[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「ニューヨーク・タイムズ」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 0:55 - 2:30 NHK総合
ニュース (ニュース)

アメリカのトランプ次期大統領は大統領に当選してから初めての公式記者会見を行い、発言が注目されている。記者会見が行われるトランプタワーは、ロビーにイスが並べられている。報道陣が着席し、トランプ氏の登場を待っている。アメリカのメディアは長期間行わないのは異例として批判して伝えていた。またトランプ氏はメディアと対決姿勢を取って発言に対して関心を集めている。
トランプ氏のこれまでの発言を紹介。「(メキシコとの国境に)壁を作って費用をメキシコに払わせる、トランプの壁だ」「イスラム教徒の入国を全面的に禁止すべきだ」と発言。勝利演説では「アメリカ分断の傷を癒そう、すべての国民の大統領になると誓う」と”国民の融和”を訴えていた。選挙後は会見は行わず、ツイッターで発信している。トランプ氏は「アメリカ第一主義」を発信。GM、トヨタを批判していた。北朝鮮を巡っては中国を批判。一方でロシアとの関係改善には強い意欲を示すなどツイッターで一方的に伝えていた。
このあと、大統領選後初めての会見となるが、政策について考えを述べる可能性があり、ポイントとしてTPPなど貿易・経済政策、日米同盟など外交政策をあげた。トランプ氏が政策や方針を発表するのにツイッターを活用してきたが、そこに書き込まれるコメントで世界が振り回される状況が続き、批判もされている。アメリカがどう変わるか懸念されており、トランプ氏が大統領就任後アメリカをどこに導こうとしているの疑問がつきない状況が続いている。
トランプタワーの1階ロビーに設けられた記者会見場では、すでに多くの記者が着席している。トランプ氏は去年の大統領選挙に勝利後初めてとなる公式の記者会見をまもなく開く予定。アメリカのメディアは次期大統領がこれほど長期間記者会見を行わないのは異例だと批判的に伝え、いっぽう、トランプ氏はこれまでメディアとの対決姿勢を示していて、今回の会見で記者の質問にどう対応するのかも関心を集めている。
濱西デスクはドナルド・トランプ次期大統領の記者会見について、大統領就任後の自らのビジネスについての見解、記者との質疑応答が注目されると説明。また、会見でポイントとなるのが「TPPなどの貿易・経済政策」、「日米同盟といった外交政策」。後者ではオバマ政権とロシアがウクライナ併合、サイバー攻撃の疑惑を巡って対立を深めるなか、次期大統領はロシアとの関係改善を表明している。
トランプ氏は大統領選挙の期間中、「(メキシコとの国境に)壁をつくって費用をメキシコに負担させる」、「イスラム教徒の入国を全面的に禁止すべき」といった過激な発言を展開。勝利演説では国民の融和を訴え、選挙後は記者会見を行わずにツイッターで考えを発信。同氏は「アメリカ第一主義」を掲げ、輸入に関税がかからないメキシコで製造した小型車をアメリカで販売しているとGMを批判し、矛先はトヨタにも向けた。北朝鮮をめぐっては中国を厳しく批難している。
壇上近くでは記者たちが待っているが、まだトランプ氏の姿は確認できない。アメリカのトランプ次期大統領は大統領に当選してから初めての公式記者会見を行う予定で、発言が注目されている。アメリカのメディアは長期間行わないのは異例として批判して伝えていた。またトランプ氏はメディアと対決姿勢を取って発言に対して関心を集めている。
濱西デスクがドナルド・トランプ次期大統領の記者会見についての説明をしている途中、会見場にトランプ次期大統領が現れた。
トランプ次期大統領の会見が始まるにあたっての説明と、昨夜伝えられた左派のブログについてまったくのデタラメで捏造されたものと伝え、次期副大統領のマイク・ペンス氏を紹介した。
マイク・ペンス次期副大統領は、「あと9日で第45代アメリカ合衆国大統領が就任します。私は副大統領として奉仕できることになり、名誉な気持ちだ。そして新しい大統領は再びアメリカを偉大にしてくれる人物だ。21人の閣僚候補のうち19人が発表され。9つの指名承認公聴会がすでに予定されている。私たちは一致団結して協力しているが、一方でメディアが次期政権を辱めよう貶めようとしている。しかし本日は、次期大統領が新しいチームを作り、アメリカを再び偉大にしていこうというその進捗を報告する、本当のニュースを報告することができると思います。皆さんに次期アメリカ大統領ドナルド・トランプ氏を紹介します」と話した。

URL: http://www.nytimes.com/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年2月21日放送 12:00 - 12:20 NHK総合ニュース(全国のニュース)
マイケル・フリン氏の後任にマクマスター中将を起用。1991年の湾岸戦争で、9第の戦車からなる部隊を率いてイラク軍の戦車を80台以上破壊。2003年のイラク戦争後に治安回復に手腕を発揮した。2014年にはタイムで「世界で最も影響力のある100人」に有能な戦略家として選出。著者で米政府・軍首脳をきびしく批判した一面も持つ。ニューヨーク・タイムズは「混乱したホワイトハウスの国家安全保障会議立て直しに挑むことになる」と伝えた。岸田外相は経験豊かな方だと聞いている、新補佐官と協力して日米同盟をより強固にしていくとした。

2017年2月20日放送 19:00 - 21:48 テレビ朝日しくじり先生 俺みたいになるな!!番組史上最高額 新庄剛志先生
アメリカに行った新庄剛志は、来年の税金が払えないことに気付き、フェラーリを売却しようとしたが、オークションに出すと、3億円がついたが売らなかったという。そこでCMの仕事が入り、税金は払えたという。オープン戦が始まり、メジャー確実視されていた仲が良かった選手が事故で亡くなり、絶対に活躍すると誓い、メジャーに入ることが出来たという。
日本人初の4番バッターとしても活躍した。初めての4番の相手はランディ・ジョンソン。当時のVTRを紹介した。しかし、4打席三振で終わった。次の日スタメン落ちとなったが、また4番がまわってきて、結果をだし、それからずっと4番で活躍したという。
ニューヨークでドルチェ&ガッバーナで店内のすべての品物をプレゼントしますと言われたことがあると話した。また、当時は、英語はほとんど覚えず、まわりが日本語を覚えてくれたという。シーズンオフで日本に帰ると、スーパースター扱いされたという。日本に帰るとCMの仕事がたくさんきて、1年で7~8億の収入があったという。そのお金はすべてAさんに預けていたという。年俸も2億円くらいになったという。
リストバンドやスパイクをつけるだけで何千万円もらえるその生活の中で、新庄は、野球はバイトだという気持ちになったという。1年目のオフ、サンフランシスコ・ジャイアンツにトレードされた。本当は新庄はニューヨークにいたかったので嫌だったが、むかうとそこで、みんなが日本のハッピをきて出迎えてくれてうれしかったと話した。しかし、シーズンがはじまり絶不調になってしまったという。期待からプレッシャーがあったという。
その年のシーズンオフ、クビとなった。新庄は、日本で芸能人気取りになったのがいけなかったかもしれないと話した。翌年、ニューヨーク・メッツと再契約したが結果が出せず、そのシーズンで日本に帰国した。すると、日本の球団からたくさんのオファーがきたという。その中で、北海道日本ハムファイターズを選んだという。入団発表に無料でファンを招待すると2200人が集まった。
その後、新庄は、ファンを楽しませるため「新庄劇場」を作り上げていった。当時のVTRを紹介した。被り物など3ヶ月前から用意していたという。すべて自腹でやっていたという。パフォーマンスは監督にもオーナーにも言わずにやっていたという。メジャーと日ハムの6年で稼いだのが約44億円だという。
2006年に引退した。引退の際、開幕して10日目に引退を発表し、球場を満員にさせて若い選手たちに満員の球場に慣れさせ、鼓舞させたという。そのことで日ハムはリーグ優勝を果たしたと話した。そのことも計算したと話した。現役を終え、明日から何して遊ぼうかと思ったという。そんなとき、CM撮影でバリ島に行き、翌日もうバリに住むことにしたという。そこで、自由になりたいと思い、妻にメールで離婚を告げたという。妻はそれをわかってくれて、Aさんが慰謝料を出してくれたという。
そこで、Aさんに、バリに住むのですべてのお金を渡すように言うと、残高が2200万円だったという。Aさんは会社の資金に使っていたという。弁護士に相談して裁判をおこし、8000万円戻ってきたという。2012年にAさんが破産し、裁判は終了した。
新庄は、教訓として、貯金や資産は定期的にチェックしようと伝えた。

2017年2月18日放送 5:30 - 7:00 TBS報道LIVE あさチャン!サタデー(ニュース)
今週トランプ大統領の側近のフリン氏が辞任、労働長官候補だったパズダー氏が指名を辞退、コンウェイ氏が懲戒処分を求められるなどしている。移民に厳しいトランプ大統領に対して「移民のいない1日」と名付けられた抗議活動が全米各地で行われた。ワシントンではレストラン数十件が一斉に一時閉店した。トランプ大統領は就任後初の単独会見を開いた。80分に及んだ会見ではメディアを激しく批判した。怒りの原因はニューヨークタイムズがトランプ氏の側近らが選挙期間中にロシアの情報当局者と接触したと報道されたことだった。トランプ大統領は全て偽ニュースなどとコメントした。先月の会見で偽ニュースと批判されたCNNの記者からも今回の会見で質問が飛んだ。

2017年2月16日放送 11:30 - 11:45 日本テレビNNN ストレイトニュースNNN ストレイトニュース
アメリカ大統領選挙の期間中、トランプ大統領の選挙対策メンバーがロシアの情報機関と繰り返し接触していたとアメリカのニューヨーク・タイムズが報じた。アメリカ情報当局が傍受した通話記録から判明したとしている。トランプ大統領はツイッターで「ロシアとのつながりなどばかげている」などとと反発した。ロシアの大統領報道官は「何も事実に基づいていない」と否定している。
一方、トランプ政権の人事でアンドリュー・パズダー氏が労働長官への指名を辞退すると発表した。元妻への暴行が報道されるなどして共和党の中からも批判が出ていて、議会の承認が得られない見通しとなったためだという。

2017年2月16日放送 8:00 - 10:25 日本テレビスッキリ!!(最新のニュース)
15日付の米紙・ニューヨークタイムズは複数の政府関係者の話として、トランプ陣営の選挙対策本部長など複数の関係者が、去年の選挙中にロシアの情報機関と繰り返し接触をしていたと伝えている。アメリカの情報当局が傍受した通話記録から判明した、としているが、詳しい会話の内容はわかっていない。今回の報道について、トランプ大統領はツイッターで「ロシアとのつながりなどばかげている」などと投稿。また、ロシアのペスコフ大統領報道官は「何も事実に基づいていない」と否定している。トランプ政権とロシアとの関係に対する疑念はフリン大統領補佐官の辞任にとどまらず、拡大する様相を見せている。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.