[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「ニューヨーク(アメリカ)」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 4:00 - 4:25 フジテレビ
めざましテレビ アクア ニュースアクア400

日本時間10日、トランプ次期大統領が選挙勝利後初めての公式な会見をアメリカ・ニューヨークで行った。そのトランプ氏は、今回の会見でもメディアとの対決姿勢は変わらず。記者と応酬する場面も見られた。会見終盤では「ロシア・中国・日本・メキシコすべての国はアメリカをこれまで以上に尊敬するようになる」などと自らの政権運営について自信をのぞかせた。一方、トランプ次期大統領の就任を前に、閣僚人事を審議する公聴会も議会で始まり、司法長官候補のセッションズ上院議員がこの席に臨んだ。セッションズ氏は、強硬な移民政策や、かつて「白人至上主義」を掲げるKKK(クー・クラックス・クラン)を擁護するような発言を行なうなど、差別的な言動で知られているが、今回の公聴会では自身について「平和主義者だ」と強調。トランプ氏が選挙中に訴えたイスラム教徒の入国禁止については「支持しない」と、行わない考えを示した。しかし、審議はヤジでたびたび中断する異例の事態となった。
オバマ大統領は地元のイリノイ州で10日、任期中最後となる国民向けの演説を行った。オバマ大統領はこの演説の中で「この25年、妻や母親としてだけでなく最高の友でいてくれた」と、ミシェル夫人への感謝の気持ちを述べ、涙ぐむ様子も見せた。また、政策の継続や多様性の重要さを訴え、トランプ氏を暗にけん制した。そして、演説は「Yes, we can Yes, we did」と締めくくった。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年4月23日放送 8:00 - 9:54 TBSサンデーモーニングスポーツに喝!あっぱれ!週刊・御意見番
3年ぶりシアトルのイチローは、試合前にメジャー通算3000本安打セレモニーが開かれた。20日のゲームは、シアトルのファンへのお礼にと9回表に1号のホームランを放った。
ジャッキー・ロビンソン選手の功績と敬意を表し、現地4月15日に全選手が42番を背負ってプレー。前田健太は2回に2ラン、4回にタイムリーを浴びるなど、4失点で降板。8-4で勝ちはつかず。
青木宣親はアスレチックス戦、7回にチーム初ヒットで出塁、初盗塁。19日のエンゼルス戦でも2安打で好調をキープ。
ダルビッシュ有は、19日のアスレチックス戦で5回まで1安打、ところが6回で初のフォアボール、このあとHRを許し4-2、2敗目を喫した。
田中将大は、20日のホワイトソックス戦で好調を見せ、9-1で2勝目を挙げる。
岩隈久志はきのうのアスレチックス戦で、毎回ランナーを背負いなんとかしのいでいたが、5回に同点HR、6回に勝ち越しHRを許し、負けが付いた。
イチローのHRについて、佐々木は狙って打った彼らしさが出ていたという。日本人選手の活躍について、上原は今季初黒星だがその後は抑えられており大丈夫だが、ダルビッシュ、前田、岩隈、田中が心配だという。田中は防御率が6点台で、これから調子を上げてほしいとコメント。
きのうのパドレス戦、イチローの長打コースのフェア打球をボールガールが触ってしまうというハプニングが発生。球場ルールでツーベースになった。佐々木によると、マリナーズはボールガールに経験者を多く採用しているという。

2017年4月22日放送 13:00 - 13:05 NHK総合ニュース(ニュース)
国連のデュジャリック報道官はトランプ大統領とグテーレス事務総長の初会談が21日朝ホワイトハウスで実施されたと明らかにした。デュジャリック報道官は事務総長はアメリカと国連の協力について興味深く建設的な議論が出来たと強調し、近く会談することで一致したと話した。ただ、トランプ大統領は国連の活動はアメリカの国益にかなっていない。国連への資金拠出を削減する方針を示している。国連とアメリカが地球規模の課題・安保理が扱う問題で今後どのように協力関係を築くかが注目されている。

2017年4月22日放送 9:30 - 11:45 TBS王様のブランチ映画
いよいよ公開になる美女と野獣。不朽の名作美女と野獣。アカデミー賞作品賞にアニメ映画で初めてノミネートされた。待望の実写映画化。全世界興行収入は1000億円を突破。NYタイムズスクエアでは、美女と野獣のポスターがいたるところに。豪華キャストで実写化された魅力的なキャラクターたち。

2017年4月21日放送 20:57 - 22:00 TBS中居正広の金曜日のスマイルたちへ(ダウン症の天才書道家 金澤翔子の一人暮らし)
書道家・金澤翔子さんはダウン症でありながら、母・泰子さんと二人三脚で才能を磨き日本を代表する書家への成長した。金スマが翔子さんに出会ったのは6年前の2011年、それからずっと追い続けてきた。2017年春、彼女に大きな転機が訪れていた。その始まりは2015年のニューヨーク、翔子さんが29歳の頃だった。彼女は国連本部で開かれたシンポジウムにダウン症の希望として招待され、世界中を驚かすスピーチをした。このスピーチで30歳になったら自立して一人暮らしをする事を宣言した。日本ダウン症協会の玉井さんによると、ダウン症の人が完全に一人暮らしをするのは非常に大変なことで聞いたことがないという。
2015年6月12日、翔子さんは30歳の誕生日を迎え1人ぐらしに挑戦する歳がやってきた。さっそく母・泰子さんと物件探しを開始、もともと一人暮らしをしたいと言い出したのは翔子さん23歳の頃だった。一人暮らしをするうえで火は危険なのでIHが絶対条件、セキュリティがしっかりしている事も大切な条件となる。選んだ物件は周りの街頭が明るく安全、実家から徒歩5分という立地も安全材料だった。こうして契約書に自らサイン、荷物も台車を使い自分で運搬した。実家で過ごす最後の夜、翔子さんは母にサプライズとして手紙を読んだ。

2017年4月21日放送 19:00 - 19:30 NHK総合NHKニュース7(ニュース)
北朝鮮の創設記念日が25日に迫る中、世界でさらなる懸念と緊張が高まっている。長崎県の佐世保基地では今朝、海上自衛隊の護衛艦「あしがら」と「さみだれ」が出港。朝鮮半島周辺地域に向け航行の米空母と合流し共同訓練を検討している。共同訓練の狙いについて元海将は「日米の関係がしっかりしていることを政治的に見せる一つの軍事的手段。」と述べた。北朝鮮は去年軍の創設記念日の2日前にSLBMを1発発射しており、今月16日に撮影された核実験場で、アメリカの研究グループは「バレーボールの試合が行われているようだ。」として核実験場が待機状態に入った可能性を指摘する一方、ピョンヤンからの命令が下ればいつでも6回目の核実験を行える状況に変わりないとしている。政府は今日、都道府県の危機管理担当者に臨時の説明会を開き、弾道ミサイルが落下した際住民が取るべき行動について説明した。内容は、屋外ではできるだけ頑丈な建物や地下街に避難するか物陰に身を隠すこと、屋内では窓から離れるか窓のない部屋へ移動することなど。また総務省消防庁の担当者は「弾道ミサイルが飛来するおそれの場合Jアラートを通じ直ちに情報伝達すると説明、その上で弾道ミサイルを想定した住民の避難訓練を政府と協力し早期に行うよう要請した。
国連の安全保障理事会は16日の弾道ミサイル発射を受け、北朝鮮を避難する声明を全会一致で発表。当初アメリカが作った草案で「朝鮮半島の非核化と平和的解決目指す」とする部分で「対話を通じて」とする文言が削除され、ロシアが意義を唱えた。その後の調整でアメリカがロシアの主張を受け入れ、「対話を通じて」という文言が加えられた。ヘイリー国連大使は「誰もミサイル発射や核実験を望んていないと明確にした。制裁や他の手段の検討もあり得る。」と述べた。一方トランプ大統領は「習主席を尊敬している、この問題に懸命に取り組むと確信する。」として制裁徹底などで北朝鮮に圧力を強めるよう中国に一層対応を促した 。岸田外務大臣は今日の衆院外務委委員会で韓国側の警戒態勢について「現時点で韓国軍の警戒等のレベルが上げられたということは承知しておらず、 平素の体制が維持されていると説明を受けている。」と述べた。北朝鮮の核ミサイル問題については来週25日に東京で日米韓3か国の政府高官による協議が行われることになった。6か国協議で首席代表を務める3人が、北朝鮮情勢に関する認識共有し連携を確認していく方針。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.