[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「ニューヨーク(アメリカ)」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 0:55 - 2:30 NHK総合
ニュース (ニュース)

アメリカのトランプ次期大統領は大統領に当選してから初めての公式記者会見を行い、発言が注目されている。記者会見が行われるトランプタワーは、ロビーにイスが並べられている。報道陣が着席し、トランプ氏の登場を待っている。アメリカのメディアは長期間行わないのは異例として批判して伝えていた。またトランプ氏はメディアと対決姿勢を取って発言に対して関心を集めている。
トランプ氏のこれまでの発言を紹介。「(メキシコとの国境に)壁を作って費用をメキシコに払わせる、トランプの壁だ」「イスラム教徒の入国を全面的に禁止すべきだ」と発言。勝利演説では「アメリカ分断の傷を癒そう、すべての国民の大統領になると誓う」と”国民の融和”を訴えていた。選挙後は会見は行わず、ツイッターで発信している。トランプ氏は「アメリカ第一主義」を発信。GM、トヨタを批判していた。北朝鮮を巡っては中国を批判。一方でロシアとの関係改善には強い意欲を示すなどツイッターで一方的に伝えていた。
このあと、大統領選後初めての会見となるが、政策について考えを述べる可能性があり、ポイントとしてTPPなど貿易・経済政策、日米同盟など外交政策をあげた。トランプ氏が政策や方針を発表するのにツイッターを活用してきたが、そこに書き込まれるコメントで世界が振り回される状況が続き、批判もされている。アメリカがどう変わるか懸念されており、トランプ氏が大統領就任後アメリカをどこに導こうとしているの疑問がつきない状況が続いている。
トランプタワーの1階ロビーに設けられた記者会見場では、すでに多くの記者が着席している。トランプ氏は去年の大統領選挙に勝利後初めてとなる公式の記者会見をまもなく開く予定。アメリカのメディアは次期大統領がこれほど長期間記者会見を行わないのは異例だと批判的に伝え、いっぽう、トランプ氏はこれまでメディアとの対決姿勢を示していて、今回の会見で記者の質問にどう対応するのかも関心を集めている。
濱西デスクはドナルド・トランプ次期大統領の記者会見について、大統領就任後の自らのビジネスについての見解、記者との質疑応答が注目されると説明。また、会見でポイントとなるのが「TPPなどの貿易・経済政策」、「日米同盟といった外交政策」。後者ではオバマ政権とロシアがウクライナ併合、サイバー攻撃の疑惑を巡って対立を深めるなか、次期大統領はロシアとの関係改善を表明している。
トランプ氏は大統領選挙の期間中、「(メキシコとの国境に)壁をつくって費用をメキシコに負担させる」、「イスラム教徒の入国を全面的に禁止すべき」といった過激な発言を展開。勝利演説では国民の融和を訴え、選挙後は記者会見を行わずにツイッターで考えを発信。同氏は「アメリカ第一主義」を掲げ、輸入に関税がかからないメキシコで製造した小型車をアメリカで販売しているとGMを批判し、矛先はトヨタにも向けた。北朝鮮をめぐっては中国を厳しく批難している。
壇上近くでは記者たちが待っているが、まだトランプ氏の姿は確認できない。アメリカのトランプ次期大統領は大統領に当選してから初めての公式記者会見を行う予定で、発言が注目されている。アメリカのメディアは長期間行わないのは異例として批判して伝えていた。またトランプ氏はメディアと対決姿勢を取って発言に対して関心を集めている。
濱西デスクがドナルド・トランプ次期大統領の記者会見についての説明をしている途中、会見場にトランプ次期大統領が現れた。
トランプ次期大統領の会見が始まるにあたっての説明と、昨夜伝えられた左派のブログについてまったくのデタラメで捏造されたものと伝え、次期副大統領のマイク・ペンス氏を紹介した。
マイク・ペンス次期副大統領は、「あと9日で第45代アメリカ合衆国大統領が就任します。私は副大統領として奉仕できることになり、名誉な気持ちだ。そして新しい大統領は再びアメリカを偉大にしてくれる人物だ。21人の閣僚候補のうち19人が発表され。9つの指名承認公聴会がすでに予定されている。私たちは一致団結して協力しているが、一方でメディアが次期政権を辱めよう貶めようとしている。しかし本日は、次期大統領が新しいチームを作り、アメリカを再び偉大にしていこうというその進捗を報告する、本当のニュースを報告することができると思います。皆さんに次期アメリカ大統領ドナルド・トランプ氏を紹介します」と話した。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年3月26日放送 14:00 - 14:55 フジテレビザ・ノンフィクション横断5500キロ 僕の知らないアメリカ
取材22日目 ワシントンD.C.。メキシコから正式に移民をしてきた女性が演説を行い、合法的な移民をと主張していた。清水氏には、彼らが人種差別主義者には見えなかったという。そして取材25日目、ニューヨークに到着。また、トランプ支持者の多くはイスラム過激派のテロを恐れていた。メイナード夫妻は、テロリストの多くはイスラム圏だと話していた。アメリカには様々な人種が多様に生きる発展を遂げてきたと清水氏はコメントした。

2017年3月25日放送 13:00 - 13:05 NHK総合ニュース(ニュース)
核兵器を法的に禁止する条約の交渉が来週から始まるのを前に、アメリカ ニューヨークの国連本部でキム・ウォンス軍縮担当上級代表と共産党 志位委員長が会談を行った。キム上級代表は、交渉参加しない方針を示す核保有国を議論に関与させるこが重要という考えを示しており、唯一の被爆国である日本にぜひ積極的な役割を果たして欲しいとして参加に期待を示したと志位委員が話した。別所国連大使は日本が交渉に参加するかどうかはまだ決まっていないとしている。

2017年3月25日放送 11:45 - 11:59 TBSJNNニュースJNN NEWS
24日のニューヨーク株式市場ではトランプ大統領の指導力や政策の実現性を疑問視する声が広がったことから、ダウ平均株価は前日より一時100ドル以上値を下げた。終値は前の日より59ドル安い20596ドルで、7営業日連続の値下がりはほぼ5ヶ月ぶり。

2017年3月25日放送 7:00 - 7:30 NHK総合NHKニュース おはよう日本(特集)
名古屋市南部の有松地区では、400年以上の歴史を持つ有松・鳴海絞りの一大産地。有松・鳴海絞りは、布の一部を糸でくくり染料に浸し、糸をほどくと独特の文様が白く浮かび上がる技術。しかし近年需要は減少し、1万人以上いた職人は200人を割るまでになり、技術の継承も危うくなっている。有松・鳴海絞りの海外への挑戦はドイツから始まった。34歳の村瀬弘行さんは、有松で代々続く職人の家に生まれ、もともとは家業に無関心だったが、ドイツへの留学の際、部屋にあった有松・鳴海絞りを見た友人が驚きの声をあげたことがきっかけで、日本にいた時にはわからなかった魅力に気付かされた。日本の絞り染めを海外でどう売り込むか考え、ヨーロッパで愛用されるカシミヤに狙いを定めた。名古屋の実家にカシミヤへの染色を頼んだが、初めて扱うカシミヤは生地が柔らかく繊維も細いため、これまでの方法では染料が滲んでしまった。成分や温度、浸す時間など、1年に渡り試行錯誤を繰り返し、デリケートな生地に鮮やかな文様を再現する独自の方法を編み出した。デザインもヨーロッパの好みに合わせてシンプルにした商品は、20か国以上で販売されるようになった。村瀬さんは、伝統にこだわるだけではない柔軟な姿勢が海外での評価につながったと感じている。
北陸の城下町、富山・高岡市では、江戸時代から続く仏具や茶道具などの銅製品の産地として知られるが、近年は仏壇がある家も減り売り上げはピーク時の3分の1に減少している。創業100年の老舗メーカー社長・能作克治さんは、毎日使う食器の開発に取り組んだ。素材は銅ではなく“すず”を選び、清楚な輝きと滑らかな質感が食器に合うと考えた。ただ、すずは柔らかくすぐ曲がってしまうことが問題だった。能作さんは「曲がるなら曲げて使えばいい」との知り合いのデザイナーの発想をヒントに、あえて自由に曲げて使う食器を考案。柔らかいすずの加工も職人の高い技術で見事にこなした。能作さんはこの商品を海外に展開。独創的で上品な輝きを放つすずの食器の評判は欧米でも上場。ショップやレストランからオーダーが相次ぎ、売り上げは10倍になった。

2017年3月24日放送 20:57 - 22:54 TBS中居正広のキンスマスペシャル気になるセレブ アンミカ 極貧生活から大逆転の人生!
1975年、後に日本の芸能界で活躍することになる少女が韓国から日本へやって来た。当時4歳だった少女は一家7人で移住。その少女とはスーパーセレブ・アンミカだった。アンミカは韓国・済州島生まれだが、両親が仕事に恵まれなかったため一家で大阪・生野区のコリアンタウンへ。当時の日本は第二次高度成長期を超えますます豊かに。しかし当時の生野区はアンミカ一家のように仕事を求めてきた約4万人もの人々が暮らしていた。一家はタダ同然で人の家の2階を間借り。両親は日本で必死に働いたが拙い日本語のため上手くいかず超極貧生活を送ることに。アンミカはその思い出のコリアンタウンを再び訪問。当時について、貧しい中でも工夫をしながら生活していたが楽しかった、と話していた。しかしこの家は隙間風がひどく薄い布団では寝つけなかった一家。そんな時は外に出て焚き火をし、昼間拾ってきた新聞紙を防寒着代わりにして朝まで過ごすこともあったという。そんな貧しい生活でも明るく暮らせていたのは、若くして天国へ行った母の教え。超極貧生活から、アメリカの華麗なる一族に見初められるという大逆転を果たすアンミカ。夫のセオドール・ミラーから「いつまでも一緒にいられると思う」と愛されるだけでなく、街の人からも「努力家」「コメントに優しさがある」などと称賛されるアンミカの亡き母には、人生のヒントがいくつもあった。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.