[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「ニューヨーク・タイムズ」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 0:55 - 2:30 NHK総合
ニュース (ニュース)

アメリカのトランプ次期大統領は大統領に当選してから初めての公式記者会見を行い、発言が注目されている。記者会見が行われるトランプタワーは、ロビーにイスが並べられている。報道陣が着席し、トランプ氏の登場を待っている。アメリカのメディアは長期間行わないのは異例として批判して伝えていた。またトランプ氏はメディアと対決姿勢を取って発言に対して関心を集めている。
トランプ氏のこれまでの発言を紹介。「(メキシコとの国境に)壁を作って費用をメキシコに払わせる、トランプの壁だ」「イスラム教徒の入国を全面的に禁止すべきだ」と発言。勝利演説では「アメリカ分断の傷を癒そう、すべての国民の大統領になると誓う」と”国民の融和”を訴えていた。選挙後は会見は行わず、ツイッターで発信している。トランプ氏は「アメリカ第一主義」を発信。GM、トヨタを批判していた。北朝鮮を巡っては中国を批判。一方でロシアとの関係改善には強い意欲を示すなどツイッターで一方的に伝えていた。
このあと、大統領選後初めての会見となるが、政策について考えを述べる可能性があり、ポイントとしてTPPなど貿易・経済政策、日米同盟など外交政策をあげた。トランプ氏が政策や方針を発表するのにツイッターを活用してきたが、そこに書き込まれるコメントで世界が振り回される状況が続き、批判もされている。アメリカがどう変わるか懸念されており、トランプ氏が大統領就任後アメリカをどこに導こうとしているの疑問がつきない状況が続いている。
トランプタワーの1階ロビーに設けられた記者会見場では、すでに多くの記者が着席している。トランプ氏は去年の大統領選挙に勝利後初めてとなる公式の記者会見をまもなく開く予定。アメリカのメディアは次期大統領がこれほど長期間記者会見を行わないのは異例だと批判的に伝え、いっぽう、トランプ氏はこれまでメディアとの対決姿勢を示していて、今回の会見で記者の質問にどう対応するのかも関心を集めている。
濱西デスクはドナルド・トランプ次期大統領の記者会見について、大統領就任後の自らのビジネスについての見解、記者との質疑応答が注目されると説明。また、会見でポイントとなるのが「TPPなどの貿易・経済政策」、「日米同盟といった外交政策」。後者ではオバマ政権とロシアがウクライナ併合、サイバー攻撃の疑惑を巡って対立を深めるなか、次期大統領はロシアとの関係改善を表明している。
トランプ氏は大統領選挙の期間中、「(メキシコとの国境に)壁をつくって費用をメキシコに負担させる」、「イスラム教徒の入国を全面的に禁止すべき」といった過激な発言を展開。勝利演説では国民の融和を訴え、選挙後は記者会見を行わずにツイッターで考えを発信。同氏は「アメリカ第一主義」を掲げ、輸入に関税がかからないメキシコで製造した小型車をアメリカで販売しているとGMを批判し、矛先はトヨタにも向けた。北朝鮮をめぐっては中国を厳しく批難している。
壇上近くでは記者たちが待っているが、まだトランプ氏の姿は確認できない。アメリカのトランプ次期大統領は大統領に当選してから初めての公式記者会見を行う予定で、発言が注目されている。アメリカのメディアは長期間行わないのは異例として批判して伝えていた。またトランプ氏はメディアと対決姿勢を取って発言に対して関心を集めている。
濱西デスクがドナルド・トランプ次期大統領の記者会見についての説明をしている途中、会見場にトランプ次期大統領が現れた。
トランプ次期大統領の会見が始まるにあたっての説明と、昨夜伝えられた左派のブログについてまったくのデタラメで捏造されたものと伝え、次期副大統領のマイク・ペンス氏を紹介した。
マイク・ペンス次期副大統領は、「あと9日で第45代アメリカ合衆国大統領が就任します。私は副大統領として奉仕できることになり、名誉な気持ちだ。そして新しい大統領は再びアメリカを偉大にしてくれる人物だ。21人の閣僚候補のうち19人が発表され。9つの指名承認公聴会がすでに予定されている。私たちは一致団結して協力しているが、一方でメディアが次期政権を辱めよう貶めようとしている。しかし本日は、次期大統領が新しいチームを作り、アメリカを再び偉大にしていこうというその進捗を報告する、本当のニュースを報告することができると思います。皆さんに次期アメリカ大統領ドナルド・トランプ氏を紹介します」と話した。

URL: http://www.nytimes.com/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年4月28日放送 4:55 - 8:00 テレビ朝日グッド!モーニング7時のニュースまとめ
北朝鮮は強気な姿勢を崩していない。米軍による空母派遣や米韓砲撃訓練に対し、「突然の先制攻撃を含む対抗措置」を取るとの声明を国連代表部が出した。また核実験についても「米国が侵略行為を続ける限りやめない」としている。しかし核実験をいつ行うのかは明かしていない。トランプ政権は経済制裁の強化と外交手段で北朝鮮に圧力をかけていく基本方針を表明した。同日のニューヨーク・タイムズでは「北朝鮮との戦争は差し迫っていない」と記事が掲載されたが、これは在韓米大使館の外交官の家族に国外退去の勧告が出されていないことなどが理由として挙げられている。北朝鮮問題を話し合う国連安保理はきょう夜開かれる。

2017年4月27日放送 10:25 - 12:00 テレビ朝日ワイド!スクランブル(ニュース)
米シマンテック社によると北朝鮮のサイバー攻撃グループが世界各国の銀行から100億円以上盗んだと公表。北朝鮮は銀行などから盗んだ金を弾道ミサイルや核開発の資金にあてているという見方もある。一触即発の状態にある米国と北朝鮮の間では既にサイバー戦争が始まっていると報じるメディアもある。専門家はアメリカは6000人、北朝鮮は5000~6000人程サイバー兵士がいると言われていると述べた。米国がサイバー軍を始動したのは2010年、イランが核開発中止を怠ったとして核施設へ向けサイバー攻撃を行い核施設の遠心分離機に不正な操作を起こさせたという。一方で北朝鮮にはサイバー攻撃を受けにくい特徴があるという。専門家は北朝鮮ではコンピューターがほとんど普及しておらず、外国からのサイバー攻撃が入ればかなり見つけやすい、そのため北朝鮮は攻撃に特化することが出来ると解説。米朝のサイバー戦争の発端となったのは2014年のソニー・ピクチャーズへのサイバー攻撃。この攻撃が北朝鮮によるものだとアメリカ政府が名指した、その直後に北朝鮮のインターネット全体が動かなくなったため米政府が反撃したのではと解説。またニューヨーク・タイムズによると3年前オバマ前大統領が北朝鮮に対するサイバー攻撃のステップアップを国防総省へ指示したと報じ、ミサイル発射実験の妨害が狙いと見られる。オバマ政権は北朝鮮への介入を逡巡し迷っている状態で直接的な介入をとらなかった。だが北朝鮮の核・ミサイル問題が深刻化していることから北朝鮮へサイバー攻撃を考えていたのではないかとし、ある意味安上がりでもあると語る。

2017年4月26日放送 11:13 - 11:35 テレビ東京Mプラス 11(ニュース)
アメリカのトランプ政権は国境税の導入を一旦見送る方針を固めた。日本から製品を輸入しアメリカで販売する日本企業への打撃は当面回避されそうだ。国境税に関しては、輸入企業の法人税負担を重くする仕組みに小売り大手などが猛反対していた。トランプ政権は、将来輸入品に高い関税を課すことなどを再検討する可能性がある。

2017年4月26日放送 5:45 - 7:05 テレビ東京Newsモーニングサテライト日刊モーサテジャーナル
アメリカのシリコンバレーでいま、空飛ぶ移動手段の開発が進んでいる。キティホーク社が開発したキティホーク・フライヤーは、1人乗りの超軽量飛行機で、パイロット免許が不要だという。今年中に国内での販売が検討されており、グーグルの創業者ラリー・ペイジ氏も出資している。(ニューヨーク・タイムズ)

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.