[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「トランプ次期大統領」 に関するテレビ情報

2017年1月11日放送 5:00 - 6:30 NHK総合
NHKニュース おはよう日本 (ニュース)

海外の投資家が去年1年間で、国内の主な株式市場で株式を売った額は、買った額を3兆6000億円あまり上回る大幅な“売り越し”となり、リーマンショックに匹敵する規模だったことがわかった。その一方で、日銀は複数企業の株式を組み合わせた「ETF」を、去年4兆6000億円あまり買い入れており、株価上昇につながる効果が期待される。ニッセイ基礎研究所の井出真吾チーフ株式ストラテジストは「去年は海外の投資家が日本の株式を売る一方、日銀が大量に買い入れることで株価が支えられた“官製相場”だったと言える。今年はトランプ次期大統領がどのような政策を打ち出すかがカギを握る。」とコメントした。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年7月26日放送 6:00 - 7:00 NHK総合NHKニュース おはよう日本ここに注目!
イラン・ロウハニ政権の2期目の課題についてスタジオで解説。最大の懸念はトランプ大統領で、オバマ前大統領との間で結んだ核合意を破棄したいと考えている。トランプ大統領はほかに、イランのミサイル開発を理由にした制裁強化も行っている。金融制裁も含まれており、米ドルによる決済が不可となるなどイランとの貿易に影響が出ている。また、イランがテロを支援しているとしてイランと敵対しているサウジアラビアやイスラエルと協力して対イラン包囲網を作ろうと呼びかけている。イラン国内では制裁が解除されないことで若者の失業率もあがっており、この状態が続けばロウハニ政権への失望にもつながりかねない。そんなロウハニ大統領にとっての頼みの綱はヨーロッパ諸国。イランが核合意を守っていることを評価し、各国の企業が相次いでイランに進出している。今月フランスの企業がイランとの天然ガスの開発をめぐり大きな契約もした。ロウハニ政権はトランプ政権の圧力に屈せず、引き続き対話路線で外国の資本や技術を導入して経済を立て直したい考え。

2017年7月26日放送 5:50 - 8:00 日本テレビZIP!NNN NEWS ZIP!
トランプ大統領はロシア疑惑の追及をめぐってセッションズ司法長官の対応に不満があるものとみられる。ツイッターでもセッションズ司法長官を批判しており、ワシントンポストはセッションズ司法長官の更迭を検討していると伝えている。

2017年7月26日放送 5:45 - 7:05 テレビ東京Newsモーニングサテライト日刊モーサテジャーナル
アメリカの新聞は、トランプ大統領が司法長官の解任を検討していて、後任の人選も始まっていると言われている。ロシア疑惑の捜査には直接関与しないと表明したセッションズ司法長官。モラー特別検察官が任命され捜査が進展を見せていることに、トランプ大統領は不満をつのらせている。セッションズ司法長官が解任されれば、モラー特別検察官を更迭する足がかりとなる。(ワシントン・ポスト)

2017年7月26日放送 5:25 - 8:00 TBSあさチャン!600あさチャンNEWS
去年6月、トランプ氏の長男とともに対抗馬の民主党クリントン氏に打撃を与える情報があるとするロシア人弁護士や旧ソ連の元工作員と面会したことが明らかになっているマナフォート氏は25日、情報委員会に対し非公開の場での聴取に応じたものの司法委員会の要請には応じない方針を示した。司法委員は26日に公聴会で証言を求める方針に切り替え、召喚状を出した。司法委員会はマナフォート氏が非公開の聴取などに応じれば召喚状を撤回する構え。トランプ大統領の長男は聴取に応じる方針。

2017年7月26日放送 4:00 - 5:25 TBSはやドキ!(ニュース)
クリントン氏のメール問題を巡り、トランプ大統領がセッションズ司法長官を批判。ツイッターへ「犯罪と情報漏洩に対し極めて弱腰」など投稿した。また“ロシア疑惑”捜査から身を引いたことにも、「関与しないなら長官の職を受ける前に言うべき」と指摘。19日のNYタイムズに掲載されている。現在はモラー特別検察官により、捜査が進んでいるロシア疑惑。米メディアは「セッションズ氏の更迭を検討しているのでは」など報じている。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.