[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「トランプ次期大統領」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 4:00 - 4:25 フジテレビ
めざましテレビ アクア ニュースアクア400

日本時間10日、トランプ次期大統領が選挙勝利後初めての公式な会見をアメリカ・ニューヨークで行った。そのトランプ氏は、今回の会見でもメディアとの対決姿勢は変わらず。記者と応酬する場面も見られた。会見終盤では「ロシア・中国・日本・メキシコすべての国はアメリカをこれまで以上に尊敬するようになる」などと自らの政権運営について自信をのぞかせた。一方、トランプ次期大統領の就任を前に、閣僚人事を審議する公聴会も議会で始まり、司法長官候補のセッションズ上院議員がこの席に臨んだ。セッションズ氏は、強硬な移民政策や、かつて「白人至上主義」を掲げるKKK(クー・クラックス・クラン)を擁護するような発言を行なうなど、差別的な言動で知られているが、今回の公聴会では自身について「平和主義者だ」と強調。トランプ氏が選挙中に訴えたイスラム教徒の入国禁止については「支持しない」と、行わない考えを示した。しかし、審議はヤジでたびたび中断する異例の事態となった。
オバマ大統領は地元のイリノイ州で10日、任期中最後となる国民向けの演説を行った。オバマ大統領はこの演説の中で「この25年、妻や母親としてだけでなく最高の友でいてくれた」と、ミシェル夫人への感謝の気持ちを述べ、涙ぐむ様子も見せた。また、政策の継続や多様性の重要さを訴え、トランプ氏を暗にけん制した。そして、演説は「Yes, we can Yes, we did」と締めくくった。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年2月28日放送 16:54 - 17:45 テレビ東京ゆうがたサテライト(ニュース)
マーケットのポイントは「トランプ大統領の“演説待ち”」。

2017年2月28日放送 16:50 - 19:00 フジテレビみんなのニュース(ニュース)
トランプ氏”新たな一手” 「戦争に勝たなければ…」

2017年2月28日放送 13:55 - 15:50 日本テレビ情報ライブ ミヤネ屋(ニュース)
黒井氏は米朝戦争の可能性も示唆する。きのうの国連人権理事会では韓国の外相が「北朝鮮指導層の人権侵害について国際刑事裁判所に付託し責任を問うべき」とした。アメリカでは北朝鮮をテロ支援国家に再指定する声も上がっている。韓国の国家情報院によると北朝鮮の核実験はいつでも可能で、ICBMの射程はアメリカ本土まで射程となっている。米韓軍事演習への対応も注目される。北朝鮮は中国との関係も悪くなった。トランプ政権との議論のタイミングも逸した。

2017年2月28日放送 11:55 - 13:45 フジテレビバイキング火曜バイキングが注目!!話題のニュース4連発
金正男氏殺害の裏事情。北朝鮮には1つの誤算があった。それは韓国。李相哲氏によると金正男氏のパスポートは北朝鮮のものでそのまま通報されれば北朝鮮に連絡が行きそのまま引き取ることが出来た。しかし病院で金正男氏の暗殺だと判明したためマレーシア警察は遺体を渡さなかった。北朝鮮の狙いとしては空港で犯行を行うことでカメラの映像に残すことで後にその映像からフザけた結果だとしらを切るつもりだったのではとした。マレーシアで実行したのは友好国なので容易に遺体の引き渡しが可能だと踏んでいたのではとした。マレーシア警察は毅然とした対応をしていて、実際には脱北者などで反感を買っていた可能性がある。韓国がどのタイミングで遺体が金正男氏だと分かったのかも経緯を知る上で重要となる。李相哲氏が語る最悪のシナリオはアメリカが北朝鮮をテロ支援国家に指定することで、それでもダメなら最終的に空爆に至ることだという。中田宏氏はトランプ政権は北朝鮮に対してかなり厳しいスタンスを取っていて、これまでは実際には被害を受けることは無かったためある程度で止まっていたが、それが今後進むとなると李さんの言うことも無きにしもあらずだと話した。

2017年2月28日放送 11:30 - 11:55 フジテレビFNNスピークFNNスピーク
国防費の増大についてトランプ大統領は「公共の安全と国家安全保障のための強力な予算となる」と説明した。前年度比10%UPの540億円ドルの見通しで、テロ対策や南シナ海での対応などに充てられることになる。増額分はタの政府機関の予算を削減して賄われる。米メディアは環境対策や海外支援の予算が削られると報じた。トランプ大統領は日本時間あす初めての議会演説を行う。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.