[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「ニューヨーク(アメリカ)」 に関するテレビ情報

2017年1月11日放送 16:50 - 19:00 テレビ朝日
スーパーJチャンネル (ニュース)

アメリカのトランプ新政権の発足まであと10日。閣僚人事を承認する議会上院の傍聴会は傍聴席から野次が飛ぶなど波乱の幕開けとなった。一方オバマ大統領はお別れ演説で8年を振り返り涙を浮かべた。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年8月21日放送 5:25 - 8:00 TBSあさチャン!けさのボード
ボストンでは人種差別に反対する人たちのデモが行われ、およそ4万人が参加した。人種差別とも取れる発言でアメリカ製造業協議会メンバー8人が辞任を表明している。さらにマール・ア・ラーゴでの資金集めパーティーがキャンセルされる動きも出ている。そんな中、トランプ大統領は最側近で陰の大統領とも呼ばれるバノン首席戦略官を事実上更迭した。クシュナー上級顧問ら穏健派と対立があったものとみられる。バノン元首席戦略官は情報操作のためには信頼性のない情報でも報じるという過激ニュースのトップでトランプ政権発足後は首席戦略官に登用された。解任についてトランプ大統領は古巣に復帰するバノン元首席戦略官にエールを送った。一方、バノン元首席戦略官は私達が勝利へと導いたトランプ政権は終わったと述べている。

2017年8月20日放送 16:00 - 17:15 テレビ東京日曜夕方の池上ワールド日曜夕方の池上ワールド
アマゾンの新たな戦略としてアメリカ・ニューヨークにある「アマゾンブックス」が紹介された。「アマゾンブックス」ではインターネットでの評価を活かして本が陳列されている。

2017年8月20日放送 9:54 - 11:30 TBSサンデー・ジャポンデーブ・スペクターのワールドワイド・ニュース
レオナルド・ディカプリオの新恋人についてデーブ・スペクターは「本命がいて、ランジェリーメーカー・ヴィクトリアズ・シークレットのドイツ人モデルのロレーナ・ラエと付き合っていて、先日ニューヨークで自転車デートしたばかり」など述べた。

2017年8月20日放送 8:00 - 9:54 TBSサンデーモーニング(ニュース)
米・バージニア州 シャーロッツビルでKKKなどの白人至上主義団体の集会が行われ、それに反対するグループと激しい衝突が起こった。そうした中、反対派のグループに車が突入し女性1人が死亡、30人以上がけがをする事態となった。トランプ大統領はニュージャージー州での会見で暴力行為そのものに対する批判はしたものの、白人至上主義や人種差別などについては明確に批判しなかった(映像 ニューヨーク)。

2017年8月19日放送 19:00 - 19:30 NHK総合ニュース7(ニュース)
バノン首席戦略官のニュースは世界をかけめぐった。影の大統領ともいわれたバノン氏、雑誌タイムの表紙で巧みな操縦者と紹介された。バノン氏は去年の夏まで白人至上主義的な論調が目立つ保守系ニュースサイトの会長を務めてきた。人種差別主義者や女性差別主義者など批判がつきまとってきており、トランプ大統領の過激な発言の背後にはバノン氏がいたともされる。政権内では保護主義的な貿易政策や強硬な不法移民対策などを推進し影響を及ぼしてきた。解任される理由は政権内対立で、保守強硬な路線と一線を画すクシュナー上級顧問やマクマスター大統領補佐官らと対立。パリ協定脱退を巡ってもクシュナー氏が外交に影響があるとして残留を主張したのに対し、バノン氏が経済などに打撃を与えるとして脱退を主張するなど混乱の火種となっていた。そしてもう一つの要因が白人至上主義グループと抗議グループの衝突。当初明確に白人至上主義を非難しなかったトランプ大統領に批判が強まり、助言機関のメンバーが次々と辞任するなどトランプ大統領は孤立を深めている。バノン氏の更迭の声が高まる中トランプ大統領は、バノン氏の解任で事態の収拾を図るねらいがあったと見られる。政権発足から半年で主要メンバーが次々と姿を消すトランプ政権。バノン氏は解任後の取材に我々が選挙で勝ち取ったトランプ政権は終わった。穏健な道に進めさせようとすると述べた。

refills リフィルズ

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.