[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「トランプ政権」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 5:30 - 8:00 日本テレビ
ズームイン!!サタデー (ニュース)

北朝鮮のキム・インリョン国連次席大使が会見を開いて国連安全保障理事会の決議を「受け入れない」と強く批判していると報じた。キム・インリョン国連次席大使は「アメリカもICBMの発射実験を行っている」と反論している。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月30日放送 11:13 - 11:35 テレビ東京Mプラス 11(ニュース)
労働新聞では今日、金委員長がミサイル発射実験に立ち会ったとされる写真を公開し、ミサイルが誤差わずか7メートルで目標地点に命中し金委員長は「大いに満足した」としている。また「これほどの命中精度なら敵の目にも的中する」と評価した上で、威力がさらに大きい戦略兵器の開発を指示したという。ミサイルの命中精度の向上を誇示し、トランプ政権をけん制する狙いがあるとみている。

2017年5月29日放送 23:55 - 0:05 NHK総合時論公論(対話と圧力 北朝鮮にどう向かうか)
北朝鮮が日本海に向けて弾道ミサイルを発射した。去年を上回るペースでミサイルを発射している。こうした中で対話と圧力をキーワードにして解説する。北朝鮮は国際社会との約束を何度も反故にしている。北朝鮮はミサイルの小型化や多様化を進めており、東方の核強国を目指しており、最終目的はICBMを開発してアメリカを攻撃できる能力を持つことだと伝えた。
G7サミットの首脳宣言では、北朝鮮を平和と安定を脅かす新たな脅威と位置づけたと伝えた。ただ各国は一枚岩ではなくロシアや中国は意見が違う。こうした中でトランプ政権は硬軟織り交ぜて関わっている。韓国は米韓同盟を軸に核ミサイル問題の解決を目指していると伝えた。日本は日米韓の連携を強化して中ロの協力を得て、安保理決議を軸に圧力をかけていく必要がある。制裁は課す時と解除する時に大きな効果があるので、それを利用して対話のテーブルに引き出すことも大事だと伝えた。

2017年5月29日放送 10:25 - 13:55 TBSひるおび!(ニュース)
北朝鮮 新型対空迎撃ミサイル発射。米国国防省は26日、今月30日に初のICBM迎撃実験を太平洋上空で実施すると明らかに。米政府は北朝鮮が米本土を狙ったICBM開発を加速しているとみて警戒。実験では、太平洋のマーシャル諸島クエゼリン環礁から発射された模擬ミサイルを、西部カリフォルニア州バンデンバーグ空軍基地から発射した地上配備型迎撃ミサイル(GBI)で迎撃する。大気圏外へ出た高高度となる中間飛行段階の太平洋上で着弾前に捉える計画。米軍は2004年から同システムの配備を始め、現在ではアラスカ州に32基、カリフォルニア州に4基配備。今年末までに新たに8基追加し、計44基の態勢を敷く予定だ。だがGBIは、中距離弾道ミサイルなど想定した計17回の過去の実験でも、成功は9回、米科学者らも昨年7月に「結果はお粗末」と酷評。実験失敗ならミサイル防衛体制自体の信頼が揺らぎかねず、日本にとっても成否は気が気でないものになりそう。一方で米海軍は空母ニミッツを派遣することが明らかに。西太平洋に3隻の空母が同時展開するのは異例。発射実験を金正恩委員長が視察も日時は不明。北朝鮮は昨年4月、同様の試験発射を実施。今回の発射は戦略的性能や信頼性を検証し、より近代化。敵の無人機やミサイルを想定した標的の探知・迎撃に成功したという。金正恩委員長は追尾性能が大きく向上し命中の正確度も高まった」など述べ「合格」と評価した。ミサイル迎撃能力をアピールし、空母を相次いで朝鮮半島近海に派遣するなど北朝鮮への圧力を強めるトランプ米政権をけん制する狙いがあるとみられる。金正恩委員長はさらに米国を念頭に敵の制空権の妄想を粉砕すべきだと述べて兵器の量産を指示した。(産経新聞/サンケイスポーツ/読売新聞)

2017年5月29日放送 5:45 - 7:05 テレビ東京Newsモーニングサテライト(ニュース)
北朝鮮の朝鮮中央テレビは昨日、金正恩朝鮮労働党委員長立ち会いの元、新型の対空迎撃ミサイルの発射実験に成功したとする映像を報じた。発射の具体的な日時は不明。朝鮮中央通信によると、実験を視察した金委員長は「去年よりも能力が大幅に向上し命中精度も高まった。合格だ」と評価したという。また、量産と配備を指示した上で「敵の制空権に対する妄想を粉砕しなければならない」と強調し、次世代の対空システムの開発も並行して行なうよう命じた。空母を朝鮮半島近海に派遣するなどアメリアのトランプ政権が軍事的圧力を強める中、迎撃能力を誇示しけん制する狙いがあるとみられる。

2017年5月28日放送 17:20 - 17:30 テレビ東京TXNニュース(ニュース)
北朝鮮の労働新聞などは金正恩朝鮮労働党委員長が新型対空迎撃ミサイルシステムの発射実験を視察したと報じた。具体日時は明らかにされていない。労働新聞は金委員長の写真を1面で掲載、実験は成功と報じた。北朝鮮は去年4月にも同じシステムを使った発射実験を行っているが、金委員長が「去年より能力が向上し命中精度も高まった、合格だ」と評価したと伝えている。アメリカトランプ政権を牽制する狙いとみられている。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.