[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「トランプタワー」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 0:55 - 2:30 NHK総合
ニュース (ニュース)

アメリカのトランプ次期大統領は大統領に当選してから初めての公式記者会見を行い、発言が注目されている。記者会見が行われるトランプタワーは、ロビーにイスが並べられている。報道陣が着席し、トランプ氏の登場を待っている。アメリカのメディアは長期間行わないのは異例として批判して伝えていた。またトランプ氏はメディアと対決姿勢を取って発言に対して関心を集めている。
トランプ氏のこれまでの発言を紹介。「(メキシコとの国境に)壁を作って費用をメキシコに払わせる、トランプの壁だ」「イスラム教徒の入国を全面的に禁止すべきだ」と発言。勝利演説では「アメリカ分断の傷を癒そう、すべての国民の大統領になると誓う」と”国民の融和”を訴えていた。選挙後は会見は行わず、ツイッターで発信している。トランプ氏は「アメリカ第一主義」を発信。GM、トヨタを批判していた。北朝鮮を巡っては中国を批判。一方でロシアとの関係改善には強い意欲を示すなどツイッターで一方的に伝えていた。
このあと、大統領選後初めての会見となるが、政策について考えを述べる可能性があり、ポイントとしてTPPなど貿易・経済政策、日米同盟など外交政策をあげた。トランプ氏が政策や方針を発表するのにツイッターを活用してきたが、そこに書き込まれるコメントで世界が振り回される状況が続き、批判もされている。アメリカがどう変わるか懸念されており、トランプ氏が大統領就任後アメリカをどこに導こうとしているの疑問がつきない状況が続いている。
トランプタワーの1階ロビーに設けられた記者会見場では、すでに多くの記者が着席している。トランプ氏は去年の大統領選挙に勝利後初めてとなる公式の記者会見をまもなく開く予定。アメリカのメディアは次期大統領がこれほど長期間記者会見を行わないのは異例だと批判的に伝え、いっぽう、トランプ氏はこれまでメディアとの対決姿勢を示していて、今回の会見で記者の質問にどう対応するのかも関心を集めている。
濱西デスクはドナルド・トランプ次期大統領の記者会見について、大統領就任後の自らのビジネスについての見解、記者との質疑応答が注目されると説明。また、会見でポイントとなるのが「TPPなどの貿易・経済政策」、「日米同盟といった外交政策」。後者ではオバマ政権とロシアがウクライナ併合、サイバー攻撃の疑惑を巡って対立を深めるなか、次期大統領はロシアとの関係改善を表明している。
トランプ氏は大統領選挙の期間中、「(メキシコとの国境に)壁をつくって費用をメキシコに負担させる」、「イスラム教徒の入国を全面的に禁止すべき」といった過激な発言を展開。勝利演説では国民の融和を訴え、選挙後は記者会見を行わずにツイッターで考えを発信。同氏は「アメリカ第一主義」を掲げ、輸入に関税がかからないメキシコで製造した小型車をアメリカで販売しているとGMを批判し、矛先はトヨタにも向けた。北朝鮮をめぐっては中国を厳しく批難している。
壇上近くでは記者たちが待っているが、まだトランプ氏の姿は確認できない。アメリカのトランプ次期大統領は大統領に当選してから初めての公式記者会見を行う予定で、発言が注目されている。アメリカのメディアは長期間行わないのは異例として批判して伝えていた。またトランプ氏はメディアと対決姿勢を取って発言に対して関心を集めている。
濱西デスクがドナルド・トランプ次期大統領の記者会見についての説明をしている途中、会見場にトランプ次期大統領が現れた。
トランプ次期大統領の会見が始まるにあたっての説明と、昨夜伝えられた左派のブログについてまったくのデタラメで捏造されたものと伝え、次期副大統領のマイク・ペンス氏を紹介した。
マイク・ペンス次期副大統領は、「あと9日で第45代アメリカ合衆国大統領が就任します。私は副大統領として奉仕できることになり、名誉な気持ちだ。そして新しい大統領は再びアメリカを偉大にしてくれる人物だ。21人の閣僚候補のうち19人が発表され。9つの指名承認公聴会がすでに予定されている。私たちは一致団結して協力しているが、一方でメディアが次期政権を辱めよう貶めようとしている。しかし本日は、次期大統領が新しいチームを作り、アメリカを再び偉大にしていこうというその進捗を報告する、本当のニュースを報告することができると思います。皆さんに次期アメリカ大統領ドナルド・トランプ氏を紹介します」と話した。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年2月17日放送 23:00 - 23:30 TBSA-Studio(ゲスト:田中将大)
父から毎試合応援メールが来ているが返さないこともあるという田中。自身にも息子が出来て父の気持ちもわかってきたという。両親にも取材を行った鶴瓶は一緒にkoboパーク宮城で父とキャッチボールを行った。鶴瓶や田中に技術的なアドバイスをしようとする父だが、実は野球経験がゼロだと判明した。トランプタワーに住んでいるという情報が流れ、クイズ番組の問題にまでなった田中は「トランプタワーに住んでませんし、人の住んでるところをクイズにしたらあかんやろ」と語った。

2017年2月17日放送 19:00 - 20:54 日本テレビドラマを見たらニュースがわかる!ドラマちっくニュース100秒で解説
トランプ氏が大統領になるまでの70年が解説された。トランプ大統領は1946年6月14日生まれで、20歳にはアメリカの名門大学でビジネスを学んだという。その後、不景気で約3500億円の借金を背負ったことがあるという。

2017年2月14日放送 21:54 - 23:10 テレビ朝日報道ステーション(ニュース)
アメリカ・ワシントンから中継で、山下達也記者は当初、マイケル・フリン氏はロシア駐米大使との電話で制裁解除について協議していないと話していたと伝えた。だが、アメリカの情報当局はロシア関係者の電話を盗聴しているということで、アメリカ議会が電話の内容の公表を要求。するとフリン氏は協議したかもしれないと話し始め、擁護していた副大統領のメンツを潰してしまったという。なお、トランプ政権は機密情報などの取扱について情報当局の一部から反発をかっているという。他にもトランプ政権には事実に基づかない話を語るのはフリン氏にとどまらず、山下記者はコンウェイ米大統領顧問、スパイサー米報道官の名を挙げた。
渡部恒雄氏はマイケル・フリン氏はマネージメント能力が欠如している、軽挙妄動などで有名で、長くは続かないだろうという下馬評はアメリカで聞かれていたと話した。ジャーナリストの後藤氏は11月にトランプタワーで行われた安倍首相と就任前のトランプ氏との会談にフリン氏は同席し、国家安全保障局長とも会見するなど日本政府ともコネクションがあったと説明。スピード辞任は日本政府にとって忸怩たる思いだという。

2017年2月13日放送 10:25 - 13:55 TBSひるおび!(ニュース)
日本時間のきのう午前7時55分ごろに、北朝鮮の北西部付近から弾道ミサイルが1発発射され、高さ550kmほどあがり水平方向に500kmあまり飛翔し日本海に落下したとのこと。ミサイルは、日米首脳会談の2日目のゴルフと夕食会の間に発射され、両首脳は緊急共同記者会見を開いたとのこと。ミサイルについて北朝鮮は、きょうの午前に「ミサイル発射成功」と発表しており、去年8月に成功した潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)「北極星」の射程を延長し、地対地弾道ミサイルを開発するように指示していたとのこと。新型ミサイルの特徴は、新開発の高出力固体燃料エンジンを利用しており、専門家は固定燃料について、ミサイルに使用するのには高い技術が必要で、燃料の注入作業が省略され、発射を事前に探知されにくいとのこと。また「北朝鮮の技術進歩の速さは脅威。潜水艦からのミサイルを地上からのミサイルに使用できればすぐに発射できるメリットがある。」などと話しているとのこと。
日米首脳会談後の記者会見では、北朝鮮についてトランプ氏は「核およびミサイルの脅威から守ることは非常に非常に優先度が高いと考えている」と話し、安倍総理は「挑発を行わないように強く求める」と発言した。スタジオの竹内薫は「日本からするといいタイミングで撃ってくれた。日米の緊密さをアピールできる。」などと話し、田崎史郎は「日米が結束しないといけないようなことをわざわざやってくれた」などとトークする。ミサイル発射のタイミングについて磐村和哉は「日本にとっては最高のタイミングとの話があるが、北朝鮮からするとトランプ大統領だけじゃなく安倍首相も道連れに共同記者会見に引っ張ってきた。」などと話し、辺真一は「タイミングとして、トランプ大統領の就任とアメリカ新国防長官の訪韓などがあったが、北朝鮮のミサイルスケジュールからするとこのタイミングが限界。金正日の誕生日が2月16日の4日前なので贈り物になるのでギリギリのタイムリミットだった。」などと話す。

2017年2月12日放送 22:00 - 23:15 フジテレビMr.サンデー(ニュース)
日米首脳会談を終えたトランプ大統領、安倍首相は温暖なパームビーチへと大統領専用機「エアフォースワン」で移動した。大統領の別荘「マー・ア・ラーゴ」に向かう道路の沿道では両首脳を歓迎する人々の姿があった。宮殿を思わせる豪華絢爛な別荘について、ミキモトの御木本豊彦元会長はトランプタワーにオフィスを借りていたことがあり、宿泊する機会があったと明かした。外観は高級リゾートホテルを彷彿とさせ、部屋数は100以上、敷地は3000坪だったという。
「マール・ア・ラーゴ」で約20年間、トランプ大統領の執事をしていたアンソニー・セネカル氏が当番組のインタビューに応じた。大統領は招待相手に関する情報を事前にリサーチし、別荘に招待すると相手の急所を突いてほしいものを手に入れようとするという。さらにトランプ氏との交流の上でしくじらないための3箇条は、「トランプ氏から盗まない、嘘をつかない、恥をかかせないこと」だという。その大統領は公式ツイッターに安倍首相とのハイタッチ写真を投稿した。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.