[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「ヘイリー国連大使」 に関するテレビ情報

2017年4月21日放送 19:00 - 19:30 NHK総合
NHKニュース7 (ニュース)

北朝鮮の創設記念日が25日に迫る中、世界でさらなる懸念と緊張が高まっている。長崎県の佐世保基地では今朝、海上自衛隊の護衛艦「あしがら」と「さみだれ」が出港。朝鮮半島周辺地域に向け航行の米空母と合流し共同訓練を検討している。共同訓練の狙いについて元海将は「日米の関係がしっかりしていることを政治的に見せる一つの軍事的手段。」と述べた。北朝鮮は去年軍の創設記念日の2日前にSLBMを1発発射しており、今月16日に撮影された核実験場で、アメリカの研究グループは「バレーボールの試合が行われているようだ。」として核実験場が待機状態に入った可能性を指摘する一方、ピョンヤンからの命令が下ればいつでも6回目の核実験を行える状況に変わりないとしている。政府は今日、都道府県の危機管理担当者に臨時の説明会を開き、弾道ミサイルが落下した際住民が取るべき行動について説明した。内容は、屋外ではできるだけ頑丈な建物や地下街に避難するか物陰に身を隠すこと、屋内では窓から離れるか窓のない部屋へ移動することなど。また総務省消防庁の担当者は「弾道ミサイルが飛来するおそれの場合Jアラートを通じ直ちに情報伝達すると説明、その上で弾道ミサイルを想定した住民の避難訓練を政府と協力し早期に行うよう要請した。
国連の安全保障理事会は16日の弾道ミサイル発射を受け、北朝鮮を避難する声明を全会一致で発表。当初アメリカが作った草案で「朝鮮半島の非核化と平和的解決目指す」とする部分で「対話を通じて」とする文言が削除され、ロシアが意義を唱えた。その後の調整でアメリカがロシアの主張を受け入れ、「対話を通じて」という文言が加えられた。ヘイリー国連大使は「誰もミサイル発射や核実験を望んていないと明確にした。制裁や他の手段の検討もあり得る。」と述べた。一方トランプ大統領は「習主席を尊敬している、この問題に懸命に取り組むと確信する。」として制裁徹底などで北朝鮮に圧力を強めるよう中国に一層対応を促した 。岸田外務大臣は今日の衆院外務委委員会で韓国側の警戒態勢について「現時点で韓国軍の警戒等のレベルが上げられたということは承知しておらず、 平素の体制が維持されていると説明を受けている。」と述べた。北朝鮮の核ミサイル問題については来週25日に東京で日米韓3か国の政府高官による協議が行われることになった。6か国協議で首席代表を務める3人が、北朝鮮情勢に関する認識共有し連携を確認していく方針。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月20日放送 6:00 - 8:00 テレビ朝日週刊ニュースリーダー(今週のニュース! 気になる人物 トップ10)
アメリカと極秘会談を行った北朝鮮が今週新型ミサイルを発射、国連安保理が緊急会合を開いた。ヘイリー国連大使は「ミサイル実験を行いトランプ大統領と対話はできない、絶対にしない」とコメント。一方で北朝鮮は対決姿勢を鮮明にした。北朝鮮とロシアとの間に新たに開設された定期航路の第一便として万景峰号がウラジオストクに入港、国際的圧力が強まる中ロシアとの結びつきが強まる可能性がある。また5月14日には北朝鮮・クソンから新型ミサイルを発射、高さ2111km、約30分787km飛行し日本海へ落下したと発表した。この結果に対し金委員長は満面の笑みを浮かべ「アメリカ本土と太平洋作戦地帯が攻撃圏内に入っている」と述べた。朝鮮中央通信によると新型ミサイルは威力の強い大型の重量核弾頭が装着可能、中・長距離戦略弾道ロケットの戦術的・技術的諸元と技術的特性の確証に目的をおいたと報じた。
米ハリス司令官が都内で講演、「金正恩氏は失敗を恐れていない、核保有に近づいている」など危機感を表明した。米国連大使は「ミサイル実験を行いトランプ大統領と対話はできない、絶対にしない」とコメント。16日国連安保理は北朝鮮への制裁措置などを話し合った。ヘイリー国連大使は北朝鮮への制裁強化について中国と協議していることを明らかにし、中国側は北朝鮮によるICBMの開発が進めば行動をとると伝えたという。また北朝鮮へ世界各地へのサイバー攻撃に関与している疑惑が浮上。北朝鮮のハッカー集団「ラザルス・グループ」が作成したコンピューターウイルスと世界各地で起きている大規模サイバー攻撃に使用されているウイルスに類似性が見られるという。毎日新聞の鈴木氏は「今回のミサイル発射にはムン・ジェイン政権の本気度を確かめたい思惑があった」「アメリカは攻めあぐねている」など指摘。さらに「年内にICBMの発射実験までこぎつけたいと思っているのは間違いない」「大規模な核実験を考えている節がある」とコメントした。

2017年5月18日放送 10:25 - 12:00 テレビ朝日ワイド!スクランブル(ニュース)
ヘイリー国連大使は中国は行動を起こすでしょう、ムン・ジェイン大統領は軍事衝突が起きる可能性が高いと発言した北朝鮮情勢。大規模サイバー攻撃に北朝鮮が関与している可能性も浮上している。

2017年5月17日放送 23:00 - 23:56 TBSNEWS23(ニュース)
北朝鮮・万景峰号がロシアに向けて出航した。ロシア・ウラジオストクまで月に4往復程度が予定されている。国連安保理は16日に緊急会合を開催し各国から新たな制裁決議が必要だという意見が出された。北朝鮮の包囲網が狭まるなか今回の万景峰号出航が抜け穴にならないかという懸念が広がっている。新潟市と元山を結ぶ直行便として利用されてきた万景峰号は日本と北朝鮮との架け橋となってきた。しかし不正送金や工作活動など数々の疑惑も持ち上がってきた。万景峰号がミサイル部品を輸送していることが明らかになり日本は万景峰号の入港を禁止した。ロシアとの新たな航路はどんな影響をもたらすのか。

2017年5月17日放送 19:00 - 19:30 NHK総合ニュース7(ニュース)
北朝鮮の新型中距離弾道ミサイル「火星12型」、韓国KBSは発射を繰り返す事で大気圏に再突入する際の衝撃やスピードのデータ蓄積し、より飛距離の長いICBMの技術を獲得しようとしていると指摘。16日、スイス・ジュネーブで開かれた軍縮会議でも北朝鮮の代表は強硬姿勢をくずさなかった。そして国連で開かれた国連安保理の緊急会合、各国がこれまでの制裁決議を着実履行で一致したものの、新たな制裁含む追加的措置については意見がまとまらなかった。ヘイリー国連大使は北朝鮮がICBMの獲得に近づけば中国が何らかの行動を起こす考えを示していることを明らかにした。中国・外務省はきょうの会見で「引き続き中国は対立が過熱しないように平和的に問題が解決するよう務める」とした。

2017年5月17日放送 15:50 - 19:00 日本テレビnews every.TIME4
安全保障理事会の緊急会合が行われた。会合ではアメリカや日本などが北朝鮮へのあらtらな制裁決議が必要との立場を強調した。しかしアメリカのヘイリー大使は中国が新たな制裁決議の採択には慎重姿勢を示していることを明らかにした。一方で北朝鮮のICBMなどさらなる挑発があれば中国は新たな行動をとるとヘイリー大使に伝えてきたということだ。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.