[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「ヘイリー国連大使」 に関するテレビ情報

2017年4月21日放送 19:00 - 19:30 NHK総合
NHKニュース7 (ニュース)

北朝鮮の創設記念日が25日に迫る中、世界でさらなる懸念と緊張が高まっている。長崎県の佐世保基地では今朝、海上自衛隊の護衛艦「あしがら」と「さみだれ」が出港。朝鮮半島周辺地域に向け航行の米空母と合流し共同訓練を検討している。共同訓練の狙いについて元海将は「日米の関係がしっかりしていることを政治的に見せる一つの軍事的手段。」と述べた。北朝鮮は去年軍の創設記念日の2日前にSLBMを1発発射しており、今月16日に撮影された核実験場で、アメリカの研究グループは「バレーボールの試合が行われているようだ。」として核実験場が待機状態に入った可能性を指摘する一方、ピョンヤンからの命令が下ればいつでも6回目の核実験を行える状況に変わりないとしている。政府は今日、都道府県の危機管理担当者に臨時の説明会を開き、弾道ミサイルが落下した際住民が取るべき行動について説明した。内容は、屋外ではできるだけ頑丈な建物や地下街に避難するか物陰に身を隠すこと、屋内では窓から離れるか窓のない部屋へ移動することなど。また総務省消防庁の担当者は「弾道ミサイルが飛来するおそれの場合Jアラートを通じ直ちに情報伝達すると説明、その上で弾道ミサイルを想定した住民の避難訓練を政府と協力し早期に行うよう要請した。
国連の安全保障理事会は16日の弾道ミサイル発射を受け、北朝鮮を避難する声明を全会一致で発表。当初アメリカが作った草案で「朝鮮半島の非核化と平和的解決目指す」とする部分で「対話を通じて」とする文言が削除され、ロシアが意義を唱えた。その後の調整でアメリカがロシアの主張を受け入れ、「対話を通じて」という文言が加えられた。ヘイリー国連大使は「誰もミサイル発射や核実験を望んていないと明確にした。制裁や他の手段の検討もあり得る。」と述べた。一方トランプ大統領は「習主席を尊敬している、この問題に懸命に取り組むと確信する。」として制裁徹底などで北朝鮮に圧力を強めるよう中国に一層対応を促した 。岸田外務大臣は今日の衆院外務委委員会で韓国側の警戒態勢について「現時点で韓国軍の警戒等のレベルが上げられたということは承知しておらず、 平素の体制が維持されていると説明を受けている。」と述べた。北朝鮮の核ミサイル問題については来週25日に東京で日米韓3か国の政府高官による協議が行われることになった。6か国協議で首席代表を務める3人が、北朝鮮情勢に関する認識共有し連携を確認していく方針。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年7月11日放送 23:55 - 0:05 NHK総合時論公論「核兵器禁止条約」と被爆国・日本
核兵器禁止条約が7日、国連本部で採択された。条約には「ヒバクシャの苦しみと被害」が記され、その上で核兵器の開発・保有・使用を禁止するとしている。さらに核兵器を使用すると威嚇することも禁止している。この条約は核兵器を持たない120以上の国が交渉して作られたもので、核保有国や日本を含めた核の傘の下にある国など38か国は反対し交渉には参加しなかった。
被爆国である日本が核兵器禁止条約に反対の姿勢をとる理由について、日本政府は北朝鮮の脅威を挙げている。さらに核保有国と非保有国が一緒になって進めるべきとしている。反対の急先鋒が唯一の使用国であるアメリカ。日本の外交筋はアメリカの反対の意向は様々なレベルで伝えられていたとして、アメリカから条約に反対するよう働きかけがあったことを認めている。この日本政府の姿勢について被爆者からは「失望している。堂々と禁止を主張すべきだ」という声もあがっている。
1970年にNTP・核拡散防止条約が発効し核軍縮の軸となってきた。この条約ではアメリカやロシアなど5つの国を核保有国と認める一方で軍縮交渉を行うよう義務付けているが、現実には核軍縮は停滞。この他にインドやイスラエル、北朝鮮など核兵器を持つ国は増えている。日本は核廃絶を国際世論に強く訴えることが出来る特別な存在と見られており、禁止条約を上回るような核軍縮の機運を高めることが期待されている。

2017年7月11日放送 6:00 - 7:00 NHK総合NHKニュース おはよう日本(特集)
先週、国連本部で採択された「核兵器禁止条約」。議場は歴史的瞬間を称える拍手に包まれた。その中には広島の被爆者・藤森俊希さんの姿もあった。1歳のときに広島で被爆した藤森さん。今年3月に行われた1回目の交渉会議では被爆者を代表し、議場で発言を行った。しかし、被爆者の訴えとは裏腹に核保有国は”非現実的”と主張し、条約反対の立場を鮮明に打ち出した。さらに、米の核の傘に守られている日本も交渉会議に不参加だった。日本政府の後押しが見られない中、藤森さんは各国の代表らに直接折り鶴を渡しながら被爆者の悲願である核兵器廃絶を訴え続けた。1回目の会議の終了後の草案には「被爆者の長年にわたる苦しみを心にとめる」として”Hibakusha”という文字が記された。被爆者の存在が条約の制定に向けた後押しになると考えた藤森さんは先週、再び国連本部を訪れた。交渉会議の最終盤、オランダなどが条約の一部の内容に反対し、緊張感のある議論が続いた。そして、最終日。投票の結果、条約は採択された。藤森さんは議場を訪れた被爆者らと握手を交わした。会議終了後、各国の大使や議長の元を訪れ、感謝の気持ちを伝えた藤森さん。日本政府が反対の立場を取る中、条約を核兵器廃絶への一歩とするため、今後も国際社会に訴え続ける決意だ。

2017年7月10日放送 5:45 - 7:05 テレビ東京Newsモーニングサテライト日刊モーサテジャーナル
米露首脳会談が行われ、各紙は前向きに評価している。ウォール・ストリート・ジャーナルは、ロシアの米大統領選への干渉疑惑についてトランプ大統領が何度もプーチン大統領に質問を浴びせ、プーチン大統領はそのひとつひとつに丁寧に回答したと報じている。プーチン大統領は「ロシアが関与していないことをトランプ大統領が認めてくれた」と会談の成果を強調した。タブロイド紙 ニューズデイによると、ヘイリー国連大使は「両首脳はロシア関与を知っている。ロシア側が認めないことが問題」だと述べた。

2017年7月9日放送 8:00 - 9:54 TBSサンデーモーニング(ニュース)
北朝鮮は「火星14」を発射した。防衛省によるとミサイルは高度2500kmに到達し、40分間飛行し、日本の排他的経済水域に落下したという。アメリカのティラーソン国務長官は「アメリカや同盟国、世界にとって脅威の拡大を意味する」と発表している。

2017年7月8日放送 8:00 - 9:25 日本テレビウェークアップ!ぷらす(ニュース)
一方で国連安保理では異例の公開形式での緊急会合が開かれた。これはアメリカの強い要望によるもの。アメリカ側は軍事力の行使も選択肢の一つとして挙げつつ制裁強化を訴える。しかしロシアは北朝鮮のミサイルはICBMではないと主張。制裁強化に後ろ向きなロシアにアメリカは苛立ちを隠さない。結局ロシアの同意を得ることはできずに国連安保理はICBM発射の非難声明が出せず。きのう午後4時すぎ、G20直前に安倍首相は韓国の文在寅大統領と2国間では初となる会談に臨んだ。北朝鮮に融和的な姿勢の文大統領に安倍首相は「最大限の圧力をかけることが重要で今は対話の時ではない」と訴える。文大統領は「関係各国のためにも日韓の協力が重要だ」と応じた。まずは日韓の連携強化を優先させた形。安倍首相は続くG20サミットの最初の会議で北朝鮮の弾道ミサイル問題を提起。中国・ロシアは制裁強化に慎重。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.