[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「トヨタ」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 0:55 - 2:30 NHK総合
ニュース (ニュース)

アメリカのトランプ次期大統領は大統領に当選してから初めての公式記者会見を行い、発言が注目されている。記者会見が行われるトランプタワーは、ロビーにイスが並べられている。報道陣が着席し、トランプ氏の登場を待っている。アメリカのメディアは長期間行わないのは異例として批判して伝えていた。またトランプ氏はメディアと対決姿勢を取って発言に対して関心を集めている。
トランプ氏のこれまでの発言を紹介。「(メキシコとの国境に)壁を作って費用をメキシコに払わせる、トランプの壁だ」「イスラム教徒の入国を全面的に禁止すべきだ」と発言。勝利演説では「アメリカ分断の傷を癒そう、すべての国民の大統領になると誓う」と”国民の融和”を訴えていた。選挙後は会見は行わず、ツイッターで発信している。トランプ氏は「アメリカ第一主義」を発信。GM、トヨタを批判していた。北朝鮮を巡っては中国を批判。一方でロシアとの関係改善には強い意欲を示すなどツイッターで一方的に伝えていた。
このあと、大統領選後初めての会見となるが、政策について考えを述べる可能性があり、ポイントとしてTPPなど貿易・経済政策、日米同盟など外交政策をあげた。トランプ氏が政策や方針を発表するのにツイッターを活用してきたが、そこに書き込まれるコメントで世界が振り回される状況が続き、批判もされている。アメリカがどう変わるか懸念されており、トランプ氏が大統領就任後アメリカをどこに導こうとしているの疑問がつきない状況が続いている。
トランプタワーの1階ロビーに設けられた記者会見場では、すでに多くの記者が着席している。トランプ氏は去年の大統領選挙に勝利後初めてとなる公式の記者会見をまもなく開く予定。アメリカのメディアは次期大統領がこれほど長期間記者会見を行わないのは異例だと批判的に伝え、いっぽう、トランプ氏はこれまでメディアとの対決姿勢を示していて、今回の会見で記者の質問にどう対応するのかも関心を集めている。
濱西デスクはドナルド・トランプ次期大統領の記者会見について、大統領就任後の自らのビジネスについての見解、記者との質疑応答が注目されると説明。また、会見でポイントとなるのが「TPPなどの貿易・経済政策」、「日米同盟といった外交政策」。後者ではオバマ政権とロシアがウクライナ併合、サイバー攻撃の疑惑を巡って対立を深めるなか、次期大統領はロシアとの関係改善を表明している。
トランプ氏は大統領選挙の期間中、「(メキシコとの国境に)壁をつくって費用をメキシコに負担させる」、「イスラム教徒の入国を全面的に禁止すべき」といった過激な発言を展開。勝利演説では国民の融和を訴え、選挙後は記者会見を行わずにツイッターで考えを発信。同氏は「アメリカ第一主義」を掲げ、輸入に関税がかからないメキシコで製造した小型車をアメリカで販売しているとGMを批判し、矛先はトヨタにも向けた。北朝鮮をめぐっては中国を厳しく批難している。
壇上近くでは記者たちが待っているが、まだトランプ氏の姿は確認できない。アメリカのトランプ次期大統領は大統領に当選してから初めての公式記者会見を行う予定で、発言が注目されている。アメリカのメディアは長期間行わないのは異例として批判して伝えていた。またトランプ氏はメディアと対決姿勢を取って発言に対して関心を集めている。
濱西デスクがドナルド・トランプ次期大統領の記者会見についての説明をしている途中、会見場にトランプ次期大統領が現れた。
トランプ次期大統領の会見が始まるにあたっての説明と、昨夜伝えられた左派のブログについてまったくのデタラメで捏造されたものと伝え、次期副大統領のマイク・ペンス氏を紹介した。
マイク・ペンス次期副大統領は、「あと9日で第45代アメリカ合衆国大統領が就任します。私は副大統領として奉仕できることになり、名誉な気持ちだ。そして新しい大統領は再びアメリカを偉大にしてくれる人物だ。21人の閣僚候補のうち19人が発表され。9つの指名承認公聴会がすでに予定されている。私たちは一致団結して協力しているが、一方でメディアが次期政権を辱めよう貶めようとしている。しかし本日は、次期大統領が新しいチームを作り、アメリカを再び偉大にしていこうというその進捗を報告する、本当のニュースを報告することができると思います。皆さんに次期アメリカ大統領ドナルド・トランプ氏を紹介します」と話した。

URL: http://www.toyota.co.jp/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年4月29日放送 14:00 - 15:54 TBS中日クラウンズ中日クラウンズ 第58回 決勝第1日(中継4)
中日クラウンズの副賞を紹介。優勝者には「クラウン アスリート」が贈られれる。

2017年4月29日放送 8:15 - 9:32 NHK総合週刊 ニュース深読み深読み
アメリカは今後どう出てくる?米や肉など農産物の市場開放を求めてくるという。日本ではアメリカから牛肉を輸入する際に38.5%の関税をかけている。一方でオーストラリアからの輸入には27.2%と安い、更に日本とオーストラリアは二国間で協定を結んでいるため2031年度には19.5%に関税が下がるためアメリカとしては日本へ関税を下げさせたい。もう一つは為替の問題。日本が円安のため日本へ輸出しにくい、トランプ大統領としては製造業者を守りたいため出来るだけ輸入をおさえたいという。日米経済対話もトランプ大統領とペンス副大統領を引き離して肝心な部分は麻生副総理とペンス副大統領とで行うのだという。アメリカの車が売れないのはなぜ?日本の消費者が米車を欲しがっていない、技術力や消費者の嗜好に合わせるなど努力を怠っている。トランプ大統領が何か言っても日本の消費者が突然米車には乗らないと述べた。解決策としてはドルを安くして円高にすることだという。トヨタが史上最高の利益を出していたのには円安の効果があり儲けが出た。そのためトランプ大統領はドルを下げるよう各方面に言っていると解説。
アメリカの製品が売れないのはなぜ?自動車に関しては日本車が売れているがボーイングの航空機やITではアップルやマイクロソフトなどそれぞれ得意な分野があると述べた。また日米経済対話は対話で相手をなだめられる一つの知恵、昔から日本政府はこの手法を使っていたと述べた。日米首脳会談の共同声明も同床異夢なのではないかと解説。アメリカは取る取られた交渉を取る、日本側はこれから成長する市場でお互いにプラスになるようにという発想。この意識の違いがこれからのせめぎ合いになるという。「今までアメリカとやりあえたことがあったっけ」「台頭に意見交換すらできないのが現状」などの視聴者の声がある一方でこのままではだめだという声もある。アメリカの10分の1でもいいから自国の主張してほしい、アメリカの言うことを聞かなかった場合トランプ政権がどんな手段を取るか不安といった声もある。
アメリカと交渉する時に日本は受け身ばかり、不公平だと言うなど攻めを持つこと、仲間を持つことが交渉力をアップさせているため昔ほど弱くはない。だが新聞を読んでもアメリカから攻められている話題ばかりで日本が攻めている話題が報道されないためちゃんと報道すべきと述べた。日本はアメリカの子分だと思われていると皆着いてこない、アメリカとの距離感が大事と解説。また視聴者は「日本を守ってくれるアメリカには頭があがらない、すべて言いなりはまずいのでは」などの意見も。意見はツイッター、メールで引き続き募集中。また「トランプ大統領と対立するのではなく一緒に中国で儲けようと促す」と言った意見も。アジアでアメリカとビジネスを展開するためのルールを作っておく必要があると述べた。

2017年4月27日放送 23:00 - 23:58 テレビ東京ワールドビジネスサテライトWBS News
トヨタ自動車はグループのダイハツ工業と日野自動車を含む2016年度の世界販売台数が、1年前と比べて1.6%増えておよそ1,025万台になったと発表。トヨタは2年ぶりに前年の実績を上回り、過去最高を更新した。ただ、ドイツのフォルクスワーゲンを2年ぶりに下回った。市場の拡大が続く中国で販売を伸ばしたフォルクスワーゲンは販売台数が3.5%に増えて約1,030万台となり、世界首位に立ったとみられる。

2017年4月27日放送 9:21 - 9:28 テレビ東京MナビMナビ
昨日のNYダウは下げに転じて終わり為替の円安も一服する中で、日経平均は83円安円でスタート。アメリカも小幅反落であり、大きな背景として伝えられているのがトランプ政権の税制改革案。財源の確保や議会との詰めは先送りであり、市場は失望の反応。
ソフトバンクなど主力株のスタートを確認。全般に利益確定売り。最近の上げの割には底堅い印象だと解説。
業績に関する材料が出ている銘柄の動きを確認。日立建機は18年3月期の純利益が2.2倍の180億円となり評価され上昇。三菱重工は前期業績の下方修正を発表し大幅下落。

2017年4月27日放送 5:45 - 7:05 テレビ東京Newsモーニングサテライト日刊モーサテジャーナル
トランプ大統領肝煎りの税制改革案の評価について。トランプ氏の事業にも恩恵があると皮肉られた。法人税は35%から15%へ、国境税は盛り込まれていないという。国境勢が見送られたことを背景にウォルマートやトヨタの反発もあると見られている。財政ああ家事拡大を嫌う案に共和党内からも反発は必至となっている。(ニューヨーク・タイムズ)

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.