[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「トランプ次期大統領」 に関するテレビ情報

2017年1月11日放送 5:00 - 6:30 NHK総合
NHKニュース おはよう日本 (ニュース)

海外の投資家が去年1年間で、国内の主な株式市場で株式を売った額は、買った額を3兆6000億円あまり上回る大幅な“売り越し”となり、リーマンショックに匹敵する規模だったことがわかった。その一方で、日銀は複数企業の株式を組み合わせた「ETF」を、去年4兆6000億円あまり買い入れており、株価上昇につながる効果が期待される。ニッセイ基礎研究所の井出真吾チーフ株式ストラテジストは「去年は海外の投資家が日本の株式を売る一方、日銀が大量に買い入れることで株価が支えられた“官製相場”だったと言える。今年はトランプ次期大統領がどのような政策を打ち出すかがカギを握る。」とコメントした。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年3月29日放送 12:00 - 12:20 NHK総合ニュース(全国のニュース)
アメリカのトランプ大統領は28日、オバマ前政権が進めてきた地球温暖化対策を全面的に見直すための大統領令に署名した。これによってアメリカの温暖化対策は大きく後退するとみられている。ホワイトハウス前などでデモが起きたほか、民主党の上院トップ・シューマー院内総務は声明を発表し、「トランプ政権は石油産業を優先し、国民の健康や地球の将来を後回しにしている」と批判した。また、ゴア元副大統領も「世界のリーダーとしてアメリカは気候変動に解決に関わることが重要だ」と批判する声明を出した。このほか科学者たちの団体などからも批判の声が相次いでいて、波紋が広がっている。

2017年3月29日放送 11:30 - 11:45 日本テレビNNN ストレイトニュースNNN ストレイトニュース
オバマ前政権の温暖化対策では、二酸化炭素外出削減を州に義務づけたことで雇用が失われるとの声があがっており、トランプ大統領は、温暖化対策を全面的に見直し、「雇用を奪う環境規制をなくす」と強調している。これに対して、17州・6都市の司法長官らは「温暖化対策の後退に反対する」と法廷で争う構えを見せており、パリ協定の目標達成に大きな影響がでる可能性があるとのこと。ギャラップ社による最新の世論調査では、トランプ大統領の支持率は36%と就任以来最低となった。

2017年3月29日放送 11:13 - 11:35 テレビ東京Mプラス 11(ニュース)
トランプ大統領が環境規制を撤回する大統領令を出した。オバマ前大統領のクリーンパワー計画を撤回し、国有地での石炭採掘を認め国内での石油や天然ガスの開発促進を指示した。パリ協定で木法とした二酸化炭素排出量の削減は困難になる可能性がある。

2017年3月29日放送 10:25 - 12:00 テレビ朝日ワイド!スクランブル(報道フロアニュース)
世論調査でトランプ大統領の支持率は36%と就任以来最低で今回の調査ではトランプ大統領の不支持率も56%と高水準になっている。

2017年3月29日放送 10:25 - 13:55 TBSひるおび!JNN NEWS
トランプ氏は”温暖化対策”後退の大統領令に署名。ちょう落傾向にある単行地域の雇用確保を公約に掲げてきた。また「パリ協定」脱退も検討している。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.