[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「トランプ政権」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 4:00 - 5:25 TBS
はやドキ! ニュース400

安倍首相夫妻はキャロライン・ケネディ駐日大使と会食して、大使を慰労したと報じた。キャロライン・ケネディ駐日大使は日米関係の発展に務めてきたが、トランプ政権が発足する今月20日を前に離任の予定だと伝えた。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年6月22日放送 10:25 - 12:00 テレビ朝日ワイド!スクランブルANN NEWS
ミシガン州にあるビショップ空港の施設で、警察官が男に首などを刺され重体になっている。FBIはテロ事件として捜査している。カナダ人の容疑者はその場で身柄を拘束され、神は偉大なりと叫びながら刺していたという。トランプ政権発足以降初めてのテロ事件の可能性がある。

2017年6月22日放送 8:15 - 9:55 NHK総合あさイチ(ニュース)
米のライトハイザー通商代表は議会上院の公聴会で、貿易赤字が多額に上っている日本について言及しトランプ政権が掲げる貿易赤字の削減を実現するため、牛肉の関税を引き下げるなど譲歩をするべきだと述べ、日本の農業分野の市場開放に強い意欲を示した。

2017年6月22日放送 8:00 - 10:25 日本テレビスッキリ!!(最新のニュース)
トランプ政権になって初めて行われた米中による外交・安全保障対話では、北朝鮮の核やミサイル開発をやめさせることや制裁対象企業との取引を行わないことなどを確認した。その上でアメリカは中国の対応は十分ではないとしてさらに圧力を強えるよう求めた。トランプ大統領は中国の協力による成果が出ないことに苛立ちを見せ始めている。中国からさらなる協力を引き出せるかが今後の焦点となる。

2017年6月19日放送 5:45 - 7:05 テレビ東京Newsモーニングサテライト(ニュース)
しかし、石炭産業が期待しているものが実は他にもある。テキサス州のW.Aパリッシュ火力発電所では、二酸化炭素を排出しても回収できる最新設備が動き出した。米国初で処理能力は世界最大。石炭火力発電では燃やした石炭から二酸化炭素が出るが、最新設備では排ガスに特殊処理を施すことで二酸化炭素を回収できる。しかも、回収した二酸化炭素は再利用。パイプラインで130km先の原油採掘に送り、地中の原油を掘り出す。4月のオープニングセレモニーではここにトランプ政権の重要閣僚であるエネルギー省・リック・ペリー長官が参加。実はこのプロジェクトにはJX石油開発や三菱重工なども参画。発電所側もこの新しい設備に期待を寄せているものの、最大の問題はコスト。建設費だけでも1000億円以上。トランプ大統領がパリ協定から離脱した今、こうした設備が普及するかは不透明。石炭会社のロッキーさんも「二酸化炭素回収施設は将来的に石炭が抱える課題を解決してくれるだろう。でも、まだ無理だよね」など話す。米国はパリ協定の親条約である国連気候変動枠組条約には引き続き参加。二酸化炭素対策への政府の積極的な財政支援は見込めないのが実情。パリ協定の正式離脱は20年11月。

2017年6月17日放送 5:30 - 8:00 日本テレビズームイン!!サタデーNNNニュースサタデー
米キューバ首脳会談でオバマ前政権は、キューバと半世紀ぶりに国交正常化・経済制裁を緩和したが、トランプ大統領は人権状況が改善されないなどとしてキューバ対策の変更を宣言した。新たななキューバ政策として、アメリカ人のキューバへの個人旅行を禁じキューバへの貿易制限を復活させる方針だが、国交や双方の大使館は維持するとしている。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.