[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「ニューヨーク(アメリカ)」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 0:55 - 2:30 NHK総合
ニュース (ニュース)

アメリカのトランプ次期大統領は大統領に当選してから初めての公式記者会見を行い、発言が注目されている。記者会見が行われるトランプタワーは、ロビーにイスが並べられている。報道陣が着席し、トランプ氏の登場を待っている。アメリカのメディアは長期間行わないのは異例として批判して伝えていた。またトランプ氏はメディアと対決姿勢を取って発言に対して関心を集めている。
トランプ氏のこれまでの発言を紹介。「(メキシコとの国境に)壁を作って費用をメキシコに払わせる、トランプの壁だ」「イスラム教徒の入国を全面的に禁止すべきだ」と発言。勝利演説では「アメリカ分断の傷を癒そう、すべての国民の大統領になると誓う」と”国民の融和”を訴えていた。選挙後は会見は行わず、ツイッターで発信している。トランプ氏は「アメリカ第一主義」を発信。GM、トヨタを批判していた。北朝鮮を巡っては中国を批判。一方でロシアとの関係改善には強い意欲を示すなどツイッターで一方的に伝えていた。
このあと、大統領選後初めての会見となるが、政策について考えを述べる可能性があり、ポイントとしてTPPなど貿易・経済政策、日米同盟など外交政策をあげた。トランプ氏が政策や方針を発表するのにツイッターを活用してきたが、そこに書き込まれるコメントで世界が振り回される状況が続き、批判もされている。アメリカがどう変わるか懸念されており、トランプ氏が大統領就任後アメリカをどこに導こうとしているの疑問がつきない状況が続いている。
トランプタワーの1階ロビーに設けられた記者会見場では、すでに多くの記者が着席している。トランプ氏は去年の大統領選挙に勝利後初めてとなる公式の記者会見をまもなく開く予定。アメリカのメディアは次期大統領がこれほど長期間記者会見を行わないのは異例だと批判的に伝え、いっぽう、トランプ氏はこれまでメディアとの対決姿勢を示していて、今回の会見で記者の質問にどう対応するのかも関心を集めている。
濱西デスクはドナルド・トランプ次期大統領の記者会見について、大統領就任後の自らのビジネスについての見解、記者との質疑応答が注目されると説明。また、会見でポイントとなるのが「TPPなどの貿易・経済政策」、「日米同盟といった外交政策」。後者ではオバマ政権とロシアがウクライナ併合、サイバー攻撃の疑惑を巡って対立を深めるなか、次期大統領はロシアとの関係改善を表明している。
トランプ氏は大統領選挙の期間中、「(メキシコとの国境に)壁をつくって費用をメキシコに負担させる」、「イスラム教徒の入国を全面的に禁止すべき」といった過激な発言を展開。勝利演説では国民の融和を訴え、選挙後は記者会見を行わずにツイッターで考えを発信。同氏は「アメリカ第一主義」を掲げ、輸入に関税がかからないメキシコで製造した小型車をアメリカで販売しているとGMを批判し、矛先はトヨタにも向けた。北朝鮮をめぐっては中国を厳しく批難している。
壇上近くでは記者たちが待っているが、まだトランプ氏の姿は確認できない。アメリカのトランプ次期大統領は大統領に当選してから初めての公式記者会見を行う予定で、発言が注目されている。アメリカのメディアは長期間行わないのは異例として批判して伝えていた。またトランプ氏はメディアと対決姿勢を取って発言に対して関心を集めている。
濱西デスクがドナルド・トランプ次期大統領の記者会見についての説明をしている途中、会見場にトランプ次期大統領が現れた。
トランプ次期大統領の会見が始まるにあたっての説明と、昨夜伝えられた左派のブログについてまったくのデタラメで捏造されたものと伝え、次期副大統領のマイク・ペンス氏を紹介した。
マイク・ペンス次期副大統領は、「あと9日で第45代アメリカ合衆国大統領が就任します。私は副大統領として奉仕できることになり、名誉な気持ちだ。そして新しい大統領は再びアメリカを偉大にしてくれる人物だ。21人の閣僚候補のうち19人が発表され。9つの指名承認公聴会がすでに予定されている。私たちは一致団結して協力しているが、一方でメディアが次期政権を辱めよう貶めようとしている。しかし本日は、次期大統領が新しいチームを作り、アメリカを再び偉大にしていこうというその進捗を報告する、本当のニュースを報告することができると思います。皆さんに次期アメリカ大統領ドナルド・トランプ氏を紹介します」と話した。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年8月19日放送 19:00 - 19:30 NHK総合ニュース7(ニュース)
バノン首席戦略官のニュースは世界をかけめぐった。影の大統領ともいわれたバノン氏、雑誌タイムの表紙で巧みな操縦者と紹介された。バノン氏は去年の夏まで白人至上主義的な論調が目立つ保守系ニュースサイトの会長を務めてきた。人種差別主義者や女性差別主義者など批判がつきまとってきており、トランプ大統領の過激な発言の背後にはバノン氏がいたともされる。政権内では保護主義的な貿易政策や強硬な不法移民対策などを推進し影響を及ぼしてきた。解任される理由は政権内対立で、保守強硬な路線と一線を画すクシュナー上級顧問やマクマスター大統領補佐官らと対立。パリ協定脱退を巡ってもクシュナー氏が外交に影響があるとして残留を主張したのに対し、バノン氏が経済などに打撃を与えるとして脱退を主張するなど混乱の火種となっていた。そしてもう一つの要因が白人至上主義グループと抗議グループの衝突。当初明確に白人至上主義を非難しなかったトランプ大統領に批判が強まり、助言機関のメンバーが次々と辞任するなどトランプ大統領は孤立を深めている。バノン氏の更迭の声が高まる中トランプ大統領は、バノン氏の解任で事態の収拾を図るねらいがあったと見られる。政権発足から半年で主要メンバーが次々と姿を消すトランプ政権。バノン氏は解任後の取材に我々が選挙で勝ち取ったトランプ政権は終わった。穏健な道に進めさせようとすると述べた。

2017年8月19日放送 10:25 - 11:45 フジテレビ環境クライシス(環境クライシス)
インドの環境問題について海洋環境学の権威・スガタ・ハズラ博士は「気候変動がインド全域に様々な形で影響を与えています。干ばつ地帯では極端な水不足。洪水地域では洪水被害が急増。気候変動はインドが抱える最も深刻な問題です・急激な海面上昇で水没し始めている地域もあります」などと話した。1年の半分がモンスーンと呼ばれる雨季で洪水と海面上昇で水没するようになった。さらにサイクロンも頻繁に起きるようになり、この10年で何千人もの命と家を奪った。アメリカの研究団体・クライメートセントラルによるとこのままのペースで温暖化が進み、平均気温が4℃上がった場合、海面上昇によって東京では750万人、世界では7億6000万人が住む地域に影響が出ると予測している。

2017年8月19日放送 9:30 - 11:45 TBS王様のブランチ映画
第5位はトランスフォーマー/最後の騎士王。今作でマイケル・ベイ監督に大抜擢され映画デビューをしたのはバートン郷役のアンソニー・ホプキンスが連れているメス犬のフレイヤ。実はこのフレイヤはてんかんが有り生後6か月で捨てられずっと保護施設で育てられた。世界一孤独な犬としてメディアに取り上げられ愛犬家のマイケル・ベイ監督の目に留まり出演が決定した。フレイヤは今後も映画やドラマに引っ張りだこだという。
第4位は「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」サトシとピカチュウの出会いの物語を描いた作品が5週連続のランクインとなった。
第3位は「君の膵臓をたべたい」。現在大ヒット公開中の感動作。来年2018年に新作アニメとして劇場公開が決定した。声優や主題歌など未発表ながらも注目を集めている。原作関連書籍が200万部を突破している。今後の続報をお楽しみに!
第2位は「スパイダーマン:ホームカミング」。スパイダーマンの新シリーズ第一弾が登場。新たなスパイダーマン役に選ばれたのはイギリス出身の俳優トム・ホランド。今回アメリカ人の高校生を演じるための役作りは、密かにアメリカの高校に通った。ニューヨークの学校に偽名などを使用し3日間通ったという。
第1位は「怪盗グルーのミニオン大脱走」。4週連続で首位をキープした。観客動員数431万人、興行収入は50億円を突破した。この勢いはどこまで続くのか?

2017年8月19日放送 6:00 - 8:00 テレビ朝日週刊ニュースリーダーニッポンの仕事人 週刊リーダー列伝
しかし交渉する際、腕に自身を持ちながらお客さんは勝手に来ると信じて疑わない職人が多かったが、職人の芸術伝えるべきだと経営難が続いても諦めなく営業を続けた。また頑固な職人を説得するため、家の前まで来ちゃったという作戦で職人と直接会い仕入れに成功したという。鈴木さんは今後、ゆくゆくは海外に進出し「日本の良い物にお金を回していきたい」など語った。

2017年8月18日放送 19:30 - 20:43 NHK総合ファミリーヒストリー(オープニング)
今回はジョン・レノンの妻でアーティストのオノ・ヨーコさんと、一人息子のショーン・レノンさんが家族の歴史に向き合う。最近、体調が芳しくないと報じられていたヨーコさんだったが、番組の取材には元気な姿を見せていた。ヨーコさんは病気になり周りからは「あと3週間ぐらいで死ぬんじゃないかな」と言われていたという。収録は米・ニューヨークにあるショーンさんの仕事場で行われ、ヨーコさんが日本語版の画面、ショーンさんが英語版の画面を見るというスタイルで行われた。

refills リフィルズ

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.