[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「ドナルド・トランプ次期大統領」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 0:55 - 2:30 NHK総合
ニュース (ニュース)

アメリカのトランプ次期大統領は大統領に当選してから初めての公式記者会見を行い、発言が注目されている。記者会見が行われるトランプタワーは、ロビーにイスが並べられている。報道陣が着席し、トランプ氏の登場を待っている。アメリカのメディアは長期間行わないのは異例として批判して伝えていた。またトランプ氏はメディアと対決姿勢を取って発言に対して関心を集めている。
トランプ氏のこれまでの発言を紹介。「(メキシコとの国境に)壁を作って費用をメキシコに払わせる、トランプの壁だ」「イスラム教徒の入国を全面的に禁止すべきだ」と発言。勝利演説では「アメリカ分断の傷を癒そう、すべての国民の大統領になると誓う」と”国民の融和”を訴えていた。選挙後は会見は行わず、ツイッターで発信している。トランプ氏は「アメリカ第一主義」を発信。GM、トヨタを批判していた。北朝鮮を巡っては中国を批判。一方でロシアとの関係改善には強い意欲を示すなどツイッターで一方的に伝えていた。
このあと、大統領選後初めての会見となるが、政策について考えを述べる可能性があり、ポイントとしてTPPなど貿易・経済政策、日米同盟など外交政策をあげた。トランプ氏が政策や方針を発表するのにツイッターを活用してきたが、そこに書き込まれるコメントで世界が振り回される状況が続き、批判もされている。アメリカがどう変わるか懸念されており、トランプ氏が大統領就任後アメリカをどこに導こうとしているの疑問がつきない状況が続いている。
トランプタワーの1階ロビーに設けられた記者会見場では、すでに多くの記者が着席している。トランプ氏は去年の大統領選挙に勝利後初めてとなる公式の記者会見をまもなく開く予定。アメリカのメディアは次期大統領がこれほど長期間記者会見を行わないのは異例だと批判的に伝え、いっぽう、トランプ氏はこれまでメディアとの対決姿勢を示していて、今回の会見で記者の質問にどう対応するのかも関心を集めている。
濱西デスクはドナルド・トランプ次期大統領の記者会見について、大統領就任後の自らのビジネスについての見解、記者との質疑応答が注目されると説明。また、会見でポイントとなるのが「TPPなどの貿易・経済政策」、「日米同盟といった外交政策」。後者ではオバマ政権とロシアがウクライナ併合、サイバー攻撃の疑惑を巡って対立を深めるなか、次期大統領はロシアとの関係改善を表明している。
トランプ氏は大統領選挙の期間中、「(メキシコとの国境に)壁をつくって費用をメキシコに負担させる」、「イスラム教徒の入国を全面的に禁止すべき」といった過激な発言を展開。勝利演説では国民の融和を訴え、選挙後は記者会見を行わずにツイッターで考えを発信。同氏は「アメリカ第一主義」を掲げ、輸入に関税がかからないメキシコで製造した小型車をアメリカで販売しているとGMを批判し、矛先はトヨタにも向けた。北朝鮮をめぐっては中国を厳しく批難している。
壇上近くでは記者たちが待っているが、まだトランプ氏の姿は確認できない。アメリカのトランプ次期大統領は大統領に当選してから初めての公式記者会見を行う予定で、発言が注目されている。アメリカのメディアは長期間行わないのは異例として批判して伝えていた。またトランプ氏はメディアと対決姿勢を取って発言に対して関心を集めている。
濱西デスクがドナルド・トランプ次期大統領の記者会見についての説明をしている途中、会見場にトランプ次期大統領が現れた。
トランプ次期大統領の会見が始まるにあたっての説明と、昨夜伝えられた左派のブログについてまったくのデタラメで捏造されたものと伝え、次期副大統領のマイク・ペンス氏を紹介した。
マイク・ペンス次期副大統領は、「あと9日で第45代アメリカ合衆国大統領が就任します。私は副大統領として奉仕できることになり、名誉な気持ちだ。そして新しい大統領は再びアメリカを偉大にしてくれる人物だ。21人の閣僚候補のうち19人が発表され。9つの指名承認公聴会がすでに予定されている。私たちは一致団結して協力しているが、一方でメディアが次期政権を辱めよう貶めようとしている。しかし本日は、次期大統領が新しいチームを作り、アメリカを再び偉大にしていこうというその進捗を報告する、本当のニュースを報告することができると思います。皆さんに次期アメリカ大統領ドナルド・トランプ氏を紹介します」と話した。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年7月28日放送 5:45 - 7:05 テレビ東京Newsモーニングサテライト(ニュース)
トランプ大統領がFRBの副議長に指名したクオールズ元財務次官が議会の指名公聴会に臨み、テイラー・ルールの採用に否定的な見方を示した。スタンフォード大学のテイラー教授が提案するルールは物価上昇率やGDPなどを指標に政策金利の水準を導き出すもので、クオールズ氏は採用することを支持しないと述べた。この他、ストレステストについて透明性や簡素化を図る必要があると明らかにした。

2017年7月28日放送 4:00 - 5:50 日本テレビOha!4 NEWS LIVE(ニュース)
アメリカのCIA・中央情報局のポンペオ長官が、北朝鮮問題の外交的な解決の失敗に備え、秘密工作も含めた検討を進めていると明らかにした。

2017年7月27日放送 23:00 - 23:58 テレビ東京ワールドビジネスサテライト(ニュース)
次期FRB議長について、インタビューの中でトランプ大統領はゲーリー・コーン氏と、現議長のジャネット・イエレン氏の名を挙げたという。ロバート・フェルドマンさんは「イエレン議長が再任する可能性もある」と話し、一方のコーン氏については「候補者として名が挙がってもおかしくはないが、大事なのは政策。コーン氏になった場合、国家経済会議をどうするのか。逆に、イエレン氏になった場合は金利を上げるべき時に本当に上げるのかが心配」と問題点を指摘した。

2017年7月27日放送 15:50 - 19:00 日本テレビnews every.(ニュース)
朝鮮戦争の休戦協定が結ばれてから今日で64年、北朝鮮では戦勝記念日とされ弾道ミサイル発射の可能性が指摘されている。今のところミサイル発射の情報はないが、依然強硬姿勢を続ける北朝鮮の動きを各国が警戒している。朝鮮中央テレビは勝利を祝う昨日の行事を改めて放送。行事で朴永植人民武力相は「核先制攻撃論にしがみつくならアメリカの心臓部に懲罰の核の先制攻撃を加え地球上から跡形もなく消す」と演説。今朝の労働新聞でもアメリカを威嚇する言葉が載った。今月4日金正恩委員長はアメリカ本土の一部に届くICBMの発射実験を見守り完全大成功と喜んだと国営メディアが伝えている。金委員長は今後もアメリカにプレゼントを贈ると延べトランプ政権に対し挑発を続けることを示唆。その後西部亀城で発射実験の機材を運ぶ車両が確認された。さらに今朝韓国の東亜日報は政府筋の話として、アメリカの衛星が亀城で金委員長の車両を捉えたと伝え、本人の姿は確認されておらず偽装工作の可能性もあるとしている。
今日北朝鮮と国境を接する町中国・丹東を訪れた。北朝鮮側の様子を見ると、ウォータースライダーで遊ぶ姿など祝日らしい光景がみられた。一方韓国軍は、差し迫った兆候はないものの警戒を続けるとした。日本政府は万全の態勢でいかなる事態にも対応できるよう対応しているとした。亀城では今日一日中雨の予想で、今日の発射はないという見方が出ている。朝鮮半島情勢に詳しい李鍾元教授は「大事なのはICBMを完成させることなので政治的なインパクトより良い条件の時に成功させることに重点を置いた」などと話す。金委員長の動静は今月13日に報じられたのを最後に途絶えていて、新たなミサイル発射にむけて動いているとの見方もある。北朝鮮をめぐる緊迫した情勢は今後も続くとみられる。鎌田さんは「子どもじみた挑発をしてくる。一喜一憂しないようにしないといけない。実験が頻発だがそれは北朝鮮の焦りでもある。水面下では話し合いの場を作ることも大事と思う」などと話した。

2017年7月27日放送 15:50 - 19:00 TBSNスタ5:15 NEWS
絵はトランプ氏が大統領就任前の2005年にチャリティーのために書いたものとされ、中心にはトランプタワー、そして下にはトランプ氏のサインが書かれていた。絵にはすでに約1万2000ドル(約133万円)の値がついていて、締切の日本時間あす朝9時までにいくらの値がつくか注目されている。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.