[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「トランプ」 に関するテレビ情報

2017年1月11日放送 23:55 - 0:25 NHK総合
時論公論 (時論公論スペシャル)

TPPが事実上実現不可能に近いという点も踏まえ今後の日本経済については「トランプのおかげで日本が不況に追い込まれることはない。去年に比べれば今年のほうがより安定するとみている」と話した。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年6月28日放送 23:15 - 23:55 NHK総合ニュースチェック11(CHECK 国際)
日本を含む世界37カ国で4万人余を対象に世論調査が行われた。アメリカに好感を持つという意見について、オバマ前政権時は64%、トランプ政権では49%だったと伝えた。またアメリカに対する信頼感は大幅下落していると伝えた。
スタジオではトランプ大統領がアメリカの印象を悪くしているようだと話題になった。アメリカに隣接する国やヨーロッパで印象が悪化していると伝えた。

2017年6月28日放送 21:00 - 22:00 NHK総合ニュースウオッチ9(ニュース)
トランプ大統領が率いるアメリカの評価について37の国で行われた調査によると、半年前まで64%あった好感度が49%となった。都内の外国人に意見を聞いたところ、トルコ人やカナダ人の男性は好感度が悪いと答えていたが、ロシアの女性は好感度が高いと答えた。シカゴ出身のデーブ・スペクターさんに話を聞いたところ、現政権になる前にも予測されていたが、ここまで悪化するとは思っていなかったと答えた。また、今までアメリカが作ってきたものを台無しにしたと話した。
国別のアメリカの好感度の変化を見ていくと、メキシコで最多の36ポイント下落した。日本も15ポイントマイナスとなり72%から57%と下落している。反対に好感度の上がった国もあり、ロシアが最多の26ポイント増加している。オバマ政権時には15%だったが41%まで上がった。全体としてみると、37カ国のうち30カ国でマイナスとなった。調査したピュー・リサーチ・センターによると、トランプ大統領への信頼の低さがこの結果に繋がったとみられている。
石澤靖治教授は自由と民主主義を掲げて世界に手本として示すことで支持を得てきたが、今はそれはなく、トランプ大統領は理念を掲げないで好きなことをやっていることでアメリカの魅力を取り去っていると話した。また、今後について大国なく時代が訪れ、さらに流動化すると予測している。日本への影響について、これまでアメリカに依存してきたことについて見直しが必要だと指摘した。

2017年6月28日放送 19:00 - 21:48 テレビ朝日くりぃむVS林修!超クイズサバイバークイズ100問組手
芸能人チームとクイズ王チームが、名所ドローンやズームアウトなどの「世界の映像クイズ」に挑戦。

2017年6月28日放送 16:50 - 19:00 テレビ朝日スーパーJチャンネル(ニュース)
アメリカのCNNテレビは、トランプ氏周辺とロシアとのつながりに関するネット版の記事を撤回し、執筆した記者ら3人が辞職したことを明らかにした。CNNはこれまで政権に批判的な報道をしていたこともあり、トランプ大統領は「視聴率はがた落ちだ」などとツイッターに書き込んだ。

2017年6月28日放送 15:50 - 19:00 日本テレビnews every.TIME4
CNNテレビはトランプ政権とロシアを巡る疑惑の報道で問題があったとして担当者が辞職したと発表した。トランプ大統領は即座に反応し、ほかの大手メディアも全てウソのニュースだなどと激しく批判した。またサンダース副報道官も匿名の情報源を基にした記事は問題だと強調し記者と激しいやり取りとなった。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.