[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「トランプ大統領」 に関するテレビ情報

2017年3月21日放送 6:30 - 7:00 NHK総合
NHKニュース おはよう日本 (ニュース)

米経済誌フォーブスが発表した世界の長者番付は富豪の人数が最も多くなった。トランプ大統領は番付に影響を与えたという。トランプ相場で株価上昇、資産価値が高まった。資産10億ドル超の富豪は2043人とこれまでで最多。首位は4年連続でマイクロソフト創業者ビル・ゲイツ氏。日本人ではソフトバンクグループ、孫正義社長が34位だった。一方でトランプ大統領は所有するニューヨークの不動産の価値が下がり544位と相場が本人の資産増加には繋がらなかった。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年4月25日放送 4:00 - 5:50 日本テレビOha!4 NEWS LIVE(ニュース)
北朝鮮は「日本が沈んでも後悔するな」などと威嚇的な発言を発信し続けている。朝鮮人民軍創建85年の式典を迎え記念行事が行われていた。アメリカが軍事圧力を強める中での記念日なので、核実験やミサイル発射が懸念される。安倍首相とトランプ大統領は電話会談を行い、アメリカと緊密に連携し高度な警戒監視態勢を維持すると強調した。また、トランプ大統領は習近平国家主席とも電話会談を行い、トランプ大統領は北朝鮮への圧力を強めるよう要請した。北朝鮮の核実験は建国記念日や誕生日などに行われており、去年9月には小型化した核爆弾の爆破実験に成功したと発表。朝鮮中央テレビでは「日本列島が沈没し、米国本土に核のひょうが降り注ぐとしても後悔してはならない」と威嚇し、朝鮮中央通信では「制裁に執着するんら我々との関係に及ぼす破局的な結果も覚悟すべきだ」と中国に対しても批判を行なっている。
こうした中、朝鮮半島近海に向かっているカール・ビンソンにも新たな動きがあった。今月8日にシンガポールを出航し、おととい海上自衛隊の「あしがら」と「さみだれ」と合流。数日間にわたり共同訓練を行う予定だ。労働新聞はカール・ビンソンについて「太って肥大したただの変態動物とみて、一撃で水葬してしまう万端の戦闘準備を整えた」「アメリカがすこしでも動けば先制攻撃を行う」と報じた。金沢工業大学虎ノ門大学院の伊藤俊幸教授は、「今のところの発表ぶりからみると、自分から何かするということは言っていない。『アメリカが全面戦争をするなら我々も全面戦争を、アメリカが核戦争をするなら我々は核戦争を』と言っていますから、アメリアが何かしない限り『我々は何もしない』と言っているのと一緒だ。そういう意味では核実験は自制するのではないか」と分析。その上で短距離ミサイルを撃つ可能性は考えられうという。

2017年4月25日放送 4:00 - 4:25 フジテレビめざましテレビ アクアニュースアクア400
北朝鮮は25日に「軍創建記念日」を迎えるということで緊張感が高まっていると報じた。北朝鮮では中央報告大会が行われて朴永植人民武力相が「侵略者・挑発者を無慈悲に掃討する」と威嚇した。またカール・ビンソンについて労働新聞は「大きくて太った変態動物を一撃で水葬させる万端の戦闘準備を整えた」と報じてアメリカを牽制している。こうした中でトランプ大統領と安倍首相は電話会談を行い緊密に連携する方針を確認した。さらにトランプ大統領は習近平国家主席とも電話会談を実施している。

2017年4月25日放送 4:00 - 5:25 TBSはやドキ!ニュース400
今日、北朝鮮軍の創建85周年を迎え、軍事的挑発が懸念される中トランプ大統領は「安保理は北朝鮮に新たな制裁を準備しなければならない」と述べた。一方北朝鮮では軍の85周年の記念大会が開かれ、朴映式人民武力部長が「米軍基地や米国本土を照準に収めた各攻撃手段は発射待機状態にある」と演説した。

2017年4月24日放送 23:45 - 0:40 フジテレビユアタイム〜あなたの時間〜(ニュース)
北朝鮮は25日に「軍創建記念日」を迎えるということで緊張感が高まっていると報じた。朝鮮中央テレビの放送によると北朝鮮のパク・ヨンシク人民武力相はアメリカに対して「侵略者・挑発者を無慈悲に掃討する」と語った。またカール・ビンソンについて労働新聞は「大きくて太った変態動物を一撃で水葬させる万端の戦闘準備を整えた」と報じている。ペンス副大統領はこうした北朝鮮について牽制している。またトランプ大統領と安倍首相は電話会談を行い緊密に連携する方針を確認した。さらにトランプ大統領は習近平国家主席とも電話会談を実施している。ただこうした中で21日に北朝鮮が韓国系アメリカ人男性を平壌国際空港で拘束している。

2017年4月24日放送 23:15 - 23:55 NHK総合ニュースチェック11(CHECK 国際)
フランス国民からは「既成政党に魅力がない」など意見が出たが、既成政党以外の候補者に投票する国民は全体の75%近くいたという。また、長尾は、ルペン氏の対抗馬であるマクロン氏はルペン氏に警戒する人々をうまく取り込み1番票を集め、ルペン氏の反EUに対して親EUだと説明した。また、来月の決選投票について、フランス公共放送によると62%対38%でマクロン氏が勝利するという見通しを示しているが予断を許さない状況だと伝え、争点としては「EUとの関係」、「移民・難民の受け入れ」があげられると説明した。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.