[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「ドナルド・トランプ次期大統領」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 0:55 - 2:30 NHK総合
ニュース (ニュース)

アメリカのトランプ次期大統領は大統領に当選してから初めての公式記者会見を行い、発言が注目されている。記者会見が行われるトランプタワーは、ロビーにイスが並べられている。報道陣が着席し、トランプ氏の登場を待っている。アメリカのメディアは長期間行わないのは異例として批判して伝えていた。またトランプ氏はメディアと対決姿勢を取って発言に対して関心を集めている。
トランプ氏のこれまでの発言を紹介。「(メキシコとの国境に)壁を作って費用をメキシコに払わせる、トランプの壁だ」「イスラム教徒の入国を全面的に禁止すべきだ」と発言。勝利演説では「アメリカ分断の傷を癒そう、すべての国民の大統領になると誓う」と”国民の融和”を訴えていた。選挙後は会見は行わず、ツイッターで発信している。トランプ氏は「アメリカ第一主義」を発信。GM、トヨタを批判していた。北朝鮮を巡っては中国を批判。一方でロシアとの関係改善には強い意欲を示すなどツイッターで一方的に伝えていた。
このあと、大統領選後初めての会見となるが、政策について考えを述べる可能性があり、ポイントとしてTPPなど貿易・経済政策、日米同盟など外交政策をあげた。トランプ氏が政策や方針を発表するのにツイッターを活用してきたが、そこに書き込まれるコメントで世界が振り回される状況が続き、批判もされている。アメリカがどう変わるか懸念されており、トランプ氏が大統領就任後アメリカをどこに導こうとしているの疑問がつきない状況が続いている。
トランプタワーの1階ロビーに設けられた記者会見場では、すでに多くの記者が着席している。トランプ氏は去年の大統領選挙に勝利後初めてとなる公式の記者会見をまもなく開く予定。アメリカのメディアは次期大統領がこれほど長期間記者会見を行わないのは異例だと批判的に伝え、いっぽう、トランプ氏はこれまでメディアとの対決姿勢を示していて、今回の会見で記者の質問にどう対応するのかも関心を集めている。
濱西デスクはドナルド・トランプ次期大統領の記者会見について、大統領就任後の自らのビジネスについての見解、記者との質疑応答が注目されると説明。また、会見でポイントとなるのが「TPPなどの貿易・経済政策」、「日米同盟といった外交政策」。後者ではオバマ政権とロシアがウクライナ併合、サイバー攻撃の疑惑を巡って対立を深めるなか、次期大統領はロシアとの関係改善を表明している。
トランプ氏は大統領選挙の期間中、「(メキシコとの国境に)壁をつくって費用をメキシコに負担させる」、「イスラム教徒の入国を全面的に禁止すべき」といった過激な発言を展開。勝利演説では国民の融和を訴え、選挙後は記者会見を行わずにツイッターで考えを発信。同氏は「アメリカ第一主義」を掲げ、輸入に関税がかからないメキシコで製造した小型車をアメリカで販売しているとGMを批判し、矛先はトヨタにも向けた。北朝鮮をめぐっては中国を厳しく批難している。
壇上近くでは記者たちが待っているが、まだトランプ氏の姿は確認できない。アメリカのトランプ次期大統領は大統領に当選してから初めての公式記者会見を行う予定で、発言が注目されている。アメリカのメディアは長期間行わないのは異例として批判して伝えていた。またトランプ氏はメディアと対決姿勢を取って発言に対して関心を集めている。
濱西デスクがドナルド・トランプ次期大統領の記者会見についての説明をしている途中、会見場にトランプ次期大統領が現れた。
トランプ次期大統領の会見が始まるにあたっての説明と、昨夜伝えられた左派のブログについてまったくのデタラメで捏造されたものと伝え、次期副大統領のマイク・ペンス氏を紹介した。
マイク・ペンス次期副大統領は、「あと9日で第45代アメリカ合衆国大統領が就任します。私は副大統領として奉仕できることになり、名誉な気持ちだ。そして新しい大統領は再びアメリカを偉大にしてくれる人物だ。21人の閣僚候補のうち19人が発表され。9つの指名承認公聴会がすでに予定されている。私たちは一致団結して協力しているが、一方でメディアが次期政権を辱めよう貶めようとしている。しかし本日は、次期大統領が新しいチームを作り、アメリカを再び偉大にしていこうというその進捗を報告する、本当のニュースを報告することができると思います。皆さんに次期アメリカ大統領ドナルド・トランプ氏を紹介します」と話した。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年1月17日放送 20:54 - 21:00 フジテレビユアタイム クイック・あすの天気ユアタイム クイック
午後11時45分から「夢からさめた?トランプ相場に異変」

2017年1月17日放送 19:00 - 19:30 NHK総合NHKニュース7(ニュース)
アメリカのトランプ次期大統領は「今後もEUからの離脱を決断する国が出てくると信じている」とイギリスの新聞などが行ったインタビューで語った。この発言についてEU離脱を賞賛されたイギリスのメイ首相は離脱をめぐる交渉について政府の具体的方針を明らかにする予定でこれまでに「移民の流入制限をしながら関税が掛からない単一市場へのアクセスを確保したい」と述べていた。 しかしイギリスの複数メディアは演説でメイ首相が「EUの部分的な残留は目指さない」と述べ移民の制限を優先し単一市場からの撤退を表明する可能性があると伝えた。トランプ氏の発言は欧州各国に波紋を広げフランスのオランド大統領は強い不快感を示している。一方のロシアのラブロフ外相は来週開催することで調整しているシリアの和平協議にトランプ次期政権の代表を招待するとして協力に期待を示した。
きょう開幕したダボス会議でもトランプ氏が世界経済・国際情勢にどのような影響を与えるのかが最大のテーマとなった。会議では中国の習近平国家主席が演説を行い自由貿易を推進する立場をアピールし保護主義的な発言を繰り返すトランプ氏をけん制するとみられている。世界が注目するトランプ新政権についてクラウス・シュワブ会長はトランプ氏が実際にどんな政策をとるのか見極めるのが必要があるとしている。

2017年1月17日放送 19:00 - 20:54 TBS世界の日本人妻は見た!いきなり!日本人妻ニュース
トランプ大統領就任まで3日のニューヨークの日本人妻を直撃取材。サンライズマートで張り込み開始。高木悠凪さんがニューヨーク生活でビックリしたことは、くしゃみはひじで押さえること。街ではひじでくしゃみを押さえることを推奨するポスターもある。

2017年1月17日放送 18:55 - 20:54 テレビ東京ありえへん∞世界大の大人が答えられないと恥ずかしい!?新常識
政治家の演説で見かける透明なプレートって一体何のためにあるの?答えられず勘違いした大人の割合は90%だった。透明なプレートの国内シェアナンバー1のページワンの社長は「カンニングペーパー」と答えた。演説者側からみると原稿が読めるようになっていた。このプレートはプロンプターと呼ばれている。スタジオでプランプターを使いカンペを写してみた。

2017年1月17日放送 16:50 - 19:00 フジテレビみんなのニュース(ニュース)
トランプ大統領誕生まであと3日。トランプ氏が提唱する保護貿易政策に注目する。トランプ氏は選挙時より中国からの輸入品に45%の関税をかけると話しており、これに対し中国は開放的な世界の貿易体制を守ると反発している。中国のiPhone一大生産拠点は税制面で特別な措置を受けられる地区に設けられており、アップルから生産委託を受けた台湾のフォックスコンが建設したもの。地元政府がこれを支援、ショッピングセンターなども立てられiPhoneシティと呼ばれるまでに発展している。しかし中国から雇用を取り戻すと掲げるトランプ氏はアップル社に対し、iPhoneを米国内で生産するよう迫っている。iPhoneシティで働くフォックスコン従業員の中には次期アメリカ大統領の存在を知らない人もいた。農村から出稼ぎに来た徐志彬を取材した。徐さんは現在の待遇に満足しており、工場が出ていったら他の仕事を探すしか無いと話した。中国とアメリカでは人件費に大きな差があり、工場移転はiPhone値上げに繋がりかねない。
一方トランプ氏の発言は中国からの輸入に頼るアメリカ企業にも波紋を広げている。取材した「PEER CHAIN」では、製品の材料の55%を中国からの輸入に頼っている。材料となる中国製チェーンは品質が良い台湾製のものより3割ほど安く、もし中国製品に高い関税がかけられたら値段の高い台湾製を避け品質で劣るタイ製の材料に頼らざるをえないという。この会社が中国で計画中の新規事業にも問題は及んでおり、事業のために既に中国に新工場を建設しているという。中国への強硬姿勢を強調するトランプ氏の登場で揺れる米中関係の間で、台湾が注目されている。ニューヨークに本店を構える「マンハッタン・ポーテージ」のカバンは台湾で作られている。マンハッタン・ポーテージオーナーはトランプ氏は将来を良くしていくと信じていると話す。トランプ氏は台湾を中国の一部とみなす原則には縛られないと発言しており、蔡英文総統と電話会談も行っている。オーナーはアメリカと台湾の距離が近づくことを歓迎する一方で、関税を巡るトランプ氏の発言には懸念を抱いている。オーナーは利益を減らしてでもお客さんに満足してもらえる製品を作りたいと話した。
トランプ氏の圧力に屈する形でメキシコの新工場を諦める自動車メーカーなども出ており、IMFがメキシコの経済成長見通しを下方修正するところまで影響は及んでいる。日本の自動車メーカーがアメリカ国内で作っている車は、その部品の3割今日は日本やアジアなどから来ている。トランプ氏がこうした部品にも関税をかけることになれば、アメリカで生産される車の価格も上がっていくことが予想されるが、このあたりについてトランプ氏の考えが注目される。世界の部品供給網の見直しを迫られる可能性もあると指摘されている。中国が世界の貿易体制を守ると発言していることについて久保田るり子は、トランプさんの牽制が効いていて一本取られた形になっていますねとコメント、習近平氏が自由貿易を謳うならまずは中国圏を自由化しなければいけない、トランプ氏の狙いはそれだと指摘した。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.