[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「トランプ次期大統領」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 4:00 - 4:25 フジテレビ
めざましテレビ アクア ニュースアクア400

日本時間10日、トランプ次期大統領が選挙勝利後初めての公式な会見をアメリカ・ニューヨークで行った。そのトランプ氏は、今回の会見でもメディアとの対決姿勢は変わらず。記者と応酬する場面も見られた。会見終盤では「ロシア・中国・日本・メキシコすべての国はアメリカをこれまで以上に尊敬するようになる」などと自らの政権運営について自信をのぞかせた。一方、トランプ次期大統領の就任を前に、閣僚人事を審議する公聴会も議会で始まり、司法長官候補のセッションズ上院議員がこの席に臨んだ。セッションズ氏は、強硬な移民政策や、かつて「白人至上主義」を掲げるKKK(クー・クラックス・クラン)を擁護するような発言を行なうなど、差別的な言動で知られているが、今回の公聴会では自身について「平和主義者だ」と強調。トランプ氏が選挙中に訴えたイスラム教徒の入国禁止については「支持しない」と、行わない考えを示した。しかし、審議はヤジでたびたび中断する異例の事態となった。
オバマ大統領は地元のイリノイ州で10日、任期中最後となる国民向けの演説を行った。オバマ大統領はこの演説の中で「この25年、妻や母親としてだけでなく最高の友でいてくれた」と、ミシェル夫人への感謝の気持ちを述べ、涙ぐむ様子も見せた。また、政策の継続や多様性の重要さを訴え、トランプ氏を暗にけん制した。そして、演説は「Yes, we can Yes, we did」と締めくくった。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年4月25日放送 5:50 - 8:00 日本テレビZIP!NNN NEWS ZIP!
きょうは朝鮮人民軍の創建日。毎回記念日に挑発行為を繰り返す北朝鮮、今回も核実験など行われる可能性が。米中は対応を巡って電話会談。またトランプ大統領が国連安保理へ「北朝鮮は真の脅威」と宣言してみせた。

2017年4月25日放送 5:25 - 8:00 TBSあさチャン!朝刊まるわかり
今日は北朝鮮の軍創設記念日である。そのため、ミサイル発射や核実験を行う可能性がある。24日、トランプ氏と習近平国家主席が電話会談で朝鮮半島の非核化に向けて強化することを確認した。また、首相官邸はメールマガジンで国民に「身を守るための行動」を描く異例の発言をした。(産経新聞)

2017年4月25日放送 5:00 - 6:00 NHK総合NHKニュース おはよう日本(ニュース)
あさって17回目の日露首脳会談スタート。北方領土での共同経済活動など話し合う。また北朝鮮~ロシア間で定期航路開設されることを巡り、北朝鮮への圧力を求める予定。そしてシリア情勢に関しては、地域安定に向けた役割を果たしてもらう。安倍総理は英とも、EU離脱絡みの意見を交わすことにしている。G7サミットに対する方針なども確認へ。

2017年4月25日放送 4:55 - 8:00 テレビ朝日グッド!モーニングニュースまとめ
北朝鮮は軍の創建記念日を前に、昨日、記念の中央報告大会を開催した。金正恩委員長の姿は確認できなかったが、朴永植人民武力相は「アジア太平洋地の米軍基地と米本土を照準器内に収めた核攻撃手段は、常に発射待機状態にある」と述べ、改めてアメリカを牽制した。平壌市内ではいたるところに祝賀ムード演出している。今のところ大きな式典などの予定はないとのことだが、核実験やミサイル発射を強行する可能性があり、関係国は警戒を強めている。トランプ大統領は安倍総理大臣、習近平国家主席と電話会談をした。

2017年4月25日放送 4:25 - 5:25 フジテレビめざましテレビ アクアニュースアクア500
北朝鮮はきょう、朝鮮人民軍創建85年記念日を迎える。きのう、平壌で行われた創建記念日を祝う中央報告大会では、朴永植人民武力相が「我々には(米国に対応する)無敵の力があり、最高司令部が決心する時刻・場所で侵略者・挑発者を無慈悲に掃討する」と強調し、「アジア太平洋地域の米軍基地と米軍本土に対する核攻撃手段は発射待機状態にある」と威嚇した。(朝鮮中央テレビの映像)きのうの平壌市内には「銃隊重視 軍事重視」「我が党に忠実な革命武装力に栄光あれ」と結束を促すメッセージと、「4.25」の文字が入った看板が掲げられていた。また、おとといの朝鮮中央テレビでは、去年8月に完成したという空軍所有の養豚場を訪れ兵士らの士気を鼓舞する金正恩委員長の姿が紹介された。一方、朝鮮半島に向け北上中の米・原子力空母カール・ビンソンについて北朝鮮の労働新聞は「我々の革命的武装力は『大きくて太った変態動物』を一撃で水葬させる万端の戦闘準備を整えた」と揶揄し、米国をけん制した。
安倍首相はきのう午前、米・トランプ大統領と電話会談を行い、両国が緊密に連携する方針を確認した。トランプ大統領はその後、中国・習近平国家主席とも電話会談を実施。その内容について中国側は「習主席は『中国は(北朝鮮の)安保理決議に反する行為に強く反対する』と強調した。同時に『関係各国が自制し朝鮮半島の緊張を回避するよう希望する」と発表した。また、韓国国防省は「挑発が差し迫るような特異な動きは見られない」としながらも、警戒を続けている。日米中の首脳が北朝鮮に自制を求めているが、反発する北朝鮮は6度目の核実験や弾道ミサイルの発射を強行する可能性があるとみられて

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.