[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「ドローン」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 5:00 - 6:00 フジテレビ
新・週刊フジテレビ批評 ? ハテナTV

去年4月に発生した熊本地震で大きな被害を受けた熊本市の熊本城。地震の8日後に初めてドローンにより撮影された映像では、地上からでは確認できない深刻な被害の状況がつぶさに浮かび上がった。先々週放送した栃木・足利市の大藤棚もドローンによる撮影。この映像はフジテレビの中村龍美カメラマンの撮影。この日、中村カメラマンが向かったのは、フジテレビの1階でここでドローンの練習をしていた。室内で練習しているのは航空法の改正でドローンなど無人航空機に対し細かく飛行ルールが定められたため。許可なく飛ばせなくなったドローンだが、テレビの報道取材においては定められたルールに則って練習することにより事前の申請が免除されることになった。
これまでにどのような現場でドローンが使われてきたのか。2015年に千葉でおきたスクラップ工場での火災現場で、ドローンを使うことでヘリよりも低い高度でより火災現場に接近できる。袋田の滝を撮影したのも中村カメラマンのドローン撮影チーム。
そんな中村カメラマンの新たな撮影に同行した。やってきたのは、東京・青梅市の塩船観音寺。現場に到着し早速飛ばすのかと思いきや、その場でドローンの足を持って回り始めた。ドローンの飛行にはGPS機能を使うため、内蔵されたコンパスの調整が必要。飛ばしてみるが、なんだか納得行かない様子。今回の目的が「1ヶ月前の映像を合わせて撮る」だったので、少しズレているような気がすると語る。最新のドローンは一度飛んだルートを記録し、GPS機能で同じルートを再び自動飛行することが出来る。中村さんのこだわりで、何回もドローンを飛ばして調整する。こうした微調整の末撮影した映像が実際の放送ではどうなったかを見てみると、見事に季節の変化を表現していた。中村カメラマンは、ドローンについて「地上の撮影と空撮のちょうど中間ではないですけど、本当に一番いいところ、迫力のある映像を撮れるすごい武器だと思う」と語った。
そんなドローンは、オリンピック中継でも使われ始めた。ヘリコプターでは撮影が難しい地形でも空中から捉えたスピード感のある映像を実現した。去年のリオデジャネイロ五輪では、ボート競技の中継でも一役買った。そしてフジサンケイクラシックの中継でもドローンが使われた。さらに、貴族探偵でもドローンが使われていた。の特性を活かしたバラエティ番組・戦闘中などでも使われているドローンはこれからの進化にますます期待がかかる。江川紹子は、ドローンについて「高いところから低いところに行ってみるのは、前はCGでは可能だったが実際のことが撮れるのはすごい技術が出てきたが、それを習得しなければいけないのでカメラマンの方も大変」だと話した。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年6月28日放送 23:15 - 0:15 テレビ朝日マツコ&有吉 かりそめ天国(お悩みメール)
視聴者から寄せられた「なぜ今?30年前の名作 映画「トップガン」の続編が発表!」についてトーク。1986年に公開されたトム・クルーズの映画「トップガン」はMA-1やレイバン、テーマ曲などが大ブームとなった。見たことがないとうマツコ有吉。有吉はゲームなどでも飛行機や戦闘機モノが苦手で、ゼビウスはやった事があると話した。トップガン2では前作の主人公やライバルのアイスマンの登場や戦闘機パイロット同士の格闘戦が終焉を迎えつつある現代が舞台だという。
まだ続編がなかった大ヒット作品には「E.T.」や「ボディーガード」など数多くあり、E.Tの続編はどうなるのかなどと述べ、マツコらは続編なんかいらない、バシッと終わらせてほしいと話した。

2017年6月28日放送 1:00 - 1:50 NHK総合絶景 巨大石柱林〜中国・張家界を鳥観する〜絶景 巨大石柱林〜中国・張家界を鳥観する〜
張家界市から世界有数の長さを誇るロープウェイを利用した。眼前には標高1518mの天門山が姿を見せ、ロープウェイを降車。高さ130m、幅60mの天門洞へと続く階段は999段で、入り口から見下ろすと思わず腰が引ける。取材班はドローンを飛ばして天門山の全貌を捉えようと試みた。かつての天門山は標高1000m以上の切り立った崖に周囲を覆われた1つの台地だったが、伝承によると西暦263年の大地震で大きな穴が空いたとされる。三国時代、呉の皇帝が穴を天門洞と命名したという。天門山はもとより、張家界には自然保護区が数多くあり、専門の清掃員が働いている。地上1000mの高さには鬼谷桟道が作られ、道幅は2人の人間が通れる程度。

2017年6月27日放送 23:59 - 0:54 日本テレビウチのガヤがすみません(人気芸人が特技で片岡愛之助をおもてなし)
ドローン芸人谷+1はドローンでマシュマロキャッチを披露した。

2017年6月27日放送 18:10 - 18:52 NHK総合首都圏ネットワーク(ニュース)
神奈川県藤沢市の海岸でドローンを使った水難救助訓練が行われ、関係者は「今までの救助より確実にスピードが速いと思う」などとコメントした。

2017年6月26日放送 20:00 - 21:54 テレビ東京世界ナゼそこに?日本人〜知られざる波瀾万丈伝〜メキシコ合衆国 ある日突然店を取り上げられ…窮地に追い込まれながらも”あの日本食”を広める70歳の日本人
トランプ大統領が国境に壁を作ると宣言したメキシコ合衆国。アメリカとメキシコの国境は緊迫状態。そんな国境では柵をネットに見立ててビーチバレーが行われていた。国境付近に住む人達は仲が良いが国境では巨大パチンコなどでマフィアが麻薬をアメリカへ飛ばして密輸しているという。メキシコで今回探す日本人は、ある日突然店を取り上げられ…窮地に追い込まれながらも”あの日本食”を広める70歳の日本人。
メキシコは面積が日本の約5倍、日本とほぼ同じ人口、30以上の世界遺産を保有する国。一方で強盗発生件数は日本の約200倍。日本人が住む街で聞き込み開始。カウンター4席の新宿ゴールデン街のような狭さの店ではみそ汁などが食べられている。この店は現地の人に人気の日本食レストラン。作っているのが日本人の浜井浩さん70歳。店の名前は厳島神社からとったミヤジマ・ヒロシマ。
浜井さんは勝手にテラス席などを増設し注文をとった。客や激セマの店で働くスタッフもカンヅメ状態。そんななか浜井さんはマンゴーをむきドラゴンという寿司を作りスタッフに振る舞った。浜井とともに働くのは3人のメキシコ人スタッフ。ビクトルさんは営業中にビールを飲みLOVEマシーンに合わせて踊った。浜井さんは怒ってもしょうがないと諦めている様子。
唯一の女性スタッフのイヴォンヌさんはお金を偽札かどうかチェックした。アルフォンソさんは一見真面目そうだが家庭の事情と言って頻繁に店を休む。別の日、スタッフ3人が同時に休み。1人でも店を開ける浜井さんはなぜメキシコで店をやっているのか。そのウラには衝撃の過去が。浜井さんは以前は30席以上ある広い店をやっていた。しかし許可をとって営業していたのに警察に店を撤去された。それ以外に多額の借金もあるという。そんな時、日本が誇るアレを使ったメニューが浜井さんを救った。そのメニューとは一体なんなのか?
真相を探るべく浜井さんの日常生活に密着。昼12時すぎメキシコシティ名物の渋滞に巻き込まれながら店へ。3軒隣の商店で買い出し、皿洗いも行う。日本が誇るアレを使った人気メニューが6つも注文、店内も人気メニューを食べる人ばかり。雨のなかオーナー自ら人気メニューの出前をする。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.