全部使ってあの世に行くということや。教育が一番良い”とその理由を語っている。総資産は日本長者番付で第12位にランクインするほどで、推定約3890億円あるとみられ、“全部使う”という発言からこれからも寄付は続くと考えられる。
永守重信会長が率いる日本電産は世界No.1の総合モーターメーカーで、1973年に4人で起業、創業42年目で売上1兆円を突破した。永守重信氏は「社長が選ぶ今年の社長2016」で4位に入っており、毎年上位に選出される常連になっている。元々起業したときには、国内の企業に全く相手にされず、半年でアポなしで海外営業へ。アメリカの空港に着いてから公衆電話で1件1件アポを取り付け、巨大メーカーと契約を結びつけた。永守会長は「起業家に大事なのは人より早くどんなことがあってもやり抜くガッツだ!」と名言を残している。会長になっても、元日の午前以外は365日休みなしの仕事命な人物で、朝7時前に出社し夜7時に退社している。「一生懸命に頑張るからこそ今がチャンスだと分かる。人の倍働けば世界に勝つ!」と名言を残している。風間晋が“2回生”に聞かせてやりたいとすると、高橋克実は、フェイスブックに“休みもなく働いている”とわざわざ書くんじゃないよと話した。三田アナは、会長がこれだけ働いていたら下で働く人たちも頑張らなきゃと思うとコメント。永守会長は“大学を作るのが夢だった。他国と比べて日本の大学は即戦力を出せていない。起業や社会が求めてる人材を育てるためには金も口も出すよ”と語っている。永守会長は京都学園大学の新たな理事長になる。

2017年4月20日放送 10:05 - 10:15 NHK総合くらし☆解説くらし☆解説
「ビスビナフチルデュレン」は防虫剤に使われているナフタリンに似た構造の人工の化学物質。粉の中の一つ一つの分子がナノカー。サイズは1mmの百万分の1数ナノメートル。肉眼では見えないが特殊な顕微鏡では動いている様子も見られる。ナノカーは「動く分子」「分子マシン」とも呼ばれている。物質はプラスマイナスの電気的な力で結びついていて、外から電気エネルギーを加えると結びつき方が変わる。車輪が回転するような変形をする性質を使って走らせるのがナノカー。
世界初のナノカーレースが行われる。主催するのはフランス国立科学研究センターで、フランスやスイスなどの大学や研究機関6チームが参加。日本からは物質・材料研究機構が参加する。去年、分子マシンの設計と合成に先駆的な役割を果たしたとして欧米の3人の科学者にノーベル化学賞が与えられた。ナノカーは病気をピンポイントで治療でき、将来的にはガンや認知症などの新しい治療法が生まれる可能性もある。さらに電子回路の分野では超小型コンピュータが実現する可能性もある。ほかにも新素材、センサー、エネルギー貯蔵システムなど様々な分野での応用が考えられている。今回のレースはプジョー・シトロエンやフォルクスワーゲン、トヨタなどの自動車メーカーも支援している。
ナノカーレースのコースは走査型トンネル顕微鏡の中の真空中に置かれた金の表面の溝に沿って100ナノメートルを走行する。顕微鏡に微弱な電気を流し、さらに強い電気エネルギーを与えることでナノカーが動く仕組み。強く電気を流しすぎるとナノカーは壊れてしまうため、オン・オフを来る返しながら少しずつ前進させていく。制限時間は36時間の設定で、完走できないナノカーもあるとみられる。各国のナノカーの分子は事前に公表されていて、日本は車輪ではなく両端が動きバタ足のように進むのが特徴。リーダーの中西和嘉博士によると今回のコースは凸凹が大きく車輪だとハマって動けなくなる危険があるため足をつけるというアイデアにしたという。中西さんは3種類の薬品を70℃くらいに加熱し、化学合成をさせることで生み出した。ナノカーの中身は炭素と水素と酸素と身近な物質だがこれまで自然界では見つかっていない新物質。レースは日本時間4月28日午後6時にスタート予定。レースの様子はインターネットで世界に中継される。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.