[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「トランプ大統領」 に関するテレビ情報

2017年3月15日放送 5:50 - 8:00 日本テレビ
ZIP! NNN NEWS ZIP!

ニューヨーク市内では、14日未明から強い風・雪が降り最大約20cmの積雪を観測している。6州で非常事態宣言が発令され、航空便6000便以上が欠航となった。また雪の影響で、メルケル首相のアメリカ訪問が17日に延期された。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年8月21日放送 10:25 - 13:55 TBSひるおび!ひるトク!
きょうから31日まで米韓合同軍事演習が行われ、北朝鮮によるミサイル発射計画の標的となったグアムでは、B1B戦略爆撃機が目撃されている。これに対し「わが民族同士」は”謝罪せよ トランプよ」と題した動画を公開し、労働新聞は”情勢を更に悪化させることになるだろう”と警告した。辺真一は「軍事演習と当時に北のミサイル攻撃のカウントダウンが始まる」と懸念した。

2017年8月21日放送 4:55 - 8:00 テレビ朝日グッド!モーニング朝刊まとめ
トランプ大統領は12月に行われるケネディ・センター名誉賞の関連イベントに出席しないと発表した。政治的なことに気を使うことなく受賞を祝ってもらうためと説明した。(読売新聞)

2017年8月20日放送 9:54 - 11:30 TBSサンデー・ジャポンサンジャポ的ワイドショー講習
日本人観光客年間約75万人であるグアムへのミサイル発射計画を発表した北朝鮮に対し、武力行使をチラつかせ牽制してきたトランプ大統領。明日から始まる米韓軍事演習であるが、Xデーはやってくるのであろうか。
小山ひかるさんと30代一般女性との二股不倫報道が報じられたオフホワイト宮迫さんがCM契約解除で1000万円返金と報じられていることが明らかになった。
騒動後初めてファンの前に姿を見せた、歌手ASKAさんはサンジャポジャーナリスストが会場に潜入し、直撃取材!

2017年8月19日放送 22:00 - 23:24 TBS新・情報7daysニュースキャスター7DAYS REPORTS
アメリカ・バージニア州である像の前で白人至上主義などを掲げる団体と反対する市民グループとが激しく衝突。白人の男が車で市民グループに猛スピードで突っ込み、女性1人が死亡、多数のけが人が出た。衝突が起こった像の人物は南北戦争で奴隷制度存続を訴えた南軍の指導者の像で白人至上主義の象徴され、この像撤去を巡って衝突が起きたのだが、さらに火を付けたのがトランプ大統領の発言、アメリカメディアは大統領が人種差別主義者を擁護したとして批判。白人至上主義団体の1つクー・クラックス・クランはトランプ大統領の支持を表明していた。また銅像の撤去にも反対するかの様は発言をした。トランプタワー前では抗議デモが行われた。 ノースカロライナ州では南北戦争で奴隷制度を擁護した南軍兵士の像が壊された。すると今度はツイッターで非常にばかげていると投稿した。またこれにより経済界トップにトランプ離れが始まった。

2017年8月18日放送 23:55 - 0:05 NHK総合時論公論日米2プラス2 対北朝鮮戦略は
日米が北朝鮮にどのような戦略で向き合うのか考える。2プラス2はトランプ政権発足後初めての開催で、日本からは河野外相と小野寺防衛相、アメリカからはティラーソン国務長官とマティス国防長官が出席した。4人は共同発表で、各国と協力して圧力をあっけ続けることで一致したとし、中国を名指しで断固とした措置をとることを強く促すと強調した。共同分書では「核戦力を含むあらゆる種類の能力を通じた日本の安全に対する同盟のコミットメントを再確認した」と明記された。
今回、北朝鮮によるグアム島周辺に向けたミサイル発射計画への対応が注目を集めた。国連安保理は8月5日、対北朝鮮新制裁決議を採択した。8日、ワシントンポストは、北朝鮮が核弾頭小型化に成功したと国防総省がまとめたと伝えた。トランプ大統領は北朝鮮を非難、北朝鮮はグアム島周辺への包囲攻撃を検討していると威嚇した。北朝鮮は火星12型の4初同時発射によるグアム島包囲攻撃作戦を検討しているとし、日本の島根県・広島県・高知県の上空を通過して、グアム島周辺30~40kmの海上に落下すると予告した。日本は、島根・広島・高知・愛媛の自衛隊駐屯地にPAC3を配備した。マティス国防長官は北朝鮮に強く警告・ティラーソン国務長官は、北朝鮮に対話させるために圧力をかけているとしている。
共同文書には日本の防衛能力の強化の方針も盛り込まれた。防衛省はSM3搭載のイージス艦をさらに4隻整備し、8隻体制の構築を急ぐことにしている。また、イージス・アショアの導入を固めている。今回の2プラス2は日米が強固な連携を誇示したことに意義があった。日本は外交面で対話と圧力をアプローチし、安全保障面では抑止と防衛の能力の向上に力を注ぐ必要がある。

refills リフィルズ

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.