TVでた蔵トップ >> キーワード

「トランプ大統領」 に関するテレビ情報

2017年4月20日放送 23:00 - 23:59 日本テレビ
NEWS ZERO PICK UP

アメリカの雑誌「TIME」は、世界で最も影響力のある100人を発表。日本人でただ1人、小池百合子東京都知事が選ばれた。世界中の女性にとっての先駆者だと評価した。他にはトランプ大統領や娘のイバンカ夫妻、金正恩委員長なども選出。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年9月19日放送 21:54 - 23:10 テレビ朝日報道ステーション(ニュース)
北朝鮮にどんなメッセージ?

2017年9月19日放送 21:00 - 22:00 NHK総合ニュースウオッチ9(ニュース)
今から約2時間後、アメリカのトランプ大統領が国連総会で初めての演説を行う。国連本部があるニューヨークではトランプ大統領に反対するデモ行進が行われている。これまで国連について、アメリカの負担に見合う成果をあげていないと繰り返し批判してきたトランプ大統領。演説に先立って出席した会合では、アメリカが20%以上を負担してきた国連の分担金を念頭に改革の必要性を主張した。国際的協調よりもアメリカ第一主義を優先させてきたトランプ大統領。今回の国連総会では北朝鮮への圧力を強めるため、加盟国の協力を取り付けることを最大の目標としている。トランプ大統領の演説についてブルース・ジョーンズ氏は、「世界の橋渡しをするような演説にはならない。自国の主権を強調するだろう」と話す。

2017年9月19日放送 21:00 - 22:54 日本テレビザ!世界仰天ニュースザ!世界仰天ニュース
大統領選でドナルド・トランプはメキシコ国境に壁を作ると主張した。アメリカではメキシコからの不法入国に悩まされる現実がある。不法入国の理由は多くが仕事を求めてだが、麻薬密売が横行している現実がある。アメリカ・テキサス州のメキシコ国境を取材、そこはリオ・グランデ川があるだけで壁もフェンスもなかった。川で遊ぶメキシコ人が多く、不法入国するかどうか判断できない。国境警備隊は1日100人から150人が入ってくると話した。

2017年9月19日放送 16:50 - 19:00 フジテレビみんなのニュース(ニュース)
北朝鮮包囲網の構築に躍起になっているトランプ大統領は物々しい雰囲気の中、就任後初となる国連総会に臨み、直撃取材に北について「見ていれば分かる」とコメントした。北への軍事オプションが注目される中、朝鮮半島では米韓合同軍事演習が行われた。軍事力の行使について日韓が報復対象となる恐れから難しいとの見方があったが、マティス国防長官は報復攻撃被害を最小限に抑える軍事オプションがあるとの見解を示するも具体的な手段などについては言及しなかった。香田洋二氏は米軍事オプションについて「Shock and Awe!」と推測、一気呵成攻撃を行うことで日韓への報復はほぼなくなるという。攻撃の集結には数日~1、2週間かかる可能性もある。
スタジオで久保田るり子が「日韓に攻撃を与えない方法は一斉攻撃しかない。一説によると1500ヶ所ほどを一気にやると。いずれにしてもこれは最終手段であると」など話した。

2017年9月19日放送 15:49 - 19:00 TBSNスタ(ニュース)
今日、平壌の空港にリ・ヨンホ外相が現れ、国連総会に向け出発した。この空港近くで4日前にミサイルを発射した北朝鮮は、アメリカが制裁にしがみつけばつくほど核武力完成の終着点へと疾走する我が方のスピードは増々速まるだろうとし、挑発をやめる兆しを全く見せなかった。リ外相も22日に国連総会で核・ミサイル開発を正当化すると見られる。一方、国連本部で18日に初めて演説をしたトランプ大統領は、今朝中国の習主席と電話で北朝鮮について話したとし、国連安保理の決議の履行によって最大限の圧力をかけることで一致したという。そして日本時間の今夜に一般討論演説を行い、北朝鮮に対して各国が一致して圧力を強めるよう協力を求める見通しである。マティス国防長官は18日に韓国ソウルを重大な危険にさらさずに北朝鮮に軍事力を行使する方法もあるとの認識を明らかにした。報復によって大きな犠牲がでルカ農政がある北朝鮮への攻撃は実際には困難と見られていて、マティス国防長官の発言は北朝鮮側をけん制する狙いがあると見られる。その中、韓国の浦項では今月11日から在韓米軍と韓国軍の海兵隊による合同訓練が行われている。韓国から480人、アメリカからは120人が参加し陸空から攻撃し拠点を無力化する能力を向上させることが目的であるということで、両軍は敵の市街地を想定した紀州訓練を実施した。演習では部隊が兵器の製造場所を特定し施設を制圧する手順を確認。名指しは避けたが、北朝鮮が持つとされる化学兵器の無力化を念頭に置いた演習と見られる。

refills リフィルズ

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.