[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「ニューヨーク(アメリカ)」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 0:55 - 2:30 NHK総合
ニュース (ニュース)

アメリカのトランプ次期大統領は大統領に当選してから初めての公式記者会見を行い、発言が注目されている。記者会見が行われるトランプタワーは、ロビーにイスが並べられている。報道陣が着席し、トランプ氏の登場を待っている。アメリカのメディアは長期間行わないのは異例として批判して伝えていた。またトランプ氏はメディアと対決姿勢を取って発言に対して関心を集めている。
トランプ氏のこれまでの発言を紹介。「(メキシコとの国境に)壁を作って費用をメキシコに払わせる、トランプの壁だ」「イスラム教徒の入国を全面的に禁止すべきだ」と発言。勝利演説では「アメリカ分断の傷を癒そう、すべての国民の大統領になると誓う」と”国民の融和”を訴えていた。選挙後は会見は行わず、ツイッターで発信している。トランプ氏は「アメリカ第一主義」を発信。GM、トヨタを批判していた。北朝鮮を巡っては中国を批判。一方でロシアとの関係改善には強い意欲を示すなどツイッターで一方的に伝えていた。
このあと、大統領選後初めての会見となるが、政策について考えを述べる可能性があり、ポイントとしてTPPなど貿易・経済政策、日米同盟など外交政策をあげた。トランプ氏が政策や方針を発表するのにツイッターを活用してきたが、そこに書き込まれるコメントで世界が振り回される状況が続き、批判もされている。アメリカがどう変わるか懸念されており、トランプ氏が大統領就任後アメリカをどこに導こうとしているの疑問がつきない状況が続いている。
トランプタワーの1階ロビーに設けられた記者会見場では、すでに多くの記者が着席している。トランプ氏は去年の大統領選挙に勝利後初めてとなる公式の記者会見をまもなく開く予定。アメリカのメディアは次期大統領がこれほど長期間記者会見を行わないのは異例だと批判的に伝え、いっぽう、トランプ氏はこれまでメディアとの対決姿勢を示していて、今回の会見で記者の質問にどう対応するのかも関心を集めている。
濱西デスクはドナルド・トランプ次期大統領の記者会見について、大統領就任後の自らのビジネスについての見解、記者との質疑応答が注目されると説明。また、会見でポイントとなるのが「TPPなどの貿易・経済政策」、「日米同盟といった外交政策」。後者ではオバマ政権とロシアがウクライナ併合、サイバー攻撃の疑惑を巡って対立を深めるなか、次期大統領はロシアとの関係改善を表明している。
トランプ氏は大統領選挙の期間中、「(メキシコとの国境に)壁をつくって費用をメキシコに負担させる」、「イスラム教徒の入国を全面的に禁止すべき」といった過激な発言を展開。勝利演説では国民の融和を訴え、選挙後は記者会見を行わずにツイッターで考えを発信。同氏は「アメリカ第一主義」を掲げ、輸入に関税がかからないメキシコで製造した小型車をアメリカで販売しているとGMを批判し、矛先はトヨタにも向けた。北朝鮮をめぐっては中国を厳しく批難している。
壇上近くでは記者たちが待っているが、まだトランプ氏の姿は確認できない。アメリカのトランプ次期大統領は大統領に当選してから初めての公式記者会見を行う予定で、発言が注目されている。アメリカのメディアは長期間行わないのは異例として批判して伝えていた。またトランプ氏はメディアと対決姿勢を取って発言に対して関心を集めている。
濱西デスクがドナルド・トランプ次期大統領の記者会見についての説明をしている途中、会見場にトランプ次期大統領が現れた。
トランプ次期大統領の会見が始まるにあたっての説明と、昨夜伝えられた左派のブログについてまったくのデタラメで捏造されたものと伝え、次期副大統領のマイク・ペンス氏を紹介した。
マイク・ペンス次期副大統領は、「あと9日で第45代アメリカ合衆国大統領が就任します。私は副大統領として奉仕できることになり、名誉な気持ちだ。そして新しい大統領は再びアメリカを偉大にしてくれる人物だ。21人の閣僚候補のうち19人が発表され。9つの指名承認公聴会がすでに予定されている。私たちは一致団結して協力しているが、一方でメディアが次期政権を辱めよう貶めようとしている。しかし本日は、次期大統領が新しいチームを作り、アメリカを再び偉大にしていこうというその進捗を報告する、本当のニュースを報告することができると思います。皆さんに次期アメリカ大統領ドナルド・トランプ氏を紹介します」と話した。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年8月21日放送 16:05 - 16:50 NHK総合絶景!世界の屋上クルージング絶景!世界の屋上クルージング
貯水タンクはニューヨークのシンボルと言われている。貯水タンクの材料はヒマラヤスギ。理由はニューヨークの大きな気温の差に耐えられるようにと水がもれないように。

2017年8月21日放送 15:49 - 19:00 TBSNスタトクする!3コマニュース
アメリカ第一主義を掲げ、大統領になったトランプ大統領。バノン氏は大統領選で選挙対策本部長としてトランプ氏を勝利に導いた。政権発足後は主席戦略官を務め、その過激な発言はトランプ大統領もお手本にするほどでメディアは陰の大統領と呼ぶようになった。懸念されていたのはバノン氏が、白人至上主義などを掲げる保守系のニュースサイト「ブライトバート」の会長を務めていたこと。今月、白人至上主義者らと反対派の人々が激しく衝突し、人種差別を明確に非難しなかったトランプ大統領に対する抗議の声が強くなった。

2017年8月21日放送 13:55 - 15:49 TBSゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜(ニュース)
北朝鮮が米韓合同軍事演習に反発する理由についてのトーク。合同軍事演習は2年前に作られた「作戦計画5015」の”リハーサル”という位置づけで、北朝鮮のミサイル基地を「先制攻撃」して全部制覇し、金正恩氏自体を捕まえるなり殺害するという”斬首作戦”だという。第1・第2段階があり、第1段階でミサイルやステルス戦闘機等で核兵器を含む全てのミサイル施設を破壊し、第2段階でSEALs等の特殊部隊が上陸し核ミサイル施設や金正恩氏を含む北朝鮮の中核を制圧する計画だという。金正恩氏の殺害計画を目の間で行われるのと同じため恐れているという。作戦では言葉が通じる韓国の特殊部隊が北朝鮮へ入って米軍は指揮へ回り、空爆やサイバー攻撃を同時に行うという。金正恩氏がどこにいるのかは把握しずらく、緊張が高まった際には中国との国境にある戦時司令部に逃げるとみられるという。
”斬首作戦”に備えて金正恩氏が隠れ家となる地下施設を建設していることについてのトーク。朝鮮労働党の1号庁舎の地下約300mに最高指導者の執務室があり、B1Bによる爆撃があっても60mまでしか及ばないため助かるという。こうした施設は各地にあるため作戦の第1段階のみでは終わらず、人を投入して尋問や資料の解析をする必要があるという。北朝鮮には約1万か所の地下施設があり、別荘から飛行場まで地下でつながっているという。また金正恩氏は2日連続同じ場所で寝ないためどこにいるかわからないという。B1B爆撃機は2000ポンド爆弾「MK84」24発、500ポンド爆弾「MK82」84発、GPSがついて精密誘導弾やミサイルなどを搭載可能で、金正恩氏の隠れ家も狙い撃ちできるという。
北朝鮮とアメリカが戦争になるかどうかについてのトーク。戦争になった場合に北朝鮮側は政権が危なくなるため避けようとしていて、アメリカ側も北朝鮮が攻撃しない限りは戦争にならないという。北朝鮮はワシントンやニューヨークに届く核ミサイルを持つことで対米抑止力を持つことになり、それが最終目標だという。アメリカ側は北朝鮮が核ミサイルを持つことを阻止するためには攻撃するしかないが、その場合は日本や韓国も被害が出てしまうため説得しようとしているという。現段階では戦争となる危険度は低いが、今後高くなる可能性があるという。アメリカは北朝鮮へ非核化を求めているが現実的には不可能で凍結となる可能性があるが、北朝鮮は何度も凍結しながら影で活動しているため簡単にはいかないと黒井さんが語った。

2017年8月21日放送 12:50 - 13:45 テレビ朝日ワイド!スクランブルNEWS井戸端ランキング
トランプ大統領はアメリカの文化に貢献した人に賞を贈る、毎年恒例の式典を欠席することを決めた。式典をめぐっては白人至上主義者を擁護するようなトランプ大統領の態度に受賞者が反発し、欠席の表明が相次いでいた。

2017年8月21日放送 5:25 - 8:00 TBSあさチャン!けさのボード
ボストンでは人種差別に反対する人たちのデモが行われ、およそ4万人が参加した。人種差別とも取れる発言でアメリカ製造業協議会メンバー8人が辞任を表明している。さらにマール・ア・ラーゴでの資金集めパーティーがキャンセルされる動きも出ている。そんな中、トランプ大統領は最側近で陰の大統領とも呼ばれるバノン首席戦略官を事実上更迭した。クシュナー上級顧問ら穏健派と対立があったものとみられる。バノン元首席戦略官は情報操作のためには信頼性のない情報でも報じるという過激ニュースのトップでトランプ政権発足後は首席戦略官に登用された。解任についてトランプ大統領は古巣に復帰するバノン元首席戦略官にエールを送った。一方、バノン元首席戦略官は私達が勝利へと導いたトランプ政権は終わったと述べている。

refills リフィルズ

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.